2017年08月17日

健康加齢における流動的知性の決定因子:オメガ-3 多価不飽和脂肪酸の状態と前頭頭頂皮質 認知

導入:認知低下は脳健康の変化のみでなく、栄養状態にも決定的に依存するものであることを、蓄積されてきたエビデンスは示している。認知機能の加齢的変化で最も衰弱する点の一つとしての流動性知能の低下は、オメガ-3 多価不飽和脂肪酸(PUFA)の状態と関連している;しかし、この現象は、特異的なオメガ-3 PUFAsが脳健康の特定の側面に働きかけた結果なのかどうかは知られていない。従って、この研究は、特定のパターンのオメガ-3 PUFAsが、特別な神経構造をサポートすることで、流動性知能に影響を与えるかどうかを探索することを目的とする。

Read More

2017年04月16日

摂取前後のオメガ3脂肪酸血中濃度:オメガ3とセラピー研究における「気分」と「臨床結果」との相関 認知

本研究の目的は気分障害を有する青少年において、血中脂肪酸比率、オメガ3脂肪酸摂取に対する反応、臨床状態および治療効果との関連性を調べることである。

Read More

2017年02月20日

n-3系多価不飽和脂肪酸が痴呆に及ぼす影響 認知

α-リノレン酸(ALA)、エイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)を含むn-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)は、抗炎症効果および神経保護機能を有し、認知症の予防に有益だと考えられているが、疫学的証拠は非常に少ない。

Read More

2017年02月05日

n-3系多価不飽和脂肪酸が痴呆に及ぼす影響 認知

α-リノレン酸(ALA)、エイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)を含むn-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)は、抗炎症効果および神経保護機能を有し、認知症の予防に有益だと考えられているが、疫学的証拠は非常に少ない。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する