トップへ戻る

日本アマニ協会ロゴ

アマニのエビデンス情報

ABSTRUCT OF FLAX

アマニのエビデンス情報

ABSTRUCT OF FLAX

アマニは太古から人類にとり馴染みの深い植物です。
紀元前の太古エジプト時代能楽文献からもアマニの記述があるほどです。
世界にはアマニのエビデンスが数多く存在しており、
現在も研究が継続し、近年はエビデンス発表が増加しています。
「アマニのエビデンス情報」は、
最新の海外アマニ研究成果の代表的なabstract(抄録)をご紹介しています。

調べたいアイコン「例)骨」を選択して頂くと、
アイコンカテゴリーにまつわる情報が表示されます。

※日本アマニ協会会員のみなさまには、会員ページにてもっと詳しい内容をご覧頂けます。

アイコン選択でエビデンス情報がカテゴリー別に表示されます

  • アイコン

    2022年09月27日

    アマニの摂取が食欲減少に及ぼす影響:無作為化臨床試験のシステマティックレビュー

    食欲のコントロールは、体重管理や代謝異常の予防につながるため、近年多くの科学者の注目を集めている。アマニの満腹感に対する効果を評価するために多くの研究が行われているが、その結果には賛否両論がある。本研究は、これらの結果を包括的にレビューすることを目的としている。
  • アイコン

    2022年09月27日

    アマニ油:抽出方法、健康上の利点と製品

    アマニは、α-リノレン酸(ALA)、リグナン、タンパク質、食物繊維を豊富に含み、重要な食品素材として考えられてきた。アマニに含まれる最も機能的な成分の一つとして、アマニ油は、心血管保護、抗腫瘍、抗炎症、生体保護、糖尿病治療など、多くの健康効果が期待される。
  • アイコン

    2022年09月27日

    微生物代謝表現型を用いた参加者の層別化と非侵襲的宿主剥離法による個人対応栄養学によりプラセボ対照クロスオーバー試験におけるアマニリグナン補給の効果を明らかにする

    高繊維質の植物性食品にはリグナンが含まれており、腸内細菌によって生理活性エンテロリグナン、エンテロラクトン(ENL)およびエンテロジオール(END)に変換される。以前、我々は、42人の男女を対象に、アマニリグナン(secoisolariciresinol diglucoside; SDG)の補給がプラセボと比較して、化学防御効果をもたらすメカニズムについて介入研究を実施した。
  • アイコン

    2022年09月27日

    アマニ(Linum usitatissimum)補給が糖尿病予備軍および2型糖尿病における血糖コントロールとインスリン抵抗性に及ぼす影響:無作為化対照試験のシステマティックレビューとメタアナリシス

    背景:糖尿病予備軍および2型糖尿病(T2DM)は、血糖濃度の上昇とインスリン抵抗性によって特徴づけられる。アマニの摂取が様々な代謝パラメータに潜在的な利益をもたらすという報告はわずかしかなく、これらの疾患を持つ人々におけるその効果についてのエビデンスは存在しない。
  • アイコン

    2022年09月27日

    オメガ3の消費量とうつ病エピソードの維持・発生率:成人の健康に関するブラジルの縦断的研究

    うつ病は世界で2億6400万人が罹患しており、世界の疾病負担の約4.3%を占めている。現在の研究では、オメガ3食品源の消費量の減少が、うつ病の発生率の増加と関連していることが示されている。本研究は、成人(39~64歳)および高齢者(65歳以上)におけるオメガ3の消費とうつ病エピソードの維持および発生率との関連を評価することを目的としている。
  • アイコン

    2022年09月27日

    ブラウン種およびゴールデン種のアマニは、更年期の過体重女性において、腸管透過性およびエンドトキシン血症を軽減し、脂質プロファイルを改善する。

    この臨床試験では、ブラウン種およびゴールデン種アマニが、閉経周辺期の過体重女性の脂質プロファイル、酸化ストレス、腸管透過性、エンドトキシン血症、および空腹時血糖に及ぼす影響について調査した。
  • アイコン

    2022年08月22日

    アフリカ系およびヨーロッパ系の閉経後の米国人女性におけるアマニ介入試験でのエンテロリグナン産生量

    リグナン代謝の変動に個人の特性が寄与していることを考えると、民族性には遺伝的多様性、微生物の多様性、食事を含む社会文化的および生活様式の要因が組み込まれている可能性があり、民族性も重要な効果修飾因子であると考えられる。前述のように、リグナンは内因性エストロゲンと構造的・機能的に類似し、抗発がん作用もあることから、リグナン生産への影響を明らかにすることは、ホルモン関連がんのリスクが高い閉経後女性にも関連することである。
  • アイコン

    2022年08月22日

    アマニムチレージ(アマニ粘液)の抽出技術と食品への応用に関するレビュー

    アマニは、ムチレージやガム(親水コロイドの一種)を非常に多く含んでいる。アマニムチレージ(FM)は、主に種皮の最外層に存在し、 胃内容排出遅延、血清コレステロールの低下、血糖コントロールの改善など、多くの健康効果があることが知られている。
  • アイコン

    2022年08月22日

    アマニ油由来の疎水性シクロリノペプチドの同定とその安定性の特性評価

    アマニ(アマの種子)は、アマ科の春咲き一年草であるアマ(Linum usitatissimum)の栽培品種である。この植物からの抽出物は、食品や健康食品として広く利用されている。近年、アマニおよびアマニ油から単離された環状ペプチドは、シクロリノペプチド(CLP)として知られ、破骨細胞分化抑制作用、抗マラリア作用、免疫抑制作用、抗腫瘍活性作用などの役割を持ち、ナノテクノロジーやバイオメディカル分野で期待されていることから科学界から注目されている。本研究では、9 社の異なるアマニ油メーカーから入手したサンプル中の CLP の検出、同定、および測定について説明する。
  • アイコン

    2022年08月22日

    健康な米国成人における食事と抗微生物薬耐性(微生物に対して薬が効かない、薬剤耐性)の関連性

    抗微生物薬耐性(AMR)は、世界中で罹患率と死亡率の大きな原因となっており、AMRに関連する結果は今後数十年にわたって悪化し続けることが予想される。抗生物質に対する耐性はマイクロバイオーム(微生物叢)にコードされているため、腸の分類学的構成を変えることを目的とした介入により、抗生物質耐性遺伝子(ARG)の少ないマイクロバイオームを予防的に作り出せる可能性がある。食事は介入方法の一つであるが、食事と抗微生物薬耐性との関連についてはまだほとんど知られていない。この知識ギャップに対処するために、我々は米国農務省(USDA)の栄養表現型調査に参加した健康な成人290名を対象に、食物摂取頻度調査(FFQ:習慣的食事)および自動化自己申告24時間食事思い出し法(ASA24ツール)を用いた食事と、ショットガンメタゲノムシーケンスによるマイクロバイオームの解析とを組み合わせた調査を実施した。
  • アイコン

    2022年08月22日

    リグナン:抗がん剤の多用途ソース。

    背景:がんは、世界で 2 番目に死亡率の高い疾患と考えられている。植物は常にユニークな二次代謝産物を提供し、顕著な生物学的応用を可能にしてきた。リグナンは、その生物学的活性により、非常に重要視されている。これまでの研究により、リグナン分子の最も顕著な生物活性は抗がん作用であることが明らかにされている。リグナンは2つのフェニルプロパノイドユニットの酸化的二量化により生成される。このレビューでは、単離された抗がん剤リグナンとその作用機序について解説する。
  • アイコン

    2022年08月22日

    健康者および脂質異常症患者における血中脂質に対するアマニの効果:無作為化対照試験のシステマティックレビューとメタアナリシス

    高脂血症に対処するために、アマニは実験および臨床試験で大きなインパクトを与えている。そこで、健康者および脂質異常症の被験者の脂質プロファイルに対するアマニの効果を分析した。2021年4月までの無作為化対照試験(RCT)の英文レポートをもとに、健康者および脂質異常症の被験者の脂質プロファイルに対するアマニの効果を求めて文献検索を行った。
  • アイコン

    2022年08月22日

    リグナンの摂取量と冠動脈疾患のリスク

    背景:リグナンの摂取と冠動脈心疾患(CHD)リスクとの関連に関するエビデンスはまだ限られており、さまざまな意見がある。目的:本研究の目的は、米国人男女におけるリグナン摂取量とCHDリスクとの関連を前向きに検討することである。
  • アイコン

    2022年08月22日

    アマニの補給が血漿リポタンパク質(a)濃度に与える影響:無作為化対照試験のシステマティックレビューとメタアナリシス

    本研究の目的は、適格な無作為化プラセボ対照試験のシステマティックレビューおよびメタアナリシスを通じて、アマニの補給が血漿リポタンパク質(a)[Lp(a)]レベルに及ぼす影響を調査することである。
  • アイコン

    2022年06月22日

    65-72歳の高齢女性において、食事によるオメガ3多価不飽和脂肪酸とα-リノレン酸は身体能力測定と関連するが、筋肉量とは関連しない。

    目的:高齢女性における食事性オメガ3多価不飽和脂肪酸PUFA(α-リノレン酸(ALA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA))の摂取と複数の身体機能、筋肉量、脂肪量との関連を横断的に検討することを目的とした。
  • アイコン

    2022年06月22日

    口腔粘膜下線維症患者におけるオメガ3の有用性に関する臨床的評価-無作為化比較試験

    背景:口腔粘膜下線維症(OSMF)は、口腔に影響を及ぼす慢性的で潜在的に悪性の疾患である。オメガ3は、往年数え切れないほどの健康上の利点を示してきた。そこで、この研究の目的は、この疾患の医学的管理におけるオメガ3の有効性を評価することである。
  • アイコン

    2022年06月22日

    アマニ油由来のシクロリノペプチドの抗菌作用と牛肉への応用

    本研究の目的は、アマニ油に含まれる環状疎水性ペプチドの一種であるシクロリノペプチドの抗菌活性とその潜在的メカニズムについて調査することである。本研究では,アマニ油由来の1-MsoシクロリノペプチドBおよび1-Mso, 3-Mso-シクロリノペプチドFがリステリア・モノサイトゲネスに対して細菌細胞膜を破壊することにより優れた抗菌活性を示すことを確認した。
  • アイコン

    2022年06月22日

    亜慢性毒性時のスプラーグドーリーラットにおけるアマニ由来メイラード反応生成物の腸調節作用

    本研究は、メイラード反応生成物(MRPs)の摂取が、スプラーグドーリーラット(SDラット)の腸の健康状態、試験管内消化、発酵代謝産物に及ぼす影響を理解することを目的とした。メイラード反応生成物(MRPs)はペプシンの消化を促進したが、その後のトリプシンの試験管内消化には寄与しなかった。
  • アイコン

    2022年06月22日

    冠動脈疾患患者における血漿脂質、リポタンパク質関連ホスホリパーゼA2酵素活性および腸内微生物叢組成に対するアマニ摂取の効果

    背景:臨床研究により、心血管疾患の危険因子に対するアマニの有益な効果の可能性が示されているが、冠動脈疾患(CAD)患者における血漿リポタンパク質関連ホスホリパーゼA2(Lp-PLA2)および腸内微生物組成に対するアマニの効果を評価した研究は限られている。
  • アイコン

    2022年06月22日

    食品およびサプリメントからの生物活性アマニリグナンの利用可能性

    コレステロールやトリグリセリド(中性脂肪)などの血中脂質が高い脂質異常症は、心血管疾患の主要な危険因子である。脂質異常症の従来の治療法としては、生活習慣の改善や薬物療法がよく行われている。
  • アイコン

    2022年04月28日

    血漿オメガ3は、若年および中年者における体肢筋量指数と関連しない:NHANES(全米健康栄養調査)2011-2012からの結果。

    本研究の目的は、若年および中年個人における血漿オメガ3(ω-3)と体肢筋量指数(AMMI)の関連を評価し、さらにこれらの関連性が性差に依存するかどうかを評価することである。全米健康栄養調査(NHANES)2011-2012のサブサンプルから20歳から59歳の1037人を対象に横断研究を実施した。
  • アイコン

    2022年04月28日

    慢性腎臓病における食事摂取量と遺伝的に決定された一価および多価不飽和脂肪酸の血清濃度との関連性:食事分析とメンデルランダム化からの洞察。

    多価不飽和脂肪酸(PUFA)の摂取は一般に腎機能の改善と関連するが、一価不飽和脂肪酸(MUFA)の関連は未確認のままである。メンデルランダム化(MR)分析を用いて、食事摂取量および遺伝的に決定された血清PUFAおよびMUFAレベルと腎機能測定値との因果関係について、交絡因子のない推定値を得た。
  • アイコン

    2022年04月28日

    閉経後女性における赤血球脂肪酸と加齢黄斑変性症。

    目的:閉経後女性の米国コホートにおいて、赤血球(RBC)多価不飽和脂肪酸(PUFA)レベルおよび食事からのPUFAおよび魚類の摂取量と、加齢黄斑変性(AMD)の有病率および発症率との関係を評価すること。
  • アイコン

    2022年04月28日

    米国成人における多価不飽和脂肪酸の食事摂取量と高血圧の有病率との関連性:NHANES 2009-2016のデータを用いた横断的研究

    本研究は、米国の成人における食事性多価不飽和脂肪酸(PUFA)の摂取量と高血圧の有病率の関連を評価することを目的とした。全米健康栄養調査(NHANES)2009-2016のデータを用いた。
  • アイコン

    2022年04月28日

    アマニガム入り高蛋白質含有粉末飲料の抗酸化物質含有量と抗酸化能について

    乾燥果実や野菜を原料とする粉末飲料は、効率的な栄養素や機能性成分の添加により、その特性を調整することができる新しい製品である。レンズ豆タンパク質(AGF)とアマニガム(FSG)で強化した飲料について、低分子抗酸化物質と抗酸化特性、栄養成分、消化率の分析を行った。発芽させたレンズ豆の粉をAGFに置き換えると、フェノール含量が低下することがわかった。フェノール類とビタミンCを補うために、パセリの葉とブロッコリーの新芽の凍結乾燥品が適合することがわかった。( FSGの明確な影響はなかった。) 
  • アイコン

    2022年04月28日

    小麦粉をレジスタントスターチ、ルピナス、アマニ粉に置き換えた斬新なグルテンフリーシナモンロール

    セリアック病(CD)は、遺伝的にグルテン摂取で異常免疫反応を起こす人に起こる免疫介在疾患である。そのため、CDの最も効果的な治療法は、生涯にわたってグルテンを摂取しない食事療法である。本研究では、小麦粉の代わりにレジスタントスターチとルピナス粉を使用し、さらに10%のアマニ粉と一定量の親水コロイド(1%のキサンタンガム)を加えた栄養価の高いグルテンフリーのシナモンロールを製造することを目的とした。
  • アイコン

    2022年04月28日

    ω-3 系とおよびω-6 系PUFAのバイオマーカーと睡眠:Fatty Acids and Outcomes Research Consortium (FORCE) を代表してのコホート研究のプール解析

    背景:n-3およびn-6 PUFAは睡眠プロセスにおいて生理的な役割を持つが、血中n-3およびn-6 PUFAと睡眠パラメータについてはほとんど知られていない。 目的:我々は、Fatty Acids and Outcome Research Consortiumにおいて、n-3およびn-6 PUFA摂取のバイオマーカーと自己申告による睡眠時間および入眠困難との関連を評価することを目指した。
  • アイコン

    2022年04月28日

    小児期および青年期におけるPUFAの食事摂取量および血漿中濃度と成人期までの喘息および肺機能との関連性

    背景:PUFAは喘息のリスクに影響を与える可能性があるが、PUFA 摂取量の客観的バイオマーカーを含む長期前向き研究は不足している。
  • アイコン

    2022年04月28日

    2型糖尿病発症に関連する血漿脂肪酸プロファイル:CORDIOPREV研究より

    目的:2型糖尿病(T2DM)の有病率は世界的に増加している。このため、T2DMのリスクの早期発見や予後改善のためのバイオマーカーを同定することはきわめて重要である。我々は、T2DM発症に関連する血漿脂肪酸(FA)プロファイルを同定することを目的とした。
  • アイコン

    2022年04月12日

    ブラウン種およびゴールデン種のアマニは、更年期の過体重女性において、腸管透過性およびエンドトキシン血症を軽減し、脂質プロファイルを改善する。

    この臨床試験では、ブラウン種およびゴールデン種アマニが、更年期(閉経周辺期)の過体重女性の脂質プロファイル、酸化ストレス、腸管透過性、エンドトキシン血症、および空腹時血糖に及ぼす影響について調査した。30名の参加者をコントロール群(CG)、ブラウン種アマニ群(BF)、ゴールデン種アマニ群(GF)に分けた。BFとGFは、ブラウン種とゴールデン種のアマニを40gずつ12週間摂取した。試験開始時と終了時に静脈血を採取した。腸管透過性分析は、ラクチュロースとマンニトールの尿排泄量により行った。
  • アイコン

    2022年04月12日

    関節リウマチ患者における抗炎症食の有無とアマニとの併用効果、無作為化対照試験

    目的:関節リウマチ(RA)の症状に対する長鎖ω-3脂肪酸の有益な効果は、以前の研究で示されている。我々は、RA患者を対象に、アマニと抗炎症食の効果を検討した。
  • アイコン

    2022年04月12日

    本態性高血圧症および冠動脈疾患リスクマーカーを有する患者における自由行動下血圧の概日変動に対する必須脂肪酸ブレンドの効果

    アマニ油は、降圧作用で知られるα-リノレン酸(ALA)の優れた供給源である。アマニ油は不安定であり、従来の食生活ではその摂取量を達成することができない。したがって、天然のアマニ油とフラボノイドを多く含むパーム油のブレンドは、ブレンドを安定させ、必須脂肪酸と抗酸化作用のバランスを適切に保つための、より良い戦略であると考えられる。
  • アイコン

    2022年04月12日

    アマニ油の揮発性化合物,総トコフェロール及び脂肪酸に及ぼす焙焼温度と時間の影響

    焙煎はアマニ油(FSO)の物理化学的および栄養的な品質に影響を与える。焙煎したアマニから、10分、20分、30分の時点と、異なる温度(140℃、160℃、180℃)でFSO試料を抽出した。合計61種類の揮発性化合物が確認され、焙煎後に揮発性化合物の量が有意に増加した(p < 0.05)。
  • アイコン

    2022年04月12日

    アマニタンパク質:抽出、機能性、および用途

    アマニ(Linum usitatissimum L.)は、油糧種子の一種で、α-リノレン酸(ALA)やリグナン、食物繊維など多くの生理活性物質が含まれている。現在、アマニの研究は、その化合物の生物学的および臨床的研究が中心となっている。
  • アイコン

    2022年04月12日

    カテキンによる筋原繊維タンパク質のゲル化特性の弱化に対するアマニガムの改善効果

    カテキンによって誘発される筋原繊維タンパク質(MP)のゲル化特性の弱化に対するアマニガム(FG)の効果を調査した。さまざまなレベルのFGおよびカテキンをMPに配合し、MPの化学変化を調べた。異なるレベルのFGおよびカテキンを含むMPエマルションとゲルを調製し、その特性を調査した。
  • アイコン

    2022年04月12日

    アマニ油由来のシクロリノペプチドの抗菌作用と牛肉への応用

    本研究の目的は、アマニ油に含まれる環状疎水性ペプチドの一種であるシクロリノペプチドの抗菌活性とその潜在的メカニズムについて調査することである。本研究では,アマニ油由来の1-MsoシクロリノペプチドBおよび1-Mso, 3-Mso-シクロリノペプチドFがリステリア・モノサイトゲネスに対して細菌細胞膜を破壊することにより優れた抗菌活性を示すことを確認した。
  • アイコン

    2022年04月12日

    成人および乳児の腸内微生物叢による大豆およびアマニ抽出物からのフラボン、フラバノンおよびフラボノールの代謝

    背景:アマニと大豆は、リグナンとフラボノイドの重要な供給源である。これまでに、成人個人(n=14)および乳児(n=23)の微生物叢による大豆およびアマニ抽出物からのイソフラボンおよびリグナンの代謝について分析されている。そこで、本研究では、これらの個体の腸内微生物叢によるフラボン、フラバノン、フラボノールの代謝、およびフェノール酸の生成を調べることを目的とした。
  • アイコン

    2022年03月14日

    アマニ粘液(IQP-LU-104)は、12週間、3群に分けて、二重盲検、無作為化およびプラセボ対照臨床試験において、過体重および中程度の肥満の人の体重を減少させる。

    はじめに:本研究の目的は、過体重および中程度の肥満の人を対象に、体重減少に対する独自のアマニ粘液(IQP-LU-104)の2つの用量の有益性と忍容性を評価することであった。
  • アイコン

    2022年03月14日

    多価不飽和脂肪酸のCOVID-19関連リスク軽減に関する評価

    多価不飽和脂肪酸と感染症との関連は、プールされたエビデンスによってわかっている。エンベロープ型(脂質二重膜の構造)mRNAウイルスであるSARS-CoV-2も、多価不飽和脂肪酸と相互に作用しあうことが報告されている。
  • アイコン

    2022年03月14日

    α-リノレン酸と心不全のリスク:メタアナリシス

    背景:α-リノレン酸は植物由来のn-3系脂肪酸であり、心血管疾患のリスクを低減する可能性がある。しかし、心不全(HF)リスクに対するα-リノレン酸(ALA)の効果はまだはっきりしていない。本メタアナリシスでは、HFの発症リスクにおけるALAの役割を明らかにすることを目的とした。
  • アイコン

    2022年03月14日

    植物性n-3系PUFA摂取は、海洋性n-3系PUFA摂取量の少ない被験者においてのみ、動脈硬化性心血管疾患のリスクを低下させる可能性があると考えられる。

    植物由来の主要なn-3系PUFAであるα-リノレン酸(ALA)の動脈硬化性心血管疾患(ASCVD)リスクに対する役割は依然としてはっきりしていないが、ほとんどの研究で関連性はないと報告されている。
  • アイコン

    2022年03月14日

    植物性オメガ3脂肪酸であるα-リノレン酸の心血管疾患および認知機能への影響

    植物由来の食事や長鎖n-3系(オメガ3)脂肪酸が健康に良いというエビデンスがあることから、植物由来のn-3系脂肪酸であるα-リノレン酸(ALA)の心代謝系疾患や認知機能に及ぼす役割について理解を深めることに強い関心が持たれている。
  • アイコン

    2022年01月17日

    低比率のn-6/n-3 PUFA(多価不飽和脂肪酸)が血中脂質濃度に及ぼす影響:メタアナリシス

    目的:本メタアナリシスの目的は、低比率のn-6/n-3 PUFA(多価不飽和脂肪酸)が血中脂質濃度に及ぼす影響を評価することであった。
  • アイコン

    2022年01月17日

    65-72歳の高齢女性において、食事によるオメガ3多価不飽和脂肪酸とα-リノレン酸は身体能力測定と関連するが、筋肉量とは関連しない。

    目的:高齢女性における食事性オメガ3多価不飽和脂肪酸PUFA(α-リノレン酸(ALA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA))の摂取と複数の身体機能、筋肉量、脂肪量との関連を横断的に検討することを目的とした。
  • アイコン

    2022年01月17日

    パンの機能性添加剤としてのマイクロフルイダイザー処理されたアマニの有用性

    背景:アマニは、タンパク質、オメガ3脂肪酸、リグナン、食物繊維を豊富に含んでいる。 しかしながら、ミネラルの吸収を阻害するフィチン酸も含まれており、パンの特性に悪影響を及ぼす可能性がある。マイクロフルイダイザー処理により、これらの悪影響を防ぎ、フィチン酸の量を減らし、機能特性を向上させることができる。
  • アイコン

    2022年01月17日

    ココナッツ、アマニ、オリーブ、ひまわり油ブレンドの栄養および分析的プロファイリングに関する複雑なレビュー

    植物油(VOs)は、私たちの主要な食事脂肪源であり、栄養面で重要な役割を担っている。植物油の種類によって脂肪酸組成が大きく異なるため、健康保護効果も様々である。
  • アイコン

    2022年01月17日

    関節リウマチ患者における抗炎症食の有無とアマニとの併用効果、無作為化対照試験

    目的:関節リウマチ(RA)の症状に対する長鎖ω-3脂肪酸の有益な効果は、以前の研究で示されている。我々は、RA患者を対象に、アマニと抗炎症食の効果を検討した。
  • アイコン

    2022年01月17日

    α- リノレン酸はミクログリアにおける細胞外タウのファゴサイトーシス(食作用)とエンドソームパスウェイを調節する

    アルツハイマー病(AD)では、常駐免疫細胞であるミクログリアが炎症性フェノタイプ(表現型)に活性化されていることが明らかになった。アミロイドβプラークとタウシード(特別な形態のタウ凝集体)の細胞外負荷は、ミクログリアの活性化を促す。
  • アイコン

    2021年11月25日

    αリノレン酸の食事摂取量およびバイオマーカーと全死因死亡・心血管疾患死亡・がん死亡のリスク:コホート研究のシステマティックレビューおよび用量反応メタアナリシス

    目的:αリノレン酸(ALA)の食事摂取量およびTissue biomarkers(細胞、組織の形態、タンパク質の発現を対象とするバイオマーカー)と、全死因、心血管疾患(CVD)、およびがんによる死亡リスクとの関連を検討すること。
  • アイコン

    2021年11月25日

    アマニ(Linum usitatissimum L.)油の組成、抽出、分析、生体活性、生物学的利用性、食品システムへの応用:レビュー

    背景:アマニ(Linum usitatissimum L.)油は、リノレン酸を主成分とする様々な不飽和脂肪酸を含む優れた機能性油であり、様々に有益な生理的・機能的特性を持つと考えられている。
  • アイコン

    2021年11月25日

    プロバイオティクスであるラクトバチルス・ラムノサス GGのカプセル化封入材料および担体としてのスプレードライおよび再構成されたアマニ油かす抽出物の応用

    農産品の副産物は、タンパク質や多糖類を含むバイオポリマー(生体高分子)の有望な供給源である。本研究では、アマニ油粕抽出物(FOCE)をプロバイオティクス(善玉菌)であるラクトバチルス ラムノサスGG(LGG乳酸菌)の天然カプセル化材料および担体として評価することを目的とした。
  • アイコン

    2021年11月25日

    成人および乳児の腸内微生物叢による大豆およびアマニ抽出物からのフラボン、フラバノンおよびフラボノールの代謝

    背景:アマニと大豆はリグナンとフラボノイドの重要な供給源である。これまでに、成人個人(n=14)および乳児(n=23)の微生物叢による大豆およびアマニ抽出物からのイソフラボンおよびリグナンの代謝について分析した。
  • アイコン

    2021年11月25日

    αリノレン酸の食事摂取量およびバイオマーカーと全死因死亡・心血管疾患死亡・がん死亡のリスク:コホート研究のシステマティックレビューおよび用量反応メタアナリシス

    目的:αリノレン酸(ALA)の食事摂取量およびTissue biomarkers(細胞、組織の形態、タンパク質の発現を対象とするバイオマーカー)と、全死因、心血管疾患(CVD)、およびがんによる死亡リスクとの関連を検討すること。
  • アイコン

    2021年11月25日

    脂質異常症関連疾患患者における脂質プロファイル、炎症性サイトカインおよび人体測定指数に対する異なるアマニ製品摂取の効果の比較:システマティックレビューおよび無作為比較対照試験の用量反応メタアナリシス

    背景:アマニは、リノレン酸、リグナン、食物繊維が豊富に含まれていることから、機能性食品として世界中で広く利用されている。本研究では、ランダム化比較試験(RCT)を対象としたシステマティックレビューおよび用量反応メタアナリシスを行い、脂質異常症関連疾患患者の脂質プロファイル、炎症および人体測定パラメータ(BMIなど)に対する異なるアマニ製品(全粒アマニ、オイル、リグナン)の効果を初めて評価した。
  • アイコン

    2021年11月25日

    アマニはone-carbon metabolismを促進することにより、動物の寿命を延ばし、卵巣がんの重症度を低下させる

    LC-MS/MS(化合物を分離し、分子量を測定し、フラグメントイオンの観察を行う装置)によるメタボロミクスアプローチを用いて、アマニ飼料を与えたホワイトレグホーン産卵鶏(年齢3.5歳)の血漿中のone-carbon metabolism(葉酸代謝とメチオニン代謝を含む代謝経路)を調べた。
  • アイコン

    2021年11月25日

    肺がん化学放射線療法後の急性合併症予防を目的としたアマニの第二相試験

    背景:胸部放射線治療は、放射線肺炎(RP)や放射線食道炎(RE)などの放射線誘発性の急性有害事象が問題になる。この単群第二相試験では、前臨床研究と当研究室の無作為化パイロット試験に基づき、非小細胞肺がん(NSCLC)の根治的化学放射線療法を受けている患者に、放射線防護剤としてアマニを投与することを検討した。
  • アイコン

    2021年10月04日

    丈夫な体を作るための栄養の重要性

    一般的な病気の予防と治療には、栄養が大きな役割を果たしている。機能性食品や栄養剤などの優れた食生活は、確実に特定の病気の予防に役立ち、個人の健康に様々な利点をもたらす。植物は、非常に効果的な従来の医薬品の主要な供給源とみなされており、治療を向上させる可能性のある新しい薬剤の開発につながっている。
  • アイコン

    2021年10月04日

    乳酸菌およびビフィズス菌株によるフラボノイドおよびリグナンの代謝は、アマニ強化飲料の栄養特性を向上させる

    アマニ(Linum usitatissimum L.)には、オメガ3脂肪酸、食物繊維、リグナン、フラボノイドなど、健康に役立つ可能性のある化合物が含まれていることから、機能性食品として注目されている。リグナンやフラボノイドの生理活性は、細菌の代謝に大きく依存する。これまでに、乳酸菌やビフィズス菌が、アマニ抽出物や培養液中のセコイソラリシレジノール(SECO)からエンテロリグナンや生理活性フラボノイド(ヘルバセチン、ケルセタゲチン、ケンフェロール、ナリンゲニン、エリオジクチオール)を産生することが報告されている。本研究では、乳酸菌やビフィズス菌が、アマニ抽出物や培養液中のセコイソラリシレジノール(SECO)からエンテロリグナンや生理活性フラボノイドを産生することを明らかにした。
  • アイコン

    2021年10月04日

    オメガ-3脂肪酸の補給によるプレバイオティクス効果:6週間の無作為化介入試験

    プレバイオティクスとは、腸内細菌叢に影響を与えて健康に役立つ食品中の化合物のこと。オメガ-3脂肪酸は、腸内マイクロバイオームの構成と関連しており、健康に役立つと広く認められているが、最近の大規模試験では結論が出ていない。我々は、6週間の食事介入を実施し、毎日500mgのオメガ-3を補給した場合と、よく知られたプレバイオティクスであるイヌリン20gを補給した場合の効果を比較した。
  • アイコン

    2021年10月04日

    血管新生の調節を介した天然由来の単離脂質の抗糖尿病効果

    背景:血管新生の異常は、糖尿病や糖尿病性合併症の発症に致命的な役割を果たしている。脂質は多様な生体高分子として、血管新生を調節することで糖尿病を緩和することができる。
    目的:本研究の目的は、血管新生の調節を介した脂質の抗糖尿病効果に関する最新の研究を評価することである。
  • アイコン

    2021年10月04日

    アルツハイマー病患者の脳脊髄液バイオマーカーに対する口腔内オメガ-3脂肪酸補給の効果:無作為化対照試験 – OmegAD 研究

    背景:多価不飽和脂肪酸(PUFA)レベルの低下とアルツハイマー病(AD)との関連が示唆される研究がある。我々は,ADと診断された患者の脳脊髄液(CSF)で分析されるバイオマーカーに対するオメガ-3脂肪酸(n-3 FA)の補給の効果を評価することを目的とした。
  • アイコン

    2021年10月04日

    アマニ油の摂取は抗酸化力を高め、酸化ストレスを緩和する:無作為化比較試験のシステマティックレビューとメタ解析

    目的:抗酸化状態のバイオマーカーに対するアマニ油の効果については、賛否両論の研究結果が報告されている。本メタ解析では、酸化ストレスのバイオマーカーの血清レベルに対するアマニ油の影響を明らかにすることを目的とした。
  • アイコン

    2021年10月04日

    α-リノレン酸のレビュー:ソース、代謝、および薬理学

    α-リノレン酸(ALA, 18:3n-3)は,18個の炭素原子と3個のシス型二重結合からなるカルボン酸で,人体に不可欠な必須脂肪酸である。本研究では,ALAの食餌由来,代謝,薬理効果に関する関連研究を系統的にレビューすることを目的とした。
  • アイコン

    2021年08月31日

    過体重または肥満の女性における中心性肥満、血清脂質、およびアディポネクチンレベルに対するアマニの摂取の効果:無作為化比較臨床試験

    背景:アマニは、α-リノレン酸、食物繊維、リグナンを多く含むことから、肥満の管理に有益であると考えられる。
    目的:我々は、過体重または肥満の女性において、アマニの摂取が血清脂質、アディポネクチン、レプチン、および体格指数に及ぼす影響を評価することを目的とした。
  • アイコン

    2021年08月31日

    α-リノレン酸またはドコサヘキサエン酸(DHA)を豊富に含む油は、肥満の女性において、血漿中のオキシリピンおよびアディポネクチン濃度と単球生体エネルギーに異なる影響を及ぼす

    背景:DHAやα-リノレン酸(ALA)を含むオメガ-3脂肪酸は、肥満に関連した炎症を抑えることで、メタボリックヘルスを改善することが提案されている。これらの脂肪酸の効果は、オキシリピンへの変換によって媒介される。ALAについてはあまり研究が進んでおらず、他のオメガ-3系脂肪酸との直接的な比較も限定されている。
    目的:肥満の女性を対象に、ALAとDHAの等量投与が血漿中のオキシリビンとメタボリックヘルスのマーカーに及ぼす影響を比較した。
  • アイコン

    2021年08月31日

    カナダ成人の栄養摂取量:カナダ地域健康サーベイ (CCHS)-2015 パブリックユースマイクロデータファイルの結果

    背景:通常の栄養素の摂取量を正確に推定することは、集団の栄養学的妥当性や食生活の質を追跡する上で重要である。カナダでは,カナダ地域健康サーベイ (CCHS)-ニュートリッション 2004の調査以降、包括的な全国代表的な栄養素の推定値は得られていない。
    目的:本研究の目的は、カナダの成人の栄養素摂取量、分布、および摂取量の適切性を評価することである。
  • アイコン

    2021年08月31日

    超音波抽出法によるシーバックソーン・カロテノイドの抽出とアマニ(Linum usitatissimum)オイルの強化:シーバックソーンを用いたアマニ油の強化

    現在、アマニ油は、オメガ-3脂肪酸を多く含むことから、重要な機能性食品成分として使用されている。しかしながら、アマニ油には、油の酸化安定性を高めるカロテノイドが含まれていない。本研究では,超音波支援抽出技術(UAE)を用いて,シーバックソーンの搾りかすから抽出したカロテノイドをコールドプレスしたアマニ油に加えた。
  • アイコン

    2021年08月31日

    乳酸菌とビフィズス菌によるフラボノイドとリグナンの代謝は、アマニ強化飲料の栄養特性を向上させる

    アマニ(Linum usitatissimum L.)には、オメガ-3脂肪酸、食物繊維、リグナン、フラボノイドなど、健康に役立つ可能性のある化合物が含まれていることから、機能性食品として注目されている。リグナンやフラボノイドの生理活性は、細菌の代謝に大きく依存する。これまでに、乳酸菌やビフィズス菌が、アマニ抽出物や培養液中のセコイソラリシレシノール(SECO)からエンテロリグナンや生理活性フラボノイド(ヘルバセチン、 ケルセタゲチン、 ケンペロール、 ナリンゲニン、 エリオジクチオール)を産生することが報告されているが、本研究では、乳酸菌やビフィズス菌が、アマニ抽出物や培養液中のSECOからエンテロリグナンや生理活性フラボノイドを産生することを明らかにした。
  • アイコン

    2021年08月31日

    糖尿病の血糖値コントロールと心血管危険因子に対する低血糖指数または負荷の食事パターンの効果:無作為化対照試験のシステマティックレビューとメタアナリシス

    目的:欧州糖尿病学会の栄養治療に関わる診療ガイドライン(European Association for the Study of Diabetes clinical practice guidelines for nutrition therapy)の更新情報を提供すること。
  • アイコン

    2021年08月31日

    食事および血清中のオメガ-3系多価不飽和脂肪酸と多嚢胞性卵巣症候群(PCOS):マッチドケースコントロール研究

    オメガ-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)と多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に関する疫学研究の報告例は乏しい。今回のマッチドケースコントロール研究では、325組のPCOS症例と健常対照者を対象に、オメガ-3系PUFAとPCOSの有病率との関連を評価した。
  • アイコン

    2021年08月31日

    健康な人と脂質異常症の人の血中脂質に対するアマニの効果:無作為化比較試験のシステマティックレビューとメタアナリシス

    高脂血症に対処するために、アマニは実験および臨床試験に大きな影響をもたらす。そこで、健康な被験者と脂質異常症の被験者の脂質プロファイルに対するアマニの効果を評価した。
  • アイコン

    2021年08月02日

    海産および植物由来のオメガ3脂肪酸サプリメントが、肥満の女性のオクタデカノイドプロファイルおよび炎症に及ぼす影響を検証する無作為化比較試験(OXBIO試験)の理論的根拠とデザイン

    はじめに: オメガ3系多価不飽和脂肪酸(n-3 PUFAs)を摂取することで、健康に良い効果が得られることが報告されているが、脂肪酸そのものが原因なのか、酸化代謝物であるオキシリピンが原因なのかは、いまだ不明である。
    目的:本論文は、肥満の女性を対象に、α-リノレン酸(ALA)が豊富なアマニ油とドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富な魚油の補給が循環オキシリピンプロファイルに及ぼす影響を、肥満による炎症に関連して比較する、無作為化二重盲検クロスオーバー試験のデザインと根拠について述べている。
  • アイコン

    2021年08月02日

    パンの機能性添加物としてのマイクロフルイダイザー処理されたアマニの使用可能性

    背景:アマニは、タンパク質、オメガ3脂肪酸、リグナン、食物繊維などを豊富に含んでいる。しかしながら、ミネラルの吸収を阻害するフィチン酸も含まれており、パンの特性に悪影響を及ぼす可能性がある。マイクロフルイダイザー処理により、これらの悪影響を防ぎ、フィチン酸の量を減らし、機能特性を向上させる。本研究では、全脂粉と脱脂粉に加え、マイクロフルイダイザー処理したアマニ粉をパンの配合に使用する可能性を検討した。
  • アイコン

    2021年08月02日

    リピドミクスにより、焙煎によるアマニ油の脂質プロファイルの変化を明らかにする

    オイル抽出前に焙煎することで、アマニ油の酸化安定性や匂いが改善されるが、脂質プロファイルに及ぼす焙煎の影響はまだ不明である。ここでは、焙煎によるアマニ油の脂質プロファイルの変化を、リピドミック・アプローチに基づいて調べた。
  • アイコン

    2021年08月02日

    成人片頭痛患者の頭痛軽減を目的としたn-3系およびn-6系脂肪酸の食生活の変化:無作為化比較試験

    目的:n-6リノール酸を減らしてn-3系脂肪酸を増やす食事介入が,頭痛の病態に関与する循環脂質メディエーターを変化させ,成人の片頭痛患者の頭痛を減少させるかどうかを明らかにする。
  • アイコン

    2021年08月02日

    精神病の超高リスクの若年者におけるオメガ3脂肪酸と神経認知能力

    背景: 神経認知機能の障害は,精神病の中核的な初期症状であり、精神病の超高リスク者(UHR)で観察される。本研究の目的は、他の臨床集団で観察されているように、神経認知機能が多価不飽和脂肪酸(PUFA)と関連しているかどうかを調べることであった。
  • アイコン

    2021年08月02日

    オキシリピンプロファイルは1型糖尿病の発症と関連している:若年層における糖尿病自己免疫研究(DAISY)

    目的/仮説:オキシリピンは、多価不飽和脂肪酸に由来する脂質メディエーターである。オキシリピンには、炎症を促進するもの(例:アラキドン酸[ARA]由来のもの)、炎症を解決するもの(例:α-リノレン酸[ALA]、ドコサヘキサエン酸[DHA]、エイコサペンタエン酸[EPA]由来のもの)、その両方であるもの(例:リノール酸[LA]由来のもの)がある。本研究の目的は、オキシリピンが1型糖尿病の発症と関連するかどうかを調べることである。
  • アイコン

    2021年08月02日

    肺がん化学放射線療法後の急性合併症予防を目的としたアマニの第二相試験

    背景:胸部放射線治療は、放射線肺炎(RP)や放射線食道炎(RE)などの放射線誘発性の急性有害事象に悩まされる。この単群第二相試験では、前臨床研究と当研究室の無作為化パイロット試験に基づき、非小細胞肺がん(NSCLC)の最終化学放射線療法を受けている患者に放射線防護剤としてアマニを投与することを検討した。
  • アイコン

    2021年06月21日

    FADS1遺伝子型は、リノール酸およびα-リノレン酸を含む植物油に対する代謝反応を変化させる-遺伝子型に基づく無作為化試験FADSDIET2.

    スコープ:FADS1 rs174550遺伝子型と、高リノール酸(LA)および高α-リノレン酸(ALA)の食事摂取との相互作用が、血漿リン脂質(PL)の脂肪酸組成、低悪性度炎症およびグルコース・インスリンのホメオスタシスのマーカーの反応に及ぼす影響を調べた。
  • アイコン

    2021年06月21日

    メタボリックシンドロームにおけるアマニおよびヘスペリジンの補給:オープンラベル無作為化比較試験

    目的:本研究の目的は,メタボリックシンドローム患者において,アマニとヘスペリジンの単独および併用による臨床効果を比較することである。メタボリックシンドロームを治療した患者を主要評価項目で評価した。
  • アイコン

    2021年06月21日

    食品介入の研究を食品産業に応用するための予想外の課題:アマニの研究を例として

    ライフサイエンスの研究者が行う研究の目的の一つは、研究成果を一般の人々の生活への影響を実証することにある。例えば、心臓病のメカニズムを研究した場合、そのメカニズムのデータから新しい治療法や予防法を生み出すことが期待される。
  • アイコン

    2021年06月21日

    脂肪酸を強化したオイルの苦味を克服して、健康と病気における心臓への効果を得る。

    脂肪酸にはさまざまな構造があり、そのために、これらの脂質にはさまざまな機能が生まれる。脂肪酸には、エネルギー代謝に関与するものもあれば、脂質の貯蔵、細胞構造、脂質の物理的状態、さらには食品の安定性に役立つものもある。
  • アイコン

    2021年06月21日

    消費者の需要に応える「クリーンラベル」グルテンフリーパンのデザイン

    グルテンフリー(GF)食品の市場は、ここ数年で着実に拡大している。しかしながら、グルテンの技術的重要性から、GF食品の製造は業界にとって未だに困難な課題となっている。実際、従来の製品と同等の食感や感覚を得るために、GF製品には大量の脂肪、糖類、安定剤、風味増強剤が添加されており、栄養やカロリー摂取のバランスが崩れている。
  • アイコン

    2021年06月21日

    FORCE(脂肪酸とアウトカム研究コンソーシアム).n-3脂肪酸バイオマーカーと2型糖尿病の発症: 20件の前向きコホート研究の個人参加者レベルでのプーリングプロジェクト。

    目的: n-3系脂肪酸のバイオマーカーと2型糖尿病(T2D)リスクとの前向きな関連性は、個々の研究では一貫していない。我々は,α-リノレン酸(ALA),エイコサペンタエン酸(EPA),ドコサペンタエン酸(DPA),ドコサヘキサエン酸(DHA)のバイオマーカーとT2Dリスクとの前向きな関連性を,個人参加者レベルのプール解析によってまとめることを目的とした。
  • アイコン

    2021年06月21日

    α-リノレン酸強化およびDHA-強化したサプリメントのヒト血漿中オキシリピンに対する時間経過および性効果:無作為化二重盲検クロスオーバー試験

    背景:食事から摂取するα-リノレン酸(ALA)とDHAの健康効果の違いは、少なくともその一部がオキシリピンに対する作用の違いによってもたらされている。
    目的:α-リノレン酸(ALA)とDHA強化サプリメントを摂取した際の血漿中のオキシリビンの時間変化と性差を調べた。
  • アイコン

    2021年06月21日

    うつ病や不安症状の予防のためのオメガ3系および多価不飽和脂肪:無作為化試験のシステマティックレビューとメタアナリシス

    背景: 多価不飽和脂肪酸は、うつ病や不安症を予防・改善するという一般的な考え方がある。
    目的:うつ病および不安症状の予防および治療に対する,オメガ3,オメガ6または総多価不飽和脂肪の増加の効果を評価する。
  • アイコン

    2021年06月21日

    心血管疾患に影響を与えるマイクロRNAに対する食事の影響

    食品の品質と栄養習慣は、人間の健康状態に大きく影響する。生物学的に活性をもつ栄養素を豊富に含む食品が、心血管疾患をはじめとするさまざまな病態の発症や進展に好影響を与えることを確認するために、広範な研究が行われてきた。しかしながら、食物成分が心血管機能を制御する基本的なメカニズムは、まだ完全には解明されていない。
  • アイコン

    2021年06月01日

    粉砕アマニタンパク質

    ・植物性タンパク質の利用は、健康食品の分野で大きなトレンドとなっている。
    ・アマニは豊富なタンパク源であり、グルテンを含まない。
    ・アマニに含まれるタンパク質は、心臓病、高血圧、糖尿病の抑制など、さまざまな健康効果がみられる。
  • アイコン

    2021年04月30日

    ヒトの体組成調節および心血管疾患の健康に関わる脂肪量および除脂肪量の調節因子としての多価不飽和脂肪酸

    現在では、食事で摂取する脂肪の量と種類が、代謝の健康に重要な役割を果たしていることが認識されている。ヒトの場合、多価不飽和脂肪酸(PUFA)の大量摂取は、心血管疾患リスクの低減、グルコースホメオスタシスの改善、内臓脂肪型肥満の減少や最近では除脂肪体重の増加などの体組成の変化と関連している。
  • アイコン

    2021年04月30日

    スペシャリティ種子:栄養素、生物活性物質、バイオアベイラビリティ、および健康上の利点:包括的レビュー

    種子は、古来より人間の栄養や健康に重要な役割を果たしている。近年、「スペシャリティ」という言葉が種子に適用され、価値の高い、あるいは珍しい食品を指すようになった。それ以来、特殊な種子に含まれるポリフェノールを含む様々なクラスの生物活性化合物を特定するために多くの研究が行われてきた。
  • アイコン

    2021年04月30日

    植物性エストロゲンを配合したシリアルバーの更年期症状への効果:プラセボ対照、無作為化試験

    目的 :本研究では、異なる植物性エストロゲンを組み合わせたシリアルバーの摂取が、女性の更年期症状の軽減に寄与するかどうかを評価した。
    方法:本研究は、臨床的、前向き、無作為化、単純盲検試験である。
  • アイコン

    2021年04月30日

    オメガ3脂肪酸強化食用卵の脂肪酸脂質画分のプロフィール

    卵の栄養学的特性を向上させるためには、卵黄にオメガ3脂肪酸(FA)を豊富に含ませることが重要な方法の一つとなっている。我々は、産卵鶏に射出成形アマニを食餌として与えることで、卵の極性および非極性脂質クラスの脂肪酸組成に及ぼす影響を評価した。
  • アイコン

    2021年04月30日

    食品強化のための安定化したオメガ3脂肪酸と微量栄養素のエマルション製剤の開発と特性評価

    食品の栄養強化に容易に利用できる、ω-3脂肪酸(ω-3 FA)と微量栄養素を含む新規の安定化乳化製剤について報告する。ω-3 FAと微量栄養素の両方を含む安定化製剤を製造するための乳化方法について説明する。
  • アイコン

    2021年04月30日

    植物性プレバイオティクスとその疾患改善への役割

    プレバイオティクスは、天然または合成の難消化性(非)炭水化物物質で、腸内細菌の増殖を促進する。大腸内で未消化のフラクトオリゴ糖は、有益な微生物の成長のために短鎖脂肪酸の合成に利用される。
  • アイコン

    2021年04月30日

    小児便秘に対する非薬物療法のアプローチ

    機能性便秘(FC)は、小児科領域において広く見られる問題である。FCには一般的に医薬品が使用されるが、保護者や患者は、使用可能な医薬品に抵抗があったり、不満を感じたりすることがある。さらに、患者は市販の栄養補助食品や植物を利用することに興味を持っている。この文献は、便秘に対する非薬理学的アプローチについての研究をまとめ、その安全性と有効性を評価することを目的とする。
  • アイコン

    2021年04月30日

    アマニの分割摂取が24時間血糖値反応に及ぼす影響

    目的:アマニは、血糖応答を低下させ、安定化させる効果がある。本研究の目的は、アマニを1回30gで摂取した場合と、1日3回に分けて摂取した場合(1回あたり10gのアマニ)で、効果的に血糖値反応を低下させることができるかどうかを調べることである。
  • アイコン

    2021年04月30日

    本態性高血圧および冠動脈疾患のリスクマーカーを有する患者の外来血圧の概日変化に対する必須脂肪酸ブレンドの効果

    アマニ油はα-リノレン酸(ALA)の優れた供給源であり、降圧作用があることが知られている。アマニ油は不安定で、通常の食生活では摂取できないため、天然のアマニ油にパーム油をブレンドすることで、フラボノイドを多く含んだ安定な製品となり、必須脂肪酸と抗酸化作用のバランスを適切に保つことができる。本研究の目的は、本態性高血圧症の被験者の24時間7日間の血圧の概日変動に対するアマニ油のブレンドの効果を調べることである。
  • アイコン

    2021年03月15日

    食用アマニ: 心血管疾患への影響について知っていることと知らないこと

    アマニ(Linum usitatissimum)は、個々のまたは相乗作用により、心血管系に有意な有益な効果をもたらすと考えられる生理活性成分のユニークな組み合わせで構成されている。アマニの心血管系に対する食事の影響に関するデータが大幅に増加していることから、私たちがどこに位置しているのか、私たちが何を知っているのか、そして私たちがまだ理解する必要があるのかを見直すことが、心臓や血管系に対するこれらの効果について価値があると考えられ、本論文の根拠となる。
  • アイコン

    2021年03月15日

    潰瘍性大腸炎患者におけるアマニサプリメントの遺伝子発現および炎症に対する効果:オープンラベル化無作為化比較試験

    目的:腸管粘膜の慢性炎症性疾患である炎症性腸疾患は、クローン病や潰瘍性大腸炎(UC)の臨床症状である。本研究では、UC患者の臨床バイオマーカー、QOL(生活の質)、疾患活動性に及ぼすアマニ粉砕物(GF)とアマニ油(FO)の影響を調査した。
  • アイコン

    2021年03月15日

    オメガ3系多価不飽和脂肪酸は、全身性炎症と心血管フィットネスの間の逆相関を修正する

    背景と目的:運動は生活の質を向上させ、心血管疾患を予防することで全死亡率を低下させる可能性がある。運動の有益な効果は慢性炎症の減少と関連しているが、個人の反応は様々であり、心血管フィットネスの抗炎症効果に寄与する因子はほとんど明らかにされていない。我々は炎症と心血管フィットネスの逆相関関係における脂肪酸の役割を調査することにした。
  • アイコン

    2021年03月15日

    非アルコール性脂肪性肝疾患に対するアマニとヘスペリジンの有効性:非盲検無作為化比較試験

    背景/目的:非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は世界的に有病率が上昇しており、NAFLD患者に対する薬理学的アプローチについての決定的なエビデンスはまだ見つかっていない。本研究は、NAFLD患者におけるアマニとヘスペリジンの臨床効果を評価することを目的とした。
  • アイコン

    2021年03月15日

    アマニとヘスペリジンの併用療法は、糖尿病予備軍における心血管リスクコントロールにおける生活習慣の改善効果を高める:無作為化比較試験

    背景:心血管代謝異常の有病率の増加と非感染性慢性疾患との関連性を考えると、予防・治療戦略の提供は重要な課題である。プラセボ対照無作為化試験を実施し、生活習慣介入中の粉砕褐色アマニとヘスペリジンの併用療法が、糖尿病予備軍における心血管リスクのコントロールに及ぼす影響を検討した。
  • アイコン

    2021年03月15日

    アマニとその製品はグリセミック(血糖)コントロールを改善する:システマティックレビューとメタアナリシス

    背景:オメガ3の豊富な供給源であるアマニのサプリメントがグリセミック指数に及ぼす効果に関するデータは、結論が出ていない。本研究の目的は、臨床試験で得られたエビデンスをまとめ、アマニとその製品のグリセミック指数に対する効果を明らかにすることである。
  • アイコン

    2021年03月15日

    オメガ3脂肪酸の植物ベースのソースのバイオアベイラビリティと変換 – ベジタリアンとビーガンのためのサプリメントのオプションを更新するためのスコープレビュー

    オメガ3(n-3)脂肪酸は、エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)の海洋資源の有益な効果を示す証拠と健康上の多くの利点を提供している。新たな研究では、ベジタリアンとビーガンの血液マーカーにn-3食事摂取量の影響を調べているが、植物ベースの海洋代替品のための公式ガイダンスは、コンセンサスに到達するにはまだである。本レビューでは、EPAとDHAへの変換を含む植物性n-3オイルのバイオアベイラビリティを調査した試験の概要を掲載している。
  • アイコン

    2021年03月15日

    末梢動脈疾患患者の心筋梗塞および跛行に対するアマニの食事療法の効果

    末梢動脈疾患(PAD)患者は心血管イベントのリスクが高く、心臓不整脈の感受性が高いことが関係している可能性がある。この二重盲検無作為化比較試験は,PAD患者が1年間に30gの粉砕アマニ(またはプラセボ)を補充した食事を毎日摂取することが,心臓性不整脈の有病率および運動能力に影響を及ぼすかどうかを決定することを目的として行った。
  • アイコン

    2021年02月04日

    非アルコール性肝炎の治療における選択肢としてアマニ – レビュー

    目的:非アルコール性脂肪肝炎(NASH)は、様々な原因に依存する疾患であり、その進行が適切に解明されていないため、一度の治療では効果が得られないことがある。目立った症状がないために診断されず、NASHを診断する唯一の方法は肝生検である。
  • アイコン

    2021年02月04日

    潰瘍性大腸炎患者における遺伝子発現と炎症に対するアマニサプリメントの効果:オープンラベル無作為化比較試験

    目的:腸管粘膜の慢性炎症性疾患である炎症性腸疾患は、クローン病や潰瘍性大腸炎(UC)の臨床症状の一つである。本研究では、UC患者の臨床バイオマーカー、QOL(生活の質)、疾患活動性に及ぼす粉砕アマニ(GF)とアマニ油(FO)の影響を調査した。本研究は、UC患者90名を対象に、非盲検無作為化比較試験デザインを用いて12週間実施した。
  • アイコン

    2021年02月04日

    アマニ油:抽出、健康効果と製品

    アマニは、α-リノレン酸(ALA)、リグナン、タンパク質、食物繊維が豊富に含まれており、重要な食材とされてきた。アマニの最も機能性成分の一つとして、アマニ油は、心血管保護、抗腫瘍、抗炎症、生活保護、糖尿病治療などの多くの潜在的な健康上の利点を提供することができる。
  • アイコン

    2021年02月04日

    高温抽出したアマニガムの油水エマルション系におけるレオロジー特性と安定化効果

    これまでに報告されているアマニガム(FG)は、比較的低温下で果皮と種子から分離されたものがほとんどであり、ガム全体の構造的・機能的な理解が十分ではない。また、加工条件がFGの機能特性に及ぼす影響についてはほとんど研究されていない。本研究では、FGを高温(90℃)で水抽出した後、エタノール沈殿させた。高温抽出したFGのレオロジー特性や水溶液中でのエマルション安定化特性などの物理化学的特性を調べた。
  • アイコン

    2021年02月04日

    食事性オメガ-3系多価不飽和脂肪酸、腸内細菌叢、腸管免疫との関連性

    人間が食事から摂取すべき必須脂肪酸であるオメガ-3系多価不飽和脂肪酸(オメガ-3 PUFA)は、人間の健康に潜在的な効果を発揮する。オメガ-3 PUFA(ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、α-リノレン酸(ALA)、ドコサペンタエン酸(DPA))は、細胞膜の構造や機能を変化させるだけでなく、腸の免疫寛容性や腸内細菌叢の維持に異なる効果を発揮する。
  • アイコン

    2021年02月04日

    線維嚢胞性の乳房痛と結節性に対するアマニ油とビタミンEの効果の比較:無作為化二重盲検臨床試験

    背景:乳房の線維嚢胞性変化は20~50歳の女性に多い良性疾患である。医療介入は、線維嚢胞症の進行を食い止め、乳房の痛みや圧痛を和らげることを目的としている。また、長期的には線維嚢胞性変化を逆転させることが望ましい。
    方法:この無作為化二重盲検臨床試験では、乳房の痛みの重症度と乳房の結節性に対するアマニ油の効果をビタミンEに対して検討した。
  • アイコン

    2021年01月22日

    COVID-19アウトブレイク時の栄養補助食品:PLifeCOVID-19オンライン研究に支えられたGoogleトレンド分析の結果

    栄養補助サプリメント(DS)の利用は世界中で着実に増加しており、さらに、コロナウイルス疾患2019(COVID-19)を契機に、ほとんどの国でDSの販売がダイナミックに増加している。そこで、(1)世界およびポーランドにおけるGoogle検索の探索(Google Trends(GT)ツールを用いた)、(2)パンデミックの第1波および第2波の間に実施されたPLifeCOVID-19オンラインスタディの結果の分析を通じて、2020年のDSsの現状を調査した。
  • アイコン

    2021年01月22日

    1999年から2016年までの米国の子供たちにおける栄養成分と非栄養成分を含む栄養補助食品の使用の傾向

    目的:米国の子供たちにおける栄養補助食品(DS)の使用状況を明らかにすること。製品の種類、動機、使用者の特徴、非ビタミン・非ミネラル栄養補助食品(NVNM)に主に焦点を当てた経時的な傾向などを含む。
  • アイコン

    2021年01月12日

    機能性ペプチド生産のためのアマニ乳発酵の最適化と生理活性の評価

    生理活性ペプチドとは、生体の機能や状態にプラスの影響を与えるタンパク質の断片のことである。他の動植物源とは別に、アマニは生理活性ペプチドの優れた供給源である。近年、生理活性ペプチド生成のための効果的な方法として発酵が検討されている。
  • アイコン

    2021年01月12日

    リグナンと腸内細菌叢:健康への影響を解明する相互作用

    植物ポリフェノールは、異なる化学的および構造的特性、低いバイオアベイラビリティ(生体利用率)、およびいくつかのin vitro生物学的活性を特徴とする生理活性化合物の幅広いグループである。これらの化合物の中で、リグナン(ヒト栄養用の植物食品に含まれる非フラボノイドポリフェノールクラス)は、最近、腸-脳軸の潜在的なモジュレーターとして研究されている。
  • アイコン

    2021年01月12日

    食事性脂肪・脂肪酸の摂取と2型糖尿病の発症率:プロスペクティブ観察研究のシステマティックレビューと用量反応メタアナリシス

    背景:2型糖尿病(T2D)予防における脂肪の量と質の役割については議論がある。そこで、本システマティックレビューおよびメタアナリシスでは、食事脂肪や脂肪酸の摂取量とT2Dとの関連を調査し、エビデンスの確実性を評価することを目的とした。
  • アイコン

    2021年01月12日

    高トリグリセリド血症治療のための生理活性化合物:臨床試験のエビデンスと作用目標

    PPARαを作用標的として示す主な薬理学的治療法は、現在、欧州心臓病学会(ESC)および欧州動脈硬化学会(EAS)により高トリグリセリド血症の管理に推奨されている薬剤であるフィブラート(68)に基づくものである(1)。PPARαを介してTGの代謝に影響を与える生理活性物質群の中で、オメガ-3脂肪酸の補給に関心が高まっている。
  • アイコン

    2021年01月12日

    脳卒中患者における遊離脂肪酸とその炎症性誘導体のBDNFへの影響

    目的:ニューロトロフィン脳由来神経栄養因子(BDNF)は、脳卒中後の機能的転帰、神経新生、神経保護、神経可塑性に影響を与える。そのレベルは食事や栄養状態と関連しており、より具体的にはBDNFレベルに影響を与える遊離脂肪酸(FFA)とエイコサノイドである。本研究の目的は、脳卒中患者の BDNF レベルに対する FFAs とエイコサノイドの潜在的な影響を分析することであった。
  • アイコン

    2021年01月12日

    高脂血症と心血管疾患の治療におけるアマニとその成分

    本論文では、アマニとその成分(アマニ油、セコイソラリシレシノールジグルコシド [SDG]、アマリグナン複合体 [FLC]、アマ繊維)の血清脂質(総コレステロール[TC]、低密度リポ蛋白質-コレステロール[LDL-C]、高密度リポ蛋白質-コレステロール[HDL-C]、トリグリセリド[TG])に対する効果を動物およびヒトで説明する。
  • アイコン

    2020年12月01日

    メタボリックシンドロームおよび関連疾患患者における炎症および酸化ストレスのバイオマーカーに対するアマニ油サプリメントの効果:無作為化比較試験のシステマティックレビューとメタアナリシス

    目的:メタボリックシンドローム(MetS)および関連疾患を有する患者の炎症および酸化ストレスのバイオマーカーに対するアマニ油サプリメントの効果を分析するために、無作為化比較試験(RCT)のシステマティックレビューおよびメタアナリシスを実施した。
  • アイコン

    2020年12月01日

    肥満の子供の増加した脂肪率は、低赤血球オメガ3脂肪酸の状態と不十分な多価不飽和脂肪酸の食事摂取量と関連する

    肥満の子供の総食事脂肪摂取量と体脂肪率の測定値との関連は依然として一貫性がない。本研究は、食事性長鎖多価不飽和脂肪酸(LCPUFA)およびLCPUFAの状態が肥満の小児における体組成と関連しているかどうかを調べることを目的とした。
  • アイコン

    2020年12月01日

    脂肪酸化の調節因子および有酸素運動の予測因子としての食事と血中のα-リノレン酸

    背景:n-3多価不飽和脂肪酸(PUFAs)の中で最も重要なのはα-リノレン酸(ALA)である。ALAの生理活性は長鎖のn-3 PUFAsと同等ではなく、炭水化物の備蓄が枯渇した長期トレーニング時のエネルギー基質として機能するなど、多面的な効果を有している。本研究の目的は、スキーヤーにおける必須の食事および血漿中の ALA と、最大脂肪酸化(MFO)を介して推定される有酸素運動のパフォーマンスとの関連を検討することである。
  • アイコン

    2020年12月01日

    食事性生理活性化合物と妊娠糖尿病における母体脂肪率および炎症との関連:観察研究と臨床研究の最新情報

    妊娠糖尿病(GDM)は、悪影響を母体と子孫の健康に影響を与える妊娠の一般的な合併症である。母体の肥満、酸化ストレスや炎症がGDMに関与している。 非妊娠成人では、食事性生理活性化合物の摂取量は、逆にインスリン抵抗性と炎症に関連付けられる。
  • アイコン

    2020年12月01日

    α-リノレン酸を多く含むサプリメントとDHAを多く含むサプリメントのヒト血漿オキシリピンに対する時間経過と性差効果:無作為化二重盲検クロスオーバー試験

    背景:α-リノレン酸(ALA)とDHAの健康効果の違いは、オキシリピンに対する効果の違いによって少なくとも部分的に媒介されている。 目的:α-リノレン酸(ALA)とDHAを豊富に含むサプリメントとを比較して、血漿オキシリピンの時間経過と性差について検討した。
  • アイコン

    2020年12月01日

    高心血管リスク患者の主要な心血管有害事象に対する高用量オメガ3脂肪酸対コーン油の効果:STRENGTH無作為化臨床試験

    オメガ3脂肪酸のエイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)が心血管リスクを低下させるかどうかは依然として不明である。アテローム性脂質異常症で心血管リスクが高い患者の脂質および炎症マーカーに対する良好な効果が論文として発表されているEPAおよびDHA(オメガ3系CA)のカルボン酸製剤の心血管アウトカムへの影響を決定することを目的とした。
  • アイコン

    2020年12月01日

    フィッシュオイルサプリメントを超えて:脂質インデックスと心代謝バイオマーカーに対する代替植物ソース由来のオメガ3多価不飽和脂肪酸の効果についての概要

    心血管疾患は依然として世界的な課題であり、脂質関連バイオマーカーは心血管イベントを予測することができる。オメガ3多価不飽和脂肪酸(n3-PUFAs)の心血管系の利点に関する広範な研究は、魚油のサプリメントや魚が豊富な食事に向けられている。
  • アイコン

    2020年12月01日

    血中脂質値に対する低比率n-6/n-3 PUFAの効果:メタアナリシス

    目的:このメタアナリシスの目的は、血中脂質値に対する低比率n-6/n-3 PUFAの効果を評価することであった。 方法:2019年3月までのn-6/n-3 PUFA介入の無作為化対照試験をPubMed、Embase、コクラン図書館のデータベースで検索した。
  • アイコン

    2020年12月01日

    α-リノレン酸の脂肪組織含量と末梢動脈疾患の発症:デンマークの症例コホート研究

    目的:本研究の目的は、植物由来のn-3脂肪酸であるα-リノレン酸の脂肪組織含量と末梢動脈疾患(PAD)の発症率との関連を調べることであった。
    方法:1993年から1997年の間に設立されたデンマーク食事・癌・健康コホート(n = 57,053)に基づいた症例コホート研究を実施した。
  • アイコン

    2020年11月16日

    脱脂したアマニ粉は、過体重と肥満の成人における体重減少と脂質プロファイルを改善する:無作為化比較試験

    スコープ:食物繊維を豊富に含む食品は、体重減少やトリアシルグリセロール(TG)値の低下に寄与する可能性が示唆されている。本研究は、アマニミール(FM)(アマニ油加工後の副産物)を添加したビスケットが、過体重および肥満の参加者の体重、体組成、血中脂質に及ぼす影響を調査することを目的とした。
  • アイコン

    2020年11月16日

    体重減少のためのさまざまな食品サプリメントを提案するための最近のエビデンス:包括的なレビュー

    肥満の増加に伴い、体重減少を目的とした食品サプリメントの使用は急速に人気を博している。 膨大で、しばしば質が低い場合がみられる文献を見て回ることは、情報に基づいたアドバイスを求めている人に提供することと同様に困難である。ここでは、現在上市されているサプリメントの中で、減量を目的としたものに焦点を当てて、その作用機序を分類した包括的な文献を提供する。
  • アイコン

    2020年11月16日

    ω-3とω-6多価不飽和脂肪酸、肥満と癌

    近年、食品中の栄養補助食品の生理活性化合物は、癌などの慢性疾患や炎症性疾患、心血管疾患、代謝性疾患の予防に関する潜在的な健康上の利点のために発見されている。
  • アイコン

    2020年11月16日

    アマニミールのタンパク質プロファイルと抗ラジカル能に及ぼす焙煎の影響

    焙煎はアマニの前処理として使用されることが多くなっている。しかしながら、このプロセスは、アマニタンパク質の特性に重要な影響を与える可能性がある。本研究は、焙煎後の電気泳動タンパク質プロファイル(SDS-PAGE)およびアマニミールの抗ラジカル能の変化を研究することとした。
  • アイコン

    2020年11月16日

    アマニ油の化学組成,酸化安定性および脂肪酸組成に及ぼすマイクロ波焙煎の影響

    本研究では、アマニ種子を、マイクロ波(MW)により180、360、540Wの消費電力で5分および10分間焙煎し、油の収率、化学特性、カロテノイドおよびクロロフィル含量、総フェノール含量(TPC)、ラジカル消去活性(RSA)、酸化安定性指数(OSI)、脂肪酸組成およびメイラード反応生成物(MRP)への影響を評価した。
  • アイコン

    2020年11月16日

    ヒト糞便微生物を用いたアマニ多糖類のin vitro消化・発酵

    アマニ多糖類(FSP)の唾液、胃、小腸を模擬した条件下での消化を評価し、ヒトの腸内微生物によるFSPのin vitro発酵を評価した。
  • アイコン

    2020年10月08日

    α-リノレン酸と炎症のサプリメント:フィージビリティートライアル

    前駆体であるα-リノレン酸(ALA)を含むオメガ3脂肪酸の消費量は、多くの場合、サブ最適であり、国際的なガイドラインに沿ったものではない。サプリメントは議論の余地があるが、ある割合の個人、例えば、糖尿病前段階、低悪性度の炎症、心血管疾患、まだそうでない健康な被験者は、特に炎症を軽減するために、超生理学的オメガ3の摂取量から恩恵を受ける可能性がある。
  • アイコン

    2020年10月08日

    食事性植物エストロゲンの効果は、ヒトの生涯を通じてホルモンに影響を与える:レビュー

    食事性植物エストロゲンは、エストロゲン活性を持つ生理活性化合物である。植物を中心とした食生活の人気の高まりに伴い、植物性エストロゲンを豊富に含む豆類(特に大豆)や豆類由来の食品の摂取量が増加している。前臨床研究からの証拠は、これらの化合物がホルモンや健康に影響を与える可能性があることを示唆しているが、ヒト試験の結果は不明である。
  • アイコン

    2020年10月08日

    アマニガムの回収・純度・抗酸化活性・微細構造に及ぼす抽出技術の影響

    アマニガムの抽出法として、熱水抽出法(HWE)、アルカリ-酸抽出法(AAE)、超音波アシスト抽出法(UAE)、マイクロ波アシスト抽出法(MAE)の4つの抽出法を比較し、収量、純度、構造特性(単糖類組成、分子量分布、透過型電子顕微鏡による微細構造)、抗酸化活性(2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジル[DPPH] 及び2,2'-アジノビス(3-エチルベンゾチアゾリン-6-スルホン酸[ABTS]消去能,還元力)への影響を検討した。
  • アイコン

    2020年10月08日

    成人の有痛性糖尿病性神経障害の治療におけるγ-リノレン酸とα-リポ酸の比較:12週間、二重プラセボ、無作為化、非劣性試験

    本試験は、有痛性糖尿病性末梢神経障害(DPN)を有する2型糖尿病(T2DM)患者を対象に、γ-リノレン酸(GLA)のα-リポ酸(ALA)に対する12週間投与の有効性と安全性を評価する多施設並行群二重盲検二重ダミー無作為化非劣性試験である。
  • アイコン

    2020年10月08日

    空腹時および食後期の血管機能および代謝リスクマーカーに対するα-リノレン酸の効果:未治療の高血圧患者予備軍を対象とした無作為化プラセボ対照試験

    背景:α-リノレン酸(ALA、C18:3n-3)の血管機能と食後の効果については、限られた数の研究しか行われていない。そこで我々は、未治療の高血圧患者予備軍を対象に、空腹時および食後におけるALAの血管機能および代謝リスクマーカーへの効果に特に焦点を当てた対照試験を実施した。
  • アイコン

    2020年10月08日

    中等度高コレステロール血症の中国人成人における心血管リスク因子に対する脂肪酸組成の異なる植物油の効果:無作為化二重盲検並行デザイン試験

    調理用の植物油は、一般的に中国人の食事では、食事脂肪の40~50%、リノール酸の65%、α-リノレン酸の44%、オレイン酸の41%を提供している。しかしながら、中国人の心血管リスク因子に対する植物油由来の脂肪酸の比較効果はまだ決定的ではない。そこで、本研究は、オレイン酸を豊富に含むピーナッツ油、リノール酸を豊富に含むコーン油、α-リノレン酸で強化されたブレンド油など、さまざまな種類の植物油によって心血管リスク因子が変化するかどうかを調べることを目的とした。
  • アイコン

    2020年10月08日

    乳がんの伝統的治療に使用される薬用ハーブ:作用のメカニズム

    背景 乳がんは女性の主要な死亡原因の一つであり、新規かつ有効な抗がん剤の開発が急務となっている。抗がん剤としては、天然の植物製品が有望な結果を示している。その有効性は、ホルモンを標的とした抗がん剤に比べ、使用時の毒性が低く、安全性や再発抵抗性が低いことが報告されている。
  • アイコン

    2020年10月08日

    アマニガムからのオリゴ糖調製の最適化とin vitroでの抗酸化・抗腫瘍活性の評価

    アマニガム(FG)を酵素法で分解してアマニオリゴ糖(FGOS)を調製した。FGの酵素加水分解に影響を与える因子を単因子試験及び直交試験により検討した。
  • アイコン

    2020年08月18日

    多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)のある妊婦とない妊婦の腹部皮下脂肪組織の脂肪酸プロファイルと脱飽和度指標の違い

    目的は,多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)を有する妊婦とそうでない妊婦の皮下脂肪組織(AT)中の脂肪酸(FA)プロファイルの違いを解明することであった。帝王切開を受けた13人のPCOSと32人の非PCOSから採取したATサンプルのFAプロファイルをガスクロマトグラフィーを用いて比較した。
  • アイコン

    2020年08月18日

    成人の循環アディポネクチンおよびレプチン濃度に対するアマニサプリメントの効果:無作為化比較試験のシステマティックレビューとメタアナリシス

    目的:我々の目的は、血清アディポネクチンおよびレプチン濃度に対するアマニサプリメントの効果を評価する無作為化比較試験(RCT)のシステマティックレビューおよびメタアナリシスを行うことであった。
  • アイコン

    2020年08月18日

    非アルコール性脂肪肝疾患に対するアマニとヘスペリジンの有効性:オープンラベル化無作為化対照試験

    背景/目的:非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は世界的に有病率が上昇しており、NAFLD患者に対する薬理学的アプローチについての決定的なエビデンスはまだ見つかっていない。本研究は、NAFLD患者におけるアマニとヘスペリジンの臨床効果を評価することを目的とした。
  • アイコン

    2020年08月18日

    糖尿病患者の足潰瘍治療のための栄養学的介入

    背景:糖尿病患者の足潰瘍は、治癒しない、または治癒不良、足首の下の部分的または全厚の創傷である。これらの潰瘍は一般的で、管理に費用がかかり、重大な罹患率および死亡率の原因となる。創傷の存在は、創傷液を介した栄養の損失に加えて、組織損傷を修復するための代謝コストがかかるため、栄養状態に影響を及ぼす。栄養学的介入は糖尿病患者の足潰瘍の創傷治癒を改善する可能性がある。
    目的:糖尿病患者の足潰瘍の治癒に対する栄養介入の効果を評価する。
  • アイコン

    2020年08月18日

    アマニの分割摂取が24時間血糖応答に及ぼす影響

    目的:アマニは血糖応答を低下させ、安定させるのに有効である。本研究の目的は、アマニ30gの1回分として摂取した場合と、1日3回に分けて摂取した場合(1回分10g)で、より効果的に血糖応答を低下させることができるかどうかを調べることである。
  • アイコン

    2020年08月18日

    プラセボ対照無作為化クロスオーバー試験におけるアマニリグナン介入の循環胆汁酸に対する効果

    植物リグナンおよびその微生物代謝物、例えばエンテロラクトン(ENL)は、肝受容体との相互作用を介して胆汁酸(BA)代謝に影響を与える可能性がある。我々は,完了した無作為化クロスオーバー介入のサンプルを用いて,健康な男女 46 名(20~45 歳)の血漿中 BA 濃度に対するアマニリグナン抽出物(50 mg/日セコイソラリシノールジグルコシド)の効果をプラセボと比較して,それぞれ 60 日間評価した.20種のBAはLC-MSを用いて空腹時血漿中で測定した。
  • アイコン

    2020年08月18日

    α-リノレン酸摂取が血中脂質プロファイルに及ぼす影響:無作為化対照試験のシステマティックレビューとメタアナリシス

    トリグリセリド(TG)、総コレステロール(TC)、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL-C)、低密度リポタンパク質コレステロール(LDL-C)、超低密度リポタンパク質(VLDL-C)、およびTCとHDL-Cの比率を含む血中脂質プロファイルに対するALA摂取の効果を調査する。
  • アイコン

    2020年08月18日

    欧州のがんと栄養に関する前向き調査における食事と循環脂肪酸と卵巣がんリスク

    背景:脂肪酸は、卵巣がんの危険因子である肥満、エストロゲン、炎症に影響を与える。脂肪酸と卵巣がんとの関連を調査した疫学研究は少ない。
    方法:European Prospective Investigation into Cancer and nutrition(がんと栄養に関する欧州前向き調査)の中で、1,486例の卵巣がんの偶発症例が同定された。卵巣がんの危険因子を調整したCox比例ハザードモデルを用いて、脂肪酸の摂取量の五分位にまたがる卵巣がんのハザード比を推定した。
  • アイコン

    2020年08月18日

    血漿中リン脂質脂肪酸、骨密度、骨折リスク:メンデル無作為化研究からのエビデンス

    背景と目的:個々の脂肪酸(FA)と骨密度および骨折リスクとの関連性に関する利用可能な疫学的エビデンスは一貫性がなく乏しい。我々は、これらの関係を探るために、2サンプルのメンデル無作為化研究を実施した。
  • アイコン

    2020年08月18日

    メタボリックシンドロームにおけるアマニおよび/またはヘスペリジンサプリメント:オープンラベル無作為化比較試験

    目的:本研究の目的は、メタボリックシンドローム患者を対象に、アマニとヘスペリジンの単独投与と併用投与の臨床効果を比較することである。メタボリックシンドロームの治療を受けた多くの参加者を主要エンドポイントとして評価した。
  • アイコン

    2020年08月18日

    健康と病気のためのアマニ:臨床試験のレビュー

    背景:アマニ(Linum usitatissimum)は油糧種子で、健康的な生活のために必要なα-リノール酸、リノール酸、リグナン、繊維、その他多くの生理活性成分を多量に含んでいる。最近では、アマニは人間にとって様々な健康上の利点を持つ注目すべき機能性食品として知られており、心血管疾患、糖尿病、脂質異常症、肥満、メタボリックシンドロームから体を守ってくれる。 目的と方法:アマニの生理活性成分とその潜在的な健康効果をレビューするために、創刊から2019年7月までPubMedとScopusを検索した。
  • アイコン

    2020年08月18日

    アマニ(Linum usitatissimum L.)油の化学組成、酸化安定性および脂肪酸組成に及ぼすマイクロ波焙煎の影響

    本研究では、180、360、540Wのマイクロ波(MW)で5分間および10分間焙煎したアマニを用いて、オイルの収率、化学的性質、カロテノイドおよびクロロフィル含量、総フェノール含量(TPC)、ラジカル消去活性(RSA)、酸化安定性指数(OSI)、脂肪酸組成およびメイラード反応生成物(MRP)への影響を評価した。
  • アイコン

    2020年08月18日

    認知のためのオメガ-3、オメガ-6、および多価不飽和脂肪:無作為化試験のシステマティックレビューとメタアナリシス

    目的:神経認知機能は多価不飽和脂肪の摂取によって影響を受ける可能性がある。多くの高齢者は、認知機能の低下を防ぐためにオメガ-3サプリメントを摂取している。我々は、オメガ-3、オメガ-6、または総多価不飽和脂肪の摂取量が、新たな神経認知疾患および認知に及ぼす影響を評価した。デザインおよび包含基準:24週間に渡って成人を対象としたランダム化比較試験(RCT)のシステマティックレビューおよびメタアナリシスを実施し、オメガ-3、オメガ-6、または総多価不飽和脂肪の増加と減少の効果とアウトカム(新しい神経認知疾患、新たに障害された認知、および/または認知の継続的測定)を評価した。
  • アイコン

    2020年08月18日

    冠動脈疾患患者における赤血球膜脂肪酸組成とエンドカンナビノイド系の調節に対するアマニ油補給の効果:二重盲検無作為化比較試験

    背景:エンドカンナビノイド系(ECS)の過剰活性化は、炎症過程の増加に関連して、冠動脈疾患(CAD)の危険因子として作用する可能性がある。食事脂肪はECSの調子に影響を与える可能性がある。
    目的:血清N-アラキドノイルエタノールアミン(AEA)とカンナビノイド受容体1型(CB1)、カンナビノイド受容体2型(CB2)、脂肪酸アミドヒドロラーゼ(FAAH)mRNA発現量を測定することにより、アマニ油が赤血球膜脂肪酸プロフィールとECS活性に及ぼす影響を検討することである。
  • アイコン

    2020年08月18日

    固形がん患者における代謝と免疫調節:前臨床および臨床的証拠の系統的レビュー

    多くの固形悪性腫瘍では、いくつかの免疫療法剤が標準治療となっている。それにもかかわらず、大多数の患者は現在利用可能な免疫療法の恩恵を受けていない。したがって、腫瘍応答/抵抗性の予後因子および予測因子を同定し、原発性抵抗性を克服し、免疫療法の有効性を向上させるための効果的な治療戦略を設計することが最も重要である。本レビューの目的は、腫瘍および宿主の代謝が抗腫瘍免疫応答に及ぼす影響を強調し、腫瘍または免疫細胞における特定の代謝経路を標的とし、患者の栄養状態を修正することにより、利用可能な治療法の有効性を改善するための可能な戦略を議論することである。
  • アイコン

    2020年05月25日

    アマニ強化パスタ-化学組成と調理品質

    パスタ製造は様々な形態の生産物イノベーションの良い機会である。本研究はパスタ生産へのアマニ成分の使用を評価することを目的とした。
  • アイコン

    2020年05月25日

    乳がん発症リスクが増加する閉経前女性を対象としたリグナン・セコイソラリシノールジグルコシドの無作為化第IIB相試験

    アマニに含まれるリグナン・セコイソラリシノールジグルコシド(SDG)に関わる多施設共同プラセボ対照第IIB相試験を実施した。
  • アイコン

    2020年05月25日

    ヨーロッパの小児および青年における全血多価不飽和脂肪酸とインスリン抵抗性の関連

    本研究は、全血中の n-3 および n-6 多価不飽和脂肪酸(PUFA)と小児のインスリン抵抗性(IR)との関連を調べることを目的としている。
  • アイコン

    2020年05月25日

    重度の高脂血症のためのリポタンパク質のアフェレシスを受けている患者に対するアマニ(Linum Usitatissimum L.)のサプリメンテーション:パイロット研究

    多価不飽和脂肪酸を豊富に含むアマニ(Linum usitatissimum L.)は、脂質レベルを低下させ、炎症を抑えることができると考えられている。このパイロット研究では、我々は、アマニのサプリメントが従来の脂質降下薬物療法に耐性があり、リポ蛋白質のアフェレシスを必要とする重度の高脂血症患者における脂質と炎症メディエーターのプロファイルを改善することができるかどうかを決定することを目的とした。
  • アイコン

    2020年05月25日

    油糧種子ミックスに含まれるリグナンが若年および閉経前の女性の腸内マイクロバイオーム組成およびエンテロリグナン産生に与える影響:インビトロパイロット研究

    背景:食餌性リグナンは、クメスタン、スチルベン、イソフラボンとともに植物性エストロゲンのグループに属し、それ自体ではエストロゲン様作用を示さない。それにもかかわらず、腸内微生物はそれらを、ヒトエストロゲン分子と化学的に類似性を示すエンテロリグナンに変換する。リグナンの最も豊富な食素材の一つはアマニを含む油糧種子である。このパイロット研究は、油糧種子ミックス中の主要な食餌性リグナンの濃度を決定し、若年および閉経前女性におけるエストロゲン置換のための腸内細菌に依存したエンテロリグナンの産生を調べることを目的とした。
  • アイコン

    2020年05月25日

    赤血球膜多価不飽和脂肪酸は、中年・高齢者のメタボリックシンドロームの発症率と関連している – 8.8年のプロスペクティブ(前向き)研究

    背景:メタボリックシンドローム(MetS)に関連する多価不飽和脂肪酸(PUFAs)の総量と脂肪酸の種類の特定については、依然として一貫した結果が得られていない。
    目的:我々は、コホート集団における赤血球のn-3およびn-6 PUFAとMetSおよびMetSの構成要素との関連を評価した。
  • アイコン

    2020年05月25日

    認知のためのオメガ-3、オメガ-6、および多価不飽和脂肪:無作為化試験のシステマティックレビューとメタアナリシス

    目的:神経認知機能は多価不飽和脂肪の摂取によって影響を受ける可能性がある。多くの高齢者は、認知機能の低下を防ぐためにオメガ-3サプリメントを摂取している。我々は、オメガ-3、オメガ-6、または総多価不飽和脂肪を増加させることによる新しい神経認知疾患および認知への影響を評価した。
  • アイコン

    2020年05月25日

    中国人におけるアマニサプリメントの機能的便秘と生活の質に対する効果:無作為化試験

    背景と目的:この前向き無作為化比較試験は、中国の成人男女におけるアマニサプリメントの機能性便秘と生活の質に対する効果を評価することを目的とした。
  • アイコン

    2020年04月14日

    サワードウパンの栄養補助食品および官能特性の改善のためのツールとしてのアマニケーク

    近年、慢性疾患の予防にも役立つ健康機能性食品の製造を目指して、アマニの応用研究が進められている。これに関連して異なる割合でアマニケークを配合したサワー種のパンの製造が行われ、サワードウとアマニケークに由来する生理活性化合物間の相互作用について検討された。
  • アイコン

    2020年04月14日

    食事性脂肪の質が高いほど、女性の不安スコアが低くなる:横断研究

    背景:不安と食事脂肪質(DFQ)の関係は十分に研究されていない。 研究の目的は、不安障害と女性の脂肪酸摂取量との関係を明らかにすることとした。
    方法:この横断研究には、18〜49歳のヘルスケアセンターに通う300人の女性が対象となった。
  • アイコン

    2020年04月14日

    妊娠誘発性高血圧または子癇前症の予防に対するn-3脂肪酸補給の効果:系統的レビューとメタ分析

    妊娠誘発性高血圧症または子癇前症の予防に対するn-3脂肪酸補給の有効性は不明なままである。この研究は、妊娠中の高血圧や子癇前症に対する妊娠中のEPA、DHA、ALAの補給の効果を調べることを目的とした。
  • アイコン

    2020年04月14日

    心血管疾患の一次および二次予防のためのオメガ-3脂肪

    背景:エイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)を含む魚油(長鎖オメガ-3(LCn3))および植物(α-リノレン酸(ALA))からのオメガ-3多価不飽和脂肪酸は 心血管の健康に役立つといわれている。ガイドラインでは、オメガ-3を豊富に含む食品を増やすこと、時にはサプリメントを増やすことを推奨しているものの、最近の試験ではこれが確認されていない。
    目的:すべての原因による死亡、心血管イベント、脂質異常症に対する魚由来および植物由来のオメガ-3脂肪の摂取量増加の影響を評価することとした。
  • アイコン

    2020年04月14日

    メタボリックシンドローム患者の血液凝固スコア、酸化ストレスおよび炎症性パラメーターに対するアマニ油とヒマワリ油の効果の比較研究

    メタボリックシンドローム(MetS)は炎症性および血液凝固亢進状態を伴う慢性疾患である。研究の目的は、MetS患者アマニ油とヒマワリ油を摂取した場合の、患者の血液凝固スコアや酸化および炎症パラメーターに及ぼす影響を調べることである。
  • アイコン

    2020年04月14日

    がんの発生率に対するオメガ-3、オメガ-6および総食餌性多価不飽和脂肪:システマティックレビューおよびランダム化試験のメタ分析

    背景:長鎖オメガ-3(LCn3)、α-リノレン酸(ALA)、オメガ-6と総多価不飽和脂肪酸(PUFA)摂取量とがんリスクの関係は不明である。
    方法:12か月以上にわたってがん疾患に対して、LCn3、ALA、オメガ-6、トータルPUFA摂取量が多い場合と少ない場合の比較に関わるランダム化試験(RCT)について、Medline、Embase、CENTRALおよび試験レジストリを検索した。変量効果メタ分析、感度分析、サブグループ化、バイアスのリスクおよびGRADEを使用した。
  • アイコン

    2020年03月11日

    空腹時および食後期の血管機能および代謝リスクマーカーに対するα-リノレン酸の効果:未治療(前)高血圧患者を対象とした無作為化プラセボ対照比較試験

    背景:α-リノレン酸(ALA、C18:3n-3)の血管および食後の効果を調べた研究は少ない。そこで未治療の(前)高血圧患者の空腹時および食後期の血管機能および代謝リスクマーカーに対するALAの効果に焦点を当て試験を実施しました。
  • アイコン

    2020年03月11日

    妊娠性糖尿病患者の遺伝的および代謝プロファイルに対するアマニ油からのオメガ-3脂肪酸の効果:無作為化、二重盲検、プラセボ対照比較試験

    この研究は、妊娠糖尿病(GDM)患者の遺伝的および代謝プロファイルに対するアマニ油のオメガ-3脂肪酸の効果を評価するために行われた。この無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験は、妊娠糖尿病の女性60人に対して実施された。
  • アイコン

    2020年03月11日

    胎児プログラミングにおけるオメガ-6およびオメガ-3脂肪酸の役割

    母体栄養は胎児の発達に重要な役割を果たし、成人後の病気発症に影響を与える可能性がある。
  • アイコン

    2020年03月11日

    血漿リン脂質脂肪酸、FADS1および15の心血管疾患のリスク:メンデル無作為化研究

    血中脂肪酸(FA)が心血管疾患(CVD)の発症に因果的な役割を果たすかどうかは不明である。メンデル無作為化試験を実施して、血漿リン脂質FAレベルと15のCVDとの関連性を調査した。 CARDIoGRAMplusC4D、MEGASTROKE、心房細動コンソーシアム、UK バイオバンクのサマリーレベルデータが使用された。
  • アイコン

    2020年03月11日

    α-リノレン酸の脂肪組織含有量と末梢動脈疾患の発症:デンマークのケースコホート研究

    目的:この研究は、植物由来のn-3脂肪酸、α-リノレン酸(ALA)の脂肪組織含有量と、末梢動脈疾患(PAD)の発症率との関連を調べることを目的とした。
  • アイコン

    2020年03月11日

    脂質プロファイルに対するアマニ摂取の効果:システマティックレビューの更新と62の無作為化比較試験の用量反応性メタ解析

    血漿脂質の上昇は、心血管疾患の最も重要な危険因子の1つである。亜麻仁は、多量のα-リノレン酸、フェノール化合物、リグナンが含まれており、これらはそれぞれ血中脂質濃度を低下させる能力を持っている。この研究は、ランダム化比較試験(RCT)のメタ解析により、血中脂質プロファイルに対するアマニ摂取の影響を特定するために、最新のエビデンスを体系的に調査することを目的とした。
  • アイコン

    2020年03月10日

    アマニ油ケーキを利用した非乳ケフィア様発酵飲料の開発、特性評価、および生物活性

    アマニ搾油ケーキ(FOC)は、新規ケフィア様発酵飲料の生産のための原料となり得るかが評価された。FOC を5%、10%、および15%(w / w)の3条件でケフィア粒を接種し、25°Cで24時間培養を行った。
  • アイコン

    2020年03月10日

    高い脂溶性を追求するアマニリグナンの構造修飾:得られた誘導体の抗酸化剤と透過性の評価

    リグナンとその生物遺伝学的前駆体にはさまざまな健康上の利点があるが、そのようなフェノール系の乏しい脂溶性により、食品産業での抗酸化剤としての用途が制限されている。この研究は、こうした化合物の特定の形態を誘導体化し、潜在的な栄養補助食品としての特性を評価することにより、これらの問題に対処することを目的とした。
  • アイコン

    2020年03月10日

    メイラード反応によって調製されたアマニガム-乳清タンパク質分離物複合体の抗酸化活性と乳化特性に関する研究

    条件を制御した乾燥加熱を用いて、メイラード反応によって調製されたアマニガム・乳清タンパク質分離物(FSG-WPI)複合体の抗酸化および乳化特性を調べた。
  • アイコン

    2020年03月10日

    アマニ油の補充は、子宮内発育遅延のブタの腸内微生物叢と脂肪酸プロファイルの変化に関連して、腸の機能と免疫を改善する

    n-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)が豊富なアマニ油(FO)は、腸の発達と健康のための重要な油である。本研究は、離乳子豚モデルを使用して、子宮内発育遅延(IUGR)の新生児の成長、腸の健康および免疫機能に対するFOと大豆油(SO)の異なる効果を調べることを目的とした。
  • アイコン

    2020年03月10日

    潰瘍性大腸炎(UC)患者の炎症マーカーの血清レベル、代謝パラメーター、および疾患の重症度に対するアマニおよびアマニ油サプリメントの効果

    目的:本研究は、潰瘍性大腸炎(UC)患者の炎症性マーカーの血清レベル、代謝パラメーター、および疾患の重症度に及ぼすアマニ粒およびアマニ油の影響を評価することを目的とする。
  • アイコン

    2020年03月10日

    アマニ強化ヨーグルトが2型糖尿病患者の血糖状態と心血管リスク因子に及ぼす影響:ランダム化非盲検対照試験

    アマニは、α-リノレン酸およびリグナンの豊富な供給源の1つである。アマニとその成分には、抗酸化作用、脂質低下作用、血糖降下作用がある。この研究は、2型糖尿病患者の血糖コントロール、脂質プロファイル、血圧に対するアマニ強化ヨーグルトの効果を調べることを目的とした。
  • アイコン

    2020年03月10日

    FADS1およびFADS2遺伝子の母体多型は、PUFA摂取と血漿中のオメガ-3多価不飽和脂肪酸濃度との関連性を修飾する

    妊婦のFADS遺伝子の多型に関する研究は少ない。妊婦の 3つのFADS遺伝子多型(rs174561; rs174575; rs3834458)と食餌性α-リノレン酸(ALA)またはリノール酸/α-リノレン酸比(LA / ALA)と血漿中のオメガ-3(n- 3)PUFA濃度との相互作用を検証することを目的とした。
  • アイコン

    2020年03月10日

    うつ病や不安障害を予防するためのオメガ-3と多価不飽和脂肪:ランダム化試験の系統的レビューとメタ分析

    背景:多価不飽和脂肪はうつ病や不安を改善すると一般に信じられている。目的:うつ病や不安障害の予防と治療に対するオメガ-3、オメガ-6、または多価不飽和脂肪の影響を評価すること。方法:うつ病または不安障害を伴うまたは伴わない成人に対して、オメガ-3、オメガ-6または両方の多価不飽和脂肪を24週以上補充したランダム化試験を含め、多因子介入を除いて広く検索した(2017年4月までのCentral, Medline およびEMBASE、2016年9月までの試験登録、2019年8月に継続中の試験)。
  • アイコン

    2020年03月10日

    アマニの補充は血漿リポタンパク質(a)レベルを低下させる:メタ分析

    背景:リポタンパク質(a)[Lp(a)]レベルの上昇は、早発性心血管疾患(CVD)の独立した危険因子となり得る。アマニ(Linum usitiatissimum L.)は、α-リノレン酸、植物エストロゲン、およびリグナンが豊富に含まれており、いくつかの心血管リスク要因を改善することが示されているが、Lp(a)に対する効果は不明である。目的:この研究は、ランダム化比較試験(RCT)の結果のメタ分析を通じて、アマニが血漿Lp(a)レベルに与える影響を評価することを目的とする。
  • アイコン

    2020年03月06日

    多嚢胞性卵巣症候群の女性の代謝状態に対するアマニ補給の効果:無作為化非盲検対照臨床試験

    背景:多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、妊娠年齢の女性の最も一般的な内分泌障害として知られている。さまざまな国でのPCOSの増加に伴い、代替治療としての漢方薬の使用がこれらの患者で増加している。この研究は、PCOS患者の代謝バイオマーカーに対するアマニ粉末補給の効果を評価することを目的とした。
  • アイコン

    2020年03月06日

    アマニ油の酸化安定性に対する生物活性物質の影響

    PUFAオメガ-3、脂溶性ビタミン、その他の生物活性物質(BAS)の貴重な植物資源であるアマニ油の質の向上により、アマニ油の治療および予防効果を強化することができる。アマニ油の酸化安定性に対するBAS添加の効果を解明することはアマニ油強化製品の製造において重要なステップである。様々なBAS(コエンザイムQ10、β-カロチン、ルテイン、ゼアキサンチン、α-トコフェロール、α-トコフェロールアセテート、コレカルシフェロール、セレノメチオニン)をアマニ油に添加することがその酸化安定性に及ぼす影響を実験的に調べた。
  • アイコン

    2020年03月06日

    コールドプレス油生産工程のアマニ油ケーキからの噴霧乾燥機能性粉末の調製と食品用途エマルション安定化剤としての価値評価

    アマニ油ケーキ抽出物(コールドプレスオイル生産における残留物、タンパク質と多糖類が豊富に含まれる)を用いて、乳化活性を備えた噴霧乾燥粉末を調製し、原料適性を評価した。
  • アイコン

    2020年03月06日

    妊娠糖尿病患者の遺伝的および代謝プロファイルに対するアマニ油からのオメガ-3脂肪酸の効果:無作為化二重盲検プラセボ対照試験

    この研究は、妊娠糖尿病(GDM)患者の遺伝的および代謝プロファイルに対するアマニ油からのオメガ3脂肪酸の効果を評価するために行われた。この無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験は、GDMの60人の女性で実施された。
  • アイコン

    2020年03月06日

    脂質異常症および高血圧症患者の心血管危険因子に対するアマニ粉末の効果

    背景:高脂血症と高血圧は、虚血性心疾患の最も重要な原因である。アマニ粉末が脂質プロファイルと血圧を改善できるというエビデンスがある。この研究は、アマニ粉末の摂取が高脂血症と高血圧の患者に及ぼす影響を調査することにした。
  • アイコン

    2020年03月06日

    脂質プロファイルに対するアマニ補充効果:62件のランダム化比較試験の最新の系統的レビューと用量反応メタ分析

    血漿脂質濃度の上昇は、心血管疾患の最も重要な危険因子の1つである。アマニには、高濃度のα-リノレン酸、フェノール化合物、およびリグナンが含まれており、これらはそれぞれ脂質濃度を低下させる能力を有する。この研究は、ランダム化比較試験(RCT)のメタ分析を利用して、血中脂質プロファイルに対するアマニ補給の影響を特定するために、現在のエビデンスを体系的にレビューすることを目的とした。
  • アイコン

    2019年07月16日

    アマニの摂取は過体重あるいは肥満である成人において、体重等の測定値や代謝、および炎症バイオマーカーを改善する

    本研究の目的は、過体重あるいは肥満である成人において、体重等の測定値、脂質プロファイル、インスリン抵抗性、および炎症性バイオマーカーに対するアマニ摂取の効果を評価することである。肥満度指数(BMI)が30.72±3.31 kg / m2である成人50名が本研究に参加した。
  • アイコン

    2019年07月16日

    便秘、体重、血糖および脂質の管理に対するアマニもしくはサイリウムとその対照群の効果:2型糖尿病の便秘患者における無作為化試験

    アマニとサイリウムについては、便秘の症状、体重、血糖および血中脂質濃度を低下させることが過去に報告されている。そして我々はアマニとサイリウムの投与は同様の効果があるだろうと仮定した。本研究では焙煎したアマニまたはサイリウム、もしくはプラセボ食品を2型糖尿病(T2D)の便秘患者に投与し、便秘症状、体重、血糖、および脂質を比較する。
  • アイコン

    2019年07月16日

    妊娠中のα-リノレン酸摂取量を増加させることで、子供の出生時体重がより増加する

    妊娠中の母親において、食事に含まれる脂肪酸の量と種類は胎児の成長に大きく貢献している。胎児の成長における植物由来オメガ-3脂肪酸(α-リノレン酸、ALA)摂取の重要性を調査した研究はない。本研究の目的は妊娠中の母親のALA摂取量と出生時体重および子孫の体組成との関連を明らかにすることである。
  • アイコン

    2019年07月16日

    内モンゴル在住の腹部肥満を伴う高血圧患者における心血管関連の脂質代謝プロファイルに対するn-3脂肪酸摂取の効果:無作為化対照試験

    n-3系脂肪酸を毎日摂取することは、心血管疾患リスクが高い欧米人の患者の血圧(BP)およびトリグリセリド(TG)濃度を低下させるための薬物治療の補助または代替になると考えられている。中国の高血圧患者におけるn-3系脂肪酸の投与による降圧効果として、以前に12週間の二重盲検無作為化対照試験(RCT)が報告されているが、肥満を伴う中国人の心血管代謝プロファイルに対する利点はよく知られていない。したがって、腹部肥満を伴う中高齢の中国人高血圧患者における、心血管代謝プロファイルに対する海産物由来もしくは植物由来のn-3系脂肪酸の効果を調べるために、以前のRCTのデータを再解析した。
  • アイコン

    2019年07月16日

    乳がん生存者における再発不安は、多価不飽和脂肪酸による慎重な食事療法によって抑制することができる

    病態生理学で言う再発不安(fear of cancer recurrence:FCR)、つまりがん生存者にとって最も大きく、解決できない心理的問題は、恐怖記憶に関する処理機能が上手くはたらかないことから生じている可能性がある。n-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)には、うつ病性障害および不安障害を含む精神障害に対して有益な効果があり、恐怖記憶の処理に関与しているとされる。本研究ではn-3 PUFA組成ががん生存者におけるFCRと関連していると仮定した。
  • アイコン

    2019年05月08日

    アマニ摂取が血漿CRP濃度に及ぼす影響を調査した臨床試験についてのシステマティックレビュー及びメタアナリシス

    多くの実験および臨床試験により、アマニが強力な降圧作用を持つ可能性が示唆されている。しかし血漿C反応性タンパク質(CRP)濃度に対するアマニ摂取の効果に関する証拠は十分ではなかった。システマティックレビューおよびランダム化比較試験(RCT)を用いたメタアナリシスを通じて、血漿CRP濃度に対するアマニ摂取の影響を評価した。
  • アイコン

    2019年05月08日

    てんかんの小児におけるオメガ6 /オメガ3比と認知機能(スペイン語文献)

    認知機能障害は小児てんかんの一般的な症状である。本研究は特発性てんかんの小児におけるω-6とω-3脂肪酸濃度の比率と、認知機能に対するその影響を評価することを目的とした。特発性てんかんの小児30人と健康な小児20人を対象に症例対照研究を行った。
  • アイコン

    2019年05月08日

    アフリカ系アメリカ人およびヨーロッパ系アメリカ人女性におけるアマニ摂取前後のステロイドおよび生体異物代謝経路とエンテロラクトン排出の遺伝的変異

    乳がんリスクと関連しているフィトエストロゲンであるエンテロラクトン(ENL)の代謝と排出は、ステロイドホルモンと生体異物代謝遺伝子の変動の影響を受ける可能性がある。ニューヨーク州西部出身の健康な閉経後女性252人(137人のヨーロッパ人祖先(EA)および115人のアフリカ人祖先(AA))により、アマニ摂取についての無作為化クロスオーバー試験を実施した。
  • アイコン

    2019年05月08日

    アマニとタモキシフェン(抗がん剤)の摂取は閉経後女性の正常なヒト乳房組織のin vivoでの炎症に関する微小環境に影響を与える

    タモキシフェンなどの抗エストロゲン薬は乳がんのリスクを低下させるが、副作用があるため予防には適していない。食事を変えることが乳がんの予防戦略として有効である可能性がある。本研究は腸内細菌叢によってフィトエストロゲンの一種であるエンテロラクトンに変換されるアマニ(中のリグナン)を食事に加えることで、in vivoにて正常なヒト乳房組織に対してタモキシフェンと同様の効果を示すかについて、がんの進行に関与する炎症メディエーターに特に重点を置いて調べた。
  • アイコン

    2019年05月08日

    食品に含まれる脂質組成物:公衆衛生戦略としての、PUFA(特にα-リノレン酸)による飽和脂肪酸の置換

    近年、飽和脂肪酸(SFA)の摂取量はアイルランド及び他のヨーロッパ諸国の両方で減少している。しかし、大部分の人々は依然としてSFAを推奨値である総エネルギー(TE)の10%未満に抑えることができていない。SFAの多量摂取は、コレステロール恒常性の変化および脂肪組織炎症を惹起することから、CVDおよび2型糖尿病(T2D)リスクが増加する可能性がある。
  • アイコン

    2019年04月18日

    アマニのセコイソラリシレジノールジグルコシド(SDG)とその代謝産物:生合成及び栄養補助食品の可能性

    主にアマニに含まれるSecoisolariciresinol diglucoside(SDG)は、必須のリグナンの一つである。SDG、有益な脂肪酸組成、高い繊維含有量によって、アマニは機能性食品または栄養補助食品成分の重要な供給源となっている。 SDGは心血管疾患、糖尿病、癌、精神的ストレスに対する保護効果など、いくつかの健康上の利点があることがさまざまな研究によって示されている。
  • アイコン

    2019年04月18日

    生物医学研究におけるオメガ3脂肪酸の出現

    1930年にリノール酸が必須脂肪酸であったという発見の直後に、α-リノレン酸も動物の脂肪酸欠乏症候群を予防するという報告が為された。しかし、いくつかの著名な研究施設ではα-リノレン酸を用いて上記のような所見を確認することができず、その結果、脂質研究におけるオメガ3脂肪酸への興味は一時的に失われた。
  • アイコン

    2019年04月18日

    アルコール性肝疾患の管理のためのn-3系多価不飽和脂肪酸:批判的総説

    アルコールの過剰摂取はアルコール性肝疾患(ALD)の原因であり、世界中で肝臓に関わる疾病罹患率と死亡率の主な原因である。過去10年間で、n-3多価不飽和脂肪酸(n-3 PUFA)とALDとの関連性にますます注目が集まっている。本レビューでは、n-3 PUFAの代謝、ALD動物モデル、およびALDに適用し得る治療法としてn-3 PUFAの役割を決定づけている最近の研究からの知見を要約する。
  • アイコン

    2019年04月18日

    ラットにおける加齢と高血糖症は脂質異常症による酸化ストレスと炎症を増強する:ALA及びEPA + DHAの回復能の評価

    脂質代謝異常状態における酸化ストレス(OS)および炎症に対する老化および高血糖の影響は解明されていない。したがって本研究では、脂質異常症ラットのOSと炎症に対する、老化、高血糖、ならびにn-3脂肪酸(α-リノレン酸(ALA)およびエイコサペンタエン酸(EPA)+ドコサヘキサエン酸(DHA))の摂取にの影響を評価した。
  • アイコン

    2019年04月18日

    カチオン性ナノエマルジョン製剤中の鼻腔内投与シクロスポリンAのCNS(中枢神経系)伝達と抗炎症作用

    本研究の主な目的は、鼻腔内投与時のカチオン性水中油型ナノエマルジョンシステムを用いたシクロスポリン-A(CsA)のCNS伝達効率、分布、治療効果、および安全性を開発および評価することである。
  • アイコン

    2019年04月18日

    チオアセトアミド投与による腎毒性誘発ラットにおけるアマニ油の潜在的保護作用

    本研究は雄ラットにおいて、チオアセトアミドにより誘発された腎毒性に対するアマニ油の影響を評価することを目的とした。ラットを4つのグループに分け、第1群のラットを対照とした。
  • アイコン

    2019年04月18日

    パーキンソン病患者における炎症、インスリンおよび脂質関連遺伝子の発現に対するオメガ3脂肪酸とビタミンEの併用効果:無作為化二重盲検プラセボ対照試験

    本研究は、パーキンソン病(PD)患者における炎症、インスリンおよび脂質に関連する遺伝子発現に対するオメガ-3脂肪酸およびビタミンEの併用効果を評価するために行われた。この無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験は、PD患者40人を対象に実施された。
  • アイコン

    2019年04月18日

    妊娠中および授乳中のフランス人女性は、必須n-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の食事摂取量が非常に低く不適切である:The INCA2 survey

    フランス全国調査INCA2によると、フランスの人口の大部分(子供、青年、成人および高齢者含む)は前駆体(α-リノレン酸、ALA)もしくは長鎖(主にドコサヘキサエン酸、DHA)の形で摂取しているn-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の量が少ない。しかし、このn-3 PUFAの不足が妊娠中や授乳中の女性についても当てはまるかは不明である。最新の全国的な食品の高精度データ(2006年および2007年に実施されたNational Survey INCA2から抜粋)を利用し、フランス人女性で妊娠中・授乳中である方(妊娠28人、授乳中21人)の食事中脂質およびPUFAの摂取量を決定し、出産適齢期にある742人の女性と比較した。
  • アイコン

    2019年04月18日

    低リノール酸食およびエストロゲンは、変換酵素と転写因子の修飾を通してαリノレン酸のDHAへの代謝率を高める

    αリノレン酸(ALA)から長鎖n-3 PUFAへの変換は、リノール酸(LA)の食事摂取量の影響を受けることが示唆されているが、そのメカニズムはよくわかっていない。本研究の目的は脂肪酸変換酵素と転写因子に及ぼす低LA食の影響(エストロゲンの有無を含む)を評価することである。
  • アイコン

    2019年04月18日

    Conners’ rating scalesで評価した小児ADHD関連症状の軽減についてのオメガ3摂取の有効性:無作為化対照試験によるシステマティックレビュー

    オメガ3の摂取には抗炎症効果があると考えられている。この推測は炎症はADHDに関連付けられていることから大変意味があると思われる。本レビューの目的はオメガ3摂取が小児~青年期におけるADHD症状の軽減にどの程度有効なのか調べることである。
  • アイコン

    2019年04月18日

    食品としてのアマニ:心血管疾患に対するその影響について、私たちが知っていることと知らないこと

    アマニには独特な組み合わせによる単独もしくは相乗的な作用により心血管系に有意な効果があると考えられる生物活性成分が含まれていると考えられている。アマニが心血管系に及ぼす影響についての研究は大きく増加していることから、本レビューにより現状を整理すること、すなわち心臓と血管系に対するアマニの影響について理解するための既知及び未知の効果について整理することには価値があると考えられる。
  • アイコン

    2019年03月02日

    中米の子供たちとその両親の間の脂肪組織中の多価不飽和脂肪酸を社会人口統計学的、人体測定学的、食事的に予測する

    多価不飽和脂肪酸(PUFA)の摂取量はラテンアメリカ全体で低い。PUFA摂取状態を改善することは、慢性疾患に対する効果的な介入となる可能性があるが、その地域における社会人口統計学および食事パターンにおけるPUFA状態の情報は限定されている。中米に住む子供と、その両親の脂肪組織におけるPUFAの状態を示すバイオマーカーについて社会人口統計学的、人体測定学的および食事から予測する。
  • アイコン

    2019年03月02日

    長鎖オメガ3多価不飽和脂肪酸と神経炎症、その効果は食事中のαリノレン酸とリノール酸濃度に依存する

    神経炎症は多くの神経変性脳障害の根底にあり、その症状を抑える医薬品もしくは食事成分の研究が進歩していることは重要な前進である。長鎖多価不飽和脂肪酸(LC-PUFA)であるアラキドン酸(AA、20:4n-6)およびドコサヘキサエン酸(DHA、22:6n-3)は中枢神経系に「必須」であることが一部知られているが、それはこれらの脂肪酸が脳の免疫をある程度調節する役割を果たしていることによる。
  • アイコン

    2019年03月02日

    正常高値およびステージI高血圧患者における24時間歩行血圧に対するα-リノレン酸の効果

    αリノレン酸の血圧に関する効果についての各種介入研究の結果は矛盾している。介入前の血圧が高い被験者の方がαリノレン酸の効果が高くなる可能性があり、研究間の矛盾は採用した母集団の違いによるものと考えられる。したがって、本研究では(前)高血圧患者の24時間歩行血圧(ABP)に及ぼすALAの影響を特に調べた。
  • アイコン

    2019年03月02日

    オイルシード類を用いたパンの栄養強化に関するレビュー

    ベーカリー製品にオイルシードを加えることでおいしさや栄養的な特徴を付加でき、そのようなベーカリー製品は近年人気を集めている。本レビューの目的は、パンや他のベーカリー製品におけるオイルシード(アマニ、チア、ヒマワリ、カボチャ、ゴマ、ケシの実)の使用を中心とした研究の概要を説明することである。
  • アイコン

    2019年03月02日

    アマニを継続的に摂取することで慢性エタノール摂取の指標を最小限に抑えることができるか。

    本研究の目的は、エタノール誘発性肝障害の動物におけるアマニ摂取の効果を評価することである。24匹の雄ラットを4つの群(n = 6)に分けた。対照群(CG)は対照食と水を自由に摂取させた。
  • アイコン

    2019年03月02日

    大腸がん細胞における食用リグナン代謝産物であるエンテロジオールのアポトーシス効果

    エンテロジオール(END)はさまざまな全粒穀物、ナッツ、マメ科植物、アマニ、野菜に含まれるリグナンからヒト腸内細菌の代謝により生成される物質である。ENDはいくつかの生理学的効果を有することが知られているが、大腸がん細胞(CRC細胞)における分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ(MAPK)シグナル伝達およびアポトーシスに対するその効果は未だ解明されていない。したがって、本研究はCRC細胞におけるアポトーシスに対するENDの影響、およびこれらの影響がMAPKシグナル伝達によって媒介されるかどうかを調査した。
  • アイコン

    2019年03月02日

    閉経後女性の血中性ホルモン濃度に対するアマニ摂取の影響:無作為化対照介入試験

    リグナンの摂取、その最も豊富な供給源であるアマニの摂取は、乳がんリスクの低下と関連している。エストロゲンなど内因性の性ホルモンは乳がんの発生に関与しており、リグナンはこれらの性ホルモン濃度を変化させる可能性がある。血中ホルモンに対するアマニの効果を評価するために、カナダのトロントで閉経後の女性99人を対象に無作為化対照試験を実施した。
  • アイコン

    2019年03月02日

    心血管疾患の一次および二次予防のためのオメガ3脂肪酸(コクランレビュー)

    コクランレビューの日本語HPに記載の通り。
    https://www.cochrane.org/ja/CD003177/xin-xie-guan-ji-huan-notamenoomega3she-qu
  • アイコン

    2019年03月02日

    全粒アマニ(Linum usitatissimum)の高コレステロール食への添加と、Wistar albino雄性ラットにおける高脂血症およびアテローム性動脈硬化症に対する効果

    アマニは、その成分であるリグナン(SDG)、αリノレン酸及びオメガ-3脂肪酸により高コレステロール血症およびアテローム生成活性を抑制する様々な有効性があることが知られている。全粒アマニの有益な効果について、高コレステロール食(HCD)を給餌したWistar albinoラットにより実験的に評価した。
  • アイコン

    2019年03月02日

    循環器系健康調査における高齢者の血中オメガ3多価不飽和脂肪酸と健康な老化:前向きコホート研究

    本研究はオメガ3多価不飽和脂肪酸(n3-PUFA)濃度についてのバイオマーカー測定値と健康的な老化との間の長期的関連性を決定することを目的としている。前向きコホート研究は1992年から2015年の間に実施された米国4地域での心血管健康調査データを使用した。
  • アイコン

    2019年02月24日

    両親とその子供における脂肪組織中の多価不飽和脂肪酸とメタボリックシンドローム

    多価不飽和脂肪酸(PUFA)は、メタボリックシンドローム(MetS)の病因に影響を与える可能性がある。本研究の目的は中部アメリカ在住の両親とその子供の脂肪組織に含まれるPUFAのマーカーとMetSとの関連を調べることである。
  • アイコン

    2019年02月24日

    アマニ油 – 医薬品および栄養補助食品の有効成分としての脂質源

    アマニは、その組成に起因する動物の健康への有益な効果で知られており、オメガ6(リノール酸)とオメガ3(α-リノレン酸)脂肪酸、様々な食物繊維とリグナンを含むことで癌や心血管疾患のリスクを減らし、LDLコレステロールのレベルを下げ、動脈の平滑筋細胞を弛緩させて血流を増加させることに健康上の利点があるとされる。
  • アイコン

    2019年02月24日

    月経前症候群(PMS)の治療のためのイランの生薬の有効性と安全性に関するシステマティックレビュー

    月経前症候群(PMS)は、生殖年齢の女性の間で最も一般的な問題の1つである。補完/代替療法の人気が近年高まっており、これらの治療法は男性(37.8%)よりも女性(48.9%)によって一般的に使用されている。本レビューの目的は、月経前症候群の治療に対するイランの生薬の有効性と安全性を評価することであった。
  • アイコン

    2019年02月24日

    アマニ油の酸化安定性:親水性、疎水性および中間極性の酸化防止剤の効果

    酸化による劣化は、アマニ油(FSO)の利用を制限する大きな問題である。本研究では、親水性(タンニン酸)、疎水性(α-トコフェロール)、および中間極性(アスコルビルパルミテート)といった、最も高いDPPHラジカル捕捉能および鉄キレート化能を示す天然抗酸化剤がFSOの酸化安定性に与える影響を調べた。
  • アイコン

    2019年02月24日

    乳牛のルーメン発酵、乳中脂肪酸の分布、乳牛の飼育におけるエンドウ豆の代替としてタンニン含有ソラマメを使用した共押出しアマニ及び全粒アマニの評価

    この研究では、ルーメン発酵、乳中の脂肪酸、および乳牛飼育に対する、全粒アマニと「アマニ+エンドウ豆もしくはタンニン含有ソラマメ」の押出成型食餌の効果を評価した。
  • アイコン

    2019年02月24日

    食品のリグナン含有量に関するデータ評価

    植物リグナン、セコイソラリシレシノール(SEC)およびマタイレシノール(MAT)は、胃腸管において哺乳類のリグナンとして知られている代謝産物、エンテロジオール(ED)およびエンテロラクトン(EL)に変換される。細胞試験では、EDやELはエストロゲン様特性と抗エストロゲン様特性の両方を示すことが知られている。
  • アイコン

    2019年02月24日

    動物由来食品のフィトエストロゲン含有量:乳製品、卵、肉、魚、およびシーフード

    食品中のフィトエストロゲンは慢性疾患の発症率に関与している可能性がある。植物由来のフィトエストロゲン含有量に関する信頼できる情報は、疫学研究の際に疾病リスクを評価するために必要となる。しかし、既存の分析報告は植物由来食品中の化合物1種のみに焦点を合わせており、動物起源の食品に関する情報はほとんどなく、摂取量の過小評価につながっている。本研究は動物由来食品中のフィトエストロゲン含有量についての初の包括研究である。
  • アイコン

    2019年02月24日

    亜麻(Linum usitatissimum L.)種子における栽培品種、栽培年、及びリグナンおよび関連するフェノール類への知見、健康を増進する抗酸化能についての考察

    アマニはリグナンを最も豊富に含む天然穀物を代表する機能性食品であり、他の健康に有益なフェノール化合物(フラボノールやヒドロキシケイ皮酸)を多量に蓄積する。この特定の蓄積パターンは、人間の健康に対する多数の有益な効果に関連している。しかし、これまでアマニ中の化学物質の合成量および組成に対する遺伝的および地理的パラメータの相対的な影響に関するデータはほとんどない。本研究では、アマニ中の化学物質の蓄積量と組成に対する地理的パラメータに対する品種の主な影響を証明するものである。
  • アイコン

    2019年02月24日

    中国人における赤血球中のn-3系多価不飽和脂肪酸と2型糖尿病との関連

    アジア地域の人々における血中n-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)と2型糖尿病との関連は不明のままである。本研究では、中国人における赤血球中のn-3系 PUFAと2型糖尿病との関連性を調べることを目的とした。
  • アイコン

    2019年02月24日

    Linum usitatissimum栽培品種(亜麻)の種子が高コレステロール食ウサギにおけるフェニルプロパノイド化合物と加水分解性タンニンの増加に与える影響

    食品中の脂質は血中脂質代謝に関連する最も重要な要因の1つと考えられており、血管系の炎症性疾患として広く受け入れられているアテローム性動脈硬化症の原因とその予防に重要な役割を果たしている。本研究の目的は、高コレステロール誘発アテローム性動脈硬化症ウサギモデルにおけるフェニルプロパノイド化合物および加水分解性タンニンに富む遺伝子組み換えアマニ(W86)の効果を親系栽培品種Linolaと比較して評価することである。
  • アイコン

    2019年02月24日

    n-3系多価不飽和脂肪酸を妊娠中に摂取することで、子の乳がんリスクが低下する

    妊娠中の母親がどのような食事を摂るかによって、その子供が成人した際に多くの成人病リスクに影響を与える。本試験では、女児の(将来的な)乳がんリスクに及ぼす妊娠中n-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)食の影響を調べた。
  • アイコン

    2019年02月24日

    アマニリグナン(セコイソラリシレジノールジグルコシド、SDG)は局所炎症を減少させ、NFκBシグナル伝達を抑制し、乳腺腫瘍の増殖を阻害する。

    ポリフェノール性植物リグナンであるセコイソラリシレジノールジグルコシド(SDG)およびその代謝産物エンテロラクトン(ENL)を投与することで乳がん進行の減少、特にエストロゲン受容体アルファ(ERα)陰性疾患や前臨床乳腺腫瘍増殖の低下に効果があるとされている。しかし過去の前臨床試験からSDGおよびENLがトリプルネガティブ乳がんモデル(TNBC、ERα陰性疾患のサブセットでありER、PgR(プロゲステロン受容体)、HER2がすべて陰性となる病態のこと)の進行尺度に影響を与えることを立証したが、これらの影響の根底にある分子メカニズムは不明のままである。
  • アイコン

    2019年02月24日

    新たに診断された乳がん患者における診断後のイソフラボンとリグナン摂取量:断面調査により以前に評価されていなかった高リグナン食物からの大量摂取が示唆される

    イソフラボンとリグナン(植物性エストロゲン)は潜在的に抗発がん作用を持つ食事成分とされている。イソフラボンやリグナンの摂取は乳がんの治療や予後に影響を与える可能性があるが、その関連性は更年期状態によって異なる可能性があり、がん診断後の摂取データは限定されたものしかない。新たに乳がんと診断された患者における診断後のイソフラボンとリグナンの摂取量を記録し、更年期状態と植物エストロゲンの種類による違いを調べ、将来の予後研究において食事と生存の評価を行うことを目的とした。
  • アイコン

    2019年02月24日

    高脂肪食マウスにおいてα-リノレン酸は脂肪肝を予防し、耐糖能を改善する

    食品中のオメガ3脂肪酸は、血清コレステロール値を下げ、心血管疾患のリスクを減らすのに効果的である。しかし、アマニ油に含まれるオメガ-3脂肪酸であるα-リノレン酸(ALA)による代謝および分子変化は完全には解明されていない。本研究では、ALAとインスリン抵抗性、炎症および小胞体ストレス(ERS)との間の相関関係を示した。
  • アイコン

    2019年02月24日

    アマニ由来の機能性成分のバイオプロセシング

    アマニ(Linum usitatissimum L.)は、リグナン、脂質、タンパク質、繊維、炭水化物、および微量栄養素などの栄養成分を含む油糧種子です。そのためアマニは高い付加価値を持つ機能性成分源として確立された評判を得ています。
  • アイコン

    2019年02月06日

    健康かつ肥満でない成人における、心血管疾患マーカーに対するケルセチンとαリノレン酸の併用効果:無作為化二重盲検プラセボ対照クロスオーバー試験

    αリノレン酸(ALA)およびケルセチンは植物由来の食品に含まれる特徴的な化合物である。 ALAとケルセチンを併用する利点は、我々の知る限りまだ評価されていないが、心臓保護作用が両方の物質について報告されている。本研究の主目的は、健康かつ肥満でない成人男女に対し、血圧(BP)および脂質代謝、糖代謝、炎症、酸化ストレス、抗酸化物質のバイオマーカーにALAおよびケルセチンがそれぞれ単独、もしくは相加的な影響を与えるのかについて調査することであった。
  • アイコン

    2019年02月06日

    末梢動脈疾患患者の不整脈、間歇性跛行に対するアマニの効果

    末梢動脈疾患(PAD)を有する患者は、心血管イベントのリスクが高まり、不整脈を発症しやすくなる。この二重盲検無作為化試験「FLAX-PAD trial」の目的は、PAD患者が1年間に30gのアマニ(またはプラセボ)を毎日摂取することで、不整脈罹患率および運動耐容能に影響するかどうかを判断することであった。
  • アイコン

    2018年11月13日

    更年期の女性の性機能に及ぼす植物エストロゲンの影響:システマティックレビュー及びメタ解析

    本システマティックレビューおよびメタ解析は、更年期女性の性的障害および性交困難の重症度に対する植物エストロゲンの有効性を批判的に評価することを目的とする。
  • アイコン

    2018年11月13日

    NAFLDに対するプロバイオティクスとオメガ3脂肪酸の併用効果:ランダム化臨床試験

    プロバイオティクスの投与による腸内細菌叢の操作は、非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)治療の潜在的戦略として提案されている。したがって本研究では、NAFLDを併発している2型糖尿病患者において、プロバイオティクスとオメガ3の同時投与の有効性を評価するために、二重盲検無作為化プラセボ対照試験(RCT)を実施した。
  • アイコン

    2018年11月13日

    冠状動脈疾患患者におけるアマニ摂取が血流依存性血管拡張反応および炎症性バイオマーカーに及ぼす影響:無作為化比較試験

    冠状動脈疾患(CAD)患者の血管内皮機能障害や炎症バイオマーカーに対するアマニの効果を評価した研究は限られている。本研究の目的は、アマニ摂取がCAD患者における血流依存性血管拡張反応(FMD)および炎症マーカーに与える影響を調べることであった。
  • アイコン

    2018年11月13日

    Linoorbitides(アマニに含まれる環状ペプチド)とエンテロラクトンは、炎症誘発性酸化ストレスと腸管上皮バリア機能の弱化を軽減する

    腸管上皮バリアの機能障害および酸化ストレスは炎症性腸疾患(IBD)の病因の特徴であると考えられており、この2点の緩和を目的とした医薬品の開発が続けられている。慢性炎症性疾患の治療において天然成分を補助的に利用することはあるが、IBDに対してそれらを適用する場合、個々の生物活性物質の効果についてより深い知見が必要となる。本研究では、炎症による腸管上皮バリア機能障害および酸化ストレスを緩和するために、アマニに含まれるLinoorbitides(LOB)及びエンテロラクトン(ENL)の能力をin vitroで調べた。
  • アイコン

    2018年11月13日

    麻繊維、亜麻繊維の化学組成による抗酸化力

    麻や亜麻から得られた繊維は、健康に良い性質を有する繊維原料として知られている。本研究では、これらの繊維から作られた布織物がヒトの皮膚と接触した際に健康効果を発揮するという現象を説明するために、繊維の抗酸化活性を調べた。
  • アイコン

    2018年11月13日

    アマニ油は小胞体ストレスへの適応を助けることで、マウスの脂肪肝およびインスリン抵抗性を低下させる

    モデル動物とヒトの両方で、α-リノレン酸が豊富なアマニ油(ALA-FO)の脂質代謝異常に対する利点が実証されている。しかし、インスリン抵抗性および2型糖尿病に対するFOの代謝応答には依然として矛盾がある。本研究は、肝臓のn-3脂肪酸のリモデリングと小胞体(ER)ストレスに焦点を当て、慢性高脂肪食(HFD)誘導性脂肪肝、インスリン抵抗性および炎症に対するFOの効果を調べることを目的とした。
  • アイコン

    2018年11月13日

    不飽和脂肪酸はラットにおいて、母体の脂質異常症が誘発する胎盤および胎児の肝臓におけるDNAメチル化およびヒストンアセチル化を調節する

    本研究では、母体の脂質異常症が誘発する胎盤および胎児肝臓におけるDNAメチル化およびヒストンアセチル化、胎児肝臓中脂質の蓄積における不飽和脂肪酸の役割を評価した。
  • アイコン

    2018年11月13日

    コール酸を含む高脂肪食を与えたラットの腸内酵素活性および脂質代謝に対する未加工もしくは脱脂アマニの効果の比較

    脱脂は、食品により誘発された障害(肥満など)のあるラットに対するアマニの有益な効果を決定する重要な因子であると考えられる。
  • アイコン

    2018年11月13日

    乳腺がん予防法としての低酸素負荷に伴う、ALAを介したα-7nAchR / HIF-1αの転写調節

    本研究は、N-メチル-N-ニトロソ尿素(MNU)により誘発されたER陽性乳腺がん(エストロゲンにより誘発される乳がんの一種)とC.エレガンス(線虫)を用いたモデルにより、α-リノレン酸(ALA)がミトコンドリア負荷、低酸素癌微小環境およびコリン作動性抗炎症経路にどのような影響を及ぼすか示すものである。
  • アイコン

    2018年10月12日

    不飽和脂肪酸の比率が異なり、かつ飽和脂肪酸の少ない食事をメタボリックシンドロームあるいはそのリスクのある被験者に摂取させることで、THP-1マクロファージからのコレステロール流出が増加する:なたね油についての多施設共同介入試験

    「コレステロール流出(=細胞内に蓄積されたコレステロールが外部に放出される現象)」は、アテローム性動脈硬化症の進行を防止する上で重要な役割を果たす。さまざまな不飽和脂肪酸を含み、その比率も異なる各種の植物油は、複数の心血管疾患の危険因子に好影響を及ぼす。しかし、コレステロール流出に対する効果は不明なままである。本研究の目的は、血清中へのコレステロール流出と、その脂溶性指数もしくは中心性肥満との関連に及ぼす不飽和脂肪酸比率が異なる低飽和脂肪酸(SFA)食の影響を調べることであった。
  • アイコン

    2018年10月12日

    透析患者におけるアマニ油の血中骨代謝マーカーに対する影響:無作為化対照試験

    慢性腎疾患(ミネラルおよび骨の障害)は、透析患者の一般的な合併症である。本研究は、オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)の豊富な供給源であるアマニ油が、透析患者における骨形成および骨吸収の血清マーカーに及ぼす影響を調査するために考案された。
  • アイコン

    2018年10月12日

    リノール酸をα-リノレン酸もしくは長鎖n-3多価不飽和脂肪酸と置き換えることで、西洋食により誘発される非アルコール性脂肪肝(NASH)が予防される

    西洋食中のn-6系多価不飽和脂肪酸(PUFA)およびn-3系 PUFAの不均衡は、非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)のリスクを増加させる可能性がある。本研究は、リノール酸をα-リノレン酸(ALA)または長鎖(LC)n-3PUFAで置き換えることにより、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を誘発する高脂肪+高フルクトース(HFHF)食摂取条件下でn-6:n-3脂肪酸比が低下するかを調査した。
  • アイコン

    2018年10月12日

    抗炎症アプローチによるコンタクトレンズの不快感の調節:無作為化対照試験

    contact lens discomfort(コンタクトレンズ不快感、CLD)に関連する炎症を調節するため、局所用副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)およびオメガ-3サプリメントを含む抗炎症アプローチの有効性を評価する。本無作為化比較試験では、CLDを有する成人72名をランダムに4分割した;対照群(オリーブ油群)、魚油食群(EPA900mg+DHA600mg/日)、魚油+アマニ油食群(EPA900mg+DHA600mg+αリノレン酸900㎎/日)、オメガ3目薬群(0.025% EPA + 0.0025% DHAを含む目薬を1日4回点眼)。
  • アイコン

    2018年10月12日

    アマニ粉末は、Citrobacter rodentium誘発性大腸炎を緩和する脂肪減少食の効果を減少させる

    アマニは、コレステロールを低下させることが知られているオメガ3多価不飽和脂肪酸、食物繊維およびリグナンが豊富に含まれている。しかし炎症性腸疾患の予防または治療のため使用する場合、恐らく食物相互作用に関連するさまざまな結果をもたらす。本研究では、高脂肪(HF;〜36%kcal)または低脂肪(RF;〜12%kcal)食のいずれかに加えてアマニを投与することで、Citrobacter rodentium誘発性大腸炎の重症度に与える影響を評価した。
  • アイコン

    2018年10月12日

    赤血球中の長鎖PUFA濃度における、食事中LA / ALA比の高低差の影響

    n-6脂肪酸リノール酸(LA)とn-3脂肪酸α-リノレン酸(ALA)の比を最適なものにすることで、ALAからヒトの健康に影響を与えるといわれるEPA・DHAへの効率的な変換が促進されるという仮説がある。本研究の目的は、低LA /高ALA食と高LA /低ALA食について、赤血球(RBC)中の脂肪酸濃度に対する効果を比較することであった。
  • アイコン

    2018年10月12日

    健康な被験者に13 C標識したα-リノレン酸を投与することで、1~2カ月間の高用量α-リノレン酸摂取により代謝効率にどのような効果が表れたか調査する

    本研究は以下の事項について調査することを目的としている。 (1)ALAの代謝を研究する上で、血漿リン脂質、赤血球およびLDLの中で最も感受性が高い画分がどこなのか。 (2)13 C標識されたALAに富むアマニ油(LO)の投与後にALAの吸収および代謝が飽和するかどうか。
  • アイコン

    2018年10月12日

    欧州での大規模コホートにおける循環血漿リン脂質およびすい臓がんのリスク

    食品中の脂質や特定の脂肪酸がすい臓がんの発症に与える影響について、さまざまな報告が混在している。本研究では、the European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition(EPIC)コホート調査の中で、血漿リン脂質とすい臓がんリスクとの関連性を調べた。
  • アイコン

    2018年10月12日

    心血管疾患の一次予防・二次予防のためのオメガ3脂肪酸

    エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などの魚由来長鎖オメガ3脂肪酸(LCn3)や植物由来のオメガ3多価不飽和脂肪酸(α-リノレン酸(ALA) )は、循環器の健康に有益である。各種の診断ガイドラインでは、オメガ3が豊富な食品の種類や、その摂取量を増やすことを推奨しているが、このような取り組みの効果を確認するための試験は直近では実施されていなかった。本研究の目的は、魚由来もしくは植物由来オメガ3の摂取量が増加したことで、死亡の原因、心血管疾患(CVD)事例、肥満や血中脂質にどのような影響がもたらされたかを評価することである。
  • アイコン

    2018年10月12日

    油脂による血中脂質への影響:系統的レビューとネットワークメタ解析

    このネットワークメタ解析(NMA)の目的は、様々な油脂による血中脂質への影響を比較することである。2018年3月までに発表された文献の検索を行った。
  • アイコン

    2018年10月12日

    α-リノレン酸とステアリドン酸を併用することで、高カロリー食ラットモデルにおいて、脂質および神経機能に関するマーカーが改善される

    本研究では高カロリー食を与えたラットモデルにおいて、エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富な魚油と比較して、αリノレン酸(ALA)とステアリドン酸(SDA)が豊富な陸生植物由来の油脂が心血管および神経機能に対する悪影響を防止するか検証した。
  • アイコン

    2018年10月12日

    冠動脈疾患のバイオマーカーとしての血漿脂肪酸プロファイル:第4世代人工ニューラルネットワークを用いたパイロット研究

    冠動脈疾患(CAD)リスクの計算とモニタリングのための新しいバイオマーカーの特定に焦点を当てた多くの研究により、脂肪酸(FA)を用いてCADを予測できる可能性が示唆されている。本研究では、第4世代人工ニューラルネットワーク(ANN)に基づくデータマイニング手法を用いて、FAのマーカーとしての可能性を探った。
  • アイコン

    2018年09月15日

    必須脂肪酸リノール酸とα-リノレン酸は性別に依存して肥満患者のグルコース恒常性を調節する

    本研究は集団ベースコホートにおいて食物中のリノール酸(LA)、α-リノレン酸(ALA)と2型糖尿病(T2D)リスクとの関連性を評価し、さらに高脂肪食誘導性肥満(DIO)マウスモデルによってそのメカニズムを調査するものである。
  • アイコン

    2018年09月15日

    アマニはラットの精巣における低酸素誘発損傷を減少させる

    低酸素症は、断続的もしくは連続的な低圧低酸素下で再酸素化段階の間に活性酸素種が増加することで起きるものであり、体組織の構造および機能に有害な影響を及ぼす。本研究は、ラット精巣における低酸素症の発生率の低下にアマニ(Fx)がどのような効果をもたらすか評価するために実施した。
  • アイコン

    2018年09月15日

    陸軍の基本的な戦闘訓練中における食事の基準値と実際の食事摂取量との関係;多施設共同横断研究

    Army Regulation 40-25、OPNAVINST 10110.1 / MCO10110.49、AFI 44-141で概説されている軍用食事摂取基準(MDRI)は兵士の栄養要求を満たすことを意図した基準として確立されている。本研究の目的は、2017年に出版された改訂MDRIと、米軍人の食物摂取量の推定値を包括的に比較することである。
  • アイコン

    2018年09月15日

    オメガ3の経口摂取は、正常血圧の成人における眼内圧を低下させる

    緑内障は視野を悪化させる眼疾患であるが、その主なリスク因子のうち改善可能な因子は眼圧(IOP)の上昇である。オメガ3サプリメントが正常眼圧の成人の眼圧に影響を与えるかどうかを調べた。
  • アイコン

    2018年09月15日

    亜麻仁の含水アルコール抽出物は、ラットモデルにおいて多嚢胞性卵巣症候群を改善する

    植物由来の薬効成分は、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療または制御を行う上で代替の選択肢となる。アマニの含水アルコール抽出物の効果を、PCOS誘発ラットモデルにおける卵巣ホルモンの変化及び子宮と卵巣の組織学的変化によって評価した。
  • アイコン

    2018年09月15日

    臨床試験で使用されたバナナ及びシナモンマフィンにおいて、粉砕アマニおよび貯蔵条件が官能特性もしくは選択された生理活性化合物に対して与える影響

    LDLコレステロール低下に対する無作為化クロスオーバー試験のために0、20、30gのアマニを含むマフィンが開発された。粉砕されたアマニの量もしくは貯蔵条件(-20℃で1および6ヶ月間)が官能試験での評価、特有の物性、生理活性物質(リグナン類)の濃度、臨床試験参加者と消費者の受容性などにどのような効果を与えるのか調べた。
  • アイコン

    2018年09月15日

    α-リノレン酸は、多発性硬化症患者の前向きコホートにおいて脳MRIの活性と関連している

    植物由来のω-3脂肪酸α-リノレン酸(ALA)は、MS(多発性硬化症)のリスク低下と関連している。 ALAが疾患活動に影響を及ぼすか否かは現在のところ不明である。ALA濃度と疾患活動との間の関連を調査した。
  • アイコン

    2018年09月15日

    てんかん患者におけるオメガ3脂肪酸とてんかん発作の関連:システマティックレビュー

    オメガ3摂取とてんかん発作との関連に関する根拠は統一されたものがない。したがって、関係を明確にするために、このシステマティックレビューを行った。論文は電子データベース(PubMed、Scopus、Google Scholar、Cochrane、およびOvid)で検索し、得られた各論文のリファレンスを確認することで収集した。
  • アイコン

    2018年09月15日

    カンボジア人とオーストラリア人女性との母乳脂肪酸組成の比較

    母乳は、オメガ3長鎖多価不飽和脂肪酸の豊富な供給源であり、乳児の脳の発達にとって重要であると考えられている。カンボジア人女性の母乳中の脂肪酸組成については、ヨーロッパ人女性と比較してデータが不足している。本研究の目的は、カンボジアに住む女性の母乳中の脂肪酸組成を決定し、オーストラリアに住む女性の母乳脂肪酸組成と比較することである。
  • アイコン

    2018年09月15日

    αリノレン酸の脂肪組織量と虚血性脳卒中および虚血性脳卒中サブタイプのリスク:デンマークのケースコホート研究

    植物由来のオメガ3脂肪酸であるα-リノレン酸(ALA)は、心血管疾患のリスクを低下させる可能性がある。本研究では、脂肪組織中のALA含量と虚血性脳卒中のリスク、及びそのサブタイプとの関係を調査した。
  • アイコン

    2018年09月15日

    「Singapore Chinese Health Study」における血漿脂肪酸と大腸がんのリスク

    血漿中の脂肪酸組成は、食事からの摂取と体内での合成の両方に影響される。大腸がん発症リスクにおける一価不飽和脂肪酸(MUFA)および多価不飽和脂肪酸(PUFAs)の役割を確立するために、血漿脂肪酸組成の予測分析が必要である。血漿脂肪酸組成と大腸がんリスクとの関連性を別々に評価するために、1993年から1998年の間に63,257人の男性と女性を集めたコホート研究である「Singapore Chinese Health Study」の中で、大腸がん(211の結腸がん、139の直腸がん)の症例および同等数の個人データを用いてコホート内症例対照研究を行った。
  • アイコン

    2018年08月02日

    Linum usitatissimum L.(アマニ)の薬理学的、臨床的側面に関するレビュー

    Linax usitatissimum L.は一般的にはアマまたはアマニとして知られるアマ科植物であり、医学および産業利用のために様々な国で長く栽培されてきた。本研究では、アマニの化学成分や薬理学的特性および臨床上の利用状況を確認するためのほぼすべての情報を収集することを目標とした。
  • アイコン

    2018年08月02日

    やけど患者の「大豆タンパク質+アマニ油」、「大豆タンパク質+コーン油」、「小麦粉+コーン油」摂取における筋肉異化作用、肝機能、血中脂質、血糖値の比較:無作為化臨床試験

    機能性食品としてアマニ油(FO)を添加した(もしくは添加しない)単離大豆タンパク質(ISP)の摂取量を増やすことで、火傷患者の筋異化および悪液質が減少するかどうかに関しての論争がある。このランダム化比較試験では、188例の患者が適格性について評価された。
  • アイコン

    2018年08月02日

    異なる亜麻(Linum usitatissiumum L.)品種から抽出した粘性抽出物の性状:望ましい機能的およびレオロジー的性質を有するヘテロ多糖類

    アマニ粘性抽出物は種子重量の約3〜9%に相当し、高分子量の水溶性ヘテロ多糖からなる。現在の研究では、インドのアマニ品種6種類から粘性抽出物を抽出し、その化学的、機能的、微細構造およびレオロジー特性を調べた。
  • アイコン

    2018年08月02日

    2型糖尿病である便秘患者における、便秘、体重、血糖、脂質に対するアマニの効果についてのランダム化試験

    2型糖尿病(T2D)である便秘患者の便秘症状スコア、体重、血糖値および脂質コントロールについて、ローストしたアマニの効果を比較する。
  • アイコン

    2018年08月02日

    若い女性にアマニ油および異なる用量の魚油を2週間与えた際の血漿中ホスファチジルコリン脂肪酸に対する効果

    n-3系長鎖PUFAを摂取した後、血中脂肪酸をその摂取量を推測するためのバイオマーカーとして広範囲に利用できるかどうかは不明である。しかし、摂取量を予測するためのバイオマーカーとして利用するには、摂取量をカバーする用量反応曲線が必要である。本研究の目的は、血漿中のホスファチジルコリン(PC)の脂肪酸組成が、サプリメントの摂取量において、魚油由来n-3系脂肪酸やαリノレイン酸(アマニ油)の高感度バイオマーカーとして利用できるかどうかを若く健康な女性を対象として調査することである。
  • アイコン

    2018年08月02日

    卵巣摘出ラットの脂質プロファイル、インスリン感受性およびGLUT4発現量に及ぼすダイエタリーサプリメントとしてのアマニおよび大豆の影響

    卵巣摘出ラットにおける脂質プロファイル、インスリン感受性およびGLUT4発現について、アマニまたは大豆とエストラジオールの効果を比較して評価した。
  • アイコン

    2018年08月02日

    アマニに含まれる生物活性を持つ化合物と、その大腸がん予防効果

    アマニ及びその生物活性成分は、大腸がん発症および進行のリスクの低下と関連している。 本レビューは、大腸がんリスクの軽減におけるアマニとその主な生物活性成分の役割に関する最近の研究を要約することを目的とする。
  • アイコン

    2018年07月04日

    直接定量されたカナダ人幼児のn-3脂肪酸摂取量は、現在の食事推奨値よりも低い

    今日まで、北米の小児における食事中のn-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の摂取量を評価した研究はほとんどなく、現在の推定値は限界のある間接的アプローチに基づいている。さらに、α-リノレン酸(ALA)およびエイコサペンタエン酸(EPA)/ドコサヘキサエン酸(DHA)といった長鎖n-3 PUFAの摂取に関する現在の食事勧告に合致している子供の割合については、有効な知見がない。本研究の目的は、2〜3歳の幼児におけるn-3 PUFAの摂取量を直接定量し、摂取量が国際的な推奨を満たしているかどうかを判断することであった。
  • アイコン

    2018年07月04日

    C6グリア細胞におけるAβ介在性炎症応答に対するα-リノレン酸の神経保護効果

    アルツハイマー病(AD)のような神経変性のための治療的アプローチは広く研究されている。 ADの重要な特徴の1つは、アミロイドベータ(Aβ)の蓄積である。 Aβは神経毒性を誘導し、グリア細胞の活性化を介して炎症性メディエーターまたはサイトカインを放出する。これらの病理学的特徴はAD患者の脳において観察される。本研究の目的は、C6グリア細胞におけるAβ25-35誘発神経毒性に対するα-リノレン酸(ALA)の保護効果を調べることである。
  • アイコン

    2018年07月04日

    食品由来ALA、EPA、DHAは雌雄ラットの腎臓、肝臓、血清におけるオキシリピンの濃度分布に明確な影響を与える

    食品由来n-3脂肪酸が体組織の脂肪酸組成に影響を及ぼすというデータは数多くあるが、それらの酸化代謝産物(オキシリピン)には脂肪酸のような包括的なデータは限られている。本研究では腎臓、肝臓、血清中のオキシリピンおよび脂肪酸について、α-リノレン酸(ALA)、EPAまたはDHAを6週間摂取させた雌雄ラットを用いて、その影響を調べた。
  • アイコン

    2018年07月04日

    M1様マクロファージにおけるα-リノレン酸の抗炎症効果は、α-リノレン酸およびリノール酸からのオキシリピン産生の増強と関連する

    大部分が炎症性マクロファージ集団によって媒介される慢性炎症は、肥満、インスリン抵抗性および2型糖尿病を含む代謝疾患の誘導および永続化に直接寄与する。多価不飽和脂肪酸(PUFA)は、オキシリピンと呼ばれる生物活性酸素代謝産物の形成を介して炎症に深刻な影響を及ぼす可能性がある。本研究の目的は、食品由来オメガ3 PUFAであるα-リノレン酸(ALA)への曝露が、ヒトTHP-1細胞株由来のM1型マクロファージの炎症特性を弱める可能性があるかどうかを決定すること、及びオキシリピン分泌に付随する変化を調査することである。
  • アイコン

    2018年07月04日

    アマニ油マイクロカプセルを利用したオメガ3アイスクリームのプロセス最適化と酸化安定性

    アイスクリーム中のαリノレン酸(ALA、ω-3脂肪酸)含量を上げるために、マイクロカプセル化アマニ油粉末(MFOP)を添加した。アイスクリームミックスの均質化の段階、添加濃度(3,4,5%)および味(バニラ、バタースコッチおよびイチゴ)といった製造プロセスをそれぞれ最適化した。
  • アイコン

    2018年07月04日

    易消化パンのテーブルテストにおいて、それぞれの食物繊維源がパン中の脂肪酸プロファイル、グリセミック指数(GI)、ポリフェノール含量に与える影響

    本研究では、小麦のパンに食物繊維源(オーツ麦(OB)、アマニ(FB)、リンゴ(AB))を添加して調査を行った。OBとFBをパンに添加すると、脂肪酸プロファイルが大きく変化した。
  • アイコン

    2018年07月04日

    アマニに含まれるフラボノイドであるHerbacetinは、肝臓の脂質代謝および脂肪調節酵素の調節を介して、高脂肪食による肥満およびインスリン抵抗性を改善する

    健康に良いといわれる植物やその成分は、肥満とその関連疾患を安全に治療できる代替薬と考えられている。Herbacetinは多くの薬理活性を持つため、研究されてきた食品由来フラボノイドであるが、抗高血糖および抗高脂血症機能については未だ調査されていない。本研究は、高脂肪食誘導57BL / 6Jマウスにおける高血糖・高脂血症に対するHerbacetinの効果を評価するために行った。
  • アイコン

    2018年07月04日

    肥満ラットにおける末梢神経障害に対する食用油の影響

    本研究は飼料により肥満を誘発したSprague-Dawleyラットの末梢神経障害について、一価不飽和脂肪酸または多価不飽和脂肪酸に富む食用油(オリーブ油、紅花油、月見草油、アマニ油またはメンハーデン油(魚油))の効果を決定することを目的とした。
  • アイコン

    2018年07月04日

    オメガ3脂肪酸の摂取により誘発されるCD36, NOS3 and PPARG遺伝子の変異と血中脂質濃度との相互作用反応:二重盲検RCT

    オメガ3脂肪酸を摂取することで遺伝子の変異が血中の脂肪にどのような影響を与えているのか、依然として不明である。二重盲検ランダム化比較試験を設計し、2型糖尿病(T2D)患者150名をオメガ3脂肪酸摂取群(魚油56名、アマニ油44名)および対照群(50名)にランダムに分割した。
  • アイコン

    2018年06月08日

    低GI食習慣と体重、肥満マーカーとの関連におけるパスタの効果:成人のRCTによるシステマティックレビューおよびメタ解析

    パスタのような炭水化物で構成された主食は、肥満の流行に関与している。パスタが体重増加に寄与するか、他の低血糖指数(GI)食品が体重減少に寄与するかは不明である。本レビューでは肥満に対するパスタの効果に関する科学的根拠を統合するため、GRADEシステムを用いたシステマティックレビューとメタ解析を実施した。
  • アイコン

    2018年06月08日

    メタボリックシンドロームの危険因子に対するスーパーフードの影響:ヒト介入試験によるシステマティックレビュー

    機能性食品はメタボリックシンドロームの予防とその後の心血管疾患およびII型糖尿病の発症に有効であると考えられる。
  • アイコン

    2018年06月08日

    オメガ3多価不飽和脂肪酸含量の高い食用油を投与する動物実験により、可視光による網膜の損傷を保護する効果が確認された

    オメガ3(n-3系)多価不飽和脂肪酸(PUFA)が豊富な油を可視光誘発性網膜障害モデルウサギに投与し、その効果を調査した。
  • アイコン

    2018年06月08日

    アマニ(Linum usitatissimum)のアルブミン、グロブリン画分の物性および乳化特性

    本研究では、アマニ中のアルブミンおよびグロブリンタンパク質画分の物性と乳化特性を調査した。
  • アイコン

    2018年06月08日

    アマニ油を給餌して飼育したニワトリでは、高オレイン酸大豆油の摂餌量に比例して卵黄に含まれるn-3系多価不飽和脂肪酸の含量が減少する

    ニワトリはα-リノレン酸(ALA; 18:3n-3)からエイコサペンタエン酸(20:5n-3)およびドコサヘキサエン酸(22:6n-3)を肝臓で合成することができる。しかしこの合成経路は代謝効率が低く、リノール酸(LNA; 18:2 n-6)によって競合的に阻害される。本研究では高ALAであるアマニ油を給餌し、LNAを減らして飼育したニワトリを用いて、高オレイン酸(OLA; 18:1n-9)大豆油がALAとその代謝産物であるn-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の卵および組織内濃度に及ぼす影響を調査した。
  • アイコン

    2018年06月08日

    米国における小児と高齢者のオメガ-6 /オメガ-3脂肪酸摂取量:現在の推奨食事量およびHealthy Eating Indexと比較した食事摂取量

    オメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸とその比率は、小児と高齢者の認知機能に影響を及ぼすことが複数の試験により示されている。本研究ではこれら過去の試験データをもとに、脂肪酸摂取の推奨と総合的な食習慣を考慮して、小児と高齢者のオメガ6、オメガ3 脂肪酸摂取量をまとめることを目的とした。
  • アイコン

    2018年06月08日

    血漿リン脂質中のリノール酸およびαリノレン酸が低濃度に、アラキドン酸が高濃度になることで高血圧リスクが上昇する

    食品中の脂質は、心血管疾患および死亡の重要なリスク要因である高血圧(BP)の発症および進行における重要な決定要素である。本研究の目的は、日本人男性における血漿リン脂質中の脂肪酸組成と高血圧との関連を明らかにすることであった。
  • アイコン

    2018年06月08日

    n-3系多価不飽和脂肪酸は、糖尿病前症のラットにおいてd-ガラクトースに誘発される認知障害を予防する

    n-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)の不足は、老後の認知障害およびうつ病と密接に関連している。認知障害およびうつ病は、高齢者においてメタボリックシンドロームなどの合併症を引き起こす。この研究の目的は糖尿病前症状態の加速老化ラットモデルを用いて、n-3PUFAを摂食させた際の認知症およびうつ病様行動に対する効果を評価することである。
  • アイコン

    2018年06月08日

    過体重、肥満であるメタボリックシンドローム患者において、αリノレン酸に富む低エネルギー食の摂取は血清リン脂質の脂肪酸組成にどのような影響を及ぼすか

    植物由来αリノレン酸(ALA)は心保護作用を発揮する可能性がある。ALAが不飽和化および伸長を経て長鎖オメガ3多価不飽和脂肪酸を形成することは知られているが、この代謝がヒトにおいて起きる頻度は不明である。本研究の目的は、ALAを強化したエネルギー制限食がメタボリックシンドローム患者の血清リン脂質の脂肪酸組成にどのような効果を与えるのか調べることであった。
  • アイコン

    2018年06月08日

    メキシコ北部の大学生における抑うつ症状と多価不飽和脂肪酸であるオメガ3およびオメガ6の血清濃度との関係(スペイン語文献)

    これまでの研究により、多価不飽和脂肪酸(PUFA)であるオメガ3の血中濃度の低さ、オメガ6 /オメガ3比の高さがうつ病の原因に関与している可能性が示唆されているが、疫学的に実証されたものではない。本研究では抑うつ症状があるメキシコの大学生を対象に、オメガ3脂肪酸(ドコサヘキサエン酸:DHA、エイコサペンタエン酸:EPA、α-リノレン酸:ALA)の血中濃度と、オメガ6脂肪酸(アラキドン酸:AA)と EPAの比をそれぞれ評価した。
  • アイコン

    2018年06月08日

    高コレステロール食のウサギにおけるフェニルプロパノイド化合物および加水分解性タンニンの増加に伴うLinum usitatissimum品種の種子(亜麻の種子)の影響

    食品中の脂質は血中脂質の代謝に関連する最も重要な因子の一つと考えられており、循環器系の炎症性疾患として広く受け入れられているアテローム性動脈硬化症の原因およびその予防において重要な役割を果たす。本研究の目的は、高コレステロール誘発アテローム性動脈硬化症ウサギモデルに対してフェニルプロパノイド化合物および加水分解性タンニンが豊富な遺伝的組み換えアマニ(W86)を摂食させた場合と、その親品種Linolaを用いた場合とを比較し、その効果を評価することである。
  • アイコン

    2018年06月08日

    Secoisolariciresinol diglucoside は、JAK2 / STAT3シグナル伝達経路を活性化することで酸化ストレスに誘発される心筋細胞のアポトーシスを防止する

    酸化ストレスに誘発される心筋細胞のアポトーシスが虚血性心疾患における重要なプロセスであることは、過去の研究により証明されている。アマニに含まれるポリフェノール=植物リグナンであるSecoisolariciresinol diglucoside(SDG)は、心筋細胞をアポトーシスから効果的に保護することが実証されている。本研究では、「Janusキナーゼ2」(JAK2)と「signal transducer and activator of transcription 3」 (STAT3)の役割をSDGの保護効果を介することで調べた。
  • アイコン

    2018年04月20日

    アマニ油は子豚に対するLPS暴露後にネクロプトーシス制御、およびTLR4 / NODシグナル伝達経路を調節することで腸の損傷や炎症を軽減する

    訳注:ネクロプトーシス・・・壊死(ネクローシス)ではあるが、外的刺激ではなく自己の制御により誘導された組織破壊を伴う細胞死のこと。組織破壊を伴わないアポトーシスとは異なる概念

    アマニ油はα-リノレン酸(ALA)の豊富な供給源である。ALAはドコサヘキサエン酸(DHA)およびエイコサペンタエン酸(EPA)といった長鎖n-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)の前駆体として知られている。本研究はリポ多糖類(LPS)によって誘導された腸の損傷に対するアマニ油の保護効果を調べたものである。
  • アイコン

    2018年04月20日

    アマニ油による酸化ストレス反応の調節:脂質過酸化の役割とその基礎的メカニズム

    多価不飽和脂肪酸(PUFAs)は主にω-3およびω-6脂肪酸に分類される。ドコサヘキサエン酸(DHA、ω-3:22-6)およびα-リノレン酸(ALA、ω-3:18-3)はω-3脂肪酸であることが知られており、動物種(魚など)および植物種(アマニなど)から抽出される。
  • アイコン

    2018年04月20日

    乳がんにおけるアマニの効果:文献レビュー

    乳がんは最も一般的ながんの1つであり、死亡原因としては世界で2番目に多い。 2014年、ポルトガルでは約27,200人ががんで死亡しており、そのうちの1,791人が乳がんの女性であった。アマニは動物試験が主でありほとんどヒト臨床試験はないものの、乳がんとの関係について最も研究されている食品の1つである。
  • アイコン

    2018年04月20日

    小児高脂血症におけるアマニ:高コレステロール血症の小児および青年のためのアマニ摂食試験、盲検化プラセボ対照RCT

    小児の高コレステロール血症について、薬を用いずにマネジメントする のは困難であり、選択肢はほとんどない。本研究の目的は、小児の高コレステロール血症マネジメントにおいてアマニを摂食させた際の安全性と有効性を決定することである。
  • アイコン

    2018年04月20日

    アマニ(linum usitatissimum)粉末は、成体雄ラットの骨の健康に寄与する

    本研究は、Wistar系の成体雄ラットにアマニ粉末を180日齢まで与えることで、骨の健康にどのような影響があるか評価するものである。
  • アイコン

    2018年03月16日

    Secoisolariciresinol diglycoside(SDG:アマニリグナン)は血液脳関門を保護し抗炎症効果を持つことから、神経炎症への影響がある

    アマニに含まれるリグナン類の主要成分であるSecoisolariciresinol diglucoside(SDG)には炎症、酸化ストレス、心臓病、腫瘍進行、アテローム性動脈硬化症および糖尿病といったさまざまな疾病に対する有益な効果が報告されている。
  • アイコン

    2018年03月16日

    虚血性脳卒中モデルにおけるアマニ油の機能的運動回復に対する神経保護効果:BDNFおよびGDNFの調節

    虚血性脳卒中は運動機能障害の主な原因である。一方、アマニは抗酸化物が最も豊富な植物の一つとして知られている。本研究では、脳虚血・再灌流病態モデルラット(IRモデル)において、アマニ油の摂取が運動機能の回復および脳運動野領域由来神経栄養因子(BDNF)の遺伝子発現とタンパク質含量に及ぼす影響を評価した。
  • アイコン

    2018年03月16日

    紅花油(n-6)およびアマニ油(n-3)を多く含む食品は、それぞれ異なるメカニズムにより視床下部の脂肪酸組成、遺伝子発現およびインスリンシグナル伝達を調節する。

    多価不飽和脂肪酸(PUFA)は、全身のエネルギー恒常性を調節する脳の領域である視床下部において重要なシグナル伝達を担っている。
  • アイコン

    2018年03月16日

    「特定のエジプト産アマニ品種から搾油された油」をげっ歯類による産後うつ病モデルで評価したところ抗うつ剤と同様の効果が得られた

    アマニ(Linum usitatissimum L.)は健康促進に関する多くの機能を持つ作物である。本研究は、エジプトのアマニ6品種の脂肪酸組成と精製油あたり収量を調査するために行われた。
  • アイコン

    2018年03月16日

    海水魚由来の油は、乳腺がんの予防において植物由来のn-3多価不飽和脂肪酸よりも強い効果がある

    エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)などの海洋由来のn-3ポリ不飽和脂肪酸(PUFA)は、乳がんを阻害することが示されている。しかし、西洋食における主要なn-3 PUFAである植物由来α-リノレン酸(ALA)の効果には依然として確証がない。
  • アイコン

    2018年03月16日

    α-リノレン酸の食事摂取とCHDのリスクとの関連および用量反応関係:コホート研究の系統的レビューおよびメタアナリシス

    過去の研究では、α-リノレン酸(ALA)とCHDリスクとの間に関連がないというような試験結果もいくつか報告されていた。 本研究ではALA摂取とCHDリスクとの関連を総括し、用量 - 反応関係を評価することを目指した。
  • アイコン

    2018年03月16日

    オメガ3多価不飽和脂肪酸は、エストロゲン受容体陽性乳がん細胞株(MCF-7)における細胞生存率および発がん性MicroRNA-21の発現を時間依存的に低下させる

    オメガ3多価不飽和脂肪酸(n-3 PUFA)であるα-リノレン酸(ALA)およびその代謝産物、エイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)はそれぞれ乳がん細胞の増殖を低下させるが、その作用機序は、マイクロRNA(miRNA)が関与している可能性もあり、依然として不明である。
  • アイコン

    2018年03月16日

    アマニリグナンは、乳がん細胞株MDA-MB-231およびSKBR3に対する化学療法薬剤の細胞傷害性を高める

    全身性細胞傷害性化学療法(全身に作用する抗がん剤)は依然として転移性乳がんの治療法の主流であるが、その予後および全生存率は副作用や高い毒性のため悪化する傾向にある。
  • アイコン

    2018年03月16日

    Abcg2ノックアウトマウスにおけるアマニリグナンおよびそれらの代謝産物の組織分布の変化

    リグナンは食物ポリフェノールであり、腸内微生物によって代謝され、エンテロリグナンと呼ばれる植物エストロゲン代謝物となる。主な代謝物はエンテロラクトンおよびエンテロジオールである。
  • アイコン

    2018年03月16日

    アマニ6品種から得られたリグナン画分の抗がん能

    本研究の目的は、ヒト乳がん細胞株(T47D)及びマウスの腫瘍に対してリグナンを多く含む画分であるアマニの加水分解精製物(PFH)がどのような抗がん能を発揮するかを確認することで、その治療効果と作用機序を明確にすることである。
  • アイコン

    2018年02月09日

    「メタボリックシンドローム患者において、アマニ油とヒマワリ油の消費が血清グルコース、脂質プロファイル、血圧、脂質過酸化に与える効果の比較」

    背景:メタボリックシンドローム(MetSyn)は、II型糖尿病のリスクおよび心血管疾患の罹患率と死亡率を増加させる。機能性食品であるアマニ油(FO)は、必須オメガ3脂肪酸の主要な植物性供給源の1つである。
  • アイコン

    2018年02月09日

    「メタボリックシンドロームのラットにおいて、酸化ストレスに対するアマニ油とアマニリグナンセコイソラリシレジノールジグルコシドの保護的役割」

    本研究では、アマニ油(FO)とアマニリグナンセコイソラリシレジノールジグルコシド(SDG)の、メタボリックシンドローム(MS)ラットにおける酸化ストレスに対する保護的な効果を評価した。48匹のラットを以下の6群に分けた:1群(コントロール)、5群(FO)、6群(SDG)は水を与えられ、それぞれに毎日生理食塩水、FO、SDGを経口投与した。
  • アイコン

    2018年02月09日

    「多嚢胞性卵巣症候群患者の代謝状態におけるアマニ油オメガ-3脂肪酸補給の効果:無作為化、二重盲検プラセボコントロール試験」

    目的: 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)患者の代謝状態に対するアマニ油中オメガ-3脂肪酸補給の効果を測定するために実施した。
  • アイコン

    2018年02月09日

    「血糖コントロールとインスリン感受性に関するアマニの補給について:25の無作為化プラセボコントロール試験のシステマティックレビューとメタアナリシス」

    状況:血糖コントロールとインスリン感受性に関するアマニの効果を調べているヒト臨床試験の結果は一貫性がない。 目的:本研究は、アマニの消費が血糖コントロールに与える影響を評価する無作為化コントロール試験の分析とシステマティックレビューを目的とした。
  • アイコン

    2018年02月09日

    「オメガ-3が豊富なアマニ油は、肥満、糖尿病、脂質異常症マウスモデルにおいて、GPR120レセプターが部分的に仲介する小胞体ストレスと炎症を防ぎ大動脈を保護する」

    アテローム発生への”最初のヒット”はToll様レセプター4(TLR4)、小胞体ストレスによって引き起こされ、最終的に代謝機能障害となる。本研究では、我々はアマニ油リッチな食事(FS)が肥満マウスの大動脈における脂肪酸レセプターGPR120の活性化により、これら炎症性シグナル伝達経路を消失させることで、代謝恒常性を回復すると仮定した。グルコース恒常性はGTT(グルコース負荷試験)やITT(インスリン抵抗性試験)で評価され、リピドミクスはハイブリッドイオントラップ-オルビトラップ質量分析計を用いて、血清脂質は比色分析アッセイを用いた測定で、GPR120と浸潤性マクロファージは免疫蛍光法を用いた分析で、タンパク質免疫沈降および遺伝子発現はウェスタンブロットとRT-PCRでそれぞれ評価した。
  • アイコン

    2018年02月09日

    「アマニ油は肥満脂肪組織の脂質恒常性を再構築することにより、慢性のHFD誘発インスリン抵抗性を緩和させる」

    新たに得られつつあるエビデンスから、循環器系内の長鎖n-3多価不飽和脂肪酸(n-3PUFA)のレベルが、肥満とインスリン抵抗性の低い有病率と密接に関連していた。しかしながら、α-リノレン酸を豊富に含むアマニ油(ALA-FO)のインスリン抵抗性に対する生理活性と潜在的なメカニズムに対する理解は未だに限られている。本研究では、脂肪組織脂肪分解に焦点を当てたC57BL/6Jマウスにおける高脂肪食(HFD)誘発性インスリン抵抗性へのFOの効果を評価した。
  • アイコン

    2018年02月09日

    「ストレスを与えられたラットの血圧における異なる発育期間中のアマニ(オメガ-3源)をベースにした食事の作用」

    目的:本研究の狙いは、異なる発育期間中にアマニ食がストレスにさらされたラットの血圧に与える作用を調べることである。
  • アイコン

    2018年02月09日

    「アマニ摂取は、A/Jマウスにおいて化学的に誘導された肺腫瘍の形成阻害と第Ⅱ相酵素および炎症性サイトカインの発現を調整する」

    アマニの摂取は、肺の損傷モデルにおける酸化ストレスと炎症の軽減に関与しており、乳房および前立腺組織に対する抗ガン効果も示す。しかし、肺ガンに対するアマニの化学的防御の可能性はよくわかっていない。本研究で、我々はA/Jマウスモデルにおけるタバコ煙の発ガン性物質(NNK)誘導肺腫瘍形成に対するアマニの効果を調査した。
  • アイコン

    2017年12月28日

    「周期性乳房痛継続時間に対するアマニ及び月見草オイル、ビタミンEの効能比較」

    背景:周期性乳房痛は、助産師のような有識者による指導に繋がる最も一般的な乳房疾患である。本研究の目的は、乳房痛継続時間におけるアマニ、月見草オイル、ビタミンEの治療効果を比較することである。
  • アイコン

    2017年12月28日

    「アマニ油の摂取は、アポリポタンパク質-Eノックアウトマウスにおけるウェスタンダイエット飼料による非アルコール性脂肪肝疾患を予防する」

    非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)の有病率は、ここ数十年間で世界的に急増している。エイコペンタエン酸(EPA、C20:5n-3)やドコサヘキサエン酸(DHA、C22:6n-3)を主とするn-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の摂取は、NAFLDに対して改善効果があると考えられている。
  • アイコン

    2017年12月28日

    「グルテンフリーベーカリー製品の栄養学的および食感の課題:レビュー」

    グルテンフリーベーカリー製品のニーズが高まっている。現在のグルテンフリーベーカリー製品は、グルテン含有食品よりもタンパク質や繊維、ミネラルの含有量が低いが、グリセミック指数(GI)が高い。米とソバ粉の混合物もしくは卵白またはホエイタンパク質の添加量が低い物のみが、栄養および食感の両方の質の改善の可能性を示している。
  • アイコン

    2017年12月28日

    「ALA/LAは、ROS/p38/TGF-β1経路による酸化ストレスおよびアポトーシスを減弱させることでHK-2細胞でのグルコース毒性を改善させる」

    背景:糖尿病性腎症(DN)において、酸化ストレス(OS)が重要な役割を果たすことのエビデンスが揃いつつある。以前の研究で、ALA / LAが高グルコース誘発細胞毒性に対してHK-2細胞を保護することを示した。そこで、HK-2細胞のグルコース傷害モデルを確立し、TGF-β1の高グルコース誘発過剰産生およびその作用を媒介する可能性のあるメカニズムに対してALA/LAに有益な効果があるかを検証した。
  • アイコン

    2017年12月28日

    「新たに糖尿病と診断された患者の脂肪酸プロファイル:何故それが疑われないのか」

    背景:炎症誘発活性と特定脂肪酸の存在または不足と関連性があることが幾つかの研究で示されている。炎症は、糖尿病を含むいくつかの疾患と関連が見られる。 目的:初発1型糖尿病小児、診断後少なくとも1年経過している糖尿病小児、健康な小児の脂肪酸プロファイルを比較する。
  • アイコン

    2017年12月28日

    「慢性腎疾患を有する心筋梗塞後の患者の繊維芽細胞成長因子23に与えるn-3脂肪酸摂取効果: The Alpha Omega Trial」

    繊維芽細胞成長因子23(FGF23)は、慢性腎疾患における心血菅死亡率に関与する独立したリスクである。n-3脂肪酸の摂取量は、FGF23 値や心血管リスクと逆の相関がある。我々は、海洋性エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)および、植物性α-リノレン酸(ALA)が心筋梗塞の病歴を持つ慢性腎疾患患者の血漿中のFGF23値に与える効果を試験した。
  • アイコン

    2017年12月28日

    「植物および海洋生物由来のサプリメントによる食事性n-6:n-3脂肪酸比の変化が成人健常者の骨代謝バイオマーカーに与える影響」

    n-3多価不飽和脂肪酸(n-3PUF)の骨組織への保護作用についてはエビデンスが蓄積されているが、植物および海洋生物由来のn-3PUFによる食餌性n-6:n-3比の変化が骨組織に与える影響についての研究は殆ど行われていない。そこで、成人健常者24名を被験者として、4種類のn-6: n-3 PUFS構成比試験食を8週間摂取させるランダムクロスオーバー試験を実施した。
  • アイコン

    2017年11月16日

    多発性嚢胞腎臓病モデルにおける魚油とアマニ、カゼインと大豆タンパク質を食事により摂取した場合や性別による腎臓のオキシリピンプロファイルへの効果の違い

    オキシリピンは多価不飽和脂肪酸(PUFA)から生じる機能性脂質であり、腎臓の機能や健康に影響を及ぼす重要な因子である。 魚油とアマニ、カゼインと大豆タンパク質を食事により摂取した場合や性別による効果の違いを調べるために、げっ歯類の腎不全モデルを用いた4つの研究について腎臓のオキシリピンのリピドミクス分析を行った。
  • アイコン

    2017年11月16日

    高齢者における炎症の生化学的および機能的評価項目へのアマニリグナン摂取の影響

    高齢者においてアマニリグナンは複数の慢性疾患の基となる炎症を調節する能力があることが論文で示されている。本論文は健康な高齢者におけるリグナン摂取の安全性と耐容性に加え、炎症の生化学的および機能的指標への効果を評価することを目的とした。
  • アイコン

    2017年11月16日

    アマニ油の摂取は冠動脈性心疾患を有する2型糖尿病患者においてPPAR-γ, LP(a), IL-1および TNF-αの遺伝子発現レベルを改善する

    本研究では冠動脈心疾患(CHD)を有する過体重の糖尿病患者においてアマニ油を投与し、インスリン、脂質、炎症に関連する遺伝子発現への影響を調べた。このランダム化二重盲検プラセボ対照試験はCHDの糖尿病患者60人を対象に行った。
  • アイコン

    2017年11月16日

    α-リノレン酸の投与は、ラットにおいて軽度外傷性脳損傷により引き起こされる挫傷を軽減し、不安様行動の発症を予防する

    アメリカでは年間約170万人の人が外傷性脳損傷(TBI:traumatic head injury)に苦しんでおり、死や身体障害の主要因となっている。TBIの症例の多くが軽症型であり、ほとんどの患者が完全に回復する一方で、約10%のケースでは症状が継続し、生涯にわたって障害が残る場合もある。
  • アイコン

    2017年11月16日

    アテローム性動脈硬化リスクのある人においてω-3多価不飽和脂肪酸は内皮機能を改善する:総説

    ω-3多価不飽和脂肪酸(n-3 PUFAs)が(血管)内皮機能障害の改善を通して、アテローム性動脈硬化の発症を防ぐことが疫学研究や臨床試験で示されている。内皮機能障害は血管拡張を弱め、炎症及び血栓形成を促進する特徴があり、これらはアテローム性動脈硬化の進行初期にみられる現象である。
  • アイコン

    2017年11月16日

    心疾患や老化における食事によるオキシリピン調節

    オキシリピンは多価不飽和脂肪酸が酸素化されることで生じる脂肪酸代謝物群であり、炎症、免疫、痛み、血管緊張、凝固などの過程に関わっている。そのためこれらの過程が関係する心疾患や老化など様々な状況にも関連する。心疾患との関連で最も特徴的なオキシリピンはω-6脂肪酸であるアラキドン酸から生じる。
  • アイコン

    2017年11月16日

    インドデリーの工業人口における血清中ω-6/ω-3比と心疾患リスクマーカー

    ω-3に比べてω-6の摂取割合が高いと慢性疾患が増進される傾向にある。二次予防の研究においてω-6の摂取量を減らすと慢性疾患の進行が抑えられることが証明されているが、心疾患リスクマーカーに特異的な生化学的指標についてはまだ評価されていない。そこで我々は、インドにおいて血中のω-6/ω-3比とその心疾患リスクマーカーに与える影響について評価を行った。
  • アイコン

    2017年10月11日

    血漿ホスファチジルコリンの脂肪酸組成がメタボリックシンドローム関連形質を有する対象者の体脂肪パラメータを決定できる

    背景: メタボリックシンドロームに関連した特徴、体質 を有する患者の血漿ホスファチジルコリン(PC)における脂肪酸(FAs)と身体測定的および生化学的特性との関連を本研究で検証する

  • アイコン

    2017年10月11日

    糖尿病性下肢潰瘍の患者におけるアマニ油オメガ3脂肪酸の摂取に対する臨床的および代謝的反応:プラセボ対照無作為化二重盲検比較試験

    背景: 糖尿病性下肢潰瘍(DFU)に罹患対象者の傷の治癒および代謝状態へのアマニ油オメガ3脂肪酸摂取の効果に関するデータは乏しい。

  • アイコン

    2017年10月11日

    耐糖能異常への薬用食物植物の効果: 無作為化比較試験のシステマティックレビュー

    背景: このシステマティックレビューの目的は耐糖能異常治療における薬用食物植物の効能と安全性に関する利用可能な科学的データを評価することである。

  • アイコン

    2017年10月11日

    5大陸18カ国における脂質および炭水化物の摂取と心血管系疾患および死亡率との関連性: 前向きコホート研究

    背景: 主要栄養素と心血管系疾患および死亡率の間の関係は議論の的である。 最もよく利用されるデータは栄養過多傾向にあるヨーロッパと北アメリカの集団であるため、他の集団に応用できるかは不明確である。

  • アイコン

    2017年10月11日

    オメガ3脂肪酸と心血管系疾患: 2016年のAgency of Healthcare Research and Qualityのエビデンスレビューの要約

    オメガ3脂肪酸と心血管系疾患に関するAgency of Healthcare Research and Qualityのエビデンスレビュー(2004年版)の2016年改訂版を要約した。

  • アイコン

    2017年09月06日

    体重と身体組成におけるアマニ摂取の影響 :45報の無作為プラセボ対照試験のシステマティックレビューとメタアナリシス

    アマニ摂取は肥満度と負の関連性があるだろう。しかしながら、利用できる無作為化対照試験(RCT)の結果は矛盾している。本研究では、体重と身体組成におけるアマニ摂取の影響を評価しているRCTをシステマティックレビューにより解析することとした。科学技術分野のデータベースであるPubMed、Ovidを介したMedline、SCOPUS、EMBASEとISI Webにて2016年11月まで検索した。

  • アイコン

    2017年09月06日

    肥満女性における各種脂肪酸組成の高脂肪食に対する空腹感及び満腹感応答

    目的:肥満女性において、一価不飽和脂肪酸(MUFAs)、多価不飽和脂肪酸(PUFA)または飽和脂肪酸(SFAs)のいずれかを多く含む高脂肪食(HF)の自覚的、生理的食欲反応および自由摂取量の評価を行うこと。

  • アイコン

    2017年09月06日

    妊娠期間の母体血漿のn-3およびn-6多価不飽和脂肪酸と胎児健康の特徴 :胎児の発育速度、出生体重と妊娠期間

    背景と目的:母体の脂肪酸は胎児の成長と発達に不可欠である。筆者たちは妊娠中期の母体の血漿中のn-3およびn-6多価不飽和脂肪酸(PUFA)と胎児の発育速度、出生体重および妊娠期間で測定される胎児健康との間の関係について調べている。

  • アイコン

    2017年09月06日

    インドネシアの妊婦における不十分な食事性α-リノレン酸の摂取量は、都市部のジャカルタにおける低出生体重と関連がある

    背景:先進国において、妊娠中のオメガ-3脂肪酸の摂取量が新生児誕生へ及ぼす影響は確認されている。しかしながら、発展途上国では母体のオメガ-3摂取量と出生サイズとの関係は未知である。

  • アイコン

    2017年09月06日

    食餌性リノール酸とラットの腎臓、肝臓と血清におけるオキシリピン特性への性的影響は、多価不飽和脂肪酸への影響とは異なる

    哺乳類における脂肪酸についての文献が多く存在するが、それらに匹敵するオキシリピンに関するデータは不足している。そこで、離乳直後のSDラットにコントロール食、高リノール酸(LA)含有食、または高LA+高α-リノレン酸(ALA)含有食を6週間摂取させた。

  • アイコン

    2017年09月06日

    α-リノレン酸の栄養素補充は、マウスモデルにおいて、n-3 LCPUFAsの変換を誘導し、前立腺がん増殖を減少させた

    背景:α-リノレン酸(ALA)は、n-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)であり、n-3 長鎖PUFA(LCPUFAs)の基質である。慢性疾患に対するALAの有益な効果は、エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)とは異なり、まだ議論中のさなかにある。

  • アイコン

    2017年09月06日

    α-リノレン酸は虚血再灌流時の心筋細胞においてアポトーシスと酸化型のリン脂質を減少させる

    オメガ⁻3脂肪酸、植物由来食物中のα-リノレン酸(ALA)は、摂取時に心血管により有意なベネフィットをもたらす。ALAは虚血時の心保護をもたらすであろう。しかしながら、この効果のメカニズムは不明である。

  • アイコン

    2017年08月17日

    α-リノレン酸の食事摂取と加齢黄斑変性のリスク

    背景:植物由来のオメガ-3(n-3)脂肪酸であるα-リノレン酸(ALA)と加齢黄斑変性(AMD)の関連性は明らかでない。欧州の研究者たちは、ALAの40%以下はトランス型であるだろうと報告している。

  • アイコン

    2017年08月17日

    アマニオイルを混合したセサミオイルとオリーブオイルの品質特性

    目的:適切な必須脂肪酸構成比率は、健康を維持することにおいて重要な役割を持つ。理想の脂肪酸組成と酸化安定性を持つ純粋なオイルはない。本研究の目的は、セサミオイルとオリーブオイルに、ω3脂肪酸を豊富に含むアマニオイルを混合することで得られるオイルの物理的、化学的、栄養的特性を評価することである。

  • アイコン

    2017年08月17日

    食物繊維の摂取による食後の血糖およびインシュリンの低下に関するメカニズムの検討

    この研究では、水溶性食物繊維(SDF)の摂取に関連した、食後の血糖およびインスリンの反応の緩和に関するメカニズムを調査した。インビトロでの澱粉分解とマルトース輸送における、黄色マスタード粘液、水溶性アマニガム、フェヌグリークガムを含むSDFの効果を検討した。

  • アイコン

    2017年08月17日

    リノール酸とリノレン酸の1/3の比率は、胎生の神経幹細胞のオリゴデンドロサイト産生に最適である

    神経発達の過程において、胎生の神経幹細胞(eNSCs)は、膠細胞、オリゴデンドロサイト細胞、ニューロン細胞に分化する。多価不飽和脂肪酸(PUFAs)の失調は、神経性および発達性障害を広範囲に誘導する。この研究では、eNSCsの増殖と分化における、多様な濃度と比率のリノール酸(LA)とαリノレン酸(ALA)(それぞれオメガ-6とオメガ-3 PUFAsに属する)の効果を検討した。

  • アイコン

    2017年08月17日

    健康加齢における流動的知性の決定因子:オメガ-3 多価不飽和脂肪酸の状態と前頭頭頂皮質

    導入:認知低下は脳健康の変化のみでなく、栄養状態にも決定的に依存するものであることを、蓄積されてきたエビデンスは示している。認知機能の加齢的変化で最も衰弱する点の一つとしての流動性知能の低下は、オメガ-3 多価不飽和脂肪酸(PUFA)の状態と関連している;しかし、この現象は、特異的なオメガ-3 PUFAsが脳健康の特定の側面に働きかけた結果なのかどうかは知られていない。従って、この研究は、特定のパターンのオメガ-3 PUFAsが、特別な神経構造をサポートすることで、流動性知能に影響を与えるかどうかを探索することを目的とする。

  • アイコン

    2017年08月17日

    エンテロラクトンは、uPAが誘導するプラスミン活性化とMMPs仲介によるECMリモデリングの阻害を通して、MDA-MB-231乳がん細胞の増殖、移動、転移を抑制する

    背景:生存を促進するために、腫瘍細胞は細胞外マトリクス(ECM)のリモデリングを通じて自身の微小環境を操る。ウロキナーゼ-タイプのプラスミノゲン活性化物質(uPA)のシステムは、マトリクスメタプロテアーゼ(MMPs)の活性化を仲介するプラスミンの生産を触媒し、ECMのリモデリングを通じた乳がんの浸潤と転移において重要な役割を担う。これは、乳がん処置の治療的介入にとってポテンシャルターゲットとなり得る。エンテロラクトン(EL)は、人体内のアマニリグナンに由来し、抗乳がん活性を持つことが知られている。私たちは、uPA-プラスミン-MMPsシステムにおける、ELの働きに関する分子レベルおよび細胞レベルのメカニズムを検討した。

  • アイコン

    2017年08月17日

    不飽和脂肪酸は、肥満および体重過多の非糖尿病の高齢患者において、アテローム性動脈硬化症マーカーを改善する

    背景:いくつかの研究で、循環器疾患にけるトランスおよび飽和脂肪を不飽和脂肪酸へ置き換えることの恩恵が示されてきた。私たちは、肥満または体重過多の非糖尿病の高齢患者におけるアテローム性動脈硬化性疾患のバイオマーカーと(血管)内皮マーカーへの、多価不飽和および一価不飽和脂肪の摂取の効果を示すことを目的とした。

  • アイコン

    2017年06月23日

    高オレイン酸含有ナタネ油およびアマニ油は、高コレステロール血症患者において血清脂質および炎症性バイオマーカーを調節する

    近年、脂肪酸摂取量を改善し、CVD(心血管疾患)リスクを低減するために、脂肪酸比率を調整した新しい食物油が製造されている。本研究の目的は血中の脂質および炎症性バイオマーカーについて、典型的な西洋食(WD)と比較して、新規な高オレイン酸ナタネ油(HOCO)単独、またはアマニ油(FXCO)とのブレンド油を摂取した際の有効性を評価することである。

  • アイコン

    2017年06月13日

    米国の成人における、報告された脂肪および脂肪酸の摂取量と体重との関係

    食事中の脂肪酸組成によりエネルギー消費および体重が調節できる可能性はあるが、国民レベルでの脂肪酸摂取と体重の関係についてはほとんど知られていない。本研究の目的は(1)米国の成人人口、(2)人口統計学的グループのBMIと、エネルギー摂取量、主要栄養素摂取状況、脂肪酸ごとの摂取量を比較することである。

  • アイコン

    2017年06月13日

    アマニもしくはソバを摂取することで、肥満マウスにおける盲腸中と糞便中のエンテロバクター科細菌(嫌気性のグラム陰性桿菌)の多様性および有病率が変化する

    食物を摂取することで、胃腸管の細菌が持つ有病率の変動が起こることがある。本研究の目的は、盲腸および糞便中のエンテロバクター科細菌の有病率を決定し、その有病率とアマニまたは健康増進効果のあるアマニ抽出物、もしくはソバを摂取した後の体重変化との関係を決定することであった。

  • アイコン

    2017年06月13日

    アマニ油とアスタキサンチンの組み合わせにより、肝臓中脂肪の蓄積が改善され、高脂肪食ラットにおける酸化ストレスが軽減される

    肝臓への脂質蓄積と酸化ストレスは、非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)に至る可能性のある重要な病態生理学的メカニズムである。したがって本研究では、高脂肪食を与えたラットの肝臓中脂質の蓄積および酸化ストレスに対するアマニ油(FO)およびアスタキサンチン(ASX)の組み合わせ効果について試験を行った。

  • アイコン

    2017年06月13日

    アマニ(Linum usitatissimum L.)製品の抗酸化能に及ぼすタンパク質-フェノール複合体の影響

    人工胃液を用いて、消化前後のアマニ成分(フェノール画分、タンパク質濃縮物、および加水分解物)の抗酸化能が本来のフェノール化合物もしくはタンパク質にどの程度影響されているかを調査した。

  • アイコン

    2017年06月13日

    漢民族の2型糖尿病患者における、赤血球リン脂質中のαリノレン酸と相互作用する9箇所の変異の遺伝的リスクスコア;症例対照研究

    n-3系脂肪酸が2型糖尿病(T2D)の発症にどの程度遺伝的に関わっているかは依然として不明である。症例対照研究として、中国人のT2D患者622人と健常対照者293人について、9つのT2D関連遺伝子の変異に対する遺伝子リスクスコア(GRS)を作成した。

  • アイコン

    2017年06月13日

    妊娠中におけるn-6:n-3脂肪酸の摂取比率と、生後6ヶ月乳児の神経発達との関連性:MOCEHコホート研究の結果

    長鎖多価不飽和脂肪酸(LC-PUFAs)は、乳児の神経発達に不可欠である。食品中のLC-PUFAsが栄養として妥当であるかを判断するには、摂取量だけでなく、n-6:n-3の脂肪酸比率も重要である。本研究の目的は、「妊婦のn-6:n-3摂取比率」と「生後6ヶ月幼児の運動および認知発達」に関連があるか特定することである。

  • アイコン

    2017年05月26日

    α-リノレン酸摂取と運動訓練により、肥満ラットの肝臓脂質蓄積に対する独立的かつ相加的な影響が明らかとなる

    αリノレン酸(ALA)の摂取、もしくは運動によって、肝臓の脂質蓄積およびインスリンシグナル伝達の低下を独立して防止することができるという報告があるが、この効果はそれぞれ異なる作用機序によって起きていると考えられる。

  • アイコン

    2017年05月26日

    母ラットの妊娠後、及び児ラットの離乳後におけるアマニ摂取が網膜および視神経を改善する

    本研究は神経系、より具体的には視神経および網膜の発達にアマニ食餌が与える影響を評価することを目的とした。

  • アイコン

    2017年05月26日

    肥満Zuckerラットにおけるα-リノレン酸摂取と運動の実施は、独自に、かつ相加的に血圧を下げ、血管拡張機能不全を予防する

    α-リノレン酸(ALA)と持久運動は、脂質異常症に関連する心血管の障害をそれぞれ個々に低減するが、それらを予防的治療アプローチとして組み合わせた場合の作用機序および有効性に関する情報は不足している。したがって、本試験では肥満Zuckerラットを用いて、これらの介入試験が心血管疾患に及ぼすそれぞれの効果と、組み合わせた場合の効果を調べた。

  • アイコン

    2017年05月26日

    オメガ3脂肪酸を強化した栄養補助食品

    栄養不足の人々のための「脂質ベース栄養補給製剤(LNS)」にオメガ3多価不飽和脂肪酸(PUFA)を導入することは難しいといわれている。貯蔵寿命(賞味期限)が短くなり、消費者が受け入れにくくなるためである。本研究ではアマニ油(FO)を使用し、加工安定性を最適化し、官能的に受け入れやすい性状を評価することによって、「オメガ3強化LNS」を系統的に開発することを目的とする。

  • アイコン

    2017年05月26日

    パーキンソン病患者におけるオメガ3脂肪酸およびビタミンE摂取の臨床的および代謝的状態への影響:無作為化二重盲検プラセボ対照試験

    本研究は、パーキンソン病(PD)患者の臨床状態および代謝状態に及ぼすオメガ3脂肪酸およびビタミンE摂取の効果を評価するために行われた。本試験は無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験であり、PD患者60例で実施された。

  • アイコン

    2017年05月26日

    セコイソラリシレジノールジグルコシドは、モノクロタリン誘発右心機能不全における心臓肥大および酸化ストレスを軽減する

    肺動脈高血圧症(PAH)は、肺血管の再構築により肺血管抵抗が増大し、肺動脈圧が上昇する場合に生じる。増加した肺動脈圧により右心室肥大、最終的には心不全が発症する。酸化ストレスはPAHの病因の候補の一つであり、圧力過負荷に対して心臓が反応する際の細胞シグナル伝達の調節に関与している可能性がある。

  • アイコン

    2017年05月26日

    血中の炎症マーカーに対するα-リノレン酸摂取の効果:無作為化比較試験についての系統的レビューおよびメタ解析

    本メタ解析の目的は成人のALA摂取量が増加することで各種の血中炎症マーカーにどのような影響が見られるかを調査することである。

  • アイコン

    2017年05月26日

    ALA源としてのアマニ粉末の摂取は、妊娠後の雌ラットの骨密度および強度を増加させる。

    女性の骨量は妊娠中および出産後に変化し、その後骨粗鬆症を発症するリスクがある。したがって本研究は、児が離乳した後の母親ラットの大腿骨におけるアマニ粉末の影響を評価することを目的としている。

  • アイコン

    2017年04月16日

    オルリスタット(脂質吸収抑制薬、ゼニカル)と組み合わせたカルシウムおよび/またはアマニ繊維の投与は、胃腸快適性を変更することなく糞便への脂肪排泄を増加させる

    オルリスタットは、食物脂肪の吸収を約30%減少させ、それにより体重減少を誘発するリパーゼ阻害剤である。

  • アイコン

    2017年04月16日

    血清脂肪酸、デサチュラーゼ活性および腹部肥満:60歳男女の集団ベース研究

    腹部肥満は代謝性疾患の主要な原因である。近年、食事中の脂肪の質が腹部の脂肪含量に影響を与え、パルミチン酸とリノール酸が腹部肥満に異なる影響を及ぼすことが報告されているが、n-3多価不飽和脂肪酸の影響はあまり研究されていないと考えられる。

  • アイコン

    2017年04月16日

    ヨーロッパ諸国における、現行の勧告に即し、特定の集団に焦点を当てたn-3およびn-6多価不飽和脂肪酸摂取量のシステマティックレビュー

    過去行われてきたレビューでは、多くの国々の成人、小児および青年の多価不飽和脂肪酸(PUFAs)摂取量が、食糧農業機関/世界保健機関(WHO)の推奨している平均摂取量よりも少ないことが示唆されている。

  • アイコン

    2017年04月16日

    アマニ油は、抗炎症作用および腸内微生物叢の調節を介してマウスのアルコール性肝疾患を改善する

    アルコール性肝疾患(ALD)は、常習的かつ過度のアルコール摂取によって引き起こされる広範囲の慢性肝障害である。

  • アイコン

    2017年04月16日

    B型肝硬変患者における肝障害マーカーとしての血中脂肪酸比率

    慢性B型肝炎は、肝硬変の主要な原因であり、肝がんを発症する上で重要な危険因子である。本研究ではB型肝炎から肝硬変に至った患者の脂質代謝の変化について調査した。

  • アイコン

    2017年04月16日

    アマニ油及び粉末がフルーツヨーグルトの官能性、物性、脂肪酸比率に与える影響

    本研究の目的は、フルーツヨーグルトを製造する際にアマニ油、アマニ粉末および果実を配合し、官能性、物性および脂肪酸比率について分析することである。

  • アイコン

    2017年04月16日

    摂取前後のオメガ3脂肪酸血中濃度:オメガ3とセラピー研究における「気分」と「臨床結果」との相関

    本研究の目的は気分障害を有する青少年において、血中脂肪酸比率、オメガ3脂肪酸摂取に対する反応、臨床状態および治療効果との関連性を調べることである。

  • アイコン

    2017年04月16日

    αリノレン酸の比率が高いジアシルグリセロール油は食後中性脂肪を抑制する:二重盲検プラセボ対象無作為化クロスオーバー試験

    本研究は食後の中性脂肪(TG)濃度に対してαリノレン酸比率の高いジアシルグリセロール(ALA-DAG)の単回経口摂取がどのような影響をもたらすのか調べたものである。

  • アイコン

    2017年04月16日

    全粒アマニを摂餌することで雌鳥のエストロゲン代謝が変化し、卵巣癌組織における2-メトキシテストエストラジオール誘発アポトーシスが促進される

    これまでの研究では、飼育中の雌鳥にアマニを添加した食餌を与えることで、卵巣の腫瘍にアポトーシスが誘発され、腫瘍の緩和や卵巣がんの頻度・重症度を低下させることが報告されてきた。

  • アイコン

    2017年04月16日

    多嚢胞性卵巣症候群患者における、インスリンおよび脂質シグナル伝達経路に関与する遺伝子の発現に及ぼすオメガ3脂肪酸摂取の影響

    多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に罹患している女性において、オメガ3脂肪酸の摂取がインスリンおよび脂質シグナルの伝達経路に関与する遺伝子の発現にどのように影響しているのか評価するための学術データはほとんどないことから、本研究を実施した。

  • アイコン

    2017年03月14日

    シンガポールの中国人成人における高アラキドン酸状態は不飽和脂肪酸の多い調理油ではなく赤身肉に由来する

    高アラキドン酸(AA; 20:4 n-6)状態は、炎症および心血管疾患のリスクに悪影響を及ぼし得る。 n-6系多価不飽和脂肪酸(PUFA)の高摂取に対する懸念は、リノール酸(LA; 18:2 n-6)からの代謝がAAの重要な供給源であるという前提に基づいているが、その前提が集団ベース研究によって調査されたことはほとんどない。

  • アイコン

    2017年03月14日

    健康な高齢者へのアマニリグナンの1日1回経口投与を行う24週無作為化対照研究のプロトコル

    酸化ストレスおよび炎症は加齢により増加し、高齢者の慢性疾患のリスク増加に寄与する。亜麻仁リグナンは抗酸化および抗炎症活性を示すが、高齢の成人集団における酸化ストレスおよび炎症マーカーを減少させる能力については限られた調査結果しかない。

  • アイコン

    2017年03月14日

    粉砕したアマニ種皮を多く含むコムギパンの抗酸化・栄養・機能特性

    1〜5%のアマニ種皮(FH)を添加したコムギパンの抗酸化能、栄養価、機能性を調べた。抽出画分の分析により、FH5%の添加によりフェノール含有量(93%)、ラジカル消去能力(176%)、および還元力(220%)が上昇することが示唆された。

  • アイコン

    2017年03月14日

    噴霧乾燥したアマニ油粉末の酸化安定性に及ぼす油滴サイズの影響

    噴霧乾燥粉末中のアマニ油の酸化安定性に及ぼす油滴の大きさの影響を調べた。 デキストロース当量が25であるマルトデキストリンを賦形剤として使用し、カゼインナトリウムおよびトランスグルタミナーゼ重合カゼインナトリウムを乳化剤として使用した。

  • アイコン

    2017年03月14日

    アマニ(Linus usitatissimum L.)製品の抗酸化能に及ぼすタンパク質 – フェノール複合体の影響

    模擬胃腸による消化を受ける前後のアマニ成分(フェノール画分、タンパク質濃縮物、および加水分解物)の抗酸化能における天然フェノール化合物とタンパク質の影響を調査した。

  • アイコン

    2017年03月14日

    閉経前女性の良性乳房組織をアマニリグナン代謝物で処理した際のKi-67測定結果

    リグナン類であるエンテロラクトンおよびエンテロジオールは、アマニに含まれるセコイソラリシレジノールジグリコシド(SDG)に対する腸内細菌の作用により誘導される。エンテロラクトンおよびエンテロジオールは、アロマターゼ活性の低下および黄体化ホルモンの中周期の急増を介して、乳癌の発症を抑制すると考えられている。

  • アイコン

    2017年03月14日

    Sprague-Dawleyラットにおいてアマニ油またはメンハーデン(ニシン科の魚)油の投与によりn-6/n-3比を調節することで、成長中の骨の微細構造が調整されるが、卵巣摘出個体には効果がない

    骨格の健康は、栄養摂取を含む環境要因によって影響を受ける生涯にわたるプロセスである。成長途上のラットまたは卵巣摘出(OVX)後の骨の健康はn-3系脂肪酸の供給源および脂肪酸比率に影響を受けることが知られているが、PUFA投与と骨発達の縦効果(同一個体に対する継時的効果)を調査した研究はない。

  • アイコン

    2017年03月14日

    α-リノレン酸は、アポトーシスタンパク質の発現を制御することにより、C2C12筋芽細胞におけるTNF誘導アポトーシスを低減する。

    筋変性疾患の主な特徴として、再生障害、及びそれに誘発される筋肉の消費が挙げられる。近年、これらの状態を予防するためにアジュバント(補助剤)を利用するなど、栄養成分の関与がますます注目されている。

  • アイコン

    2017年02月20日

    n-6: n-3系脂肪酸の比率が1.2:1.0である食餌を出産前後にMSG誘発性肥満マウスへ与えることで代謝異常が軽減される

    必須脂肪酸である多価不飽和脂肪酸(PUFA)は心疾患を予防する。本研究は糖尿病前症および肥満モデルマウスを用いて、出産前後の間にn-6 / n-3PUFAの混合物を与えることで長期代謝障害の症状が低減するかどうかを確認することを目的とした。

  • アイコン

    2017年02月20日

    手根管症候群における手の副子(そえこ、ギブス様の装具)と局所用アマニ油ゲルとの比較:無作為臨床試験

    本研究は、手根管症候群の治療におけるアマニ油の局所用ゲルと手の副子の治療効果を比較した。 この研究は無作為化臨床試験であった。

  • アイコン

    2017年02月20日

    必須脂肪酸α-リノレン酸およびリノール酸は、FADS2を欠損したHEK-293細胞においてTNFαにより誘発されるNFκBの活性をそれぞれ異なる形で調節する

    必須脂肪酸であるリノール酸(LA)およびα-リノレン酸(ALA)の炎症誘発活性、または抗炎症活性は、主にデルタ-6デサチュラーゼ(D6D)活性が律速となっている。

  • アイコン

    2017年02月20日

    n-3系多価不飽和脂肪酸が痴呆に及ぼす影響

    α-リノレン酸(ALA)、エイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)を含むn-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)は、抗炎症効果および神経保護機能を有し、認知症の予防に有益だと考えられているが、疫学的証拠は非常に少ない。

  • アイコン

    2017年02月20日

    ゴマ油、アマニ油の酸化安定性ならびに動物試験における形態学的、生化学的パラメーターへの影響

    ゴマ油およびアマニ油は、必須脂肪酸であるn-6系およびn-3系多価不飽和脂肪酸が豊富であり、広く消費されている。

  • アイコン

    2017年02月20日

    エンテロラクトンはFAK-Srcシグナル伝達を変化させ、肺がん細胞株の移動および浸潤を抑制する

    現在の肺がん治療手法を制限しているのは、化学療法で用いる薬剤における全身毒性や転移性がんを標的とした効果といった問題である。

  • アイコン

    2017年02月20日

    植物エストロゲンアグリコンを多く含む抽出物は、乳がん細胞においてROS(活性酸素種)媒介性DNA損傷を引き起こす

    植物エストロゲンは骨粗鬆症、心臓病、乳がんおよび更年期症状のリスクを低下させるなどの生理的効果があり、植物由来の強力な抗酸化剤であるが、高濃度では酸化促進効果を示す傾向がある。

  • アイコン

    2017年02月05日

    n-6: n-3系脂肪酸の比率が1.2:1.0である食餌を出産前後にMSG誘発性肥満マウスへ与えることで代謝異常が軽減される

    必須脂肪酸である多価不飽和脂肪酸(PUFA)は心疾患を予防する。本研究は糖尿病前症および肥満モデルマウスを用いて、出産前後の間にn-6 / n-3PUFAの混合物を与えることで長期代謝障害の症状が低減するかどうかを確認することを目的とした。

  • アイコン

    2017年02月05日

    手根管症候群における手の副子(そえこ、ギブス様の装具)と局所用アマニ油ゲルとの比較:無作為臨床試験

    本研究は、手根管症候群の治療におけるアマニ油の局所用ゲルと手の副子の治療効果を比較した。 この研究は無作為化臨床試験であった。

  • アイコン

    2017年02月05日

    必須脂肪酸α-リノレン酸およびリノール酸は、FADS2を欠損したHEK-293細胞においてTNFαにより誘発されるNFκBの活性をそれぞれ異なる形で調節する

    必須脂肪酸であるリノール酸(LA)およびα-リノレン酸(ALA)の炎症誘発活性、または抗炎症活性は、主にデルタ-6デサチュラーゼ(D6D)活性が律速となっている。

  • アイコン

    2017年02月05日

    n-3系多価不飽和脂肪酸が痴呆に及ぼす影響

    α-リノレン酸(ALA)、エイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)を含むn-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)は、抗炎症効果および神経保護機能を有し、認知症の予防に有益だと考えられているが、疫学的証拠は非常に少ない。

  • アイコン

    2017年02月05日

    ゴマ油、アマニ油の酸化安定性ならびに動物試験における形態学的、生化学的パラメーターへの影響

    ゴマ油およびアマニ油は、必須脂肪酸であるn-6系およびn-3系多価不飽和脂肪酸が豊富であり、広く消費されている。

  • アイコン

    2017年02月05日

    エンテロラクトンはFAK-Srcシグナル伝達を変化させ、肺がん細胞株の移動および浸潤を抑制する

    現在の肺がん治療手法を制限しているのは、化学療法で用いる薬剤における全身毒性や転移性がんを標的とした効果といった問題である。

  • アイコン

    2017年02月05日

    植物エストロゲンアグリコンを多く含む抽出物は、乳がん細胞においてROS(活性酸素種)媒介性DNA損傷を引き起こす

    植物エストロゲンは骨粗鬆症、心臓病、乳がんおよび更年期症状のリスクを低下させるなどの生理的効果があり、植物由来の強力な抗酸化剤であるが、高濃度では酸化促進効果を示す傾向がある。

  • アイコン

    2017年02月05日

    心不全におけるαリノレン酸の役割:メタ解析

    近年、心不全(HF)患者へのオメガ3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の効果に関して多くの臨床試験が実施されているが、その結果は矛盾している。したがって、無作為化比較試験(RCT)のメタ解析を実施し、HF患者におけるPUFAの効果を推定した。

  • アイコン

    2017年01月15日

    透析患者におけるアマニ油の血清脂質およびリポタンパク質に対する効果:無作為化対照試験

    透析患者における心血管疾患の主要な危険因子の1つは脂質異常症である。 本研究は、アマニ油の摂取が透析患者の血清脂質およびリポタンパク質に及ぼす影響を調べるために考案された。

  • アイコン

    2017年01月15日

    小児期、青年期における血圧とn-3系およびn-6系多価不飽和脂肪酸の関連 – IDEFICSファミリーコホートの結果

    n-3系およびn-6系多価不飽和脂肪酸(PUFA)は、血圧調節に影響を及ぼす代謝産物の前駆体である。本研究では、小児期、青年期におけるn-3およびn-6 PUFAと血圧との関連性を検討した。

  • アイコン

    2017年01月15日

    アマニ及びアマニ強化食品における生理活性物質の安定性

    アマニの摂取は心血管疾患の進行に関連する危険因子を低減するための代替的または補完的な治療法として研究されている。

  • アイコン

    2017年01月15日

    アマニ由来SDGおよびその代謝産物エンテロラクトンはGタンパク質共役エストロゲン受容体1に対して作用し、良性前立腺肥大症に対する治療効果を発揮する

    アマニから抽出されたリグナンであるSecoisolariciresinol diglucoside(SDG)は、良性の前立腺肥大(BPH)を抑制することが知られている。

  • アイコン

    2017年01月15日

    糖尿病前症(まだ発症していないが糖尿病リスクの高い状態)におけるアマニ粉末のインスリン抵抗性および血圧への影響:無作為化比較試験

    効果的かつ早期の治療計画を立てることで、糖尿病前症の進行を防ぐことができると考えられる。アマニが血糖コントロールに及ぼす影響を明らかにした研究はほとんどない。

  • アイコン

    2017年01月15日

    妊娠糖尿病における酸化ストレス、炎症および妊娠転帰(妊娠後の健康状態、妊娠結果のこと)等のマーカーに対するオメガ3脂肪酸およびビタミンE共補充の効果を調査するための無作為化対照試験

    妊娠糖尿病(GDM)罹患者の代謝プロファイルや妊娠転帰に対する、オメガ3脂肪酸およびビタミンEを同時に補給した場合の効果の評価に関しては、限られたデータしかない。

  • アイコン

    2017年01月15日

    ラットにおける全身のDHA合成~分泌速度はαリノレン酸摂取量に関わらず一定である

    ドコサヘキサエン酸(DHA)は、脳機能にとって重要であると考えられるオメガ3多価不飽和脂肪酸(PUFA)である。

  • アイコン

    2017年01月15日

    水溶性食物繊維による脂質低減

    水溶性食物繊維を摂取することで、脂質濃度の低下、血圧の低下、血糖調節能の改善、体重減少、免疫機能の改善、および炎症の軽減などの健康上の利点が得られる。

  • アイコン

    2016年12月20日

    オメガ3脂肪酸を添加したプロバイオティクスは肥満動物モデルにおける肝臓の脂肪変性をより効果的に軽減する

    現在、プロバイオティクスはNAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)の予防法と考えられている。

  • アイコン

    2016年12月20日

    大豆およびアマニタンパク質における「フェノール化合物の除去」が及ぼすレオロジー的、熱的、物理化学的性質に対する影響

    本研究の目的は、アマニおよび大豆から単離されたタンパク質からフェノール類を除去した場合の物理化学的な影響を調べることである。

  • アイコン

    2016年12月20日

    大豆、アマニ、オリーブにおけるフェノール化合物の分布、抗酸化能および特性の評価

    大豆、アマニおよびオリーブ中に存在する単体および重合フェノール化合物の含有率を調査した。

  • アイコン

    2016年12月20日

    アマニ由来タンパク質濃縮物の機能特性に及ぼす抽出法の影響

    アルカリ抽出(A-FPC)、酵素抽出(E-FPC)、酵素-溶媒抽出(ES-FPC)によって得たアマニ由来タンパク質濃縮物について、

  • アイコン

    2016年12月20日

    アマニ水溶性食物繊維の組成、構造および機能特性に及ぼす抽出温度の影響

    アマニ食物繊維(Flaxseed Gum ; FG)を、4つの異なる温度(30,50,70および90℃)で抽出した。

  • アイコン

    2016年12月20日

    アマニ水溶性食物繊維は、ケフィア中における乳酸菌の生存と成長を促進し、高い抗酸化能を有する

    本研究ではアマニ水溶性食物繊維におけるケフィア中での乳酸菌の生存と成長を促進する能力と効率、および抗酸化活性を調査した。

  • アイコン

    2016年12月20日

    糖尿病性腎症患者における炎症性サイトカインおよび糖化最終産物に対するオメガ3脂肪酸補充の効果:無作為化対照試験

    本研究は、糖尿病性腎症(DN)患者の炎症性サイトカインおよび進行性糖化最終産物(AGEs)に対するオメガ3脂肪酸補充の効果を評価するために行った。

  • アイコン

    2016年12月20日

    亜麻の茎抽出物に含まれるフラボノイドC-グルコシドはヒト乳癌細胞の生育をin vitroで低下させ、アポトーシスを誘導する

    アマニ油生産のために栽培されている亜麻品種の茎は、多量のバイオマス源となり得る副産物であり、人間が利用できるようにするための使用法には高い関心がある。

  • アイコン

    2016年12月20日

    アマニ油はSprague-Dawleyラットの卵巣摘出による下顎骨の骨吸収を予防し、メンハーデン油(ニシンの一種から製造される魚油)は予防しない

  • アイコン

    2016年11月19日

    NADPHオキシダーゼ活性の抑制による溶骨性骨転移の拡大遅延の可能性

    腫瘍微小環境(腫瘍の周りにある結合組織)で合成されるリゾホスファチジン酸(LPA)はGタンパク関連受容体(LPA受容体の一種)を活性化させることでがん細胞の増殖・浸潤・遊走を促す効果がある。

  • アイコン

    2016年11月19日

    アマニは心臓障害を起こさず、血中オキシピリン(≒エイコサノイド)の変化を通じて中心動脈圧を軽減する

    FlaxPAD試験において、アマニを与えた末梢動脈疾患患者の上腕動脈の収縮・拡張期血圧が大きく低下した。オキシピリンはその効果に、潜在的な調節因子として関与することが示唆された。しかし、中心動脈圧(cBP)、動脈硬化、心機能に対するアマニの影響については調査されておらず、cBPとオキシピリンとの関係は明らかにされなかった。

  • アイコン

    2016年11月19日

    一年間の記録に基づくアマニ粉末入り機能性食品の嗜好性

    アマニ粉末入り食品を心血管疾患患者(FlaxPAD試験=2015年に実施されたアマニの臨床試験の被験者)に摂取してもらうことで、健康に良い影響を与えることができた。本研究の目的は、試験期間一年の間、用意されたアマニ粉末入り食品の中でどの食品が最も良く食べられていたかを調査することである。

  • アイコン

    2016年11月14日

    チアシードとアマニの水溶性食物繊維及びタンパク質のスプレードライによるラクトバチルス・プランタラム(一般的な乳酸菌)、ビフィドバクテリウム・インファンティス(一般的なビフィズス菌)の効果的なカプセル化

    チアシードとアマニから抽出された水溶性食物繊維(M)及びタンパク質(SP)を用いて、2種類のプロバイオティクスであるB. infantisとL.plantarumをスプレードライ法によりカプセル化し、スプレードライ後及び保存中の菌体の生存率および活性を調査した。