2021年10月04日

アマニ油の摂取は抗酸化力を高め、酸化ストレスを緩和する:無作為化比較試験のシステマティックレビューとメタ解析 循環器疾患

目的:抗酸化状態のバイオマーカーに対するアマニ油の効果については、賛否両論の研究結果が報告されている。本メタ解析では、酸化ストレスのバイオマーカーの血清レベルに対するアマニ油の影響を明らかにすることを目的とした。

Read More

2021年08月31日

健康な人と脂質異常症の人の血中脂質に対するアマニの効果:無作為化比較試験のシステマティックレビューとメタアナリシス 循環器疾患

高脂血症に対処するために、アマニは実験および臨床試験に大きな影響をもたらす。そこで、健康な被験者と脂質異常症の被験者の脂質プロファイルに対するアマニの効果を評価した。

Read More

2021年06月21日

心血管疾患に影響を与えるマイクロRNAに対する食事の影響 循環器疾患

食品の品質と栄養習慣は、人間の健康状態に大きく影響する。生物学的に活性をもつ栄養素を豊富に含む食品が、心血管疾患をはじめとするさまざまな病態の発症や進展に好影響を与えることを確認するために、広範な研究が行われてきた。しかしながら、食物成分が心血管機能を制御する基本的なメカニズムは、まだ完全には解明されていない。

Read More

2021年04月30日

本態性高血圧および冠動脈疾患のリスクマーカーを有する患者の外来血圧の概日変化に対する必須脂肪酸ブレンドの効果 循環器疾患

アマニ油はα-リノレン酸(ALA)の優れた供給源であり、降圧作用があることが知られている。アマニ油は不安定で、通常の食生活では摂取できないため、天然のアマニ油にパーム油をブレンドすることで、フラボノイドを多く含んだ安定な製品となり、必須脂肪酸と抗酸化作用のバランスを適切に保つことができる。本研究の目的は、本態性高血圧症の被験者の24時間7日間の血圧の概日変動に対するアマニ油のブレンドの効果を調べることである。

Read More

2021年03月15日

末梢動脈疾患患者の心筋梗塞および跛行に対するアマニの食事療法の効果 循環器疾患

末梢動脈疾患(PAD)患者は心血管イベントのリスクが高く、心臓不整脈の感受性が高いことが関係している可能性がある。この二重盲検無作為化比較試験は,PAD患者が1年間に30gの粉砕アマニ(またはプラセボ)を補充した食事を毎日摂取することが,心臓性不整脈の有病率および運動能力に影響を及ぼすかどうかを決定することを目的として行った。

Read More

2021年01月12日

高トリグリセリド血症治療のための生理活性化合物:臨床試験のエビデンスと作用目標 循環器疾患

PPARαを作用標的として示す主な薬理学的治療法は、現在、欧州心臓病学会(ESC)および欧州動脈硬化学会(EAS)により高トリグリセリド血症の管理に推奨されている薬剤であるフィブラート(68)に基づくものである(1)。PPARαを介してTGの代謝に影響を与える生理活性物質群の中で、オメガ-3脂肪酸の補給に関心が高まっている。

Read More

2021年01月12日

脳卒中患者における遊離脂肪酸とその炎症性誘導体のBDNFへの影響 循環器疾患

目的:ニューロトロフィン脳由来神経栄養因子(BDNF)は、脳卒中後の機能的転帰、神経新生、神経保護、神経可塑性に影響を与える。そのレベルは食事や栄養状態と関連しており、より具体的にはBDNFレベルに影響を与える遊離脂肪酸(FFA)とエイコサノイドである。本研究の目的は、脳卒中患者の BDNF レベルに対する FFAs とエイコサノイドの潜在的な影響を分析することであった。

Read More

2021年01月12日

高脂血症と心血管疾患の治療におけるアマニとその成分 循環器疾患

本論文では、アマニとその成分(アマニ油、セコイソラリシレシノールジグルコシド [SDG]、アマリグナン複合体 [FLC]、アマ繊維)の血清脂質(総コレステロール[TC]、低密度リポ蛋白質-コレステロール[LDL-C]、高密度リポ蛋白質-コレステロール[HDL-C]、トリグリセリド[TG])に対する効果を動物およびヒトで説明する。

Read More

2020年12月01日

α-リノレン酸を多く含むサプリメントとDHAを多く含むサプリメントのヒト血漿オキシリピンに対する時間経過と性差効果:無作為化二重盲検クロスオーバー試験 循環器疾患

背景:α-リノレン酸(ALA)とDHAの健康効果の違いは、オキシリピンに対する効果の違いによって少なくとも部分的に媒介されている。 目的:α-リノレン酸(ALA)とDHAを豊富に含むサプリメントとを比較して、血漿オキシリピンの時間経過と性差について検討した。

Read More

2020年12月01日

高心血管リスク患者の主要な心血管有害事象に対する高用量オメガ3脂肪酸対コーン油の効果:STRENGTH無作為化臨床試験 循環器疾患

オメガ3脂肪酸のエイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)が心血管リスクを低下させるかどうかは依然として不明である。アテローム性脂質異常症で心血管リスクが高い患者の脂質および炎症マーカーに対する良好な効果が論文として発表されているEPAおよびDHA(オメガ3系CA)のカルボン酸製剤の心血管アウトカムへの影響を決定することを目的とした。

Read More

2020年12月01日

フィッシュオイルサプリメントを超えて:脂質インデックスと心代謝バイオマーカーに対する代替植物ソース由来のオメガ3多価不飽和脂肪酸の効果についての概要 循環器疾患

心血管疾患は依然として世界的な課題であり、脂質関連バイオマーカーは心血管イベントを予測することができる。オメガ3多価不飽和脂肪酸(n3-PUFAs)の心血管系の利点に関する広範な研究は、魚油のサプリメントや魚が豊富な食事に向けられている。

Read More

2020年12月01日

血中脂質値に対する低比率n-6/n-3 PUFAの効果:メタアナリシス 循環器疾患

目的:このメタアナリシスの目的は、血中脂質値に対する低比率n-6/n-3 PUFAの効果を評価することであった。 方法:2019年3月までのn-6/n-3 PUFA介入の無作為化対照試験をPubMed、Embase、コクラン図書館のデータベースで検索した。

Read More

2020年12月01日

α-リノレン酸の脂肪組織含量と末梢動脈疾患の発症:デンマークの症例コホート研究 循環器疾患

目的:本研究の目的は、植物由来のn-3脂肪酸であるα-リノレン酸の脂肪組織含量と末梢動脈疾患(PAD)の発症率との関連を調べることであった。
方法:1993年から1997年の間に設立されたデンマーク食事・癌・健康コホート(n = 57,053)に基づいた症例コホート研究を実施した。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する