2018年06月08日

メキシコ北部の大学生における抑うつ症状と多価不飽和脂肪酸であるオメガ3およびオメガ6の血清濃度との関係(スペイン語文献) 認知

これまでの研究により、多価不飽和脂肪酸(PUFA)であるオメガ3の血中濃度の低さ、オメガ6 /オメガ3比の高さがうつ病の原因に関与している可能性が示唆されているが、疫学的に実証されたものではない。本研究では抑うつ症状があるメキシコの大学生を対象に、オメガ3脂肪酸(ドコサヘキサエン酸:DHA、エイコサペンタエン酸:EPA、α-リノレン酸:ALA)の血中濃度と、オメガ6脂肪酸(アラキドン酸:AA)と EPAの比をそれぞれ評価した。

Read More

2017年11月16日

α-リノレン酸の投与は、ラットにおいて軽度外傷性脳損傷により引き起こされる挫傷を軽減し、不安様行動の発症を予防する 認知

アメリカでは年間約170万人の人が外傷性脳損傷(TBI:traumatic head injury)に苦しんでおり、死や身体障害の主要因となっている。TBIの症例の多くが軽症型であり、ほとんどの患者が完全に回復する一方で、約10%のケースでは症状が継続し、生涯にわたって障害が残る場合もある。

Read More

2017年08月17日

健康加齢における流動的知性の決定因子:オメガ-3 多価不飽和脂肪酸の状態と前頭頭頂皮質 認知

導入:認知低下は脳健康の変化のみでなく、栄養状態にも決定的に依存するものであることを、蓄積されてきたエビデンスは示している。認知機能の加齢的変化で最も衰弱する点の一つとしての流動性知能の低下は、オメガ-3 多価不飽和脂肪酸(PUFA)の状態と関連している;しかし、この現象は、特異的なオメガ-3 PUFAsが脳健康の特定の側面に働きかけた結果なのかどうかは知られていない。従って、この研究は、特定のパターンのオメガ-3 PUFAsが、特別な神経構造をサポートすることで、流動性知能に影響を与えるかどうかを探索することを目的とする。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する