2019年04月18日

食品としてのアマニ:心血管疾患に対するその影響について、私たちが知っていることと知らないこと 循環器疾患

アマニには独特な組み合わせによる単独もしくは相乗的な作用により心血管系に有意な効果があると考えられる生物活性成分が含まれていると考えられている。アマニが心血管系に及ぼす影響についての研究は大きく増加していることから、本レビューにより現状を整理すること、すなわち心臓と血管系に対するアマニの影響について理解するための既知及び未知の効果について整理することには価値があると考えられる。

Read More

2019年03月02日

心血管疾患の一次および二次予防のためのオメガ3脂肪酸(コクランレビュー) 循環器疾患

コクランレビューの日本語HPに記載の通り。
https://www.cochrane.org/ja/CD003177/xin-xie-guan-ji-huan-notamenoomega3she-qu

Read More

2019年03月02日

全粒アマニ(Linum usitatissimum)の高コレステロール食への添加と、Wistar albino雄性ラットにおける高脂血症およびアテローム性動脈硬化症に対する効果 循環器疾患

アマニは、その成分であるリグナン(SDG)、αリノレン酸及びオメガ-3脂肪酸により高コレステロール血症およびアテローム生成活性を抑制する様々な有効性があることが知られている。全粒アマニの有益な効果について、高コレステロール食(HCD)を給餌したWistar albinoラットにより実験的に評価した。

Read More

2019年03月02日

循環器系健康調査における高齢者の血中オメガ3多価不飽和脂肪酸と健康な老化:前向きコホート研究 循環器疾患

本研究はオメガ3多価不飽和脂肪酸(n3-PUFA)濃度についてのバイオマーカー測定値と健康的な老化との間の長期的関連性を決定することを目的としている。前向きコホート研究は1992年から2015年の間に実施された米国4地域での心血管健康調査データを使用した。

Read More

2019年02月24日

Linum usitatissimum栽培品種(亜麻)の種子が高コレステロール食ウサギにおけるフェニルプロパノイド化合物と加水分解性タンニンの増加に与える影響 循環器疾患

食品中の脂質は血中脂質代謝に関連する最も重要な要因の1つと考えられており、血管系の炎症性疾患として広く受け入れられているアテローム性動脈硬化症の原因とその予防に重要な役割を果たしている。本研究の目的は、高コレステロール誘発アテローム性動脈硬化症ウサギモデルにおけるフェニルプロパノイド化合物および加水分解性タンニンに富む遺伝子組み換えアマニ(W86)の効果を親系栽培品種Linolaと比較して評価することである。

Read More

2019年02月06日

健康かつ肥満でない成人における、心血管疾患マーカーに対するケルセチンとαリノレン酸の併用効果:無作為化二重盲検プラセボ対照クロスオーバー試験 循環器疾患

αリノレン酸(ALA)およびケルセチンは植物由来の食品に含まれる特徴的な化合物である。 ALAとケルセチンを併用する利点は、我々の知る限りまだ評価されていないが、心臓保護作用が両方の物質について報告されている。本研究の主目的は、健康かつ肥満でない成人男女に対し、血圧(BP)および脂質代謝、糖代謝、炎症、酸化ストレス、抗酸化物質のバイオマーカーにALAおよびケルセチンがそれぞれ単独、もしくは相加的な影響を与えるのかについて調査することであった。

Read More

2019年02月06日

末梢動脈疾患患者の不整脈、間歇性跛行に対するアマニの効果 循環器疾患

末梢動脈疾患(PAD)を有する患者は、心血管イベントのリスクが高まり、不整脈を発症しやすくなる。この二重盲検無作為化試験「FLAX-PAD trial」の目的は、PAD患者が1年間に30gのアマニ(またはプラセボ)を毎日摂取することで、不整脈罹患率および運動耐容能に影響するかどうかを判断することであった。

Read More

2018年11月13日

コール酸を含む高脂肪食を与えたラットの腸内酵素活性および脂質代謝に対する未加工もしくは脱脂アマニの効果の比較 循環器疾患

脱脂は、食品により誘発された障害(肥満など)のあるラットに対するアマニの有益な効果を決定する重要な因子であると考えられる。

Read More

2018年10月12日

心血管疾患の一次予防・二次予防のためのオメガ3脂肪酸 循環器疾患

エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などの魚由来長鎖オメガ3脂肪酸(LCn3)や植物由来のオメガ3多価不飽和脂肪酸(α-リノレン酸(ALA) )は、循環器の健康に有益である。各種の診断ガイドラインでは、オメガ3が豊富な食品の種類や、その摂取量を増やすことを推奨しているが、このような取り組みの効果を確認するための試験は直近では実施されていなかった。本研究の目的は、魚由来もしくは植物由来オメガ3の摂取量が増加したことで、死亡の原因、心血管疾患(CVD)事例、肥満や血中脂質にどのような影響がもたらされたかを評価することである。

Read More

2018年10月12日

油脂による血中脂質への影響:系統的レビューとネットワークメタ解析 循環器疾患

このネットワークメタ解析(NMA)の目的は、様々な油脂による血中脂質への影響を比較することである。2018年3月までに発表された文献の検索を行った。

Read More

2018年10月12日

α-リノレン酸とステアリドン酸を併用することで、高カロリー食ラットモデルにおいて、脂質および神経機能に関するマーカーが改善される 循環器疾患

本研究では高カロリー食を与えたラットモデルにおいて、エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富な魚油と比較して、αリノレン酸(ALA)とステアリドン酸(SDA)が豊富な陸生植物由来の油脂が心血管および神経機能に対する悪影響を防止するか検証した。

Read More

2018年10月12日

冠動脈疾患のバイオマーカーとしての血漿脂肪酸プロファイル:第4世代人工ニューラルネットワークを用いたパイロット研究 循環器疾患

冠動脈疾患(CAD)リスクの計算とモニタリングのための新しいバイオマーカーの特定に焦点を当てた多くの研究により、脂肪酸(FA)を用いてCADを予測できる可能性が示唆されている。本研究では、第4世代人工ニューラルネットワーク(ANN)に基づくデータマイニング手法を用いて、FAのマーカーとしての可能性を探った。

Read More

2018年09月15日

αリノレン酸の脂肪組織量と虚血性脳卒中および虚血性脳卒中サブタイプのリスク:デンマークのケースコホート研究 循環器疾患

植物由来のオメガ3脂肪酸であるα-リノレン酸(ALA)は、心血管疾患のリスクを低下させる可能性がある。本研究では、脂肪組織中のALA含量と虚血性脳卒中のリスク、及びそのサブタイプとの関係を調査した。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する