2019年03月02日

オイルシード類を用いたパンの栄養強化に関するレビュー 食品への応用

ベーカリー製品にオイルシードを加えることでおいしさや栄養的な特徴を付加でき、そのようなベーカリー製品は近年人気を集めている。本レビューの目的は、パンや他のベーカリー製品におけるオイルシード(アマニ、チア、ヒマワリ、カボチャ、ゴマ、ケシの実)の使用を中心とした研究の概要を説明することである。

Read More

2019年02月24日

アマニ油の酸化安定性:親水性、疎水性および中間極性の酸化防止剤の効果 食品への応用

酸化による劣化は、アマニ油(FSO)の利用を制限する大きな問題である。本研究では、親水性(タンニン酸)、疎水性(α-トコフェロール)、および中間極性(アスコルビルパルミテート)といった、最も高いDPPHラジカル捕捉能および鉄キレート化能を示す天然抗酸化剤がFSOの酸化安定性に与える影響を調べた。

Read More

2019年02月24日

乳牛のルーメン発酵、乳中脂肪酸の分布、乳牛の飼育におけるエンドウ豆の代替としてタンニン含有ソラマメを使用した共押出しアマニ及び全粒アマニの評価 食品への応用

この研究では、ルーメン発酵、乳中の脂肪酸、および乳牛飼育に対する、全粒アマニと「アマニ+エンドウ豆もしくはタンニン含有ソラマメ」の押出成型食餌の効果を評価した。

Read More

2019年02月24日

食品のリグナン含有量に関するデータ評価 食品への応用

植物リグナン、セコイソラリシレシノール(SEC)およびマタイレシノール(MAT)は、胃腸管において哺乳類のリグナンとして知られている代謝産物、エンテロジオール(ED)およびエンテロラクトン(EL)に変換される。細胞試験では、EDやELはエストロゲン様特性と抗エストロゲン様特性の両方を示すことが知られている。

Read More

2019年02月24日

動物由来食品のフィトエストロゲン含有量:乳製品、卵、肉、魚、およびシーフード 食品への応用

食品中のフィトエストロゲンは慢性疾患の発症率に関与している可能性がある。植物由来のフィトエストロゲン含有量に関する信頼できる情報は、疫学研究の際に疾病リスクを評価するために必要となる。しかし、既存の分析報告は植物由来食品中の化合物1種のみに焦点を合わせており、動物起源の食品に関する情報はほとんどなく、摂取量の過小評価につながっている。本研究は動物由来食品中のフィトエストロゲン含有量についての初の包括研究である。

Read More

2018年09月15日

臨床試験で使用されたバナナ及びシナモンマフィンにおいて、粉砕アマニおよび貯蔵条件が官能特性もしくは選択された生理活性化合物に対して与える影響 食品への応用

LDLコレステロール低下に対する無作為化クロスオーバー試験のために0、20、30gのアマニを含むマフィンが開発された。粉砕されたアマニの量もしくは貯蔵条件(-20℃で1および6ヶ月間)が官能試験での評価、特有の物性、生理活性物質(リグナン類)の濃度、臨床試験参加者と消費者の受容性などにどのような効果を与えるのか調べた。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する