2021年10月04日

血管新生の調節を介した天然由来の単離脂質の抗糖尿病効果 糖尿病

背景:血管新生の異常は、糖尿病や糖尿病性合併症の発症に致命的な役割を果たしている。脂質は多様な生体高分子として、血管新生を調節することで糖尿病を緩和することができる。
目的:本研究の目的は、血管新生の調節を介した脂質の抗糖尿病効果に関する最新の研究を評価することである。

Read More

2021年08月31日

糖尿病の血糖値コントロールと心血管危険因子に対する低血糖指数または負荷の食事パターンの効果:無作為化対照試験のシステマティックレビューとメタアナリシス 糖尿病

目的:欧州糖尿病学会の栄養治療に関わる診療ガイドライン(European Association for the Study of Diabetes clinical practice guidelines for nutrition therapy)の更新情報を提供すること。

Read More

2021年08月31日

食事および血清中のオメガ-3系多価不飽和脂肪酸と多嚢胞性卵巣症候群(PCOS):マッチドケースコントロール研究 糖尿病

オメガ-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)と多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に関する疫学研究の報告例は乏しい。今回のマッチドケースコントロール研究では、325組のPCOS症例と健常対照者を対象に、オメガ-3系PUFAとPCOSの有病率との関連を評価した。

Read More

2021年08月02日

オキシリピンプロファイルは1型糖尿病の発症と関連している:若年層における糖尿病自己免疫研究(DAISY) 糖尿病

目的/仮説:オキシリピンは、多価不飽和脂肪酸に由来する脂質メディエーターである。オキシリピンには、炎症を促進するもの(例:アラキドン酸[ARA]由来のもの)、炎症を解決するもの(例:α-リノレン酸[ALA]、ドコサヘキサエン酸[DHA]、エイコサペンタエン酸[EPA]由来のもの)、その両方であるもの(例:リノール酸[LA]由来のもの)がある。本研究の目的は、オキシリピンが1型糖尿病の発症と関連するかどうかを調べることである。

Read More

2021年06月21日

FORCE(脂肪酸とアウトカム研究コンソーシアム).n-3脂肪酸バイオマーカーと2型糖尿病の発症: 20件の前向きコホート研究の個人参加者レベルでのプーリングプロジェクト。 糖尿病

目的: n-3系脂肪酸のバイオマーカーと2型糖尿病(T2D)リスクとの前向きな関連性は、個々の研究では一貫していない。我々は,α-リノレン酸(ALA),エイコサペンタエン酸(EPA),ドコサペンタエン酸(DPA),ドコサヘキサエン酸(DHA)のバイオマーカーとT2Dリスクとの前向きな関連性を,個人参加者レベルのプール解析によってまとめることを目的とした。

Read More

2021年04月30日

アマニの分割摂取が24時間血糖値反応に及ぼす影響 糖尿病

目的:アマニは、血糖応答を低下させ、安定化させる効果がある。本研究の目的は、アマニを1回30gで摂取した場合と、1日3回に分けて摂取した場合(1回あたり10gのアマニ)で、効果的に血糖値反応を低下させることができるかどうかを調べることである。

Read More

2021年03月15日

アマニとヘスペリジンの併用療法は、糖尿病予備軍における心血管リスクコントロールにおける生活習慣の改善効果を高める:無作為化比較試験 糖尿病

背景:心血管代謝異常の有病率の増加と非感染性慢性疾患との関連性を考えると、予防・治療戦略の提供は重要な課題である。プラセボ対照無作為化試験を実施し、生活習慣介入中の粉砕褐色アマニとヘスペリジンの併用療法が、糖尿病予備軍における心血管リスクのコントロールに及ぼす影響を検討した。

Read More

2021年03月15日

アマニとその製品はグリセミック(血糖)コントロールを改善する:システマティックレビューとメタアナリシス 糖尿病

背景:オメガ3の豊富な供給源であるアマニのサプリメントがグリセミック指数に及ぼす効果に関するデータは、結論が出ていない。本研究の目的は、臨床試験で得られたエビデンスをまとめ、アマニとその製品のグリセミック指数に対する効果を明らかにすることである。

Read More

2021年01月12日

食事性脂肪・脂肪酸の摂取と2型糖尿病の発症率:プロスペクティブ観察研究のシステマティックレビューと用量反応メタアナリシス 糖尿病

背景:2型糖尿病(T2D)予防における脂肪の量と質の役割については議論がある。そこで、本システマティックレビューおよびメタアナリシスでは、食事脂肪や脂肪酸の摂取量とT2Dとの関連を調査し、エビデンスの確実性を評価することを目的とした。

Read More

2020年12月01日

食事性生理活性化合物と妊娠糖尿病における母体脂肪率および炎症との関連:観察研究と臨床研究の最新情報 糖尿病

妊娠糖尿病(GDM)は、悪影響を母体と子孫の健康に影響を与える妊娠の一般的な合併症である。母体の肥満、酸化ストレスや炎症がGDMに関与している。 非妊娠成人では、食事性生理活性化合物の摂取量は、逆にインスリン抵抗性と炎症に関連付けられる。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する