2019年05月08日

てんかんの小児におけるオメガ6 /オメガ3比と認知機能(スペイン語文献) 発育

認知機能障害は小児てんかんの一般的な症状である。本研究は特発性てんかんの小児におけるω-6とω-3脂肪酸濃度の比率と、認知機能に対するその影響を評価することを目的とした。特発性てんかんの小児30人と健康な小児20人を対象に症例対照研究を行った。

Read More

2019年04月18日

妊娠中および授乳中のフランス人女性は、必須n-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の食事摂取量が非常に低く不適切である:The INCA2 survey 発育

フランス全国調査INCA2によると、フランスの人口の大部分(子供、青年、成人および高齢者含む)は前駆体(α-リノレン酸、ALA)もしくは長鎖(主にドコサヘキサエン酸、DHA)の形で摂取しているn-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の量が少ない。しかし、このn-3 PUFAの不足が妊娠中や授乳中の女性についても当てはまるかは不明である。最新の全国的な食品の高精度データ(2006年および2007年に実施されたNational Survey INCA2から抜粋)を利用し、フランス人女性で妊娠中・授乳中である方(妊娠28人、授乳中21人)の食事中脂質およびPUFAの摂取量を決定し、出産適齢期にある742人の女性と比較した。

Read More

2018年11月13日

不飽和脂肪酸はラットにおいて、母体の脂質異常症が誘発する胎盤および胎児の肝臓におけるDNAメチル化およびヒストンアセチル化を調節する 発育

本研究では、母体の脂質異常症が誘発する胎盤および胎児肝臓におけるDNAメチル化およびヒストンアセチル化、胎児肝臓中脂質の蓄積における不飽和脂肪酸の役割を評価した。

Read More

2018年09月15日

カンボジア人とオーストラリア人女性との母乳脂肪酸組成の比較 発育

母乳は、オメガ3長鎖多価不飽和脂肪酸の豊富な供給源であり、乳児の脳の発達にとって重要であると考えられている。カンボジア人女性の母乳中の脂肪酸組成については、ヨーロッパ人女性と比較してデータが不足している。本研究の目的は、カンボジアに住む女性の母乳中の脂肪酸組成を決定し、オーストラリアに住む女性の母乳脂肪酸組成と比較することである。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する