2021年06月01日

粉砕アマニタンパク質 その他

・植物性タンパク質の利用は、健康食品の分野で大きなトレンドとなっている。
・アマニは豊富なタンパク源であり、グルテンを含まない。
・アマニに含まれるタンパク質は、心臓病、高血圧、糖尿病の抑制など、さまざまな健康効果がみられる。

2021年04月30日

ヒトの体組成調節および心血管疾患の健康に関わる脂肪量および除脂肪量の調節因子としての多価不飽和脂肪酸 体重

現在では、食事で摂取する脂肪の量と種類が、代謝の健康に重要な役割を果たしていることが認識されている。ヒトの場合、多価不飽和脂肪酸(PUFA)の大量摂取は、心血管疾患リスクの低減、グルコースホメオスタシスの改善、内臓脂肪型肥満の減少や最近では除脂肪体重の増加などの体組成の変化と関連している。

2021年04月30日

スペシャリティ種子:栄養素、生物活性物質、バイオアベイラビリティ、および健康上の利点:包括的レビュー ヘルスレビュー

種子は、古来より人間の栄養や健康に重要な役割を果たしている。近年、「スペシャリティ」という言葉が種子に適用され、価値の高い、あるいは珍しい食品を指すようになった。それ以来、特殊な種子に含まれるポリフェノールを含む様々なクラスの生物活性化合物を特定するために多くの研究が行われてきた。

2021年04月30日

植物性エストロゲンを配合したシリアルバーの更年期症状への効果:プラセボ対照、無作為化試験 閉経

目的 :本研究では、異なる植物性エストロゲンを組み合わせたシリアルバーの摂取が、女性の更年期症状の軽減に寄与するかどうかを評価した。
方法:本研究は、臨床的、前向き、無作為化、単純盲検試験である。

2021年04月30日

オメガ3脂肪酸強化食用卵の脂肪酸脂質画分のプロフィール 食品への応用

卵の栄養学的特性を向上させるためには、卵黄にオメガ3脂肪酸(FA)を豊富に含ませることが重要な方法の一つとなっている。我々は、産卵鶏に射出成形アマニを食餌として与えることで、卵の極性および非極性脂質クラスの脂肪酸組成に及ぼす影響を評価した。

2021年04月30日

食品強化のための安定化したオメガ3脂肪酸と微量栄養素のエマルション製剤の開発と特性評価 食品への応用

食品の栄養強化に容易に利用できる、ω-3脂肪酸(ω-3 FA)と微量栄養素を含む新規の安定化乳化製剤について報告する。ω-3 FAと微量栄養素の両方を含む安定化製剤を製造するための乳化方法について説明する。

2021年04月30日

植物性プレバイオティクスとその疾患改善への役割 新しい研究

プレバイオティクスは、天然または合成の難消化性(非)炭水化物物質で、腸内細菌の増殖を促進する。大腸内で未消化のフラクトオリゴ糖は、有益な微生物の成長のために短鎖脂肪酸の合成に利用される。

2021年04月30日

小児便秘に対する非薬物療法のアプローチ 新しい研究

機能性便秘(FC)は、小児科領域において広く見られる問題である。FCには一般的に医薬品が使用されるが、保護者や患者は、使用可能な医薬品に抵抗があったり、不満を感じたりすることがある。さらに、患者は市販の栄養補助食品や植物を利用することに興味を持っている。この文献は、便秘に対する非薬理学的アプローチについての研究をまとめ、その安全性と有効性を評価することを目的とする。

2021年04月30日

アマニの分割摂取が24時間血糖値反応に及ぼす影響 糖尿病

目的:アマニは、血糖応答を低下させ、安定化させる効果がある。本研究の目的は、アマニを1回30gで摂取した場合と、1日3回に分けて摂取した場合(1回あたり10gのアマニ)で、効果的に血糖値反応を低下させることができるかどうかを調べることである。

2021年04月30日

本態性高血圧および冠動脈疾患のリスクマーカーを有する患者の外来血圧の概日変化に対する必須脂肪酸ブレンドの効果 循環器疾患

アマニ油はα-リノレン酸(ALA)の優れた供給源であり、降圧作用があることが知られている。アマニ油は不安定で、通常の食生活では摂取できないため、天然のアマニ油にパーム油をブレンドすることで、フラボノイドを多く含んだ安定な製品となり、必須脂肪酸と抗酸化作用のバランスを適切に保つことができる。本研究の目的は、本態性高血圧症の被験者の24時間7日間の血圧の概日変動に対するアマニ油のブレンドの効果を調べることである。

2021年03月15日

食用アマニ: 心血管疾患への影響について知っていることと知らないこと ヘルスレビュー

アマニ(Linum usitatissimum)は、個々のまたは相乗作用により、心血管系に有意な有益な効果をもたらすと考えられる生理活性成分のユニークな組み合わせで構成されている。アマニの心血管系に対する食事の影響に関するデータが大幅に増加していることから、私たちがどこに位置しているのか、私たちが何を知っているのか、そして私たちがまだ理解する必要があるのかを見直すことが、心臓や血管系に対するこれらの効果について価値があると考えられ、本論文の根拠となる。

2021年03月15日

潰瘍性大腸炎患者におけるアマニサプリメントの遺伝子発現および炎症に対する効果:オープンラベル化無作為化比較試験 炎症

目的:腸管粘膜の慢性炎症性疾患である炎症性腸疾患は、クローン病や潰瘍性大腸炎(UC)の臨床症状である。本研究では、UC患者の臨床バイオマーカー、QOL(生活の質)、疾患活動性に及ぼすアマニ粉砕物(GF)とアマニ油(FO)の影響を調査した。

2021年03月15日

オメガ3系多価不飽和脂肪酸は、全身性炎症と心血管フィットネスの間の逆相関を修正する 新しい研究

背景と目的:運動は生活の質を向上させ、心血管疾患を予防することで全死亡率を低下させる可能性がある。運動の有益な効果は慢性炎症の減少と関連しているが、個人の反応は様々であり、心血管フィットネスの抗炎症効果に寄与する因子はほとんど明らかにされていない。我々は炎症と心血管フィットネスの逆相関関係における脂肪酸の役割を調査することにした。

2021年03月15日

非アルコール性脂肪性肝疾患に対するアマニとヘスペリジンの有効性:非盲検無作為化比較試験 肝臓

背景/目的:非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は世界的に有病率が上昇しており、NAFLD患者に対する薬理学的アプローチについての決定的なエビデンスはまだ見つかっていない。本研究は、NAFLD患者におけるアマニとヘスペリジンの臨床効果を評価することを目的とした。

2021年03月15日

アマニとヘスペリジンの併用療法は、糖尿病予備軍における心血管リスクコントロールにおける生活習慣の改善効果を高める:無作為化比較試験 糖尿病

背景:心血管代謝異常の有病率の増加と非感染性慢性疾患との関連性を考えると、予防・治療戦略の提供は重要な課題である。プラセボ対照無作為化試験を実施し、生活習慣介入中の粉砕褐色アマニとヘスペリジンの併用療法が、糖尿病予備軍における心血管リスクのコントロールに及ぼす影響を検討した。

2021年03月15日

アマニとその製品はグリセミック(血糖)コントロールを改善する:システマティックレビューとメタアナリシス 糖尿病

背景:オメガ3の豊富な供給源であるアマニのサプリメントがグリセミック指数に及ぼす効果に関するデータは、結論が出ていない。本研究の目的は、臨床試験で得られたエビデンスをまとめ、アマニとその製品のグリセミック指数に対する効果を明らかにすることである。

2021年03月15日

オメガ3脂肪酸の植物ベースのソースのバイオアベイラビリティと変換 – ベジタリアンとビーガンのためのサプリメントのオプションを更新するためのスコープレビュー 代謝

オメガ3(n-3)脂肪酸は、エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)の海洋資源の有益な効果を示す証拠と健康上の多くの利点を提供している。新たな研究では、ベジタリアンとビーガンの血液マーカーにn-3食事摂取量の影響を調べているが、植物ベースの海洋代替品のための公式ガイダンスは、コンセンサスに到達するにはまだである。本レビューでは、EPAとDHAへの変換を含む植物性n-3オイルのバイオアベイラビリティを調査した試験の概要を掲載している。

2021年03月15日

末梢動脈疾患患者の心筋梗塞および跛行に対するアマニの食事療法の効果 循環器疾患

末梢動脈疾患(PAD)患者は心血管イベントのリスクが高く、心臓不整脈の感受性が高いことが関係している可能性がある。この二重盲検無作為化比較試験は,PAD患者が1年間に30gの粉砕アマニ(またはプラセボ)を補充した食事を毎日摂取することが,心臓性不整脈の有病率および運動能力に影響を及ぼすかどうかを決定することを目的として行った。

2021年02月04日

非アルコール性肝炎の治療における選択肢としてアマニ – レビュー 肝臓

目的:非アルコール性脂肪肝炎(NASH)は、様々な原因に依存する疾患であり、その進行が適切に解明されていないため、一度の治療では効果が得られないことがある。目立った症状がないために診断されず、NASHを診断する唯一の方法は肝生検である。

2021年02月04日

潰瘍性大腸炎患者における遺伝子発現と炎症に対するアマニサプリメントの効果:オープンラベル無作為化比較試験 炎症

目的:腸管粘膜の慢性炎症性疾患である炎症性腸疾患は、クローン病や潰瘍性大腸炎(UC)の臨床症状の一つである。本研究では、UC患者の臨床バイオマーカー、QOL(生活の質)、疾患活動性に及ぼす粉砕アマニ(GF)とアマニ油(FO)の影響を調査した。本研究は、UC患者90名を対象に、非盲検無作為化比較試験デザインを用いて12週間実施した。

2021年02月04日

アマニ油:抽出、健康効果と製品 ヘルスレビュー

アマニは、α-リノレン酸(ALA)、リグナン、タンパク質、食物繊維が豊富に含まれており、重要な食材とされてきた。アマニの最も機能性成分の一つとして、アマニ油は、心血管保護、抗腫瘍、抗炎症、生活保護、糖尿病治療などの多くの潜在的な健康上の利点を提供することができる。

2021年02月04日

高温抽出したアマニガムの油水エマルション系におけるレオロジー特性と安定化効果 食品への応用

これまでに報告されているアマニガム(FG)は、比較的低温下で果皮と種子から分離されたものがほとんどであり、ガム全体の構造的・機能的な理解が十分ではない。また、加工条件がFGの機能特性に及ぼす影響についてはほとんど研究されていない。本研究では、FGを高温(90℃)で水抽出した後、エタノール沈殿させた。高温抽出したFGのレオロジー特性や水溶液中でのエマルション安定化特性などの物理化学的特性を調べた。

2021年02月04日

食事性オメガ-3系多価不飽和脂肪酸、腸内細菌叢、腸管免疫との関連性 新しい研究

人間が食事から摂取すべき必須脂肪酸であるオメガ-3系多価不飽和脂肪酸(オメガ-3 PUFA)は、人間の健康に潜在的な効果を発揮する。オメガ-3 PUFA(ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、α-リノレン酸(ALA)、ドコサペンタエン酸(DPA))は、細胞膜の構造や機能を変化させるだけでなく、腸の免疫寛容性や腸内細菌叢の維持に異なる効果を発揮する。

2021年02月04日

線維嚢胞性の乳房痛と結節性に対するアマニ油とビタミンEの効果の比較:無作為化二重盲検臨床試験 ガン

背景:乳房の線維嚢胞性変化は20~50歳の女性に多い良性疾患である。医療介入は、線維嚢胞症の進行を食い止め、乳房の痛みや圧痛を和らげることを目的としている。また、長期的には線維嚢胞性変化を逆転させることが望ましい。
方法:この無作為化二重盲検臨床試験では、乳房の痛みの重症度と乳房の結節性に対するアマニ油の効果をビタミンEに対して検討した。

2021年01月22日

COVID-19アウトブレイク時の栄養補助食品:PLifeCOVID-19オンライン研究に支えられたGoogleトレンド分析の結果 食品への応用

栄養補助サプリメント(DS)の利用は世界中で着実に増加しており、さらに、コロナウイルス疾患2019(COVID-19)を契機に、ほとんどの国でDSの販売がダイナミックに増加している。そこで、(1)世界およびポーランドにおけるGoogle検索の探索(Google Trends(GT)ツールを用いた)、(2)パンデミックの第1波および第2波の間に実施されたPLifeCOVID-19オンラインスタディの結果の分析を通じて、2020年のDSsの現状を調査した。

2021年01月22日

1999年から2016年までの米国の子供たちにおける栄養成分と非栄養成分を含む栄養補助食品の使用の傾向 食品への応用

目的:米国の子供たちにおける栄養補助食品(DS)の使用状況を明らかにすること。製品の種類、動機、使用者の特徴、非ビタミン・非ミネラル栄養補助食品(NVNM)に主に焦点を当てた経時的な傾向などを含む。

2021年01月12日

機能性ペプチド生産のためのアマニ乳発酵の最適化と生理活性の評価 食品への応用

生理活性ペプチドとは、生体の機能や状態にプラスの影響を与えるタンパク質の断片のことである。他の動植物源とは別に、アマニは生理活性ペプチドの優れた供給源である。近年、生理活性ペプチド生成のための効果的な方法として発酵が検討されている。

2021年01月12日

リグナンと腸内細菌叢:健康への影響を解明する相互作用 新しい研究

植物ポリフェノールは、異なる化学的および構造的特性、低いバイオアベイラビリティ(生体利用率)、およびいくつかのin vitro生物学的活性を特徴とする生理活性化合物の幅広いグループである。これらの化合物の中で、リグナン(ヒト栄養用の植物食品に含まれる非フラボノイドポリフェノールクラス)は、最近、腸-脳軸の潜在的なモジュレーターとして研究されている。

2021年01月12日

食事性脂肪・脂肪酸の摂取と2型糖尿病の発症率:プロスペクティブ観察研究のシステマティックレビューと用量反応メタアナリシス 糖尿病

背景:2型糖尿病(T2D)予防における脂肪の量と質の役割については議論がある。そこで、本システマティックレビューおよびメタアナリシスでは、食事脂肪や脂肪酸の摂取量とT2Dとの関連を調査し、エビデンスの確実性を評価することを目的とした。

2021年01月12日

高トリグリセリド血症治療のための生理活性化合物:臨床試験のエビデンスと作用目標 循環器疾患

PPARαを作用標的として示す主な薬理学的治療法は、現在、欧州心臓病学会(ESC)および欧州動脈硬化学会(EAS)により高トリグリセリド血症の管理に推奨されている薬剤であるフィブラート(68)に基づくものである(1)。PPARαを介してTGの代謝に影響を与える生理活性物質群の中で、オメガ-3脂肪酸の補給に関心が高まっている。

2021年01月12日

脳卒中患者における遊離脂肪酸とその炎症性誘導体のBDNFへの影響 循環器疾患

目的:ニューロトロフィン脳由来神経栄養因子(BDNF)は、脳卒中後の機能的転帰、神経新生、神経保護、神経可塑性に影響を与える。そのレベルは食事や栄養状態と関連しており、より具体的にはBDNFレベルに影響を与える遊離脂肪酸(FFA)とエイコサノイドである。本研究の目的は、脳卒中患者の BDNF レベルに対する FFAs とエイコサノイドの潜在的な影響を分析することであった。

2021年01月12日

高脂血症と心血管疾患の治療におけるアマニとその成分 循環器疾患

本論文では、アマニとその成分(アマニ油、セコイソラリシレシノールジグルコシド [SDG]、アマリグナン複合体 [FLC]、アマ繊維)の血清脂質(総コレステロール[TC]、低密度リポ蛋白質-コレステロール[LDL-C]、高密度リポ蛋白質-コレステロール[HDL-C]、トリグリセリド[TG])に対する効果を動物およびヒトで説明する。

2020年12月01日

メタボリックシンドロームおよび関連疾患患者における炎症および酸化ストレスのバイオマーカーに対するアマニ油サプリメントの効果:無作為化比較試験のシステマティックレビューとメタアナリシス 体重

目的:メタボリックシンドローム(MetS)および関連疾患を有する患者の炎症および酸化ストレスのバイオマーカーに対するアマニ油サプリメントの効果を分析するために、無作為化比較試験(RCT)のシステマティックレビューおよびメタアナリシスを実施した。

2020年12月01日

肥満の子供の増加した脂肪率は、低赤血球オメガ3脂肪酸の状態と不十分な多価不飽和脂肪酸の食事摂取量と関連する 体重

肥満の子供の総食事脂肪摂取量と体脂肪率の測定値との関連は依然として一貫性がない。本研究は、食事性長鎖多価不飽和脂肪酸(LCPUFA)およびLCPUFAの状態が肥満の小児における体組成と関連しているかどうかを調べることを目的とした。

2020年12月01日

脂肪酸化の調節因子および有酸素運動の予測因子としての食事と血中のα-リノレン酸 新しい研究

背景:n-3多価不飽和脂肪酸(PUFAs)の中で最も重要なのはα-リノレン酸(ALA)である。ALAの生理活性は長鎖のn-3 PUFAsと同等ではなく、炭水化物の備蓄が枯渇した長期トレーニング時のエネルギー基質として機能するなど、多面的な効果を有している。本研究の目的は、スキーヤーにおける必須の食事および血漿中の ALA と、最大脂肪酸化(MFO)を介して推定される有酸素運動のパフォーマンスとの関連を検討することである。

2020年12月01日

食事性生理活性化合物と妊娠糖尿病における母体脂肪率および炎症との関連:観察研究と臨床研究の最新情報 糖尿病

妊娠糖尿病(GDM)は、悪影響を母体と子孫の健康に影響を与える妊娠の一般的な合併症である。母体の肥満、酸化ストレスや炎症がGDMに関与している。 非妊娠成人では、食事性生理活性化合物の摂取量は、逆にインスリン抵抗性と炎症に関連付けられる。

2020年12月01日

α-リノレン酸を多く含むサプリメントとDHAを多く含むサプリメントのヒト血漿オキシリピンに対する時間経過と性差効果:無作為化二重盲検クロスオーバー試験 循環器疾患

背景:α-リノレン酸(ALA)とDHAの健康効果の違いは、オキシリピンに対する効果の違いによって少なくとも部分的に媒介されている。 目的:α-リノレン酸(ALA)とDHAを豊富に含むサプリメントとを比較して、血漿オキシリピンの時間経過と性差について検討した。

2020年12月01日

高心血管リスク患者の主要な心血管有害事象に対する高用量オメガ3脂肪酸対コーン油の効果:STRENGTH無作為化臨床試験 循環器疾患

オメガ3脂肪酸のエイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)が心血管リスクを低下させるかどうかは依然として不明である。アテローム性脂質異常症で心血管リスクが高い患者の脂質および炎症マーカーに対する良好な効果が論文として発表されているEPAおよびDHA(オメガ3系CA)のカルボン酸製剤の心血管アウトカムへの影響を決定することを目的とした。

2020年12月01日

フィッシュオイルサプリメントを超えて:脂質インデックスと心代謝バイオマーカーに対する代替植物ソース由来のオメガ3多価不飽和脂肪酸の効果についての概要 循環器疾患

心血管疾患は依然として世界的な課題であり、脂質関連バイオマーカーは心血管イベントを予測することができる。オメガ3多価不飽和脂肪酸(n3-PUFAs)の心血管系の利点に関する広範な研究は、魚油のサプリメントや魚が豊富な食事に向けられている。

2020年12月01日

血中脂質値に対する低比率n-6/n-3 PUFAの効果:メタアナリシス 循環器疾患

目的:このメタアナリシスの目的は、血中脂質値に対する低比率n-6/n-3 PUFAの効果を評価することであった。 方法:2019年3月までのn-6/n-3 PUFA介入の無作為化対照試験をPubMed、Embase、コクラン図書館のデータベースで検索した。

2020年12月01日

α-リノレン酸の脂肪組織含量と末梢動脈疾患の発症:デンマークの症例コホート研究 循環器疾患

目的:本研究の目的は、植物由来のn-3脂肪酸であるα-リノレン酸の脂肪組織含量と末梢動脈疾患(PAD)の発症率との関連を調べることであった。
方法:1993年から1997年の間に設立されたデンマーク食事・癌・健康コホート(n = 57,053)に基づいた症例コホート研究を実施した。

2020年11月16日

脱脂したアマニ粉は、過体重と肥満の成人における体重減少と脂質プロファイルを改善する:無作為化比較試験 体重

スコープ:食物繊維を豊富に含む食品は、体重減少やトリアシルグリセロール(TG)値の低下に寄与する可能性が示唆されている。本研究は、アマニミール(FM)(アマニ油加工後の副産物)を添加したビスケットが、過体重および肥満の参加者の体重、体組成、血中脂質に及ぼす影響を調査することを目的とした。

2020年11月16日

体重減少のためのさまざまな食品サプリメントを提案するための最近のエビデンス:包括的なレビュー 体重

肥満の増加に伴い、体重減少を目的とした食品サプリメントの使用は急速に人気を博している。 膨大で、しばしば質が低い場合がみられる文献を見て回ることは、情報に基づいたアドバイスを求めている人に提供することと同様に困難である。ここでは、現在上市されているサプリメントの中で、減量を目的としたものに焦点を当てて、その作用機序を分類した包括的な文献を提供する。

2020年11月16日

ω-3とω-6多価不飽和脂肪酸、肥満と癌 体重

近年、食品中の栄養補助食品の生理活性化合物は、癌などの慢性疾患や炎症性疾患、心血管疾患、代謝性疾患の予防に関する潜在的な健康上の利点のために発見されている。

2020年11月16日

アマニミールのタンパク質プロファイルと抗ラジカル能に及ぼす焙煎の影響 食品への応用

焙煎はアマニの前処理として使用されることが多くなっている。しかしながら、このプロセスは、アマニタンパク質の特性に重要な影響を与える可能性がある。本研究は、焙煎後の電気泳動タンパク質プロファイル(SDS-PAGE)およびアマニミールの抗ラジカル能の変化を研究することとした。

2020年11月16日

アマニ油の化学組成,酸化安定性および脂肪酸組成に及ぼすマイクロ波焙煎の影響 食品への応用

本研究では、アマニ種子を、マイクロ波(MW)により180、360、540Wの消費電力で5分および10分間焙煎し、油の収率、化学特性、カロテノイドおよびクロロフィル含量、総フェノール含量(TPC)、ラジカル消去活性(RSA)、酸化安定性指数(OSI)、脂肪酸組成およびメイラード反応生成物(MRP)への影響を評価した。

2020年11月16日

ヒト糞便微生物を用いたアマニ多糖類のin vitro消化・発酵 新しい研究

アマニ多糖類(FSP)の唾液、胃、小腸を模擬した条件下での消化を評価し、ヒトの腸内微生物によるFSPのin vitro発酵を評価した。

2020年10月08日

α-リノレン酸と炎症のサプリメント:フィージビリティートライアル 炎症

前駆体であるα-リノレン酸(ALA)を含むオメガ3脂肪酸の消費量は、多くの場合、サブ最適であり、国際的なガイドラインに沿ったものではない。サプリメントは議論の余地があるが、ある割合の個人、例えば、糖尿病前段階、低悪性度の炎症、心血管疾患、まだそうでない健康な被験者は、特に炎症を軽減するために、超生理学的オメガ3の摂取量から恩恵を受ける可能性がある。

2020年10月08日

食事性植物エストロゲンの効果は、ヒトの生涯を通じてホルモンに影響を与える:レビュー ヘルスレビュー

食事性植物エストロゲンは、エストロゲン活性を持つ生理活性化合物である。植物を中心とした食生活の人気の高まりに伴い、植物性エストロゲンを豊富に含む豆類(特に大豆)や豆類由来の食品の摂取量が増加している。前臨床研究からの証拠は、これらの化合物がホルモンや健康に影響を与える可能性があることを示唆しているが、ヒト試験の結果は不明である。

2020年10月08日

アマニガムの回収・純度・抗酸化活性・微細構造に及ぼす抽出技術の影響 食品への応用

アマニガムの抽出法として、熱水抽出法(HWE)、アルカリ-酸抽出法(AAE)、超音波アシスト抽出法(UAE)、マイクロ波アシスト抽出法(MAE)の4つの抽出法を比較し、収量、純度、構造特性(単糖類組成、分子量分布、透過型電子顕微鏡による微細構造)、抗酸化活性(2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジル[DPPH] 及び2,2′-アジノビス(3-エチルベンゾチアゾリン-6-スルホン酸[ABTS]消去能,還元力)への影響を検討した。

2020年10月08日

成人の有痛性糖尿病性神経障害の治療におけるγ-リノレン酸とα-リポ酸の比較:12週間、二重プラセボ、無作為化、非劣性試験 糖尿病

本試験は、有痛性糖尿病性末梢神経障害(DPN)を有する2型糖尿病(T2DM)患者を対象に、γ-リノレン酸(GLA)のα-リポ酸(ALA)に対する12週間投与の有効性と安全性を評価する多施設並行群二重盲検二重ダミー無作為化非劣性試験である。

2020年10月08日

空腹時および食後期の血管機能および代謝リスクマーカーに対するα-リノレン酸の効果:未治療の高血圧患者予備軍を対象とした無作為化プラセボ対照試験 循環器疾患

背景:α-リノレン酸(ALA、C18:3n-3)の血管機能と食後の効果については、限られた数の研究しか行われていない。そこで我々は、未治療の高血圧患者予備軍を対象に、空腹時および食後におけるALAの血管機能および代謝リスクマーカーへの効果に特に焦点を当てた対照試験を実施した。

2020年10月08日

中等度高コレステロール血症の中国人成人における心血管リスク因子に対する脂肪酸組成の異なる植物油の効果:無作為化二重盲検並行デザイン試験 循環器疾患

調理用の植物油は、一般的に中国人の食事では、食事脂肪の40~50%、リノール酸の65%、α-リノレン酸の44%、オレイン酸の41%を提供している。しかしながら、中国人の心血管リスク因子に対する植物油由来の脂肪酸の比較効果はまだ決定的ではない。そこで、本研究は、オレイン酸を豊富に含むピーナッツ油、リノール酸を豊富に含むコーン油、α-リノレン酸で強化されたブレンド油など、さまざまな種類の植物油によって心血管リスク因子が変化するかどうかを調べることを目的とした。

2020年10月08日

乳がんの伝統的治療に使用される薬用ハーブ:作用のメカニズム ガン

背景 乳がんは女性の主要な死亡原因の一つであり、新規かつ有効な抗がん剤の開発が急務となっている。抗がん剤としては、天然の植物製品が有望な結果を示している。その有効性は、ホルモンを標的とした抗がん剤に比べ、使用時の毒性が低く、安全性や再発抵抗性が低いことが報告されている。

2020年10月08日

アマニガムからのオリゴ糖調製の最適化とin vitroでの抗酸化・抗腫瘍活性の評価 ガン

アマニガム(FG)を酵素法で分解してアマニオリゴ糖(FGOS)を調製した。FGの酵素加水分解に影響を与える因子を単因子試験及び直交試験により検討した。

2020年08月18日

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)のある妊婦とない妊婦の腹部皮下脂肪組織の脂肪酸プロファイルと脱飽和度指標の違い 体重

目的は,多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)を有する妊婦とそうでない妊婦の皮下脂肪組織(AT)中の脂肪酸(FA)プロファイルの違いを解明することであった。帝王切開を受けた13人のPCOSと32人の非PCOSから採取したATサンプルのFAプロファイルをガスクロマトグラフィーを用いて比較した。

2020年08月18日

成人の循環アディポネクチンおよびレプチン濃度に対するアマニサプリメントの効果:無作為化比較試験のシステマティックレビューとメタアナリシス 体重

目的:我々の目的は、血清アディポネクチンおよびレプチン濃度に対するアマニサプリメントの効果を評価する無作為化比較試験(RCT)のシステマティックレビューおよびメタアナリシスを行うことであった。

2020年08月18日

非アルコール性脂肪肝疾患に対するアマニとヘスペリジンの有効性:オープンラベル化無作為化対照試験 肝臓

背景/目的:非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は世界的に有病率が上昇しており、NAFLD患者に対する薬理学的アプローチについての決定的なエビデンスはまだ見つかっていない。本研究は、NAFLD患者におけるアマニとヘスペリジンの臨床効果を評価することを目的とした。

2020年08月18日

糖尿病患者の足潰瘍治療のための栄養学的介入 糖尿病

背景:糖尿病患者の足潰瘍は、治癒しない、または治癒不良、足首の下の部分的または全厚の創傷である。これらの潰瘍は一般的で、管理に費用がかかり、重大な罹患率および死亡率の原因となる。創傷の存在は、創傷液を介した栄養の損失に加えて、組織損傷を修復するための代謝コストがかかるため、栄養状態に影響を及ぼす。栄養学的介入は糖尿病患者の足潰瘍の創傷治癒を改善する可能性がある。
目的:糖尿病患者の足潰瘍の治癒に対する栄養介入の効果を評価する。

2020年08月18日

アマニの分割摂取が24時間血糖応答に及ぼす影響 糖尿病

目的:アマニは血糖応答を低下させ、安定させるのに有効である。本研究の目的は、アマニ30gの1回分として摂取した場合と、1日3回に分けて摂取した場合(1回分10g)で、より効果的に血糖応答を低下させることができるかどうかを調べることである。

2020年08月18日

プラセボ対照無作為化クロスオーバー試験におけるアマニリグナン介入の循環胆汁酸に対する効果 循環器疾患

植物リグナンおよびその微生物代謝物、例えばエンテロラクトン(ENL)は、肝受容体との相互作用を介して胆汁酸(BA)代謝に影響を与える可能性がある。我々は,完了した無作為化クロスオーバー介入のサンプルを用いて,健康な男女 46 名(20~45 歳)の血漿中 BA 濃度に対するアマニリグナン抽出物(50 mg/日セコイソラリシノールジグルコシド)の効果をプラセボと比較して,それぞれ 60 日間評価した.20種のBAはLC-MSを用いて空腹時血漿中で測定した。

2020年08月18日

α-リノレン酸摂取が血中脂質プロファイルに及ぼす影響:無作為化対照試験のシステマティックレビューとメタアナリシス 循環器疾患

トリグリセリド(TG)、総コレステロール(TC)、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL-C)、低密度リポタンパク質コレステロール(LDL-C)、超低密度リポタンパク質(VLDL-C)、およびTCとHDL-Cの比率を含む血中脂質プロファイルに対するALA摂取の効果を調査する。

2020年08月18日

欧州のがんと栄養に関する前向き調査における食事と循環脂肪酸と卵巣がんリスク ガン

背景:脂肪酸は、卵巣がんの危険因子である肥満、エストロゲン、炎症に影響を与える。脂肪酸と卵巣がんとの関連を調査した疫学研究は少ない。
方法:European Prospective Investigation into Cancer and nutrition(がんと栄養に関する欧州前向き調査)の中で、1,486例の卵巣がんの偶発症例が同定された。卵巣がんの危険因子を調整したCox比例ハザードモデルを用いて、脂肪酸の摂取量の五分位にまたがる卵巣がんのハザード比を推定した。

2020年08月18日

血漿中リン脂質脂肪酸、骨密度、骨折リスク:メンデル無作為化研究からのエビデンス 骨

背景と目的:個々の脂肪酸(FA)と骨密度および骨折リスクとの関連性に関する利用可能な疫学的エビデンスは一貫性がなく乏しい。我々は、これらの関係を探るために、2サンプルのメンデル無作為化研究を実施した。

2020年08月18日

メタボリックシンドロームにおけるアマニおよび/またはヘスペリジンサプリメント:オープンラベル無作為化比較試験 体重

目的:本研究の目的は、メタボリックシンドローム患者を対象に、アマニとヘスペリジンの単独投与と併用投与の臨床効果を比較することである。メタボリックシンドロームの治療を受けた多くの参加者を主要エンドポイントとして評価した。

2020年08月18日

健康と病気のためのアマニ:臨床試験のレビュー ヘルスレビュー

背景:アマニ(Linum usitatissimum)は油糧種子で、健康的な生活のために必要なα-リノール酸、リノール酸、リグナン、繊維、その他多くの生理活性成分を多量に含んでいる。最近では、アマニは人間にとって様々な健康上の利点を持つ注目すべき機能性食品として知られており、心血管疾患、糖尿病、脂質異常症、肥満、メタボリックシンドロームから体を守ってくれる。 目的と方法:アマニの生理活性成分とその潜在的な健康効果をレビューするために、創刊から2019年7月までPubMedとScopusを検索した。

2020年08月18日

アマニ(Linum usitatissimum L.)油の化学組成、酸化安定性および脂肪酸組成に及ぼすマイクロ波焙煎の影響 食品への応用

本研究では、180、360、540Wのマイクロ波(MW)で5分間および10分間焙煎したアマニを用いて、オイルの収率、化学的性質、カロテノイドおよびクロロフィル含量、総フェノール含量(TPC)、ラジカル消去活性(RSA)、酸化安定性指数(OSI)、脂肪酸組成およびメイラード反応生成物(MRP)への影響を評価した。

2020年08月18日

認知のためのオメガ-3、オメガ-6、および多価不飽和脂肪:無作為化試験のシステマティックレビューとメタアナリシス 認知

目的:神経認知機能は多価不飽和脂肪の摂取によって影響を受ける可能性がある。多くの高齢者は、認知機能の低下を防ぐためにオメガ-3サプリメントを摂取している。我々は、オメガ-3、オメガ-6、または総多価不飽和脂肪の摂取量が、新たな神経認知疾患および認知に及ぼす影響を評価した。デザインおよび包含基準:24週間に渡って成人を対象としたランダム化比較試験(RCT)のシステマティックレビューおよびメタアナリシスを実施し、オメガ-3、オメガ-6、または総多価不飽和脂肪の増加と減少の効果とアウトカム(新しい神経認知疾患、新たに障害された認知、および/または認知の継続的測定)を評価した。

2020年08月18日

冠動脈疾患患者における赤血球膜脂肪酸組成とエンドカンナビノイド系の調節に対するアマニ油補給の効果:二重盲検無作為化比較試験 循環器疾患

背景:エンドカンナビノイド系(ECS)の過剰活性化は、炎症過程の増加に関連して、冠動脈疾患(CAD)の危険因子として作用する可能性がある。食事脂肪はECSの調子に影響を与える可能性がある。
目的:血清N-アラキドノイルエタノールアミン(AEA)とカンナビノイド受容体1型(CB1)、カンナビノイド受容体2型(CB2)、脂肪酸アミドヒドロラーゼ(FAAH)mRNA発現量を測定することにより、アマニ油が赤血球膜脂肪酸プロフィールとECS活性に及ぼす影響を検討することである。

2020年08月18日

固形がん患者における代謝と免疫調節:前臨床および臨床的証拠の系統的レビュー ガン

多くの固形悪性腫瘍では、いくつかの免疫療法剤が標準治療となっている。それにもかかわらず、大多数の患者は現在利用可能な免疫療法の恩恵を受けていない。したがって、腫瘍応答/抵抗性の予後因子および予測因子を同定し、原発性抵抗性を克服し、免疫療法の有効性を向上させるための効果的な治療戦略を設計することが最も重要である。本レビューの目的は、腫瘍および宿主の代謝が抗腫瘍免疫応答に及ぼす影響を強調し、腫瘍または免疫細胞における特定の代謝経路を標的とし、患者の栄養状態を修正することにより、利用可能な治療法の有効性を改善するための可能な戦略を議論することである。

2020年05月25日

アマニ強化パスタ-化学組成と調理品質 食品への応用

パスタ製造は様々な形態の生産物イノベーションの良い機会である。本研究はパスタ生産へのアマニ成分の使用を評価することを目的とした。

2020年05月25日

ヨーロッパの小児および青年における全血多価不飽和脂肪酸とインスリン抵抗性の関連 糖尿病

本研究は、全血中の n-3 および n-6 多価不飽和脂肪酸(PUFA)と小児のインスリン抵抗性(IR)との関連を調べることを目的としている。

2020年05月25日

乳がん発症リスクが増加する閉経前女性を対象としたリグナン・セコイソラリシノールジグルコシドの無作為化第IIB相試験 ガン

アマニに含まれるリグナン・セコイソラリシノールジグルコシド(SDG)に関わる多施設共同プラセボ対照第IIB相試験を実施した。

2020年05月25日

重度の高脂血症のためのリポタンパク質のアフェレシスを受けている患者に対するアマニ(Linum Usitatissimum L.)のサプリメンテーション:パイロット研究 循環器疾患

多価不飽和脂肪酸を豊富に含むアマニ(Linum usitatissimum L.)は、脂質レベルを低下させ、炎症を抑えることができると考えられている。このパイロット研究では、我々は、アマニのサプリメントが従来の脂質降下薬物療法に耐性があり、リポ蛋白質のアフェレシスを必要とする重度の高脂血症患者における脂質と炎症メディエーターのプロファイルを改善することができるかどうかを決定することを目的とした。

2020年05月25日

油糧種子ミックスに含まれるリグナンが若年および閉経前の女性の腸内マイクロバイオーム組成およびエンテロリグナン産生に与える影響:インビトロパイロット研究 閉経

背景:食餌性リグナンは、クメスタン、スチルベン、イソフラボンとともに植物性エストロゲンのグループに属し、それ自体ではエストロゲン様作用を示さない。それにもかかわらず、腸内微生物はそれらを、ヒトエストロゲン分子と化学的に類似性を示すエンテロリグナンに変換する。リグナンの最も豊富な食素材の一つはアマニを含む油糧種子である。このパイロット研究は、油糧種子ミックス中の主要な食餌性リグナンの濃度を決定し、若年および閉経前女性におけるエストロゲン置換のための腸内細菌に依存したエンテロリグナンの産生を調べることを目的とした。

2020年05月25日

赤血球膜多価不飽和脂肪酸は、中年・高齢者のメタボリックシンドロームの発症率と関連している – 8.8年のプロスペクティブ(前向き)研究 体重

背景:メタボリックシンドローム(MetS)に関連する多価不飽和脂肪酸(PUFAs)の総量と脂肪酸の種類の特定については、依然として一貫した結果が得られていない。
目的:我々は、コホート集団における赤血球のn-3およびn-6 PUFAとMetSおよびMetSの構成要素との関連を評価した。

2020年05月25日

認知のためのオメガ-3、オメガ-6、および多価不飽和脂肪:無作為化試験のシステマティックレビューとメタアナリシス 認知

目的:神経認知機能は多価不飽和脂肪の摂取によって影響を受ける可能性がある。多くの高齢者は、認知機能の低下を防ぐためにオメガ-3サプリメントを摂取している。我々は、オメガ-3、オメガ-6、または総多価不飽和脂肪を増加させることによる新しい神経認知疾患および認知への影響を評価した。

2020年05月25日

中国人におけるアマニサプリメントの機能的便秘と生活の質に対する効果:無作為化試験 新しい研究

背景と目的:この前向き無作為化比較試験は、中国の成人男女におけるアマニサプリメントの機能性便秘と生活の質に対する効果を評価することを目的とした。

2020年04月14日

サワードウパンの栄養補助食品および官能特性の改善のためのツールとしてのアマニケーク 食品への応用

近年、慢性疾患の予防にも役立つ健康機能性食品の製造を目指して、アマニの応用研究が進められている。これに関連して異なる割合でアマニケークを配合したサワー種のパンの製造が行われ、サワードウとアマニケークに由来する生理活性化合物間の相互作用について検討された。

2020年04月14日

食事性脂肪の質が高いほど、女性の不安スコアが低くなる:横断研究 新しい研究

背景:不安と食事脂肪質(DFQ)の関係は十分に研究されていない。 研究の目的は、不安障害と女性の脂肪酸摂取量との関係を明らかにすることとした。
方法:この横断研究には、18〜49歳のヘルスケアセンターに通う300人の女性が対象となった。

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他