2018年11月13日

冠状動脈疾患患者におけるアマニ摂取が血流依存性血管拡張反応および炎症性バイオマーカーに及ぼす影響:無作為化比較試験 炎症

冠状動脈疾患(CAD)患者の血管内皮機能障害や炎症バイオマーカーに対するアマニの効果を評価した研究は限られている。本研究の目的は、アマニ摂取がCAD患者における血流依存性血管拡張反応(FMD)および炎症マーカーに与える影響を調べることであった。

Read More

2018年11月13日

Linoorbitides(アマニに含まれる環状ペプチド)とエンテロラクトンは、炎症誘発性酸化ストレスと腸管上皮バリア機能の弱化を軽減する 炎症

腸管上皮バリアの機能障害および酸化ストレスは炎症性腸疾患(IBD)の病因の特徴であると考えられており、この2点の緩和を目的とした医薬品の開発が続けられている。慢性炎症性疾患の治療において天然成分を補助的に利用することはあるが、IBDに対してそれらを適用する場合、個々の生物活性物質の効果についてより深い知見が必要となる。本研究では、炎症による腸管上皮バリア機能障害および酸化ストレスを緩和するために、アマニに含まれるLinoorbitides(LOB)及びエンテロラクトン(ENL)の能力をin vitroで調べた。

Read More

2018年10月12日

抗炎症アプローチによるコンタクトレンズの不快感の調節:無作為化対照試験 炎症

contact lens discomfort(コンタクトレンズ不快感、CLD)に関連する炎症を調節するため、局所用副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)およびオメガ-3サプリメントを含む抗炎症アプローチの有効性を評価する。本無作為化比較試験では、CLDを有する成人72名をランダムに4分割した;対照群(オリーブ油群)、魚油食群(EPA900mg+DHA600mg/日)、魚油+アマニ油食群(EPA900mg+DHA600mg+αリノレン酸900㎎/日)、オメガ3目薬群(0.025% EPA + 0.0025% DHAを含む目薬を1日4回点眼)。

Read More

2018年07月04日

C6グリア細胞におけるAβ介在性炎症応答に対するα-リノレン酸の神経保護効果 炎症

アルツハイマー病(AD)のような神経変性のための治療的アプローチは広く研究されている。 ADの重要な特徴の1つは、アミロイドベータ(Aβ)の蓄積である。 Aβは神経毒性を誘導し、グリア細胞の活性化を介して炎症性メディエーターまたはサイトカインを放出する。これらの病理学的特徴はAD患者の脳において観察される。本研究の目的は、C6グリア細胞におけるAβ25-35誘発神経毒性に対するα-リノレン酸(ALA)の保護効果を調べることである。

Read More

2018年07月04日

食品由来ALA、EPA、DHAは雌雄ラットの腎臓、肝臓、血清におけるオキシリピンの濃度分布に明確な影響を与える 炎症

食品由来n-3脂肪酸が体組織の脂肪酸組成に影響を及ぼすというデータは数多くあるが、それらの酸化代謝産物(オキシリピン)には脂肪酸のような包括的なデータは限られている。本研究では腎臓、肝臓、血清中のオキシリピンおよび脂肪酸について、α-リノレン酸(ALA)、EPAまたはDHAを6週間摂取させた雌雄ラットを用いて、その影響を調べた。

Read More

2018年07月04日

M1様マクロファージにおけるα-リノレン酸の抗炎症効果は、α-リノレン酸およびリノール酸からのオキシリピン産生の増強と関連する 炎症

大部分が炎症性マクロファージ集団によって媒介される慢性炎症は、肥満、インスリン抵抗性および2型糖尿病を含む代謝疾患の誘導および永続化に直接寄与する。多価不飽和脂肪酸(PUFA)は、オキシリピンと呼ばれる生物活性酸素代謝産物の形成を介して炎症に深刻な影響を及ぼす可能性がある。本研究の目的は、食品由来オメガ3 PUFAであるα-リノレン酸(ALA)への曝露が、ヒトTHP-1細胞株由来のM1型マクロファージの炎症特性を弱める可能性があるかどうかを決定すること、及びオキシリピン分泌に付随する変化を調査することである。

Read More

2018年04月20日

アマニ油は子豚に対するLPS暴露後にネクロプトーシス制御、およびTLR4 / NODシグナル伝達経路を調節することで腸の損傷や炎症を軽減する 炎症

訳注:ネクロプトーシス・・・壊死(ネクローシス)ではあるが、外的刺激ではなく自己の制御により誘導された組織破壊を伴う細胞死のこと。組織破壊を伴わないアポトーシスとは異なる概念

アマニ油はα-リノレン酸(ALA)の豊富な供給源である。ALAはドコサヘキサエン酸(DHA)およびエイコサペンタエン酸(EPA)といった長鎖n-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)の前駆体として知られている。本研究はリポ多糖類(LPS)によって誘導された腸の損傷に対するアマニ油の保護効果を調べたものである。

Read More

2018年03月16日

Secoisolariciresinol diglycoside(SDG:アマニリグナン)は血液脳関門を保護し抗炎症効果を持つことから、神経炎症への影響がある 炎症

アマニに含まれるリグナン類の主要成分であるSecoisolariciresinol diglucoside(SDG)には炎症、酸化ストレス、心臓病、腫瘍進行、アテローム性動脈硬化症および糖尿病といったさまざまな疾病に対する有益な効果が報告されている。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する