2019年07月16日

乳がん生存者における再発不安は、多価不飽和脂肪酸による慎重な食事療法によって抑制することができる ガン

病態生理学で言う再発不安(fear of cancer recurrence:FCR)、つまりがん生存者にとって最も大きく、解決できない心理的問題は、恐怖記憶に関する処理機能が上手くはたらかないことから生じている可能性がある。n-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)には、うつ病性障害および不安障害を含む精神障害に対して有益な効果があり、恐怖記憶の処理に関与しているとされる。本研究ではn-3 PUFA組成ががん生存者におけるFCRと関連していると仮定した。

Read More

2019年05月08日

アフリカ系アメリカ人およびヨーロッパ系アメリカ人女性におけるアマニ摂取前後のステロイドおよび生体異物代謝経路とエンテロラクトン排出の遺伝的変異 ガン

乳がんリスクと関連しているフィトエストロゲンであるエンテロラクトン(ENL)の代謝と排出は、ステロイドホルモンと生体異物代謝遺伝子の変動の影響を受ける可能性がある。ニューヨーク州西部出身の健康な閉経後女性252人(137人のヨーロッパ人祖先(EA)および115人のアフリカ人祖先(AA))により、アマニ摂取についての無作為化クロスオーバー試験を実施した。

Read More

2019年05月08日

アマニとタモキシフェン(抗がん剤)の摂取は閉経後女性の正常なヒト乳房組織のin vivoでの炎症に関する微小環境に影響を与える ガン

タモキシフェンなどの抗エストロゲン薬は乳がんのリスクを低下させるが、副作用があるため予防には適していない。食事を変えることが乳がんの予防戦略として有効である可能性がある。本研究は腸内細菌叢によってフィトエストロゲンの一種であるエンテロラクトンに変換されるアマニ(中のリグナン)を食事に加えることで、in vivoにて正常なヒト乳房組織に対してタモキシフェンと同様の効果を示すかについて、がんの進行に関与する炎症メディエーターに特に重点を置いて調べた。

Read More

2019年03月02日

大腸がん細胞における食用リグナン代謝産物であるエンテロジオールのアポトーシス効果 ガン

エンテロジオール(END)はさまざまな全粒穀物、ナッツ、マメ科植物、アマニ、野菜に含まれるリグナンからヒト腸内細菌の代謝により生成される物質である。ENDはいくつかの生理学的効果を有することが知られているが、大腸がん細胞(CRC細胞)における分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ(MAPK)シグナル伝達およびアポトーシスに対するその効果は未だ解明されていない。したがって、本研究はCRC細胞におけるアポトーシスに対するENDの影響、およびこれらの影響がMAPKシグナル伝達によって媒介されるかどうかを調査した。

Read More

2019年03月02日

閉経後女性の血中性ホルモン濃度に対するアマニ摂取の影響:無作為化対照介入試験 ガン

リグナンの摂取、その最も豊富な供給源であるアマニの摂取は、乳がんリスクの低下と関連している。エストロゲンなど内因性の性ホルモンは乳がんの発生に関与しており、リグナンはこれらの性ホルモン濃度を変化させる可能性がある。血中ホルモンに対するアマニの効果を評価するために、カナダのトロントで閉経後の女性99人を対象に無作為化対照試験を実施した。

Read More

2019年02月24日

n-3系多価不飽和脂肪酸を妊娠中に摂取することで、子の乳がんリスクが低下する ガン

妊娠中の母親がどのような食事を摂るかによって、その子供が成人した際に多くの成人病リスクに影響を与える。本試験では、女児の(将来的な)乳がんリスクに及ぼす妊娠中n-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)食の影響を調べた。

Read More

2019年02月24日

アマニリグナン(セコイソラリシレジノールジグルコシド、SDG)は局所炎症を減少させ、NFκBシグナル伝達を抑制し、乳腺腫瘍の増殖を阻害する。 ガン

ポリフェノール性植物リグナンであるセコイソラリシレジノールジグルコシド(SDG)およびその代謝産物エンテロラクトン(ENL)を投与することで乳がん進行の減少、特にエストロゲン受容体アルファ(ERα)陰性疾患や前臨床乳腺腫瘍増殖の低下に効果があるとされている。しかし過去の前臨床試験からSDGおよびENLがトリプルネガティブ乳がんモデル(TNBC、ERα陰性疾患のサブセットでありER、PgR(プロゲステロン受容体)、HER2がすべて陰性となる病態のこと)の進行尺度に影響を与えることを立証したが、これらの影響の根底にある分子メカニズムは不明のままである。

Read More

2019年02月24日

新たに診断された乳がん患者における診断後のイソフラボンとリグナン摂取量:断面調査により以前に評価されていなかった高リグナン食物からの大量摂取が示唆される ガン

イソフラボンとリグナン(植物性エストロゲン)は潜在的に抗発がん作用を持つ食事成分とされている。イソフラボンやリグナンの摂取は乳がんの治療や予後に影響を与える可能性があるが、その関連性は更年期状態によって異なる可能性があり、がん診断後の摂取データは限定されたものしかない。新たに乳がんと診断された患者における診断後のイソフラボンとリグナンの摂取量を記録し、更年期状態と植物エストロゲンの種類による違いを調べ、将来の予後研究において食事と生存の評価を行うことを目的とした。

Read More

2018年11月13日

乳腺がん予防法としての低酸素負荷に伴う、ALAを介したα-7nAchR / HIF-1αの転写調節 ガン

本研究は、N-メチル-N-ニトロソ尿素(MNU)により誘発されたER陽性乳腺がん(エストロゲンにより誘発される乳がんの一種)とC.エレガンス(線虫)を用いたモデルにより、α-リノレン酸(ALA)がミトコンドリア負荷、低酸素癌微小環境およびコリン作動性抗炎症経路にどのような影響を及ぼすか示すものである。

Read More

2018年10月12日

欧州での大規模コホートにおける循環血漿リン脂質およびすい臓がんのリスク ガン

食品中の脂質や特定の脂肪酸がすい臓がんの発症に与える影響について、さまざまな報告が混在している。本研究では、the European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition(EPIC)コホート調査の中で、血漿リン脂質とすい臓がんリスクとの関連性を調べた。

Read More

2018年09月15日

「Singapore Chinese Health Study」における血漿脂肪酸と大腸がんのリスク ガン

血漿中の脂肪酸組成は、食事からの摂取と体内での合成の両方に影響される。大腸がん発症リスクにおける一価不飽和脂肪酸(MUFA)および多価不飽和脂肪酸(PUFAs)の役割を確立するために、血漿脂肪酸組成の予測分析が必要である。血漿脂肪酸組成と大腸がんリスクとの関連性を別々に評価するために、1993年から1998年の間に63,257人の男性と女性を集めたコホート研究である「Singapore Chinese Health Study」の中で、大腸がん(211の結腸がん、139の直腸がん)の症例および同等数の個人データを用いてコホート内症例対照研究を行った。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する