2019年05月08日

アマニ摂取が血漿CRP濃度に及ぼす影響を調査した臨床試験についてのシステマティックレビュー及びメタアナリシス 炎症

多くの実験および臨床試験により、アマニが強力な降圧作用を持つ可能性が示唆されている。しかし血漿C反応性タンパク質(CRP)濃度に対するアマニ摂取の効果に関する証拠は十分ではなかった。システマティックレビューおよびランダム化比較試験(RCT)を用いたメタアナリシスを通じて、血漿CRP濃度に対するアマニ摂取の影響を評価した。

Read More

2019年04月18日

ラットにおける加齢と高血糖症は脂質異常症による酸化ストレスと炎症を増強する:ALA及びEPA + DHAの回復能の評価 炎症

脂質代謝異常状態における酸化ストレス(OS)および炎症に対する老化および高血糖の影響は解明されていない。したがって本研究では、脂質異常症ラットのOSと炎症に対する、老化、高血糖、ならびにn-3脂肪酸(α-リノレン酸(ALA)およびエイコサペンタエン酸(EPA)+ドコサヘキサエン酸(DHA))の摂取にの影響を評価した。

Read More

2019年03月02日

長鎖オメガ3多価不飽和脂肪酸と神経炎症、その効果は食事中のαリノレン酸とリノール酸濃度に依存する 炎症

神経炎症は多くの神経変性脳障害の根底にあり、その症状を抑える医薬品もしくは食事成分の研究が進歩していることは重要な前進である。長鎖多価不飽和脂肪酸(LC-PUFA)であるアラキドン酸(AA、20:4n-6)およびドコサヘキサエン酸(DHA、22:6n-3)は中枢神経系に「必須」であることが一部知られているが、それはこれらの脂肪酸が脳の免疫をある程度調節する役割を果たしていることによる。

Read More

2018年11月13日

冠状動脈疾患患者におけるアマニ摂取が血流依存性血管拡張反応および炎症性バイオマーカーに及ぼす影響:無作為化比較試験 炎症

冠状動脈疾患(CAD)患者の血管内皮機能障害や炎症バイオマーカーに対するアマニの効果を評価した研究は限られている。本研究の目的は、アマニ摂取がCAD患者における血流依存性血管拡張反応(FMD)および炎症マーカーに与える影響を調べることであった。

Read More

2018年11月13日

Linoorbitides(アマニに含まれる環状ペプチド)とエンテロラクトンは、炎症誘発性酸化ストレスと腸管上皮バリア機能の弱化を軽減する 炎症

腸管上皮バリアの機能障害および酸化ストレスは炎症性腸疾患(IBD)の病因の特徴であると考えられており、この2点の緩和を目的とした医薬品の開発が続けられている。慢性炎症性疾患の治療において天然成分を補助的に利用することはあるが、IBDに対してそれらを適用する場合、個々の生物活性物質の効果についてより深い知見が必要となる。本研究では、炎症による腸管上皮バリア機能障害および酸化ストレスを緩和するために、アマニに含まれるLinoorbitides(LOB)及びエンテロラクトン(ENL)の能力をin vitroで調べた。

Read More

2018年10月12日

抗炎症アプローチによるコンタクトレンズの不快感の調節:無作為化対照試験 炎症

contact lens discomfort(コンタクトレンズ不快感、CLD)に関連する炎症を調節するため、局所用副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)およびオメガ-3サプリメントを含む抗炎症アプローチの有効性を評価する。本無作為化比較試験では、CLDを有する成人72名をランダムに4分割した;対照群(オリーブ油群)、魚油食群(EPA900mg+DHA600mg/日)、魚油+アマニ油食群(EPA900mg+DHA600mg+αリノレン酸900㎎/日)、オメガ3目薬群(0.025% EPA + 0.0025% DHAを含む目薬を1日4回点眼)。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する