2018年10月12日

不飽和脂肪酸の比率が異なり、かつ飽和脂肪酸の少ない食事をメタボリックシンドロームあるいはそのリスクのある被験者に摂取させることで、THP-1マクロファージからのコレステロール流出が増加する:なたね油についての多施設共同介入試験 体重

「コレステロール流出(=細胞内に蓄積されたコレステロールが外部に放出される現象)」は、アテローム性動脈硬化症の進行を防止する上で重要な役割を果たす。さまざまな不飽和脂肪酸を含み、その比率も異なる各種の植物油は、複数の心血管疾患の危険因子に好影響を及ぼす。しかし、コレステロール流出に対する効果は不明なままである。本研究の目的は、血清中へのコレステロール流出と、その脂溶性指数もしくは中心性肥満との関連に及ぼす不飽和脂肪酸比率が異なる低飽和脂肪酸(SFA)食の影響を調べることであった。

Read More

2018年09月15日

必須脂肪酸リノール酸とα-リノレン酸は性別に依存して肥満患者のグルコース恒常性を調節する 体重

本研究は集団ベースコホートにおいて食物中のリノール酸(LA)、α-リノレン酸(ALA)と2型糖尿病(T2D)リスクとの関連性を評価し、さらに高脂肪食誘導性肥満(DIO)マウスモデルによってそのメカニズムを調査するものである。

Read More

2018年06月08日

低GI食習慣と体重、肥満マーカーとの関連におけるパスタの効果:成人のRCTによるシステマティックレビューおよびメタ解析 体重

パスタのような炭水化物で構成された主食は、肥満の流行に関与している。パスタが体重増加に寄与するか、他の低血糖指数(GI)食品が体重減少に寄与するかは不明である。本レビューでは肥満に対するパスタの効果に関する科学的根拠を統合するため、GRADEシステムを用いたシステマティックレビューとメタ解析を実施した。

Read More

2018年06月08日

メタボリックシンドロームの危険因子に対するスーパーフードの影響:ヒト介入試験によるシステマティックレビュー 体重

機能性食品はメタボリックシンドロームの予防とその後の心血管疾患およびII型糖尿病の発症に有効であると考えられる。

Read More

2018年02月09日

「メタボリックシンドローム患者において、アマニ油とヒマワリ油の消費が血清グルコース、脂質プロファイル、血圧、脂質過酸化に与える効果の比較」 体重

背景:メタボリックシンドローム(MetSyn)は、II型糖尿病のリスクおよび心血管疾患の罹患率と死亡率を増加させる。機能性食品であるアマニ油(FO)は、必須オメガ3脂肪酸の主要な植物性供給源の1つである。

Read More

2018年02月09日

「メタボリックシンドロームのラットにおいて、酸化ストレスに対するアマニ油とアマニリグナンセコイソラリシレジノールジグルコシドの保護的役割」 体重

本研究では、アマニ油(FO)とアマニリグナンセコイソラリシレジノールジグルコシド(SDG)の、メタボリックシンドローム(MS)ラットにおける酸化ストレスに対する保護的な効果を評価した。48匹のラットを以下の6群に分けた:1群(コントロール)、5群(FO)、6群(SDG)は水を与えられ、それぞれに毎日生理食塩水、FO、SDGを経口投与した。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する