2019年07月16日

アマニの摂取は過体重あるいは肥満である成人において、体重等の測定値や代謝、および炎症バイオマーカーを改善する 体重

本研究の目的は、過体重あるいは肥満である成人において、体重等の測定値、脂質プロファイル、インスリン抵抗性、および炎症性バイオマーカーに対するアマニ摂取の効果を評価することである。肥満度指数(BMI)が30.72±3.31 kg / m2である成人50名が本研究に参加した。

2019年07月16日

便秘、体重、血糖および脂質の管理に対するアマニもしくはサイリウムとその対照群の効果:2型糖尿病の便秘患者における無作為化試験 糖尿病

アマニとサイリウムについては、便秘の症状、体重、血糖および血中脂質濃度を低下させることが過去に報告されている。そして我々はアマニとサイリウムの投与は同様の効果があるだろうと仮定した。本研究では焙煎したアマニまたはサイリウム、もしくはプラセボ食品を2型糖尿病(T2D)の便秘患者に投与し、便秘症状、体重、血糖、および脂質を比較する。

2019年07月16日

妊娠中のα-リノレン酸摂取量を増加させることで、子供の出生時体重がより増加する 発育

妊娠中の母親において、食事に含まれる脂肪酸の量と種類は胎児の成長に大きく貢献している。胎児の成長における植物由来オメガ-3脂肪酸(α-リノレン酸、ALA)摂取の重要性を調査した研究はない。本研究の目的は妊娠中の母親のALA摂取量と出生時体重および子孫の体組成との関連を明らかにすることである。

2019年07月16日

内モンゴル在住の腹部肥満を伴う高血圧患者における心血管関連の脂質代謝プロファイルに対するn-3脂肪酸摂取の効果:無作為化対照試験 循環器疾患

n-3系脂肪酸を毎日摂取することは、心血管疾患リスクが高い欧米人の患者の血圧(BP)およびトリグリセリド(TG)濃度を低下させるための薬物治療の補助または代替になると考えられている。中国の高血圧患者におけるn-3系脂肪酸の投与による降圧効果として、以前に12週間の二重盲検無作為化対照試験(RCT)が報告されているが、肥満を伴う中国人の心血管代謝プロファイルに対する利点はよく知られていない。したがって、腹部肥満を伴う中高齢の中国人高血圧患者における、心血管代謝プロファイルに対する海産物由来もしくは植物由来のn-3系脂肪酸の効果を調べるために、以前のRCTのデータを再解析した。

2019年07月16日

乳がん生存者における再発不安は、多価不飽和脂肪酸による慎重な食事療法によって抑制することができる ガン

病態生理学で言う再発不安(fear of cancer recurrence:FCR)、つまりがん生存者にとって最も大きく、解決できない心理的問題は、恐怖記憶に関する処理機能が上手くはたらかないことから生じている可能性がある。n-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)には、うつ病性障害および不安障害を含む精神障害に対して有益な効果があり、恐怖記憶の処理に関与しているとされる。本研究ではn-3 PUFA組成ががん生存者におけるFCRと関連していると仮定した。

2019年05月08日

アマニ摂取が血漿CRP濃度に及ぼす影響を調査した臨床試験についてのシステマティックレビュー及びメタアナリシス 炎症

多くの実験および臨床試験により、アマニが強力な降圧作用を持つ可能性が示唆されている。しかし血漿C反応性タンパク質(CRP)濃度に対するアマニ摂取の効果に関する証拠は十分ではなかった。システマティックレビューおよびランダム化比較試験(RCT)を用いたメタアナリシスを通じて、血漿CRP濃度に対するアマニ摂取の影響を評価した。

2019年05月08日

てんかんの小児におけるオメガ6 /オメガ3比と認知機能(スペイン語文献) 発育

認知機能障害は小児てんかんの一般的な症状である。本研究は特発性てんかんの小児におけるω-6とω-3脂肪酸濃度の比率と、認知機能に対するその影響を評価することを目的とした。特発性てんかんの小児30人と健康な小児20人を対象に症例対照研究を行った。

2019年05月08日

アフリカ系アメリカ人およびヨーロッパ系アメリカ人女性におけるアマニ摂取前後のステロイドおよび生体異物代謝経路とエンテロラクトン排出の遺伝的変異 ガン

乳がんリスクと関連しているフィトエストロゲンであるエンテロラクトン(ENL)の代謝と排出は、ステロイドホルモンと生体異物代謝遺伝子の変動の影響を受ける可能性がある。ニューヨーク州西部出身の健康な閉経後女性252人(137人のヨーロッパ人祖先(EA)および115人のアフリカ人祖先(AA))により、アマニ摂取についての無作為化クロスオーバー試験を実施した。

2019年05月08日

アマニとタモキシフェン(抗がん剤)の摂取は閉経後女性の正常なヒト乳房組織のin vivoでの炎症に関する微小環境に影響を与える ガン

タモキシフェンなどの抗エストロゲン薬は乳がんのリスクを低下させるが、副作用があるため予防には適していない。食事を変えることが乳がんの予防戦略として有効である可能性がある。本研究は腸内細菌叢によってフィトエストロゲンの一種であるエンテロラクトンに変換されるアマニ(中のリグナン)を食事に加えることで、in vivoにて正常なヒト乳房組織に対してタモキシフェンと同様の効果を示すかについて、がんの進行に関与する炎症メディエーターに特に重点を置いて調べた。

2019年05月08日

食品に含まれる脂質組成物:公衆衛生戦略としての、PUFA(特にα-リノレン酸)による飽和脂肪酸の置換 ALAの健康効果

近年、飽和脂肪酸(SFA)の摂取量はアイルランド及び他のヨーロッパ諸国の両方で減少している。しかし、大部分の人々は依然としてSFAを推奨値である総エネルギー(TE)の10%未満に抑えることができていない。SFAの多量摂取は、コレステロール恒常性の変化および脂肪組織炎症を惹起することから、CVDおよび2型糖尿病(T2D)リスクが増加する可能性がある。

2019年04月18日

アマニのセコイソラリシレジノールジグルコシド(SDG)とその代謝産物:生合成及び栄養補助食品の可能性 ヘルスレビュー

主にアマニに含まれるSecoisolariciresinol diglucoside(SDG)は、必須のリグナンの一つである。SDG、有益な脂肪酸組成、高い繊維含有量によって、アマニは機能性食品または栄養補助食品成分の重要な供給源となっている。 SDGは心血管疾患、糖尿病、癌、精神的ストレスに対する保護効果など、いくつかの健康上の利点があることがさまざまな研究によって示されている。

2019年04月18日

生物医学研究におけるオメガ3脂肪酸の出現 ヘルスレビュー

1930年にリノール酸が必須脂肪酸であったという発見の直後に、α-リノレン酸も動物の脂肪酸欠乏症候群を予防するという報告が為された。しかし、いくつかの著名な研究施設ではα-リノレン酸を用いて上記のような所見を確認することができず、その結果、脂質研究におけるオメガ3脂肪酸への興味は一時的に失われた。

2019年04月18日

アルコール性肝疾患の管理のためのn-3系多価不飽和脂肪酸:批判的総説 肝臓

アルコールの過剰摂取はアルコール性肝疾患(ALD)の原因であり、世界中で肝臓に関わる疾病罹患率と死亡率の主な原因である。過去10年間で、n-3多価不飽和脂肪酸(n-3 PUFA)とALDとの関連性にますます注目が集まっている。本レビューでは、n-3 PUFAの代謝、ALD動物モデル、およびALDに適用し得る治療法としてn-3 PUFAの役割を決定づけている最近の研究からの知見を要約する。

2019年04月18日

ラットにおける加齢と高血糖症は脂質異常症による酸化ストレスと炎症を増強する:ALA及びEPA + DHAの回復能の評価 炎症

脂質代謝異常状態における酸化ストレス(OS)および炎症に対する老化および高血糖の影響は解明されていない。したがって本研究では、脂質異常症ラットのOSと炎症に対する、老化、高血糖、ならびにn-3脂肪酸(α-リノレン酸(ALA)およびエイコサペンタエン酸(EPA)+ドコサヘキサエン酸(DHA))の摂取にの影響を評価した。

2019年04月18日

カチオン性ナノエマルジョン製剤中の鼻腔内投与シクロスポリンAのCNS(中枢神経系)伝達と抗炎症作用 新しい研究

本研究の主な目的は、鼻腔内投与時のカチオン性水中油型ナノエマルジョンシステムを用いたシクロスポリン-A(CsA)のCNS伝達効率、分布、治療効果、および安全性を開発および評価することである。

2019年04月18日

チオアセトアミド投与による腎毒性誘発ラットにおけるアマニ油の潜在的保護作用 新しい研究

本研究は雄ラットにおいて、チオアセトアミドにより誘発された腎毒性に対するアマニ油の影響を評価することを目的とした。ラットを4つのグループに分け、第1群のラットを対照とした。

2019年04月18日

パーキンソン病患者における炎症、インスリンおよび脂質関連遺伝子の発現に対するオメガ3脂肪酸とビタミンEの併用効果:無作為化二重盲検プラセボ対照試験 新しい研究

本研究は、パーキンソン病(PD)患者における炎症、インスリンおよび脂質に関連する遺伝子発現に対するオメガ-3脂肪酸およびビタミンEの併用効果を評価するために行われた。この無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験は、PD患者40人を対象に実施された。

2019年04月18日

妊娠中および授乳中のフランス人女性は、必須n-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の食事摂取量が非常に低く不適切である:The INCA2 survey 発育

フランス全国調査INCA2によると、フランスの人口の大部分(子供、青年、成人および高齢者含む)は前駆体(α-リノレン酸、ALA)もしくは長鎖(主にドコサヘキサエン酸、DHA)の形で摂取しているn-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の量が少ない。しかし、このn-3 PUFAの不足が妊娠中や授乳中の女性についても当てはまるかは不明である。最新の全国的な食品の高精度データ(2006年および2007年に実施されたNational Survey INCA2から抜粋)を利用し、フランス人女性で妊娠中・授乳中である方(妊娠28人、授乳中21人)の食事中脂質およびPUFAの摂取量を決定し、出産適齢期にある742人の女性と比較した。

2019年04月18日

低リノール酸食およびエストロゲンは、変換酵素と転写因子の修飾を通してαリノレン酸のDHAへの代謝率を高める 代謝

αリノレン酸(ALA)から長鎖n-3 PUFAへの変換は、リノール酸(LA)の食事摂取量の影響を受けることが示唆されているが、そのメカニズムはよくわかっていない。本研究の目的は脂肪酸変換酵素と転写因子に及ぼす低LA食の影響(エストロゲンの有無を含む)を評価することである。

2019年04月18日

Conners’ rating scalesで評価した小児ADHD関連症状の軽減についてのオメガ3摂取の有効性:無作為化対照試験によるシステマティックレビュー 認知

オメガ3の摂取には抗炎症効果があると考えられている。この推測は炎症はADHDに関連付けられていることから大変意味があると思われる。本レビューの目的はオメガ3摂取が小児~青年期におけるADHD症状の軽減にどの程度有効なのか調べることである。

2019年04月18日

食品としてのアマニ:心血管疾患に対するその影響について、私たちが知っていることと知らないこと 循環器疾患

アマニには独特な組み合わせによる単独もしくは相乗的な作用により心血管系に有意な効果があると考えられる生物活性成分が含まれていると考えられている。アマニが心血管系に及ぼす影響についての研究は大きく増加していることから、本レビューにより現状を整理すること、すなわち心臓と血管系に対するアマニの影響について理解するための既知及び未知の効果について整理することには価値があると考えられる。

2019年03月02日

中米の子供たちとその両親の間の脂肪組織中の多価不飽和脂肪酸を社会人口統計学的、人体測定学的、食事的に予測する ヘルスレビュー

多価不飽和脂肪酸(PUFA)の摂取量はラテンアメリカ全体で低い。PUFA摂取状態を改善することは、慢性疾患に対する効果的な介入となる可能性があるが、その地域における社会人口統計学および食事パターンにおけるPUFA状態の情報は限定されている。中米に住む子供と、その両親の脂肪組織におけるPUFAの状態を示すバイオマーカーについて社会人口統計学的、人体測定学的および食事から予測する。

2019年03月02日

長鎖オメガ3多価不飽和脂肪酸と神経炎症、その効果は食事中のαリノレン酸とリノール酸濃度に依存する 炎症

神経炎症は多くの神経変性脳障害の根底にあり、その症状を抑える医薬品もしくは食事成分の研究が進歩していることは重要な前進である。長鎖多価不飽和脂肪酸(LC-PUFA)であるアラキドン酸(AA、20:4n-6)およびドコサヘキサエン酸(DHA、22:6n-3)は中枢神経系に「必須」であることが一部知られているが、それはこれらの脂肪酸が脳の免疫をある程度調節する役割を果たしていることによる。

2019年03月02日

正常高値およびステージI高血圧患者における24時間歩行血圧に対するα-リノレン酸の効果 高血圧

αリノレン酸の血圧に関する効果についての各種介入研究の結果は矛盾している。介入前の血圧が高い被験者の方がαリノレン酸の効果が高くなる可能性があり、研究間の矛盾は採用した母集団の違いによるものと考えられる。したがって、本研究では(前)高血圧患者の24時間歩行血圧(ABP)に及ぼすALAの影響を特に調べた。

2019年03月02日

オイルシード類を用いたパンの栄養強化に関するレビュー 食品への応用

ベーカリー製品にオイルシードを加えることでおいしさや栄養的な特徴を付加でき、そのようなベーカリー製品は近年人気を集めている。本レビューの目的は、パンや他のベーカリー製品におけるオイルシード(アマニ、チア、ヒマワリ、カボチャ、ゴマ、ケシの実)の使用を中心とした研究の概要を説明することである。

2019年03月02日

アマニを継続的に摂取することで慢性エタノール摂取の指標を最小限に抑えることができるか。 新しい研究

本研究の目的は、エタノール誘発性肝障害の動物におけるアマニ摂取の効果を評価することである。24匹の雄ラットを4つの群(n = 6)に分けた。対照群(CG)は対照食と水を自由に摂取させた。

2019年03月02日

大腸がん細胞における食用リグナン代謝産物であるエンテロジオールのアポトーシス効果 ガン

エンテロジオール(END)はさまざまな全粒穀物、ナッツ、マメ科植物、アマニ、野菜に含まれるリグナンからヒト腸内細菌の代謝により生成される物質である。ENDはいくつかの生理学的効果を有することが知られているが、大腸がん細胞(CRC細胞)における分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ(MAPK)シグナル伝達およびアポトーシスに対するその効果は未だ解明されていない。したがって、本研究はCRC細胞におけるアポトーシスに対するENDの影響、およびこれらの影響がMAPKシグナル伝達によって媒介されるかどうかを調査した。

2019年03月02日

閉経後女性の血中性ホルモン濃度に対するアマニ摂取の影響:無作為化対照介入試験 ガン

リグナンの摂取、その最も豊富な供給源であるアマニの摂取は、乳がんリスクの低下と関連している。エストロゲンなど内因性の性ホルモンは乳がんの発生に関与しており、リグナンはこれらの性ホルモン濃度を変化させる可能性がある。血中ホルモンに対するアマニの効果を評価するために、カナダのトロントで閉経後の女性99人を対象に無作為化対照試験を実施した。

2019年03月02日

心血管疾患の一次および二次予防のためのオメガ3脂肪酸(コクランレビュー) 循環器疾患

コクランレビューの日本語HPに記載の通り。
https://www.cochrane.org/ja/CD003177/xin-xie-guan-ji-huan-notamenoomega3she-qu

2019年03月02日

全粒アマニ(Linum usitatissimum)の高コレステロール食への添加と、Wistar albino雄性ラットにおける高脂血症およびアテローム性動脈硬化症に対する効果 循環器疾患

アマニは、その成分であるリグナン(SDG)、αリノレン酸及びオメガ-3脂肪酸により高コレステロール血症およびアテローム生成活性を抑制する様々な有効性があることが知られている。全粒アマニの有益な効果について、高コレステロール食(HCD)を給餌したWistar albinoラットにより実験的に評価した。

2019年03月02日

循環器系健康調査における高齢者の血中オメガ3多価不飽和脂肪酸と健康な老化:前向きコホート研究 循環器疾患

本研究はオメガ3多価不飽和脂肪酸(n3-PUFA)濃度についてのバイオマーカー測定値と健康的な老化との間の長期的関連性を決定することを目的としている。前向きコホート研究は1992年から2015年の間に実施された米国4地域での心血管健康調査データを使用した。

2019年02月24日

両親とその子供における脂肪組織中の多価不飽和脂肪酸とメタボリックシンドローム 体重

多価不飽和脂肪酸(PUFA)は、メタボリックシンドローム(MetS)の病因に影響を与える可能性がある。本研究の目的は中部アメリカ在住の両親とその子供の脂肪組織に含まれるPUFAのマーカーとMetSとの関連を調べることである。

2019年02月24日

アマニ油 – 医薬品および栄養補助食品の有効成分としての脂質源 ヘルスレビュー

アマニは、その組成に起因する動物の健康への有益な効果で知られており、オメガ6(リノール酸)とオメガ3(α-リノレン酸)脂肪酸、様々な食物繊維とリグナンを含むことで癌や心血管疾患のリスクを減らし、LDLコレステロールのレベルを下げ、動脈の平滑筋細胞を弛緩させて血流を増加させることに健康上の利点があるとされる。

2019年02月24日

月経前症候群(PMS)の治療のためのイランの生薬の有効性と安全性に関するシステマティックレビュー 閉経

月経前症候群(PMS)は、生殖年齢の女性の間で最も一般的な問題の1つである。補完/代替療法の人気が近年高まっており、これらの治療法は男性(37.8%)よりも女性(48.9%)によって一般的に使用されている。本レビューの目的は、月経前症候群の治療に対するイランの生薬の有効性と安全性を評価することであった。

2019年02月24日

アマニ油の酸化安定性:親水性、疎水性および中間極性の酸化防止剤の効果 食品への応用

酸化による劣化は、アマニ油(FSO)の利用を制限する大きな問題である。本研究では、親水性(タンニン酸)、疎水性(α-トコフェロール)、および中間極性(アスコルビルパルミテート)といった、最も高いDPPHラジカル捕捉能および鉄キレート化能を示す天然抗酸化剤がFSOの酸化安定性に与える影響を調べた。

2019年02月24日

乳牛のルーメン発酵、乳中脂肪酸の分布、乳牛の飼育におけるエンドウ豆の代替としてタンニン含有ソラマメを使用した共押出しアマニ及び全粒アマニの評価 食品への応用

この研究では、ルーメン発酵、乳中の脂肪酸、および乳牛飼育に対する、全粒アマニと「アマニ+エンドウ豆もしくはタンニン含有ソラマメ」の押出成型食餌の効果を評価した。

2019年02月24日

食品のリグナン含有量に関するデータ評価 食品への応用

植物リグナン、セコイソラリシレシノール(SEC)およびマタイレシノール(MAT)は、胃腸管において哺乳類のリグナンとして知られている代謝産物、エンテロジオール(ED)およびエンテロラクトン(EL)に変換される。細胞試験では、EDやELはエストロゲン様特性と抗エストロゲン様特性の両方を示すことが知られている。

2019年02月24日

動物由来食品のフィトエストロゲン含有量:乳製品、卵、肉、魚、およびシーフード 食品への応用

食品中のフィトエストロゲンは慢性疾患の発症率に関与している可能性がある。植物由来のフィトエストロゲン含有量に関する信頼できる情報は、疫学研究の際に疾病リスクを評価するために必要となる。しかし、既存の分析報告は植物由来食品中の化合物1種のみに焦点を合わせており、動物起源の食品に関する情報はほとんどなく、摂取量の過小評価につながっている。本研究は動物由来食品中のフィトエストロゲン含有量についての初の包括研究である。

2019年02月24日

亜麻(Linum usitatissimum L.)種子における栽培品種、栽培年、及びリグナンおよび関連するフェノール類への知見、健康を増進する抗酸化能についての考察 新しい研究

アマニはリグナンを最も豊富に含む天然穀物を代表する機能性食品であり、他の健康に有益なフェノール化合物(フラボノールやヒドロキシケイ皮酸)を多量に蓄積する。この特定の蓄積パターンは、人間の健康に対する多数の有益な効果に関連している。しかし、これまでアマニ中の化学物質の合成量および組成に対する遺伝的および地理的パラメータの相対的な影響に関するデータはほとんどない。本研究では、アマニ中の化学物質の蓄積量と組成に対する地理的パラメータに対する品種の主な影響を証明するものである。

2019年02月24日

中国人における赤血球中のn-3系多価不飽和脂肪酸と2型糖尿病との関連 糖尿病

アジア地域の人々における血中n-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)と2型糖尿病との関連は不明のままである。本研究では、中国人における赤血球中のn-3系 PUFAと2型糖尿病との関連性を調べることを目的とした。

2019年02月24日

Linum usitatissimum栽培品種(亜麻)の種子が高コレステロール食ウサギにおけるフェニルプロパノイド化合物と加水分解性タンニンの増加に与える影響 循環器疾患

食品中の脂質は血中脂質代謝に関連する最も重要な要因の1つと考えられており、血管系の炎症性疾患として広く受け入れられているアテローム性動脈硬化症の原因とその予防に重要な役割を果たしている。本研究の目的は、高コレステロール誘発アテローム性動脈硬化症ウサギモデルにおけるフェニルプロパノイド化合物および加水分解性タンニンに富む遺伝子組み換えアマニ(W86)の効果を親系栽培品種Linolaと比較して評価することである。

2019年02月24日

n-3系多価不飽和脂肪酸を妊娠中に摂取することで、子の乳がんリスクが低下する ガン

妊娠中の母親がどのような食事を摂るかによって、その子供が成人した際に多くの成人病リスクに影響を与える。本試験では、女児の(将来的な)乳がんリスクに及ぼす妊娠中n-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)食の影響を調べた。

2019年02月24日

アマニリグナン(セコイソラリシレジノールジグルコシド、SDG)は局所炎症を減少させ、NFκBシグナル伝達を抑制し、乳腺腫瘍の増殖を阻害する。 ガン

ポリフェノール性植物リグナンであるセコイソラリシレジノールジグルコシド(SDG)およびその代謝産物エンテロラクトン(ENL)を投与することで乳がん進行の減少、特にエストロゲン受容体アルファ(ERα)陰性疾患や前臨床乳腺腫瘍増殖の低下に効果があるとされている。しかし過去の前臨床試験からSDGおよびENLがトリプルネガティブ乳がんモデル(TNBC、ERα陰性疾患のサブセットでありER、PgR(プロゲステロン受容体)、HER2がすべて陰性となる病態のこと)の進行尺度に影響を与えることを立証したが、これらの影響の根底にある分子メカニズムは不明のままである。

2019年02月24日

新たに診断された乳がん患者における診断後のイソフラボンとリグナン摂取量:断面調査により以前に評価されていなかった高リグナン食物からの大量摂取が示唆される ガン

イソフラボンとリグナン(植物性エストロゲン)は潜在的に抗発がん作用を持つ食事成分とされている。イソフラボンやリグナンの摂取は乳がんの治療や予後に影響を与える可能性があるが、その関連性は更年期状態によって異なる可能性があり、がん診断後の摂取データは限定されたものしかない。新たに乳がんと診断された患者における診断後のイソフラボンとリグナンの摂取量を記録し、更年期状態と植物エストロゲンの種類による違いを調べ、将来の予後研究において食事と生存の評価を行うことを目的とした。

2019年02月24日

高脂肪食マウスにおいてα-リノレン酸は脂肪肝を予防し、耐糖能を改善する ALAの健康効果

食品中のオメガ3脂肪酸は、血清コレステロール値を下げ、心血管疾患のリスクを減らすのに効果的である。しかし、アマニ油に含まれるオメガ-3脂肪酸であるα-リノレン酸(ALA)による代謝および分子変化は完全には解明されていない。本研究では、ALAとインスリン抵抗性、炎症および小胞体ストレス(ERS)との間の相関関係を示した。

2019年02月24日

アマニ由来の機能性成分のバイオプロセシング その他

アマニ(Linum usitatissimum L.)は、リグナン、脂質、タンパク質、繊維、炭水化物、および微量栄養素などの栄養成分を含む油糧種子です。そのためアマニは高い付加価値を持つ機能性成分源として確立された評判を得ています。

2019年02月06日

健康かつ肥満でない成人における、心血管疾患マーカーに対するケルセチンとαリノレン酸の併用効果:無作為化二重盲検プラセボ対照クロスオーバー試験 循環器疾患

αリノレン酸(ALA)およびケルセチンは植物由来の食品に含まれる特徴的な化合物である。 ALAとケルセチンを併用する利点は、我々の知る限りまだ評価されていないが、心臓保護作用が両方の物質について報告されている。本研究の主目的は、健康かつ肥満でない成人男女に対し、血圧(BP)および脂質代謝、糖代謝、炎症、酸化ストレス、抗酸化物質のバイオマーカーにALAおよびケルセチンがそれぞれ単独、もしくは相加的な影響を与えるのかについて調査することであった。

2019年02月06日

末梢動脈疾患患者の不整脈、間歇性跛行に対するアマニの効果 循環器疾患

末梢動脈疾患(PAD)を有する患者は、心血管イベントのリスクが高まり、不整脈を発症しやすくなる。この二重盲検無作為化試験「FLAX-PAD trial」の目的は、PAD患者が1年間に30gのアマニ(またはプラセボ)を毎日摂取することで、不整脈罹患率および運動耐容能に影響するかどうかを判断することであった。

2018年11月13日

更年期の女性の性機能に及ぼす植物エストロゲンの影響:システマティックレビュー及びメタ解析 閉経

本システマティックレビューおよびメタ解析は、更年期女性の性的障害および性交困難の重症度に対する植物エストロゲンの有効性を批判的に評価することを目的とする。

2018年11月13日

NAFLDに対するプロバイオティクスとオメガ3脂肪酸の併用効果:ランダム化臨床試験 肝臓

プロバイオティクスの投与による腸内細菌叢の操作は、非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)治療の潜在的戦略として提案されている。したがって本研究では、NAFLDを併発している2型糖尿病患者において、プロバイオティクスとオメガ3の同時投与の有効性を評価するために、二重盲検無作為化プラセボ対照試験(RCT)を実施した。

2018年11月13日

冠状動脈疾患患者におけるアマニ摂取が血流依存性血管拡張反応および炎症性バイオマーカーに及ぼす影響:無作為化比較試験 炎症

冠状動脈疾患(CAD)患者の血管内皮機能障害や炎症バイオマーカーに対するアマニの効果を評価した研究は限られている。本研究の目的は、アマニ摂取がCAD患者における血流依存性血管拡張反応(FMD)および炎症マーカーに与える影響を調べることであった。

2018年11月13日

Linoorbitides(アマニに含まれる環状ペプチド)とエンテロラクトンは、炎症誘発性酸化ストレスと腸管上皮バリア機能の弱化を軽減する 炎症

腸管上皮バリアの機能障害および酸化ストレスは炎症性腸疾患(IBD)の病因の特徴であると考えられており、この2点の緩和を目的とした医薬品の開発が続けられている。慢性炎症性疾患の治療において天然成分を補助的に利用することはあるが、IBDに対してそれらを適用する場合、個々の生物活性物質の効果についてより深い知見が必要となる。本研究では、炎症による腸管上皮バリア機能障害および酸化ストレスを緩和するために、アマニに含まれるLinoorbitides(LOB)及びエンテロラクトン(ENL)の能力をin vitroで調べた。

2018年11月13日

麻繊維、亜麻繊維の化学組成による抗酸化力 新しい研究

麻や亜麻から得られた繊維は、健康に良い性質を有する繊維原料として知られている。本研究では、これらの繊維から作られた布織物がヒトの皮膚と接触した際に健康効果を発揮するという現象を説明するために、繊維の抗酸化活性を調べた。

2018年11月13日

アマニ油は小胞体ストレスへの適応を助けることで、マウスの脂肪肝およびインスリン抵抗性を低下させる 糖尿病

モデル動物とヒトの両方で、α-リノレン酸が豊富なアマニ油(ALA-FO)の脂質代謝異常に対する利点が実証されている。しかし、インスリン抵抗性および2型糖尿病に対するFOの代謝応答には依然として矛盾がある。本研究は、肝臓のn-3脂肪酸のリモデリングと小胞体(ER)ストレスに焦点を当て、慢性高脂肪食(HFD)誘導性脂肪肝、インスリン抵抗性および炎症に対するFOの効果を調べることを目的とした。

2018年11月13日

不飽和脂肪酸はラットにおいて、母体の脂質異常症が誘発する胎盤および胎児の肝臓におけるDNAメチル化およびヒストンアセチル化を調節する 発育

本研究では、母体の脂質異常症が誘発する胎盤および胎児肝臓におけるDNAメチル化およびヒストンアセチル化、胎児肝臓中脂質の蓄積における不飽和脂肪酸の役割を評価した。

2018年11月13日

コール酸を含む高脂肪食を与えたラットの腸内酵素活性および脂質代謝に対する未加工もしくは脱脂アマニの効果の比較 循環器疾患

脱脂は、食品により誘発された障害(肥満など)のあるラットに対するアマニの有益な効果を決定する重要な因子であると考えられる。

2018年11月13日

乳腺がん予防法としての低酸素負荷に伴う、ALAを介したα-7nAchR / HIF-1αの転写調節 ガン

本研究は、N-メチル-N-ニトロソ尿素(MNU)により誘発されたER陽性乳腺がん(エストロゲンにより誘発される乳がんの一種)とC.エレガンス(線虫)を用いたモデルにより、α-リノレン酸(ALA)がミトコンドリア負荷、低酸素癌微小環境およびコリン作動性抗炎症経路にどのような影響を及ぼすか示すものである。

2018年10月12日

不飽和脂肪酸の比率が異なり、かつ飽和脂肪酸の少ない食事をメタボリックシンドロームあるいはそのリスクのある被験者に摂取させることで、THP-1マクロファージからのコレステロール流出が増加する:なたね油についての多施設共同介入試験 体重

「コレステロール流出(=細胞内に蓄積されたコレステロールが外部に放出される現象)」は、アテローム性動脈硬化症の進行を防止する上で重要な役割を果たす。さまざまな不飽和脂肪酸を含み、その比率も異なる各種の植物油は、複数の心血管疾患の危険因子に好影響を及ぼす。しかし、コレステロール流出に対する効果は不明なままである。本研究の目的は、血清中へのコレステロール流出と、その脂溶性指数もしくは中心性肥満との関連に及ぼす不飽和脂肪酸比率が異なる低飽和脂肪酸(SFA)食の影響を調べることであった。

2018年10月12日

透析患者におけるアマニ油の血中骨代謝マーカーに対する影響:無作為化対照試験 腎臓

慢性腎疾患(ミネラルおよび骨の障害)は、透析患者の一般的な合併症である。本研究は、オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)の豊富な供給源であるアマニ油が、透析患者における骨形成および骨吸収の血清マーカーに及ぼす影響を調査するために考案された。

2018年10月12日

リノール酸をα-リノレン酸もしくは長鎖n-3多価不飽和脂肪酸と置き換えることで、西洋食により誘発される非アルコール性脂肪肝(NASH)が予防される 肝臓

西洋食中のn-6系多価不飽和脂肪酸(PUFA)およびn-3系 PUFAの不均衡は、非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)のリスクを増加させる可能性がある。本研究は、リノール酸をα-リノレン酸(ALA)または長鎖(LC)n-3PUFAで置き換えることにより、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を誘発する高脂肪+高フルクトース(HFHF)食摂取条件下でn-6:n-3脂肪酸比が低下するかを調査した。

2018年10月12日

抗炎症アプローチによるコンタクトレンズの不快感の調節:無作為化対照試験 炎症

contact lens discomfort(コンタクトレンズ不快感、CLD)に関連する炎症を調節するため、局所用副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)およびオメガ-3サプリメントを含む抗炎症アプローチの有効性を評価する。本無作為化比較試験では、CLDを有する成人72名をランダムに4分割した;対照群(オリーブ油群)、魚油食群(EPA900mg+DHA600mg/日)、魚油+アマニ油食群(EPA900mg+DHA600mg+αリノレン酸900㎎/日)、オメガ3目薬群(0.025% EPA + 0.0025% DHAを含む目薬を1日4回点眼)。

2018年10月12日

アマニ粉末は、Citrobacter rodentium誘発性大腸炎を緩和する脂肪減少食の効果を減少させる 新しい研究

アマニは、コレステロールを低下させることが知られているオメガ3多価不飽和脂肪酸、食物繊維およびリグナンが豊富に含まれている。しかし炎症性腸疾患の予防または治療のため使用する場合、恐らく食物相互作用に関連するさまざまな結果をもたらす。本研究では、高脂肪(HF;〜36%kcal)または低脂肪(RF;〜12%kcal)食のいずれかに加えてアマニを投与することで、Citrobacter rodentium誘発性大腸炎の重症度に与える影響を評価した。

2018年10月12日

赤血球中の長鎖PUFA濃度における、食事中LA / ALA比の高低差の影響 代謝

n-6脂肪酸リノール酸(LA)とn-3脂肪酸α-リノレン酸(ALA)の比を最適なものにすることで、ALAからヒトの健康に影響を与えるといわれるEPA・DHAへの効率的な変換が促進されるという仮説がある。本研究の目的は、低LA /高ALA食と高LA /低ALA食について、赤血球(RBC)中の脂肪酸濃度に対する効果を比較することであった。

2018年10月12日

健康な被験者に13 C標識したα-リノレン酸を投与することで、1~2カ月間の高用量α-リノレン酸摂取により代謝効率にどのような効果が表れたか調査する 代謝

本研究は以下の事項について調査することを目的としている。 (1)ALAの代謝を研究する上で、血漿リン脂質、赤血球およびLDLの中で最も感受性が高い画分がどこなのか。 (2)13 C標識されたALAに富むアマニ油(LO)の投与後にALAの吸収および代謝が飽和するかどうか。

2018年10月12日

欧州での大規模コホートにおける循環血漿リン脂質およびすい臓がんのリスク ガン

食品中の脂質や特定の脂肪酸がすい臓がんの発症に与える影響について、さまざまな報告が混在している。本研究では、the European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition(EPIC)コホート調査の中で、血漿リン脂質とすい臓がんリスクとの関連性を調べた。

2018年10月12日

心血管疾患の一次予防・二次予防のためのオメガ3脂肪酸 循環器疾患

エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などの魚由来長鎖オメガ3脂肪酸(LCn3)や植物由来のオメガ3多価不飽和脂肪酸(α-リノレン酸(ALA) )は、循環器の健康に有益である。各種の診断ガイドラインでは、オメガ3が豊富な食品の種類や、その摂取量を増やすことを推奨しているが、このような取り組みの効果を確認するための試験は直近では実施されていなかった。本研究の目的は、魚由来もしくは植物由来オメガ3の摂取量が増加したことで、死亡の原因、心血管疾患(CVD)事例、肥満や血中脂質にどのような影響がもたらされたかを評価することである。

2018年10月12日

油脂による血中脂質への影響:系統的レビューとネットワークメタ解析 循環器疾患

このネットワークメタ解析(NMA)の目的は、様々な油脂による血中脂質への影響を比較することである。2018年3月までに発表された文献の検索を行った。

2018年10月12日

α-リノレン酸とステアリドン酸を併用することで、高カロリー食ラットモデルにおいて、脂質および神経機能に関するマーカーが改善される 循環器疾患

本研究では高カロリー食を与えたラットモデルにおいて、エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富な魚油と比較して、αリノレン酸(ALA)とステアリドン酸(SDA)が豊富な陸生植物由来の油脂が心血管および神経機能に対する悪影響を防止するか検証した。

2018年10月12日

冠動脈疾患のバイオマーカーとしての血漿脂肪酸プロファイル:第4世代人工ニューラルネットワークを用いたパイロット研究 循環器疾患

冠動脈疾患(CAD)リスクの計算とモニタリングのための新しいバイオマーカーの特定に焦点を当てた多くの研究により、脂肪酸(FA)を用いてCADを予測できる可能性が示唆されている。本研究では、第4世代人工ニューラルネットワーク(ANN)に基づくデータマイニング手法を用いて、FAのマーカーとしての可能性を探った。

2018年09月15日

必須脂肪酸リノール酸とα-リノレン酸は性別に依存して肥満患者のグルコース恒常性を調節する 体重

本研究は集団ベースコホートにおいて食物中のリノール酸(LA)、α-リノレン酸(ALA)と2型糖尿病(T2D)リスクとの関連性を評価し、さらに高脂肪食誘導性肥満(DIO)マウスモデルによってそのメカニズムを調査するものである。

2018年09月15日

アマニはラットの精巣における低酸素誘発損傷を減少させる その他

低酸素症は、断続的もしくは連続的な低圧低酸素下で再酸素化段階の間に活性酸素種が増加することで起きるものであり、体組織の構造および機能に有害な影響を及ぼす。本研究は、ラット精巣における低酸素症の発生率の低下にアマニ(Fx)がどのような効果をもたらすか評価するために実施した。

2018年09月15日

陸軍の基本的な戦闘訓練中における食事の基準値と実際の食事摂取量との関係;多施設共同横断研究 その他

Army Regulation 40-25、OPNAVINST 10110.1 / MCO10110.49、AFI 44-141で概説されている軍用食事摂取基準(MDRI)は兵士の栄養要求を満たすことを意図した基準として確立されている。本研究の目的は、2017年に出版された改訂MDRIと、米軍人の食物摂取量の推定値を包括的に比較することである。

2018年09月15日

オメガ3の経口摂取は、正常血圧の成人における眼内圧を低下させる その他

緑内障は視野を悪化させる眼疾患であるが、その主なリスク因子のうち改善可能な因子は眼圧(IOP)の上昇である。オメガ3サプリメントが正常眼圧の成人の眼圧に影響を与えるかどうかを調べた。

2018年09月15日

亜麻仁の含水アルコール抽出物は、ラットモデルにおいて多嚢胞性卵巣症候群を改善する 閉経

植物由来の薬効成分は、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療または制御を行う上で代替の選択肢となる。アマニの含水アルコール抽出物の効果を、PCOS誘発ラットモデルにおける卵巣ホルモンの変化及び子宮と卵巣の組織学的変化によって評価した。

2018年09月15日

臨床試験で使用されたバナナ及びシナモンマフィンにおいて、粉砕アマニおよび貯蔵条件が官能特性もしくは選択された生理活性化合物に対して与える影響 食品への応用

LDLコレステロール低下に対する無作為化クロスオーバー試験のために0、20、30gのアマニを含むマフィンが開発された。粉砕されたアマニの量もしくは貯蔵条件(-20℃で1および6ヶ月間)が官能試験での評価、特有の物性、生理活性物質(リグナン類)の濃度、臨床試験参加者と消費者の受容性などにどのような効果を与えるのか調べた。

2018年09月15日

α-リノレン酸は、多発性硬化症患者の前向きコホートにおいて脳MRIの活性と関連している 新しい研究

植物由来のω-3脂肪酸α-リノレン酸(ALA)は、MS(多発性硬化症)のリスク低下と関連している。 ALAが疾患活動に影響を及ぼすか否かは現在のところ不明である。ALA濃度と疾患活動との間の関連を調査した。

2018年09月15日

てんかん患者におけるオメガ3脂肪酸とてんかん発作の関連:システマティックレビュー 新しい研究

オメガ3摂取とてんかん発作との関連に関する根拠は統一されたものがない。したがって、関係を明確にするために、このシステマティックレビューを行った。論文は電子データベース(PubMed、Scopus、Google Scholar、Cochrane、およびOvid)で検索し、得られた各論文のリファレンスを確認することで収集した。

2018年09月15日

カンボジア人とオーストラリア人女性との母乳脂肪酸組成の比較 発育

母乳は、オメガ3長鎖多価不飽和脂肪酸の豊富な供給源であり、乳児の脳の発達にとって重要であると考えられている。カンボジア人女性の母乳中の脂肪酸組成については、ヨーロッパ人女性と比較してデータが不足している。本研究の目的は、カンボジアに住む女性の母乳中の脂肪酸組成を決定し、オーストラリアに住む女性の母乳脂肪酸組成と比較することである。

2018年09月15日

αリノレン酸の脂肪組織量と虚血性脳卒中および虚血性脳卒中サブタイプのリスク:デンマークのケースコホート研究 循環器疾患

植物由来のオメガ3脂肪酸であるα-リノレン酸(ALA)は、心血管疾患のリスクを低下させる可能性がある。本研究では、脂肪組織中のALA含量と虚血性脳卒中のリスク、及びそのサブタイプとの関係を調査した。

2018年09月15日

「Singapore Chinese Health Study」における血漿脂肪酸と大腸がんのリスク ガン

血漿中の脂肪酸組成は、食事からの摂取と体内での合成の両方に影響される。大腸がん発症リスクにおける一価不飽和脂肪酸(MUFA)および多価不飽和脂肪酸(PUFAs)の役割を確立するために、血漿脂肪酸組成の予測分析が必要である。血漿脂肪酸組成と大腸がんリスクとの関連性を別々に評価するために、1993年から1998年の間に63,257人の男性と女性を集めたコホート研究である「Singapore Chinese Health Study」の中で、大腸がん(211の結腸がん、139の直腸がん)の症例および同等数の個人データを用いてコホート内症例対照研究を行った。

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他