2020年08月18日

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)のある妊婦とない妊婦の腹部皮下脂肪組織の脂肪酸プロファイルと脱飽和度指標の違い 体重

目的は,多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)を有する妊婦とそうでない妊婦の皮下脂肪組織(AT)中の脂肪酸(FA)プロファイルの違いを解明することであった。帝王切開を受けた13人のPCOSと32人の非PCOSから採取したATサンプルのFAプロファイルをガスクロマトグラフィーを用いて比較した。

2020年08月18日

成人の循環アディポネクチンおよびレプチン濃度に対するアマニサプリメントの効果:無作為化比較試験のシステマティックレビューとメタアナリシス 体重

目的:我々の目的は、血清アディポネクチンおよびレプチン濃度に対するアマニサプリメントの効果を評価する無作為化比較試験(RCT)のシステマティックレビューおよびメタアナリシスを行うことであった。

2020年08月18日

非アルコール性脂肪肝疾患に対するアマニとヘスペリジンの有効性:オープンラベル化無作為化対照試験 肝臓

背景/目的:非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は世界的に有病率が上昇しており、NAFLD患者に対する薬理学的アプローチについての決定的なエビデンスはまだ見つかっていない。本研究は、NAFLD患者におけるアマニとヘスペリジンの臨床効果を評価することを目的とした。

2020年08月18日

糖尿病患者の足潰瘍治療のための栄養学的介入 糖尿病

背景:糖尿病患者の足潰瘍は、治癒しない、または治癒不良、足首の下の部分的または全厚の創傷である。これらの潰瘍は一般的で、管理に費用がかかり、重大な罹患率および死亡率の原因となる。創傷の存在は、創傷液を介した栄養の損失に加えて、組織損傷を修復するための代謝コストがかかるため、栄養状態に影響を及ぼす。栄養学的介入は糖尿病患者の足潰瘍の創傷治癒を改善する可能性がある。
目的:糖尿病患者の足潰瘍の治癒に対する栄養介入の効果を評価する。

2020年08月18日

アマニの分割摂取が24時間血糖応答に及ぼす影響 糖尿病

目的:アマニは血糖応答を低下させ、安定させるのに有効である。本研究の目的は、アマニ30gの1回分として摂取した場合と、1日3回に分けて摂取した場合(1回分10g)で、より効果的に血糖応答を低下させることができるかどうかを調べることである。

2020年08月18日

プラセボ対照無作為化クロスオーバー試験におけるアマニリグナン介入の循環胆汁酸に対する効果 循環器疾患

植物リグナンおよびその微生物代謝物、例えばエンテロラクトン(ENL)は、肝受容体との相互作用を介して胆汁酸(BA)代謝に影響を与える可能性がある。我々は,完了した無作為化クロスオーバー介入のサンプルを用いて,健康な男女 46 名(20~45 歳)の血漿中 BA 濃度に対するアマニリグナン抽出物(50 mg/日セコイソラリシノールジグルコシド)の効果をプラセボと比較して,それぞれ 60 日間評価した.20種のBAはLC-MSを用いて空腹時血漿中で測定した。

2020年08月18日

α-リノレン酸摂取が血中脂質プロファイルに及ぼす影響:無作為化対照試験のシステマティックレビューとメタアナリシス 循環器疾患

トリグリセリド(TG)、総コレステロール(TC)、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL-C)、低密度リポタンパク質コレステロール(LDL-C)、超低密度リポタンパク質(VLDL-C)、およびTCとHDL-Cの比率を含む血中脂質プロファイルに対するALA摂取の効果を調査する。

2020年08月18日

欧州のがんと栄養に関する前向き調査における食事と循環脂肪酸と卵巣がんリスク ガン

背景:脂肪酸は、卵巣がんの危険因子である肥満、エストロゲン、炎症に影響を与える。脂肪酸と卵巣がんとの関連を調査した疫学研究は少ない。
方法:European Prospective Investigation into Cancer and nutrition(がんと栄養に関する欧州前向き調査)の中で、1,486例の卵巣がんの偶発症例が同定された。卵巣がんの危険因子を調整したCox比例ハザードモデルを用いて、脂肪酸の摂取量の五分位にまたがる卵巣がんのハザード比を推定した。

2020年08月18日

血漿中リン脂質脂肪酸、骨密度、骨折リスク:メンデル無作為化研究からのエビデンス 骨

背景と目的:個々の脂肪酸(FA)と骨密度および骨折リスクとの関連性に関する利用可能な疫学的エビデンスは一貫性がなく乏しい。我々は、これらの関係を探るために、2サンプルのメンデル無作為化研究を実施した。

2020年08月18日

メタボリックシンドロームにおけるアマニおよび/またはヘスペリジンサプリメント:オープンラベル無作為化比較試験 体重

目的:本研究の目的は、メタボリックシンドローム患者を対象に、アマニとヘスペリジンの単独投与と併用投与の臨床効果を比較することである。メタボリックシンドロームの治療を受けた多くの参加者を主要エンドポイントとして評価した。

2020年08月18日

健康と病気のためのアマニ:臨床試験のレビュー ヘルスレビュー

背景:アマニ(Linum usitatissimum)は油糧種子で、健康的な生活のために必要なα-リノール酸、リノール酸、リグナン、繊維、その他多くの生理活性成分を多量に含んでいる。最近では、アマニは人間にとって様々な健康上の利点を持つ注目すべき機能性食品として知られており、心血管疾患、糖尿病、脂質異常症、肥満、メタボリックシンドロームから体を守ってくれる。 目的と方法:アマニの生理活性成分とその潜在的な健康効果をレビューするために、創刊から2019年7月までPubMedとScopusを検索した。

2020年08月18日

アマニ(Linum usitatissimum L.)油の化学組成、酸化安定性および脂肪酸組成に及ぼすマイクロ波焙煎の影響 食品への応用

本研究では、180、360、540Wのマイクロ波(MW)で5分間および10分間焙煎したアマニを用いて、オイルの収率、化学的性質、カロテノイドおよびクロロフィル含量、総フェノール含量(TPC)、ラジカル消去活性(RSA)、酸化安定性指数(OSI)、脂肪酸組成およびメイラード反応生成物(MRP)への影響を評価した。

2020年08月18日

認知のためのオメガ-3、オメガ-6、および多価不飽和脂肪:無作為化試験のシステマティックレビューとメタアナリシス 認知

目的:神経認知機能は多価不飽和脂肪の摂取によって影響を受ける可能性がある。多くの高齢者は、認知機能の低下を防ぐためにオメガ-3サプリメントを摂取している。我々は、オメガ-3、オメガ-6、または総多価不飽和脂肪の摂取量が、新たな神経認知疾患および認知に及ぼす影響を評価した。デザインおよび包含基準:24週間に渡って成人を対象としたランダム化比較試験(RCT)のシステマティックレビューおよびメタアナリシスを実施し、オメガ-3、オメガ-6、または総多価不飽和脂肪の増加と減少の効果とアウトカム(新しい神経認知疾患、新たに障害された認知、および/または認知の継続的測定)を評価した。

2020年08月18日

冠動脈疾患患者における赤血球膜脂肪酸組成とエンドカンナビノイド系の調節に対するアマニ油補給の効果:二重盲検無作為化比較試験 循環器疾患

背景:エンドカンナビノイド系(ECS)の過剰活性化は、炎症過程の増加に関連して、冠動脈疾患(CAD)の危険因子として作用する可能性がある。食事脂肪はECSの調子に影響を与える可能性がある。
目的:血清N-アラキドノイルエタノールアミン(AEA)とカンナビノイド受容体1型(CB1)、カンナビノイド受容体2型(CB2)、脂肪酸アミドヒドロラーゼ(FAAH)mRNA発現量を測定することにより、アマニ油が赤血球膜脂肪酸プロフィールとECS活性に及ぼす影響を検討することである。

2020年08月18日

固形がん患者における代謝と免疫調節:前臨床および臨床的証拠の系統的レビュー ガン

多くの固形悪性腫瘍では、いくつかの免疫療法剤が標準治療となっている。それにもかかわらず、大多数の患者は現在利用可能な免疫療法の恩恵を受けていない。したがって、腫瘍応答/抵抗性の予後因子および予測因子を同定し、原発性抵抗性を克服し、免疫療法の有効性を向上させるための効果的な治療戦略を設計することが最も重要である。本レビューの目的は、腫瘍および宿主の代謝が抗腫瘍免疫応答に及ぼす影響を強調し、腫瘍または免疫細胞における特定の代謝経路を標的とし、患者の栄養状態を修正することにより、利用可能な治療法の有効性を改善するための可能な戦略を議論することである。

2020年05月25日

アマニ強化パスタ-化学組成と調理品質 食品への応用

パスタ製造は様々な形態の生産物イノベーションの良い機会である。本研究はパスタ生産へのアマニ成分の使用を評価することを目的とした。

2020年05月25日

ヨーロッパの小児および青年における全血多価不飽和脂肪酸とインスリン抵抗性の関連 糖尿病

本研究は、全血中の n-3 および n-6 多価不飽和脂肪酸(PUFA)と小児のインスリン抵抗性(IR)との関連を調べることを目的としている。

2020年05月25日

乳がん発症リスクが増加する閉経前女性を対象としたリグナン・セコイソラリシノールジグルコシドの無作為化第IIB相試験 ガン

アマニに含まれるリグナン・セコイソラリシノールジグルコシド(SDG)に関わる多施設共同プラセボ対照第IIB相試験を実施した。

2020年05月25日

重度の高脂血症のためのリポタンパク質のアフェレシスを受けている患者に対するアマニ(Linum Usitatissimum L.)のサプリメンテーション:パイロット研究 循環器疾患

多価不飽和脂肪酸を豊富に含むアマニ(Linum usitatissimum L.)は、脂質レベルを低下させ、炎症を抑えることができると考えられている。このパイロット研究では、我々は、アマニのサプリメントが従来の脂質降下薬物療法に耐性があり、リポ蛋白質のアフェレシスを必要とする重度の高脂血症患者における脂質と炎症メディエーターのプロファイルを改善することができるかどうかを決定することを目的とした。

2020年05月25日

油糧種子ミックスに含まれるリグナンが若年および閉経前の女性の腸内マイクロバイオーム組成およびエンテロリグナン産生に与える影響:インビトロパイロット研究 閉経

背景:食餌性リグナンは、クメスタン、スチルベン、イソフラボンとともに植物性エストロゲンのグループに属し、それ自体ではエストロゲン様作用を示さない。それにもかかわらず、腸内微生物はそれらを、ヒトエストロゲン分子と化学的に類似性を示すエンテロリグナンに変換する。リグナンの最も豊富な食素材の一つはアマニを含む油糧種子である。このパイロット研究は、油糧種子ミックス中の主要な食餌性リグナンの濃度を決定し、若年および閉経前女性におけるエストロゲン置換のための腸内細菌に依存したエンテロリグナンの産生を調べることを目的とした。

2020年05月25日

赤血球膜多価不飽和脂肪酸は、中年・高齢者のメタボリックシンドロームの発症率と関連している – 8.8年のプロスペクティブ(前向き)研究 体重

背景:メタボリックシンドローム(MetS)に関連する多価不飽和脂肪酸(PUFAs)の総量と脂肪酸の種類の特定については、依然として一貫した結果が得られていない。
目的:我々は、コホート集団における赤血球のn-3およびn-6 PUFAとMetSおよびMetSの構成要素との関連を評価した。

2020年05月25日

認知のためのオメガ-3、オメガ-6、および多価不飽和脂肪:無作為化試験のシステマティックレビューとメタアナリシス 認知

目的:神経認知機能は多価不飽和脂肪の摂取によって影響を受ける可能性がある。多くの高齢者は、認知機能の低下を防ぐためにオメガ-3サプリメントを摂取している。我々は、オメガ-3、オメガ-6、または総多価不飽和脂肪を増加させることによる新しい神経認知疾患および認知への影響を評価した。

2020年05月25日

中国人におけるアマニサプリメントの機能的便秘と生活の質に対する効果:無作為化試験 新しい研究

背景と目的:この前向き無作為化比較試験は、中国の成人男女におけるアマニサプリメントの機能性便秘と生活の質に対する効果を評価することを目的とした。

2020年04月14日

サワードウパンの栄養補助食品および官能特性の改善のためのツールとしてのアマニケーク 食品への応用

近年、慢性疾患の予防にも役立つ健康機能性食品の製造を目指して、アマニの応用研究が進められている。これに関連して異なる割合でアマニケークを配合したサワー種のパンの製造が行われ、サワードウとアマニケークに由来する生理活性化合物間の相互作用について検討された。

2020年04月14日

食事性脂肪の質が高いほど、女性の不安スコアが低くなる:横断研究 新しい研究

背景:不安と食事脂肪質(DFQ)の関係は十分に研究されていない。 研究の目的は、不安障害と女性の脂肪酸摂取量との関係を明らかにすることとした。
方法:この横断研究には、18〜49歳のヘルスケアセンターに通う300人の女性が対象となった。

2020年04月14日

妊娠誘発性高血圧または子癇前症の予防に対するn-3脂肪酸補給の効果:系統的レビューとメタ分析 発育

妊娠誘発性高血圧症または子癇前症の予防に対するn-3脂肪酸補給の有効性は不明なままである。この研究は、妊娠中の高血圧や子癇前症に対する妊娠中のEPA、DHA、ALAの補給の効果を調べることを目的とした。

2020年04月14日

心血管疾患の一次および二次予防のためのオメガ-3脂肪 循環器疾患

背景:エイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)を含む魚油(長鎖オメガ-3(LCn3))および植物(α-リノレン酸(ALA))からのオメガ-3多価不飽和脂肪酸は 心血管の健康に役立つといわれている。ガイドラインでは、オメガ-3を豊富に含む食品を増やすこと、時にはサプリメントを増やすことを推奨しているものの、最近の試験ではこれが確認されていない。
目的:すべての原因による死亡、心血管イベント、脂質異常症に対する魚由来および植物由来のオメガ-3脂肪の摂取量増加の影響を評価することとした。

2020年04月14日

メタボリックシンドローム患者の血液凝固スコア、酸化ストレスおよび炎症性パラメーターに対するアマニ油とヒマワリ油の効果の比較研究 循環器疾患

メタボリックシンドローム(MetS)は炎症性および血液凝固亢進状態を伴う慢性疾患である。研究の目的は、MetS患者アマニ油とヒマワリ油を摂取した場合の、患者の血液凝固スコアや酸化および炎症パラメーターに及ぼす影響を調べることである。

2020年04月14日

がんの発生率に対するオメガ-3、オメガ-6および総食餌性多価不飽和脂肪:システマティックレビューおよびランダム化試験のメタ分析 ガン

背景:長鎖オメガ-3(LCn3)、α-リノレン酸(ALA)、オメガ-6と総多価不飽和脂肪酸(PUFA)摂取量とがんリスクの関係は不明である。
方法:12か月以上にわたってがん疾患に対して、LCn3、ALA、オメガ-6、トータルPUFA摂取量が多い場合と少ない場合の比較に関わるランダム化試験(RCT)について、Medline、Embase、CENTRALおよび試験レジストリを検索した。変量効果メタ分析、感度分析、サブグループ化、バイアスのリスクおよびGRADEを使用した。

2020年03月11日

空腹時および食後期の血管機能および代謝リスクマーカーに対するα-リノレン酸の効果:未治療(前)高血圧患者を対象とした無作為化プラセボ対照比較試験 高血圧

背景:α-リノレン酸(ALA、C18:3n-3)の血管および食後の効果を調べた研究は少ない。そこで未治療の(前)高血圧患者の空腹時および食後期の血管機能および代謝リスクマーカーに対するALAの効果に焦点を当て試験を実施しました。

2020年03月11日

妊娠性糖尿病患者の遺伝的および代謝プロファイルに対するアマニ油からのオメガ-3脂肪酸の効果:無作為化、二重盲検、プラセボ対照比較試験 糖尿病

この研究は、妊娠糖尿病(GDM)患者の遺伝的および代謝プロファイルに対するアマニ油のオメガ-3脂肪酸の効果を評価するために行われた。この無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験は、妊娠糖尿病の女性60人に対して実施された。

2020年03月11日

胎児プログラミングにおけるオメガ-6およびオメガ-3脂肪酸の役割 発育

母体栄養は胎児の発達に重要な役割を果たし、成人後の病気発症に影響を与える可能性がある。

2020年03月11日

血漿リン脂質脂肪酸、FADS1および15の心血管疾患のリスク:メンデル無作為化研究 循環器疾患

血中脂肪酸(FA)が心血管疾患(CVD)の発症に因果的な役割を果たすかどうかは不明である。メンデル無作為化試験を実施して、血漿リン脂質FAレベルと15のCVDとの関連性を調査した。 CARDIoGRAMplusC4D、MEGASTROKE、心房細動コンソーシアム、UK バイオバンクのサマリーレベルデータが使用された。

2020年03月11日

α-リノレン酸の脂肪組織含有量と末梢動脈疾患の発症:デンマークのケースコホート研究 循環器疾患

目的:この研究は、植物由来のn-3脂肪酸、α-リノレン酸(ALA)の脂肪組織含有量と、末梢動脈疾患(PAD)の発症率との関連を調べることを目的とした。

2020年03月11日

脂質プロファイルに対するアマニ摂取の効果:システマティックレビューの更新と62の無作為化比較試験の用量反応性メタ解析 循環器疾患

血漿脂質の上昇は、心血管疾患の最も重要な危険因子の1つである。亜麻仁は、多量のα-リノレン酸、フェノール化合物、リグナンが含まれており、これらはそれぞれ血中脂質濃度を低下させる能力を持っている。この研究は、ランダム化比較試験(RCT)のメタ解析により、血中脂質プロファイルに対するアマニ摂取の影響を特定するために、最新のエビデンスを体系的に調査することを目的とした。

2020年03月10日

アマニ油ケーキを利用した非乳ケフィア様発酵飲料の開発、特性評価、および生物活性 食品への応用

アマニ搾油ケーキ(FOC)は、新規ケフィア様発酵飲料の生産のための原料となり得るかが評価された。FOC を5%、10%、および15%(w / w)の3条件でケフィア粒を接種し、25°Cで24時間培養を行った。

2020年03月10日

高い脂溶性を追求するアマニリグナンの構造修飾:得られた誘導体の抗酸化剤と透過性の評価 食品への応用

リグナンとその生物遺伝学的前駆体にはさまざまな健康上の利点があるが、そのようなフェノール系の乏しい脂溶性により、食品産業での抗酸化剤としての用途が制限されている。この研究は、こうした化合物の特定の形態を誘導体化し、潜在的な栄養補助食品としての特性を評価することにより、これらの問題に対処することを目的とした。

2020年03月10日

メイラード反応によって調製されたアマニガム-乳清タンパク質分離物複合体の抗酸化活性と乳化特性に関する研究 食品への応用

条件を制御した乾燥加熱を用いて、メイラード反応によって調製されたアマニガム・乳清タンパク質分離物(FSG-WPI)複合体の抗酸化および乳化特性を調べた。

2020年03月10日

アマニ油の補充は、子宮内発育遅延のブタの腸内微生物叢と脂肪酸プロファイルの変化に関連して、腸の機能と免疫を改善する 新しい研究

n-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)が豊富なアマニ油(FO)は、腸の発達と健康のための重要な油である。本研究は、離乳子豚モデルを使用して、子宮内発育遅延(IUGR)の新生児の成長、腸の健康および免疫機能に対するFOと大豆油(SO)の異なる効果を調べることを目的とした。

2020年03月10日

潰瘍性大腸炎(UC)患者の炎症マーカーの血清レベル、代謝パラメーター、および疾患の重症度に対するアマニおよびアマニ油サプリメントの効果 新しい研究

目的:本研究は、潰瘍性大腸炎(UC)患者の炎症性マーカーの血清レベル、代謝パラメーター、および疾患の重症度に及ぼすアマニ粒およびアマニ油の影響を評価することを目的とする。

2020年03月10日

アマニ強化ヨーグルトが2型糖尿病患者の血糖状態と心血管リスク因子に及ぼす影響:ランダム化非盲検対照試験 糖尿病

アマニは、α-リノレン酸およびリグナンの豊富な供給源の1つである。アマニとその成分には、抗酸化作用、脂質低下作用、血糖降下作用がある。この研究は、2型糖尿病患者の血糖コントロール、脂質プロファイル、血圧に対するアマニ強化ヨーグルトの効果を調べることを目的とした。

2020年03月10日

FADS1およびFADS2遺伝子の母体多型は、PUFA摂取と血漿中のオメガ-3多価不飽和脂肪酸濃度との関連性を修飾する 代謝

妊婦のFADS遺伝子の多型に関する研究は少ない。妊婦の 3つのFADS遺伝子多型(rs174561; rs174575; rs3834458)と食餌性α-リノレン酸(ALA)またはリノール酸/α-リノレン酸比(LA / ALA)と血漿中のオメガ-3(n- 3)PUFA濃度との相互作用を検証することを目的とした。

2020年03月10日

うつ病や不安障害を予防するためのオメガ-3と多価不飽和脂肪:ランダム化試験の系統的レビューとメタ分析 認知

背景:多価不飽和脂肪はうつ病や不安を改善すると一般に信じられている。目的:うつ病や不安障害の予防と治療に対するオメガ-3、オメガ-6、または多価不飽和脂肪の影響を評価すること。方法:うつ病または不安障害を伴うまたは伴わない成人に対して、オメガ-3、オメガ-6または両方の多価不飽和脂肪を24週以上補充したランダム化試験を含め、多因子介入を除いて広く検索した(2017年4月までのCentral, Medline およびEMBASE、2016年9月までの試験登録、2019年8月に継続中の試験)。

2020年03月10日

アマニの補充は血漿リポタンパク質(a)レベルを低下させる:メタ分析 循環器疾患

背景:リポタンパク質(a)[Lp(a)]レベルの上昇は、早発性心血管疾患(CVD)の独立した危険因子となり得る。アマニ(Linum usitiatissimum L.)は、α-リノレン酸、植物エストロゲン、およびリグナンが豊富に含まれており、いくつかの心血管リスク要因を改善することが示されているが、Lp(a)に対する効果は不明である。目的:この研究は、ランダム化比較試験(RCT)の結果のメタ分析を通じて、アマニが血漿Lp(a)レベルに与える影響を評価することを目的とする。

2020年03月06日

多嚢胞性卵巣症候群の女性の代謝状態に対するアマニ補給の効果:無作為化非盲検対照臨床試験 体重

背景:多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、妊娠年齢の女性の最も一般的な内分泌障害として知られている。さまざまな国でのPCOSの増加に伴い、代替治療としての漢方薬の使用がこれらの患者で増加している。この研究は、PCOS患者の代謝バイオマーカーに対するアマニ粉末補給の効果を評価することを目的とした。

2020年03月06日

アマニ油の酸化安定性に対する生物活性物質の影響 食品への応用

PUFAオメガ-3、脂溶性ビタミン、その他の生物活性物質(BAS)の貴重な植物資源であるアマニ油の質の向上により、アマニ油の治療および予防効果を強化することができる。アマニ油の酸化安定性に対するBAS添加の効果を解明することはアマニ油強化製品の製造において重要なステップである。様々なBAS(コエンザイムQ10、β-カロチン、ルテイン、ゼアキサンチン、α-トコフェロール、α-トコフェロールアセテート、コレカルシフェロール、セレノメチオニン)をアマニ油に添加することがその酸化安定性に及ぼす影響を実験的に調べた。

2020年03月06日

コールドプレス油生産工程のアマニ油ケーキからの噴霧乾燥機能性粉末の調製と食品用途エマルション安定化剤としての価値評価 食品への応用

アマニ油ケーキ抽出物(コールドプレスオイル生産における残留物、タンパク質と多糖類が豊富に含まれる)を用いて、乳化活性を備えた噴霧乾燥粉末を調製し、原料適性を評価した。

2020年03月06日

妊娠糖尿病患者の遺伝的および代謝プロファイルに対するアマニ油からのオメガ-3脂肪酸の効果:無作為化二重盲検プラセボ対照試験 糖尿病

この研究は、妊娠糖尿病(GDM)患者の遺伝的および代謝プロファイルに対するアマニ油からのオメガ3脂肪酸の効果を評価するために行われた。この無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験は、GDMの60人の女性で実施された。

2020年03月06日

脂質異常症および高血圧症患者の心血管危険因子に対するアマニ粉末の効果 循環器疾患

背景:高脂血症と高血圧は、虚血性心疾患の最も重要な原因である。アマニ粉末が脂質プロファイルと血圧を改善できるというエビデンスがある。この研究は、アマニ粉末の摂取が高脂血症と高血圧の患者に及ぼす影響を調査することにした。

2020年03月06日

脂質プロファイルに対するアマニ補充効果:62件のランダム化比較試験の最新の系統的レビューと用量反応メタ分析 循環器疾患

血漿脂質濃度の上昇は、心血管疾患の最も重要な危険因子の1つである。アマニには、高濃度のα-リノレン酸、フェノール化合物、およびリグナンが含まれており、これらはそれぞれ脂質濃度を低下させる能力を有する。この研究は、ランダム化比較試験(RCT)のメタ分析を利用して、血中脂質プロファイルに対するアマニ補給の影響を特定するために、現在のエビデンスを体系的にレビューすることを目的とした。

2019年07月16日

アマニの摂取は過体重あるいは肥満である成人において、体重等の測定値や代謝、および炎症バイオマーカーを改善する 体重

本研究の目的は、過体重あるいは肥満である成人において、体重等の測定値、脂質プロファイル、インスリン抵抗性、および炎症性バイオマーカーに対するアマニ摂取の効果を評価することである。肥満度指数(BMI)が30.72±3.31 kg / m2である成人50名が本研究に参加した。

2019年07月16日

便秘、体重、血糖および脂質の管理に対するアマニもしくはサイリウムとその対照群の効果:2型糖尿病の便秘患者における無作為化試験 糖尿病

アマニとサイリウムについては、便秘の症状、体重、血糖および血中脂質濃度を低下させることが過去に報告されている。そして我々はアマニとサイリウムの投与は同様の効果があるだろうと仮定した。本研究では焙煎したアマニまたはサイリウム、もしくはプラセボ食品を2型糖尿病(T2D)の便秘患者に投与し、便秘症状、体重、血糖、および脂質を比較する。

2019年07月16日

妊娠中のα-リノレン酸摂取量を増加させることで、子供の出生時体重がより増加する 発育

妊娠中の母親において、食事に含まれる脂肪酸の量と種類は胎児の成長に大きく貢献している。胎児の成長における植物由来オメガ-3脂肪酸(α-リノレン酸、ALA)摂取の重要性を調査した研究はない。本研究の目的は妊娠中の母親のALA摂取量と出生時体重および子孫の体組成との関連を明らかにすることである。

2019年07月16日

内モンゴル在住の腹部肥満を伴う高血圧患者における心血管関連の脂質代謝プロファイルに対するn-3脂肪酸摂取の効果:無作為化対照試験 循環器疾患

n-3系脂肪酸を毎日摂取することは、心血管疾患リスクが高い欧米人の患者の血圧(BP)およびトリグリセリド(TG)濃度を低下させるための薬物治療の補助または代替になると考えられている。中国の高血圧患者におけるn-3系脂肪酸の投与による降圧効果として、以前に12週間の二重盲検無作為化対照試験(RCT)が報告されているが、肥満を伴う中国人の心血管代謝プロファイルに対する利点はよく知られていない。したがって、腹部肥満を伴う中高齢の中国人高血圧患者における、心血管代謝プロファイルに対する海産物由来もしくは植物由来のn-3系脂肪酸の効果を調べるために、以前のRCTのデータを再解析した。

2019年07月16日

乳がん生存者における再発不安は、多価不飽和脂肪酸による慎重な食事療法によって抑制することができる ガン

病態生理学で言う再発不安(fear of cancer recurrence:FCR)、つまりがん生存者にとって最も大きく、解決できない心理的問題は、恐怖記憶に関する処理機能が上手くはたらかないことから生じている可能性がある。n-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)には、うつ病性障害および不安障害を含む精神障害に対して有益な効果があり、恐怖記憶の処理に関与しているとされる。本研究ではn-3 PUFA組成ががん生存者におけるFCRと関連していると仮定した。

2019年05月08日

アマニ摂取が血漿CRP濃度に及ぼす影響を調査した臨床試験についてのシステマティックレビュー及びメタアナリシス 炎症

多くの実験および臨床試験により、アマニが強力な降圧作用を持つ可能性が示唆されている。しかし血漿C反応性タンパク質(CRP)濃度に対するアマニ摂取の効果に関する証拠は十分ではなかった。システマティックレビューおよびランダム化比較試験(RCT)を用いたメタアナリシスを通じて、血漿CRP濃度に対するアマニ摂取の影響を評価した。

2019年05月08日

てんかんの小児におけるオメガ6 /オメガ3比と認知機能(スペイン語文献) 発育

認知機能障害は小児てんかんの一般的な症状である。本研究は特発性てんかんの小児におけるω-6とω-3脂肪酸濃度の比率と、認知機能に対するその影響を評価することを目的とした。特発性てんかんの小児30人と健康な小児20人を対象に症例対照研究を行った。

2019年05月08日

アフリカ系アメリカ人およびヨーロッパ系アメリカ人女性におけるアマニ摂取前後のステロイドおよび生体異物代謝経路とエンテロラクトン排出の遺伝的変異 ガン

乳がんリスクと関連しているフィトエストロゲンであるエンテロラクトン(ENL)の代謝と排出は、ステロイドホルモンと生体異物代謝遺伝子の変動の影響を受ける可能性がある。ニューヨーク州西部出身の健康な閉経後女性252人(137人のヨーロッパ人祖先(EA)および115人のアフリカ人祖先(AA))により、アマニ摂取についての無作為化クロスオーバー試験を実施した。

2019年05月08日

アマニとタモキシフェン(抗がん剤)の摂取は閉経後女性の正常なヒト乳房組織のin vivoでの炎症に関する微小環境に影響を与える ガン

タモキシフェンなどの抗エストロゲン薬は乳がんのリスクを低下させるが、副作用があるため予防には適していない。食事を変えることが乳がんの予防戦略として有効である可能性がある。本研究は腸内細菌叢によってフィトエストロゲンの一種であるエンテロラクトンに変換されるアマニ(中のリグナン)を食事に加えることで、in vivoにて正常なヒト乳房組織に対してタモキシフェンと同様の効果を示すかについて、がんの進行に関与する炎症メディエーターに特に重点を置いて調べた。

2019年05月08日

食品に含まれる脂質組成物:公衆衛生戦略としての、PUFA(特にα-リノレン酸)による飽和脂肪酸の置換 ALAの健康効果

近年、飽和脂肪酸(SFA)の摂取量はアイルランド及び他のヨーロッパ諸国の両方で減少している。しかし、大部分の人々は依然としてSFAを推奨値である総エネルギー(TE)の10%未満に抑えることができていない。SFAの多量摂取は、コレステロール恒常性の変化および脂肪組織炎症を惹起することから、CVDおよび2型糖尿病(T2D)リスクが増加する可能性がある。

2019年04月18日

アマニのセコイソラリシレジノールジグルコシド(SDG)とその代謝産物:生合成及び栄養補助食品の可能性 ヘルスレビュー

主にアマニに含まれるSecoisolariciresinol diglucoside(SDG)は、必須のリグナンの一つである。SDG、有益な脂肪酸組成、高い繊維含有量によって、アマニは機能性食品または栄養補助食品成分の重要な供給源となっている。 SDGは心血管疾患、糖尿病、癌、精神的ストレスに対する保護効果など、いくつかの健康上の利点があることがさまざまな研究によって示されている。

2019年04月18日

生物医学研究におけるオメガ3脂肪酸の出現 ヘルスレビュー

1930年にリノール酸が必須脂肪酸であったという発見の直後に、α-リノレン酸も動物の脂肪酸欠乏症候群を予防するという報告が為された。しかし、いくつかの著名な研究施設ではα-リノレン酸を用いて上記のような所見を確認することができず、その結果、脂質研究におけるオメガ3脂肪酸への興味は一時的に失われた。

2019年04月18日

アルコール性肝疾患の管理のためのn-3系多価不飽和脂肪酸:批判的総説 肝臓

アルコールの過剰摂取はアルコール性肝疾患(ALD)の原因であり、世界中で肝臓に関わる疾病罹患率と死亡率の主な原因である。過去10年間で、n-3多価不飽和脂肪酸(n-3 PUFA)とALDとの関連性にますます注目が集まっている。本レビューでは、n-3 PUFAの代謝、ALD動物モデル、およびALDに適用し得る治療法としてn-3 PUFAの役割を決定づけている最近の研究からの知見を要約する。

2019年04月18日

ラットにおける加齢と高血糖症は脂質異常症による酸化ストレスと炎症を増強する:ALA及びEPA + DHAの回復能の評価 炎症

脂質代謝異常状態における酸化ストレス(OS)および炎症に対する老化および高血糖の影響は解明されていない。したがって本研究では、脂質異常症ラットのOSと炎症に対する、老化、高血糖、ならびにn-3脂肪酸(α-リノレン酸(ALA)およびエイコサペンタエン酸(EPA)+ドコサヘキサエン酸(DHA))の摂取にの影響を評価した。

2019年04月18日

カチオン性ナノエマルジョン製剤中の鼻腔内投与シクロスポリンAのCNS(中枢神経系)伝達と抗炎症作用 新しい研究

本研究の主な目的は、鼻腔内投与時のカチオン性水中油型ナノエマルジョンシステムを用いたシクロスポリン-A(CsA)のCNS伝達効率、分布、治療効果、および安全性を開発および評価することである。

2019年04月18日

チオアセトアミド投与による腎毒性誘発ラットにおけるアマニ油の潜在的保護作用 新しい研究

本研究は雄ラットにおいて、チオアセトアミドにより誘発された腎毒性に対するアマニ油の影響を評価することを目的とした。ラットを4つのグループに分け、第1群のラットを対照とした。

2019年04月18日

パーキンソン病患者における炎症、インスリンおよび脂質関連遺伝子の発現に対するオメガ3脂肪酸とビタミンEの併用効果:無作為化二重盲検プラセボ対照試験 新しい研究

本研究は、パーキンソン病(PD)患者における炎症、インスリンおよび脂質に関連する遺伝子発現に対するオメガ-3脂肪酸およびビタミンEの併用効果を評価するために行われた。この無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験は、PD患者40人を対象に実施された。

2019年04月18日

妊娠中および授乳中のフランス人女性は、必須n-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の食事摂取量が非常に低く不適切である:The INCA2 survey 発育

フランス全国調査INCA2によると、フランスの人口の大部分(子供、青年、成人および高齢者含む)は前駆体(α-リノレン酸、ALA)もしくは長鎖(主にドコサヘキサエン酸、DHA)の形で摂取しているn-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の量が少ない。しかし、このn-3 PUFAの不足が妊娠中や授乳中の女性についても当てはまるかは不明である。最新の全国的な食品の高精度データ(2006年および2007年に実施されたNational Survey INCA2から抜粋)を利用し、フランス人女性で妊娠中・授乳中である方(妊娠28人、授乳中21人)の食事中脂質およびPUFAの摂取量を決定し、出産適齢期にある742人の女性と比較した。

2019年04月18日

低リノール酸食およびエストロゲンは、変換酵素と転写因子の修飾を通してαリノレン酸のDHAへの代謝率を高める 代謝

αリノレン酸(ALA)から長鎖n-3 PUFAへの変換は、リノール酸(LA)の食事摂取量の影響を受けることが示唆されているが、そのメカニズムはよくわかっていない。本研究の目的は脂肪酸変換酵素と転写因子に及ぼす低LA食の影響(エストロゲンの有無を含む)を評価することである。

2019年04月18日

Conners’ rating scalesで評価した小児ADHD関連症状の軽減についてのオメガ3摂取の有効性:無作為化対照試験によるシステマティックレビュー 認知

オメガ3の摂取には抗炎症効果があると考えられている。この推測は炎症はADHDに関連付けられていることから大変意味があると思われる。本レビューの目的はオメガ3摂取が小児~青年期におけるADHD症状の軽減にどの程度有効なのか調べることである。

2019年04月18日

食品としてのアマニ:心血管疾患に対するその影響について、私たちが知っていることと知らないこと 循環器疾患

アマニには独特な組み合わせによる単独もしくは相乗的な作用により心血管系に有意な効果があると考えられる生物活性成分が含まれていると考えられている。アマニが心血管系に及ぼす影響についての研究は大きく増加していることから、本レビューにより現状を整理すること、すなわち心臓と血管系に対するアマニの影響について理解するための既知及び未知の効果について整理することには価値があると考えられる。

2019年03月02日

中米の子供たちとその両親の間の脂肪組織中の多価不飽和脂肪酸を社会人口統計学的、人体測定学的、食事的に予測する ヘルスレビュー

多価不飽和脂肪酸(PUFA)の摂取量はラテンアメリカ全体で低い。PUFA摂取状態を改善することは、慢性疾患に対する効果的な介入となる可能性があるが、その地域における社会人口統計学および食事パターンにおけるPUFA状態の情報は限定されている。中米に住む子供と、その両親の脂肪組織におけるPUFAの状態を示すバイオマーカーについて社会人口統計学的、人体測定学的および食事から予測する。

2019年03月02日

長鎖オメガ3多価不飽和脂肪酸と神経炎症、その効果は食事中のαリノレン酸とリノール酸濃度に依存する 炎症

神経炎症は多くの神経変性脳障害の根底にあり、その症状を抑える医薬品もしくは食事成分の研究が進歩していることは重要な前進である。長鎖多価不飽和脂肪酸(LC-PUFA)であるアラキドン酸(AA、20:4n-6)およびドコサヘキサエン酸(DHA、22:6n-3)は中枢神経系に「必須」であることが一部知られているが、それはこれらの脂肪酸が脳の免疫をある程度調節する役割を果たしていることによる。

2019年03月02日

正常高値およびステージI高血圧患者における24時間歩行血圧に対するα-リノレン酸の効果 高血圧

αリノレン酸の血圧に関する効果についての各種介入研究の結果は矛盾している。介入前の血圧が高い被験者の方がαリノレン酸の効果が高くなる可能性があり、研究間の矛盾は採用した母集団の違いによるものと考えられる。したがって、本研究では(前)高血圧患者の24時間歩行血圧(ABP)に及ぼすALAの影響を特に調べた。

2019年03月02日

オイルシード類を用いたパンの栄養強化に関するレビュー 食品への応用

ベーカリー製品にオイルシードを加えることでおいしさや栄養的な特徴を付加でき、そのようなベーカリー製品は近年人気を集めている。本レビューの目的は、パンや他のベーカリー製品におけるオイルシード(アマニ、チア、ヒマワリ、カボチャ、ゴマ、ケシの実)の使用を中心とした研究の概要を説明することである。

2019年03月02日

アマニを継続的に摂取することで慢性エタノール摂取の指標を最小限に抑えることができるか。 新しい研究

本研究の目的は、エタノール誘発性肝障害の動物におけるアマニ摂取の効果を評価することである。24匹の雄ラットを4つの群(n = 6)に分けた。対照群(CG)は対照食と水を自由に摂取させた。

2019年03月02日

大腸がん細胞における食用リグナン代謝産物であるエンテロジオールのアポトーシス効果 ガン

エンテロジオール(END)はさまざまな全粒穀物、ナッツ、マメ科植物、アマニ、野菜に含まれるリグナンからヒト腸内細菌の代謝により生成される物質である。ENDはいくつかの生理学的効果を有することが知られているが、大腸がん細胞(CRC細胞)における分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ(MAPK)シグナル伝達およびアポトーシスに対するその効果は未だ解明されていない。したがって、本研究はCRC細胞におけるアポトーシスに対するENDの影響、およびこれらの影響がMAPKシグナル伝達によって媒介されるかどうかを調査した。

2019年03月02日

閉経後女性の血中性ホルモン濃度に対するアマニ摂取の影響:無作為化対照介入試験 ガン

リグナンの摂取、その最も豊富な供給源であるアマニの摂取は、乳がんリスクの低下と関連している。エストロゲンなど内因性の性ホルモンは乳がんの発生に関与しており、リグナンはこれらの性ホルモン濃度を変化させる可能性がある。血中ホルモンに対するアマニの効果を評価するために、カナダのトロントで閉経後の女性99人を対象に無作為化対照試験を実施した。

2019年03月02日

心血管疾患の一次および二次予防のためのオメガ3脂肪酸(コクランレビュー) 循環器疾患

コクランレビューの日本語HPに記載の通り。
https://www.cochrane.org/ja/CD003177/xin-xie-guan-ji-huan-notamenoomega3she-qu

2019年03月02日

全粒アマニ(Linum usitatissimum)の高コレステロール食への添加と、Wistar albino雄性ラットにおける高脂血症およびアテローム性動脈硬化症に対する効果 循環器疾患

アマニは、その成分であるリグナン(SDG)、αリノレン酸及びオメガ-3脂肪酸により高コレステロール血症およびアテローム生成活性を抑制する様々な有効性があることが知られている。全粒アマニの有益な効果について、高コレステロール食(HCD)を給餌したWistar albinoラットにより実験的に評価した。

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他