2018年10月12日

不飽和脂肪酸の比率が異なり、かつ飽和脂肪酸の少ない食事をメタボリックシンドロームあるいはそのリスクのある被験者に摂取させることで、THP-1マクロファージからのコレステロール流出が増加する:なたね油についての多施設共同介入試験 体重

「コレステロール流出(=細胞内に蓄積されたコレステロールが外部に放出される現象)」は、アテローム性動脈硬化症の進行を防止する上で重要な役割を果たす。さまざまな不飽和脂肪酸を含み、その比率も異なる各種の植物油は、複数の心血管疾患の危険因子に好影響を及ぼす。しかし、コレステロール流出に対する効果は不明なままである。本研究の目的は、血清中へのコレステロール流出と、その脂溶性指数もしくは中心性肥満との関連に及ぼす不飽和脂肪酸比率が異なる低飽和脂肪酸(SFA)食の影響を調べることであった。

2018年10月12日

透析患者におけるアマニ油の血中骨代謝マーカーに対する影響:無作為化対照試験 腎臓

慢性腎疾患(ミネラルおよび骨の障害)は、透析患者の一般的な合併症である。本研究は、オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)の豊富な供給源であるアマニ油が、透析患者における骨形成および骨吸収の血清マーカーに及ぼす影響を調査するために考案された。

2018年10月12日

リノール酸をα-リノレン酸もしくは長鎖n-3多価不飽和脂肪酸と置き換えることで、西洋食により誘発される非アルコール性脂肪肝(NASH)が予防される 肝臓

西洋食中のn-6系多価不飽和脂肪酸(PUFA)およびn-3系 PUFAの不均衡は、非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)のリスクを増加させる可能性がある。本研究は、リノール酸をα-リノレン酸(ALA)または長鎖(LC)n-3PUFAで置き換えることにより、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を誘発する高脂肪+高フルクトース(HFHF)食摂取条件下でn-6:n-3脂肪酸比が低下するかを調査した。

2018年10月12日

抗炎症アプローチによるコンタクトレンズの不快感の調節:無作為化対照試験 炎症

contact lens discomfort(コンタクトレンズ不快感、CLD)に関連する炎症を調節するため、局所用副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)およびオメガ-3サプリメントを含む抗炎症アプローチの有効性を評価する。本無作為化比較試験では、CLDを有する成人72名をランダムに4分割した;対照群(オリーブ油群)、魚油食群(EPA900mg+DHA600mg/日)、魚油+アマニ油食群(EPA900mg+DHA600mg+αリノレン酸900㎎/日)、オメガ3目薬群(0.025% EPA + 0.0025% DHAを含む目薬を1日4回点眼)。

2018年10月12日

アマニ粉末は、Citrobacter rodentium誘発性大腸炎を緩和する脂肪減少食の効果を減少させる 新しい研究

アマニは、コレステロールを低下させることが知られているオメガ3多価不飽和脂肪酸、食物繊維およびリグナンが豊富に含まれている。しかし炎症性腸疾患の予防または治療のため使用する場合、恐らく食物相互作用に関連するさまざまな結果をもたらす。本研究では、高脂肪(HF;〜36%kcal)または低脂肪(RF;〜12%kcal)食のいずれかに加えてアマニを投与することで、Citrobacter rodentium誘発性大腸炎の重症度に与える影響を評価した。

2018年10月12日

赤血球中の長鎖PUFA濃度における、食事中LA / ALA比の高低差の影響 代謝

n-6脂肪酸リノール酸(LA)とn-3脂肪酸α-リノレン酸(ALA)の比を最適なものにすることで、ALAからヒトの健康に影響を与えるといわれるEPA・DHAへの効率的な変換が促進されるという仮説がある。本研究の目的は、低LA /高ALA食と高LA /低ALA食について、赤血球(RBC)中の脂肪酸濃度に対する効果を比較することであった。

2018年10月12日

健康な被験者に13 C標識したα-リノレン酸を投与することで、1~2カ月間の高用量α-リノレン酸摂取により代謝効率にどのような効果が表れたか調査する 代謝

本研究は以下の事項について調査することを目的としている。 (1)ALAの代謝を研究する上で、血漿リン脂質、赤血球およびLDLの中で最も感受性が高い画分がどこなのか。 (2)13 C標識されたALAに富むアマニ油(LO)の投与後にALAの吸収および代謝が飽和するかどうか。

2018年10月12日

欧州での大規模コホートにおける循環血漿リン脂質およびすい臓がんのリスク ガン

食品中の脂質や特定の脂肪酸がすい臓がんの発症に与える影響について、さまざまな報告が混在している。本研究では、the European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition(EPIC)コホート調査の中で、血漿リン脂質とすい臓がんリスクとの関連性を調べた。

2018年10月12日

心血管疾患の一次予防・二次予防のためのオメガ3脂肪酸 循環器疾患

エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などの魚由来長鎖オメガ3脂肪酸(LCn3)や植物由来のオメガ3多価不飽和脂肪酸(α-リノレン酸(ALA) )は、循環器の健康に有益である。各種の診断ガイドラインでは、オメガ3が豊富な食品の種類や、その摂取量を増やすことを推奨しているが、このような取り組みの効果を確認するための試験は直近では実施されていなかった。本研究の目的は、魚由来もしくは植物由来オメガ3の摂取量が増加したことで、死亡の原因、心血管疾患(CVD)事例、肥満や血中脂質にどのような影響がもたらされたかを評価することである。

2018年10月12日

油脂による血中脂質への影響:系統的レビューとネットワークメタ解析 循環器疾患

このネットワークメタ解析(NMA)の目的は、様々な油脂による血中脂質への影響を比較することである。2018年3月までに発表された文献の検索を行った。

2018年10月12日

α-リノレン酸とステアリドン酸を併用することで、高カロリー食ラットモデルにおいて、脂質および神経機能に関するマーカーが改善される 循環器疾患

本研究では高カロリー食を与えたラットモデルにおいて、エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富な魚油と比較して、αリノレン酸(ALA)とステアリドン酸(SDA)が豊富な陸生植物由来の油脂が心血管および神経機能に対する悪影響を防止するか検証した。

2018年10月12日

冠動脈疾患のバイオマーカーとしての血漿脂肪酸プロファイル:第4世代人工ニューラルネットワークを用いたパイロット研究 循環器疾患

冠動脈疾患(CAD)リスクの計算とモニタリングのための新しいバイオマーカーの特定に焦点を当てた多くの研究により、脂肪酸(FA)を用いてCADを予測できる可能性が示唆されている。本研究では、第4世代人工ニューラルネットワーク(ANN)に基づくデータマイニング手法を用いて、FAのマーカーとしての可能性を探った。

2018年09月15日

必須脂肪酸リノール酸とα-リノレン酸は性別に依存して肥満患者のグルコース恒常性を調節する 体重

本研究は集団ベースコホートにおいて食物中のリノール酸(LA)、α-リノレン酸(ALA)と2型糖尿病(T2D)リスクとの関連性を評価し、さらに高脂肪食誘導性肥満(DIO)マウスモデルによってそのメカニズムを調査するものである。

2018年09月15日

アマニはラットの精巣における低酸素誘発損傷を減少させる その他

低酸素症は、断続的もしくは連続的な低圧低酸素下で再酸素化段階の間に活性酸素種が増加することで起きるものであり、体組織の構造および機能に有害な影響を及ぼす。本研究は、ラット精巣における低酸素症の発生率の低下にアマニ(Fx)がどのような効果をもたらすか評価するために実施した。

2018年09月15日

陸軍の基本的な戦闘訓練中における食事の基準値と実際の食事摂取量との関係;多施設共同横断研究 その他

Army Regulation 40-25、OPNAVINST 10110.1 / MCO10110.49、AFI 44-141で概説されている軍用食事摂取基準(MDRI)は兵士の栄養要求を満たすことを意図した基準として確立されている。本研究の目的は、2017年に出版された改訂MDRIと、米軍人の食物摂取量の推定値を包括的に比較することである。

2018年09月15日

オメガ3の経口摂取は、正常血圧の成人における眼内圧を低下させる その他

緑内障は視野を悪化させる眼疾患であるが、その主なリスク因子のうち改善可能な因子は眼圧(IOP)の上昇である。オメガ3サプリメントが正常眼圧の成人の眼圧に影響を与えるかどうかを調べた。

2018年09月15日

亜麻仁の含水アルコール抽出物は、ラットモデルにおいて多嚢胞性卵巣症候群を改善する 閉経

植物由来の薬効成分は、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療または制御を行う上で代替の選択肢となる。アマニの含水アルコール抽出物の効果を、PCOS誘発ラットモデルにおける卵巣ホルモンの変化及び子宮と卵巣の組織学的変化によって評価した。

2018年09月15日

臨床試験で使用されたバナナ及びシナモンマフィンにおいて、粉砕アマニおよび貯蔵条件が官能特性もしくは選択された生理活性化合物に対して与える影響 食品への応用

LDLコレステロール低下に対する無作為化クロスオーバー試験のために0、20、30gのアマニを含むマフィンが開発された。粉砕されたアマニの量もしくは貯蔵条件(-20℃で1および6ヶ月間)が官能試験での評価、特有の物性、生理活性物質(リグナン類)の濃度、臨床試験参加者と消費者の受容性などにどのような効果を与えるのか調べた。

2018年09月15日

α-リノレン酸は、多発性硬化症患者の前向きコホートにおいて脳MRIの活性と関連している 新しい研究

植物由来のω-3脂肪酸α-リノレン酸(ALA)は、MS(多発性硬化症)のリスク低下と関連している。 ALAが疾患活動に影響を及ぼすか否かは現在のところ不明である。ALA濃度と疾患活動との間の関連を調査した。

2018年09月15日

てんかん患者におけるオメガ3脂肪酸とてんかん発作の関連:システマティックレビュー 新しい研究

オメガ3摂取とてんかん発作との関連に関する根拠は統一されたものがない。したがって、関係を明確にするために、このシステマティックレビューを行った。論文は電子データベース(PubMed、Scopus、Google Scholar、Cochrane、およびOvid)で検索し、得られた各論文のリファレンスを確認することで収集した。

2018年09月15日

カンボジア人とオーストラリア人女性との母乳脂肪酸組成の比較 発育

母乳は、オメガ3長鎖多価不飽和脂肪酸の豊富な供給源であり、乳児の脳の発達にとって重要であると考えられている。カンボジア人女性の母乳中の脂肪酸組成については、ヨーロッパ人女性と比較してデータが不足している。本研究の目的は、カンボジアに住む女性の母乳中の脂肪酸組成を決定し、オーストラリアに住む女性の母乳脂肪酸組成と比較することである。

2018年09月15日

αリノレン酸の脂肪組織量と虚血性脳卒中および虚血性脳卒中サブタイプのリスク:デンマークのケースコホート研究 循環器疾患

植物由来のオメガ3脂肪酸であるα-リノレン酸(ALA)は、心血管疾患のリスクを低下させる可能性がある。本研究では、脂肪組織中のALA含量と虚血性脳卒中のリスク、及びそのサブタイプとの関係を調査した。

2018年09月15日

「Singapore Chinese Health Study」における血漿脂肪酸と大腸がんのリスク ガン

血漿中の脂肪酸組成は、食事からの摂取と体内での合成の両方に影響される。大腸がん発症リスクにおける一価不飽和脂肪酸(MUFA)および多価不飽和脂肪酸(PUFAs)の役割を確立するために、血漿脂肪酸組成の予測分析が必要である。血漿脂肪酸組成と大腸がんリスクとの関連性を別々に評価するために、1993年から1998年の間に63,257人の男性と女性を集めたコホート研究である「Singapore Chinese Health Study」の中で、大腸がん(211の結腸がん、139の直腸がん)の症例および同等数の個人データを用いてコホート内症例対照研究を行った。

2018年08月02日

Linum usitatissimum L.(アマニ)の薬理学的、臨床的側面に関するレビュー ヘルスレビュー

Linax usitatissimum L.は一般的にはアマまたはアマニとして知られるアマ科植物であり、医学および産業利用のために様々な国で長く栽培されてきた。本研究では、アマニの化学成分や薬理学的特性および臨床上の利用状況を確認するためのほぼすべての情報を収集することを目標とした。

2018年08月02日

やけど患者の「大豆タンパク質+アマニ油」、「大豆タンパク質+コーン油」、「小麦粉+コーン油」摂取における筋肉異化作用、肝機能、血中脂質、血糖値の比較:無作為化臨床試験 その他

機能性食品としてアマニ油(FO)を添加した(もしくは添加しない)単離大豆タンパク質(ISP)の摂取量を増やすことで、火傷患者の筋異化および悪液質が減少するかどうかに関しての論争がある。このランダム化比較試験では、188例の患者が適格性について評価された。

2018年08月02日

異なる亜麻(Linum usitatissiumum L.)品種から抽出した粘性抽出物の性状:望ましい機能的およびレオロジー的性質を有するヘテロ多糖類 食品への応用

アマニ粘性抽出物は種子重量の約3〜9%に相当し、高分子量の水溶性ヘテロ多糖からなる。現在の研究では、インドのアマニ品種6種類から粘性抽出物を抽出し、その化学的、機能的、微細構造およびレオロジー特性を調べた。

2018年08月02日

2型糖尿病である便秘患者における、便秘、体重、血糖、脂質に対するアマニの効果についてのランダム化試験 糖尿病

2型糖尿病(T2D)である便秘患者の便秘症状スコア、体重、血糖値および脂質コントロールについて、ローストしたアマニの効果を比較する。

2018年08月02日

若い女性にアマニ油および異なる用量の魚油を2週間与えた際の血漿中ホスファチジルコリン脂肪酸に対する効果 代謝

n-3系長鎖PUFAを摂取した後、血中脂肪酸をその摂取量を推測するためのバイオマーカーとして広範囲に利用できるかどうかは不明である。しかし、摂取量を予測するためのバイオマーカーとして利用するには、摂取量をカバーする用量反応曲線が必要である。本研究の目的は、血漿中のホスファチジルコリン(PC)の脂肪酸組成が、サプリメントの摂取量において、魚油由来n-3系脂肪酸やαリノレイン酸(アマニ油)の高感度バイオマーカーとして利用できるかどうかを若く健康な女性を対象として調査することである。

2018年08月02日

卵巣摘出ラットの脂質プロファイル、インスリン感受性およびGLUT4発現量に及ぼすダイエタリーサプリメントとしてのアマニおよび大豆の影響 糖尿病

卵巣摘出ラットにおける脂質プロファイル、インスリン感受性およびGLUT4発現について、アマニまたは大豆とエストラジオールの効果を比較して評価した。

2018年08月02日

アマニに含まれる生物活性を持つ化合物と、その大腸がん予防効果 ガン

アマニ及びその生物活性成分は、大腸がん発症および進行のリスクの低下と関連している。 本レビューは、大腸がんリスクの軽減におけるアマニとその主な生物活性成分の役割に関する最近の研究を要約することを目的とする。

2018年07月04日

直接定量されたカナダ人幼児のn-3脂肪酸摂取量は、現在の食事推奨値よりも低い ヘルスレビュー

今日まで、北米の小児における食事中のn-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の摂取量を評価した研究はほとんどなく、現在の推定値は限界のある間接的アプローチに基づいている。さらに、α-リノレン酸(ALA)およびエイコサペンタエン酸(EPA)/ドコサヘキサエン酸(DHA)といった長鎖n-3 PUFAの摂取に関する現在の食事勧告に合致している子供の割合については、有効な知見がない。本研究の目的は、2〜3歳の幼児におけるn-3 PUFAの摂取量を直接定量し、摂取量が国際的な推奨を満たしているかどうかを判断することであった。

2018年07月04日

C6グリア細胞におけるAβ介在性炎症応答に対するα-リノレン酸の神経保護効果 炎症

アルツハイマー病(AD)のような神経変性のための治療的アプローチは広く研究されている。 ADの重要な特徴の1つは、アミロイドベータ(Aβ)の蓄積である。 Aβは神経毒性を誘導し、グリア細胞の活性化を介して炎症性メディエーターまたはサイトカインを放出する。これらの病理学的特徴はAD患者の脳において観察される。本研究の目的は、C6グリア細胞におけるAβ25-35誘発神経毒性に対するα-リノレン酸(ALA)の保護効果を調べることである。

2018年07月04日

食品由来ALA、EPA、DHAは雌雄ラットの腎臓、肝臓、血清におけるオキシリピンの濃度分布に明確な影響を与える 炎症

食品由来n-3脂肪酸が体組織の脂肪酸組成に影響を及ぼすというデータは数多くあるが、それらの酸化代謝産物(オキシリピン)には脂肪酸のような包括的なデータは限られている。本研究では腎臓、肝臓、血清中のオキシリピンおよび脂肪酸について、α-リノレン酸(ALA)、EPAまたはDHAを6週間摂取させた雌雄ラットを用いて、その影響を調べた。

2018年07月04日

M1様マクロファージにおけるα-リノレン酸の抗炎症効果は、α-リノレン酸およびリノール酸からのオキシリピン産生の増強と関連する 炎症

大部分が炎症性マクロファージ集団によって媒介される慢性炎症は、肥満、インスリン抵抗性および2型糖尿病を含む代謝疾患の誘導および永続化に直接寄与する。多価不飽和脂肪酸(PUFA)は、オキシリピンと呼ばれる生物活性酸素代謝産物の形成を介して炎症に深刻な影響を及ぼす可能性がある。本研究の目的は、食品由来オメガ3 PUFAであるα-リノレン酸(ALA)への曝露が、ヒトTHP-1細胞株由来のM1型マクロファージの炎症特性を弱める可能性があるかどうかを決定すること、及びオキシリピン分泌に付随する変化を調査することである。

2018年07月04日

アマニ油マイクロカプセルを利用したオメガ3アイスクリームのプロセス最適化と酸化安定性 食品への応用

アイスクリーム中のαリノレン酸(ALA、ω-3脂肪酸)含量を上げるために、マイクロカプセル化アマニ油粉末(MFOP)を添加した。アイスクリームミックスの均質化の段階、添加濃度(3,4,5%)および味(バニラ、バタースコッチおよびイチゴ)といった製造プロセスをそれぞれ最適化した。

2018年07月04日

易消化パンのテーブルテストにおいて、それぞれの食物繊維源がパン中の脂肪酸プロファイル、グリセミック指数(GI)、ポリフェノール含量に与える影響 食品への応用

本研究では、小麦のパンに食物繊維源(オーツ麦(OB)、アマニ(FB)、リンゴ(AB))を添加して調査を行った。OBとFBをパンに添加すると、脂肪酸プロファイルが大きく変化した。

2018年07月04日

アマニに含まれるフラボノイドであるHerbacetinは、肝臓の脂質代謝および脂肪調節酵素の調節を介して、高脂肪食による肥満およびインスリン抵抗性を改善する 糖尿病

健康に良いといわれる植物やその成分は、肥満とその関連疾患を安全に治療できる代替薬と考えられている。Herbacetinは多くの薬理活性を持つため、研究されてきた食品由来フラボノイドであるが、抗高血糖および抗高脂血症機能については未だ調査されていない。本研究は、高脂肪食誘導57BL / 6Jマウスにおける高血糖・高脂血症に対するHerbacetinの効果を評価するために行った。

2018年07月04日

肥満ラットにおける末梢神経障害に対する食用油の影響 糖尿病

本研究は飼料により肥満を誘発したSprague-Dawleyラットの末梢神経障害について、一価不飽和脂肪酸または多価不飽和脂肪酸に富む食用油(オリーブ油、紅花油、月見草油、アマニ油またはメンハーデン油(魚油))の効果を決定することを目的とした。

2018年07月04日

オメガ3脂肪酸の摂取により誘発されるCD36, NOS3 and PPARG遺伝子の変異と血中脂質濃度との相互作用反応:二重盲検RCT 糖尿病

オメガ3脂肪酸を摂取することで遺伝子の変異が血中の脂肪にどのような影響を与えているのか、依然として不明である。二重盲検ランダム化比較試験を設計し、2型糖尿病(T2D)患者150名をオメガ3脂肪酸摂取群(魚油56名、アマニ油44名)および対照群(50名)にランダムに分割した。

2018年06月08日

低GI食習慣と体重、肥満マーカーとの関連におけるパスタの効果:成人のRCTによるシステマティックレビューおよびメタ解析 体重

パスタのような炭水化物で構成された主食は、肥満の流行に関与している。パスタが体重増加に寄与するか、他の低血糖指数(GI)食品が体重減少に寄与するかは不明である。本レビューでは肥満に対するパスタの効果に関する科学的根拠を統合するため、GRADEシステムを用いたシステマティックレビューとメタ解析を実施した。

2018年06月08日

メタボリックシンドロームの危険因子に対するスーパーフードの影響:ヒト介入試験によるシステマティックレビュー 体重

機能性食品はメタボリックシンドロームの予防とその後の心血管疾患およびII型糖尿病の発症に有効であると考えられる。

2018年06月08日

オメガ3多価不飽和脂肪酸含量の高い食用油を投与する動物実験により、可視光による網膜の損傷を保護する効果が確認された その他

オメガ3(n-3系)多価不飽和脂肪酸(PUFA)が豊富な油を可視光誘発性網膜障害モデルウサギに投与し、その効果を調査した。

2018年06月08日

アマニ(Linum usitatissimum)のアルブミン、グロブリン画分の物性および乳化特性 その他

本研究では、アマニ中のアルブミンおよびグロブリンタンパク質画分の物性と乳化特性を調査した。

2018年06月08日

アマニ油を給餌して飼育したニワトリでは、高オレイン酸大豆油の摂餌量に比例して卵黄に含まれるn-3系多価不飽和脂肪酸の含量が減少する その他

ニワトリはα-リノレン酸(ALA; 18:3n-3)からエイコサペンタエン酸(20:5n-3)およびドコサヘキサエン酸(22:6n-3)を肝臓で合成することができる。しかしこの合成経路は代謝効率が低く、リノール酸(LNA; 18:2 n-6)によって競合的に阻害される。本研究では高ALAであるアマニ油を給餌し、LNAを減らして飼育したニワトリを用いて、高オレイン酸(OLA; 18:1n-9)大豆油がALAとその代謝産物であるn-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の卵および組織内濃度に及ぼす影響を調査した。

2018年06月08日

米国における小児と高齢者のオメガ-6 /オメガ-3脂肪酸摂取量:現在の推奨食事量およびHealthy Eating Indexと比較した食事摂取量 その他

オメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸とその比率は、小児と高齢者の認知機能に影響を及ぼすことが複数の試験により示されている。本研究ではこれら過去の試験データをもとに、脂肪酸摂取の推奨と総合的な食習慣を考慮して、小児と高齢者のオメガ6、オメガ3 脂肪酸摂取量をまとめることを目的とした。

2018年06月08日

血漿リン脂質中のリノール酸およびαリノレン酸が低濃度に、アラキドン酸が高濃度になることで高血圧リスクが上昇する 高血圧

食品中の脂質は、心血管疾患および死亡の重要なリスク要因である高血圧(BP)の発症および進行における重要な決定要素である。本研究の目的は、日本人男性における血漿リン脂質中の脂肪酸組成と高血圧との関連を明らかにすることであった。

2018年06月08日

n-3系多価不飽和脂肪酸は、糖尿病前症のラットにおいてd-ガラクトースに誘発される認知障害を予防する 糖尿病

n-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)の不足は、老後の認知障害およびうつ病と密接に関連している。認知障害およびうつ病は、高齢者においてメタボリックシンドロームなどの合併症を引き起こす。この研究の目的は糖尿病前症状態の加速老化ラットモデルを用いて、n-3PUFAを摂食させた際の認知症およびうつ病様行動に対する効果を評価することである。

2018年06月08日

過体重、肥満であるメタボリックシンドローム患者において、αリノレン酸に富む低エネルギー食の摂取は血清リン脂質の脂肪酸組成にどのような影響を及ぼすか 代謝

植物由来αリノレン酸(ALA)は心保護作用を発揮する可能性がある。ALAが不飽和化および伸長を経て長鎖オメガ3多価不飽和脂肪酸を形成することは知られているが、この代謝がヒトにおいて起きる頻度は不明である。本研究の目的は、ALAを強化したエネルギー制限食がメタボリックシンドローム患者の血清リン脂質の脂肪酸組成にどのような効果を与えるのか調べることであった。

2018年06月08日

メキシコ北部の大学生における抑うつ症状と多価不飽和脂肪酸であるオメガ3およびオメガ6の血清濃度との関係(スペイン語文献) 認知

これまでの研究により、多価不飽和脂肪酸(PUFA)であるオメガ3の血中濃度の低さ、オメガ6 /オメガ3比の高さがうつ病の原因に関与している可能性が示唆されているが、疫学的に実証されたものではない。本研究では抑うつ症状があるメキシコの大学生を対象に、オメガ3脂肪酸(ドコサヘキサエン酸:DHA、エイコサペンタエン酸:EPA、α-リノレン酸:ALA)の血中濃度と、オメガ6脂肪酸(アラキドン酸:AA)と EPAの比をそれぞれ評価した。

2018年06月08日

高コレステロール食のウサギにおけるフェニルプロパノイド化合物および加水分解性タンニンの増加に伴うLinum usitatissimum品種の種子(亜麻の種子)の影響 循環器疾患

食品中の脂質は血中脂質の代謝に関連する最も重要な因子の一つと考えられており、循環器系の炎症性疾患として広く受け入れられているアテローム性動脈硬化症の原因およびその予防において重要な役割を果たす。本研究の目的は、高コレステロール誘発アテローム性動脈硬化症ウサギモデルに対してフェニルプロパノイド化合物および加水分解性タンニンが豊富な遺伝的組み換えアマニ(W86)を摂食させた場合と、その親品種Linolaを用いた場合とを比較し、その効果を評価することである。

2018年06月08日

Secoisolariciresinol diglucoside は、JAK2 / STAT3シグナル伝達経路を活性化することで酸化ストレスに誘発される心筋細胞のアポトーシスを防止する 循環器疾患

酸化ストレスに誘発される心筋細胞のアポトーシスが虚血性心疾患における重要なプロセスであることは、過去の研究により証明されている。アマニに含まれるポリフェノール=植物リグナンであるSecoisolariciresinol diglucoside(SDG)は、心筋細胞をアポトーシスから効果的に保護することが実証されている。本研究では、「Janusキナーゼ2」(JAK2)と「signal transducer and activator of transcription 3」 (STAT3)の役割をSDGの保護効果を介することで調べた。

2018年04月20日

アマニ油は子豚に対するLPS暴露後にネクロプトーシス制御、およびTLR4 / NODシグナル伝達経路を調節することで腸の損傷や炎症を軽減する 炎症

訳注:ネクロプトーシス・・・壊死(ネクローシス)ではあるが、外的刺激ではなく自己の制御により誘導された組織破壊を伴う細胞死のこと。組織破壊を伴わないアポトーシスとは異なる概念

アマニ油はα-リノレン酸(ALA)の豊富な供給源である。ALAはドコサヘキサエン酸(DHA)およびエイコサペンタエン酸(EPA)といった長鎖n-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)の前駆体として知られている。本研究はリポ多糖類(LPS)によって誘導された腸の損傷に対するアマニ油の保護効果を調べたものである。

2018年04月20日

アマニ油による酸化ストレス反応の調節:脂質過酸化の役割とその基礎的メカニズム ガン

多価不飽和脂肪酸(PUFAs)は主にω-3およびω-6脂肪酸に分類される。ドコサヘキサエン酸(DHA、ω-3:22-6)およびα-リノレン酸(ALA、ω-3:18-3)はω-3脂肪酸であることが知られており、動物種(魚など)および植物種(アマニなど)から抽出される。

2018年04月20日

乳がんにおけるアマニの効果:文献レビュー ガン

乳がんは最も一般的ながんの1つであり、死亡原因としては世界で2番目に多い。 2014年、ポルトガルでは約27,200人ががんで死亡しており、そのうちの1,791人が乳がんの女性であった。アマニは動物試験が主でありほとんどヒト臨床試験はないものの、乳がんとの関係について最も研究されている食品の1つである。

2018年04月20日

小児高脂血症におけるアマニ:高コレステロール血症の小児および青年のためのアマニ摂食試験、盲検化プラセボ対照RCT 循環器疾患

小児の高コレステロール血症について、薬を用いずにマネジメントする のは困難であり、選択肢はほとんどない。本研究の目的は、小児の高コレステロール血症マネジメントにおいてアマニを摂食させた際の安全性と有効性を決定することである。

2018年04月20日

アマニ(linum usitatissimum)粉末は、成体雄ラットの骨の健康に寄与する 骨

本研究は、Wistar系の成体雄ラットにアマニ粉末を180日齢まで与えることで、骨の健康にどのような影響があるか評価するものである。

2018年03月16日

Secoisolariciresinol diglycoside(SDG:アマニリグナン)は血液脳関門を保護し抗炎症効果を持つことから、神経炎症への影響がある 炎症

アマニに含まれるリグナン類の主要成分であるSecoisolariciresinol diglucoside(SDG)には炎症、酸化ストレス、心臓病、腫瘍進行、アテローム性動脈硬化症および糖尿病といったさまざまな疾病に対する有益な効果が報告されている。

2018年03月16日

虚血性脳卒中モデルにおけるアマニ油の機能的運動回復に対する神経保護効果:BDNFおよびGDNFの調節 高血圧

虚血性脳卒中は運動機能障害の主な原因である。一方、アマニは抗酸化物が最も豊富な植物の一つとして知られている。本研究では、脳虚血・再灌流病態モデルラット(IRモデル)において、アマニ油の摂取が運動機能の回復および脳運動野領域由来神経栄養因子(BDNF)の遺伝子発現とタンパク質含量に及ぼす影響を評価した。

2018年03月16日

紅花油(n-6)およびアマニ油(n-3)を多く含む食品は、それぞれ異なるメカニズムにより視床下部の脂肪酸組成、遺伝子発現およびインスリンシグナル伝達を調節する。 糖尿病

多価不飽和脂肪酸(PUFA)は、全身のエネルギー恒常性を調節する脳の領域である視床下部において重要なシグナル伝達を担っている。

2018年03月16日

「特定のエジプト産アマニ品種から搾油された油」をげっ歯類による産後うつ病モデルで評価したところ抗うつ剤と同様の効果が得られた 新しい研究

アマニ(Linum usitatissimum L.)は健康促進に関する多くの機能を持つ作物である。本研究は、エジプトのアマニ6品種の脂肪酸組成と精製油あたり収量を調査するために行われた。

2018年03月16日

海水魚由来の油は、乳腺がんの予防において植物由来のn-3多価不飽和脂肪酸よりも強い効果がある 循環器疾患

エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)などの海洋由来のn-3ポリ不飽和脂肪酸(PUFA)は、乳がんを阻害することが示されている。しかし、西洋食における主要なn-3 PUFAである植物由来α-リノレン酸(ALA)の効果には依然として確証がない。

2018年03月16日

α-リノレン酸の食事摂取とCHDのリスクとの関連および用量反応関係:コホート研究の系統的レビューおよびメタアナリシス 循環器疾患

過去の研究では、α-リノレン酸(ALA)とCHDリスクとの間に関連がないというような試験結果もいくつか報告されていた。 本研究ではALA摂取とCHDリスクとの関連を総括し、用量 – 反応関係を評価することを目指した。

2018年03月16日

オメガ3多価不飽和脂肪酸は、エストロゲン受容体陽性乳がん細胞株(MCF-7)における細胞生存率および発がん性MicroRNA-21の発現を時間依存的に低下させる ガン

オメガ3多価不飽和脂肪酸(n-3 PUFA)であるα-リノレン酸(ALA)およびその代謝産物、エイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)はそれぞれ乳がん細胞の増殖を低下させるが、その作用機序は、マイクロRNA(miRNA)が関与している可能性もあり、依然として不明である。

2018年03月16日

アマニリグナンは、乳がん細胞株MDA-MB-231およびSKBR3に対する化学療法薬剤の細胞傷害性を高める ガン

全身性細胞傷害性化学療法(全身に作用する抗がん剤)は依然として転移性乳がんの治療法の主流であるが、その予後および全生存率は副作用や高い毒性のため悪化する傾向にある。

2018年03月16日

Abcg2ノックアウトマウスにおけるアマニリグナンおよびそれらの代謝産物の組織分布の変化 ガン

リグナンは食物ポリフェノールであり、腸内微生物によって代謝され、エンテロリグナンと呼ばれる植物エストロゲン代謝物となる。主な代謝物はエンテロラクトンおよびエンテロジオールである。

2018年03月16日

アマニ6品種から得られたリグナン画分の抗がん能 ガン

本研究の目的は、ヒト乳がん細胞株(T47D)及びマウスの腫瘍に対してリグナンを多く含む画分であるアマニの加水分解精製物(PFH)がどのような抗がん能を発揮するかを確認することで、その治療効果と作用機序を明確にすることである。

2018年02月09日

「メタボリックシンドローム患者において、アマニ油とヒマワリ油の消費が血清グルコース、脂質プロファイル、血圧、脂質過酸化に与える効果の比較」 体重

背景:メタボリックシンドローム(MetSyn)は、II型糖尿病のリスクおよび心血管疾患の罹患率と死亡率を増加させる。機能性食品であるアマニ油(FO)は、必須オメガ3脂肪酸の主要な植物性供給源の1つである。

2018年02月09日

「メタボリックシンドロームのラットにおいて、酸化ストレスに対するアマニ油とアマニリグナンセコイソラリシレジノールジグルコシドの保護的役割」 体重

本研究では、アマニ油(FO)とアマニリグナンセコイソラリシレジノールジグルコシド(SDG)の、メタボリックシンドローム(MS)ラットにおける酸化ストレスに対する保護的な効果を評価した。48匹のラットを以下の6群に分けた:1群(コントロール)、5群(FO)、6群(SDG)は水を与えられ、それぞれに毎日生理食塩水、FO、SDGを経口投与した。

2018年02月09日

「多嚢胞性卵巣症候群患者の代謝状態におけるアマニ油オメガ-3脂肪酸補給の効果:無作為化、二重盲検プラセボコントロール試験」 その他

目的: 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)患者の代謝状態に対するアマニ油中オメガ-3脂肪酸補給の効果を測定するために実施した。

2018年02月09日

「血糖コントロールとインスリン感受性に関するアマニの補給について:25の無作為化プラセボコントロール試験のシステマティックレビューとメタアナリシス」 糖尿病

状況:血糖コントロールとインスリン感受性に関するアマニの効果を調べているヒト臨床試験の結果は一貫性がない。 目的:本研究は、アマニの消費が血糖コントロールに与える影響を評価する無作為化コントロール試験の分析とシステマティックレビューを目的とした。

2018年02月09日

「オメガ-3が豊富なアマニ油は、肥満、糖尿病、脂質異常症マウスモデルにおいて、GPR120レセプターが部分的に仲介する小胞体ストレスと炎症を防ぎ大動脈を保護する」 糖尿病

アテローム発生への”最初のヒット”はToll様レセプター4(TLR4)、小胞体ストレスによって引き起こされ、最終的に代謝機能障害となる。本研究では、我々はアマニ油リッチな食事(FS)が肥満マウスの大動脈における脂肪酸レセプターGPR120の活性化により、これら炎症性シグナル伝達経路を消失させることで、代謝恒常性を回復すると仮定した。グルコース恒常性はGTT(グルコース負荷試験)やITT(インスリン抵抗性試験)で評価され、リピドミクスはハイブリッドイオントラップ-オルビトラップ質量分析計を用いて、血清脂質は比色分析アッセイを用いた測定で、GPR120と浸潤性マクロファージは免疫蛍光法を用いた分析で、タンパク質免疫沈降および遺伝子発現はウェスタンブロットとRT-PCRでそれぞれ評価した。

2018年02月09日

「アマニ油は肥満脂肪組織の脂質恒常性を再構築することにより、慢性のHFD誘発インスリン抵抗性を緩和させる」 糖尿病

新たに得られつつあるエビデンスから、循環器系内の長鎖n-3多価不飽和脂肪酸(n-3PUFA)のレベルが、肥満とインスリン抵抗性の低い有病率と密接に関連していた。しかしながら、α-リノレン酸を豊富に含むアマニ油(ALA-FO)のインスリン抵抗性に対する生理活性と潜在的なメカニズムに対する理解は未だに限られている。本研究では、脂肪組織脂肪分解に焦点を当てたC57BL/6Jマウスにおける高脂肪食(HFD)誘発性インスリン抵抗性へのFOの効果を評価した。

2018年02月09日

「ストレスを与えられたラットの血圧における異なる発育期間中のアマニ(オメガ-3源)をベースにした食事の作用」 発育

目的:本研究の狙いは、異なる発育期間中にアマニ食がストレスにさらされたラットの血圧に与える作用を調べることである。

2018年02月09日

「アマニ摂取は、A/Jマウスにおいて化学的に誘導された肺腫瘍の形成阻害と第Ⅱ相酵素および炎症性サイトカインの発現を調整する」 ガン

アマニの摂取は、肺の損傷モデルにおける酸化ストレスと炎症の軽減に関与しており、乳房および前立腺組織に対する抗ガン効果も示す。しかし、肺ガンに対するアマニの化学的防御の可能性はよくわかっていない。本研究で、我々はA/Jマウスモデルにおけるタバコ煙の発ガン性物質(NNK)誘導肺腫瘍形成に対するアマニの効果を調査した。

2017年12月28日

「周期性乳房痛継続時間に対するアマニ及び月見草オイル、ビタミンEの効能比較」 閉経

背景:周期性乳房痛は、助産師のような有識者による指導に繋がる最も一般的な乳房疾患である。本研究の目的は、乳房痛継続時間におけるアマニ、月見草オイル、ビタミンEの治療効果を比較することである。

2017年12月28日

「アマニ油の摂取は、アポリポタンパク質-Eノックアウトマウスにおけるウェスタンダイエット飼料による非アルコール性脂肪肝疾患を予防する」 肝臓

非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)の有病率は、ここ数十年間で世界的に急増している。エイコペンタエン酸(EPA、C20:5n-3)やドコサヘキサエン酸(DHA、C22:6n-3)を主とするn-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の摂取は、NAFLDに対して改善効果があると考えられている。

2017年12月28日

「グルテンフリーベーカリー製品の栄養学的および食感の課題:レビュー」 食品への応用

グルテンフリーベーカリー製品のニーズが高まっている。現在のグルテンフリーベーカリー製品は、グルテン含有食品よりもタンパク質や繊維、ミネラルの含有量が低いが、グリセミック指数(GI)が高い。米とソバ粉の混合物もしくは卵白またはホエイタンパク質の添加量が低い物のみが、栄養および食感の両方の質の改善の可能性を示している。

2017年12月28日

「ALA/LAは、ROS/p38/TGF-β1経路による酸化ストレスおよびアポトーシスを減弱させることでHK-2細胞でのグルコース毒性を改善させる」 糖尿病

背景:糖尿病性腎症(DN)において、酸化ストレス(OS)が重要な役割を果たすことのエビデンスが揃いつつある。以前の研究で、ALA / LAが高グルコース誘発細胞毒性に対してHK-2細胞を保護することを示した。そこで、HK-2細胞のグルコース傷害モデルを確立し、TGF-β1の高グルコース誘発過剰産生およびその作用を媒介する可能性のあるメカニズムに対してALA/LAに有益な効果があるかを検証した。

2017年12月28日

「新たに糖尿病と診断された患者の脂肪酸プロファイル:何故それが疑われないのか」 糖尿病

背景:炎症誘発活性と特定脂肪酸の存在または不足と関連性があることが幾つかの研究で示されている。炎症は、糖尿病を含むいくつかの疾患と関連が見られる。 目的:初発1型糖尿病小児、診断後少なくとも1年経過している糖尿病小児、健康な小児の脂肪酸プロファイルを比較する。

2017年12月28日

「慢性腎疾患を有する心筋梗塞後の患者の繊維芽細胞成長因子23に与えるn-3脂肪酸摂取効果: The Alpha Omega Trial」 循環器疾患

繊維芽細胞成長因子23(FGF23)は、慢性腎疾患における心血菅死亡率に関与する独立したリスクである。n-3脂肪酸の摂取量は、FGF23 値や心血管リスクと逆の相関がある。我々は、海洋性エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)および、植物性α-リノレン酸(ALA)が心筋梗塞の病歴を持つ慢性腎疾患患者の血漿中のFGF23値に与える効果を試験した。

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他