2017年06月13日

アマニ(Linum usitatissimum L.)製品の抗酸化能に及ぼすタンパク質-フェノール複合体の影響 食品への応用

人工胃液を用いて、消化前後のアマニ成分(フェノール画分、タンパク質濃縮物、および加水分解物)の抗酸化能が本来のフェノール化合物もしくはタンパク質にどの程度影響されているかを調査した。

Read More

2017年05月25日

オメガ3脂肪酸を強化した栄養補助食品 食品への応用

栄養不足の人々のための「脂質ベース栄養補給製剤(LNS)」にオメガ3多価不飽和脂肪酸(PUFA)を導入することは難しいといわれている。貯蔵寿命(賞味期限)が短くなり、消費者が受け入れにくくなるためである。本研究ではアマニ油(FO)を使用し、加工安定性を最適化し、官能的に受け入れやすい性状を評価することによって、「オメガ3強化LNS」を系統的に開発することを目的とする。

Read More

2017年04月16日

アマニ油及び粉末がフルーツヨーグルトの官能性、物性、脂肪酸比率に与える影響 食品への応用

本研究の目的は、フルーツヨーグルトを製造する際にアマニ油、アマニ粉末および果実を配合し、官能性、物性および脂肪酸比率について分析することである。

Read More

2017年03月14日

粉砕したアマニ種皮を多く含むコムギパンの抗酸化・栄養・機能特性 食品への応用

1〜5%のアマニ種皮(FH)を添加したコムギパンの抗酸化能、栄養価、機能性を調べた。抽出画分の分析により、FH5%の添加によりフェノール含有量(93%)、ラジカル消去能力(176%)、および還元力(220%)が上昇することが示唆された。

Read More

2017年03月14日

噴霧乾燥したアマニ油粉末の酸化安定性に及ぼす油滴サイズの影響 食品への応用

噴霧乾燥粉末中のアマニ油の酸化安定性に及ぼす油滴の大きさの影響を調べた。 デキストロース当量が25であるマルトデキストリンを賦形剤として使用し、カゼインナトリウムおよびトランスグルタミナーゼ重合カゼインナトリウムを乳化剤として使用した。

Read More

2017年01月15日

アマニ及びアマニ強化食品における生理活性物質の安定性 食品への応用

アマニの摂取は心血管疾患の進行に関連する危険因子を低減するための代替的または補完的な治療法として研究されている。

Read More

2016年12月20日

大豆およびアマニタンパク質における「フェノール化合物の除去」が及ぼすレオロジー的、熱的、物理化学的性質に対する影響 食品への応用

本研究の目的は、アマニおよび大豆から単離されたタンパク質からフェノール類を除去した場合の物理化学的な影響を調べることである。

Read More

2016年12月20日

大豆、アマニ、オリーブにおけるフェノール化合物の分布、抗酸化能および特性の評価 食品への応用

大豆、アマニおよびオリーブ中に存在する単体および重合フェノール化合物の含有率を調査した。

Read More

2016年12月20日

アマニ由来タンパク質濃縮物の機能特性に及ぼす抽出法の影響 食品への応用

アルカリ抽出(A-FPC)、酵素抽出(E-FPC)、酵素-溶媒抽出(ES-FPC)によって得たアマニ由来タンパク質濃縮物について、

Read More

2016年12月20日

アマニ水溶性食物繊維の組成、構造および機能特性に及ぼす抽出温度の影響 食品への応用

アマニ食物繊維(Flaxseed Gum ; FG)を、4つの異なる温度(30,50,70および90℃)で抽出した。

Read More

2016年12月20日

アマニ水溶性食物繊維は、ケフィア中における乳酸菌の生存と成長を促進し、高い抗酸化能を有する 食品への応用

本研究ではアマニ水溶性食物繊維におけるケフィア中での乳酸菌の生存と成長を促進する能力と効率、および抗酸化活性を調査した。

Read More

2016年11月19日

一年間の記録に基づくアマニ粉末入り機能性食品の嗜好性 食品への応用

アマニ粉末入り食品を心血管疾患患者(FlaxPAD試験=2015年に実施されたアマニの臨床試験の被験者)に摂取してもらうことで、健康に良い影響を与えることができた。本研究の目的は、試験期間一年の間、用意されたアマニ粉末入り食品の中でどの食品が最も良く食べられていたかを調査することである。

Read More

2016年11月14日

チアシードとアマニの水溶性食物繊維及びタンパク質のスプレードライによるラクトバチルス・プランタラム(一般的な乳酸菌)、ビフィドバクテリウム・インファンティス(一般的なビフィズス菌)の効果的なカプセル化 食品への応用

チアシードとアマニから抽出された水溶性食物繊維(M)及びタンパク質(SP)を用いて、2種類のプロバイオティクスであるB. infantisとL.plantarumをスプレードライ法によりカプセル化し、スプレードライ後及び保存中の菌体の生存率および活性を調査した。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する