2017年09月06日

妊娠期間の母体血漿のn-3およびn-6多価不飽和脂肪酸と胎児健康の特徴 :胎児の発育速度、出生体重と妊娠期間 発育

背景と目的:母体の脂肪酸は胎児の成長と発達に不可欠である。筆者たちは妊娠中期の母体の血漿中のn-3およびn-6多価不飽和脂肪酸(PUFA)と胎児の発育速度、出生体重および妊娠期間で測定される胎児健康との間の関係について調べている。

Read More

2017年09月06日

インドネシアの妊婦における不十分な食事性α-リノレン酸の摂取量は、都市部のジャカルタにおける低出生体重と関連がある 発育

背景:先進国において、妊娠中のオメガ-3脂肪酸の摂取量が新生児誕生へ及ぼす影響は確認されている。しかしながら、発展途上国では母体のオメガ-3摂取量と出生サイズとの関係は未知である。

Read More

2017年08月17日

リノール酸とリノレン酸の1/3の比率は、胎生の神経幹細胞のオリゴデンドロサイト産生に最適である 発育

神経発達の過程において、胎生の神経幹細胞(eNSCs)は、膠細胞、オリゴデンドロサイト細胞、ニューロン細胞に分化する。多価不飽和脂肪酸(PUFAs)の失調は、神経性および発達性障害を広範囲に誘導する。この研究では、eNSCsの増殖と分化における、多様な濃度と比率のリノール酸(LA)とαリノレン酸(ALA)(それぞれオメガ-6とオメガ-3 PUFAsに属する)の効果を検討した。

Read More

2017年06月13日

妊娠中におけるn-6:n-3脂肪酸の摂取比率と、生後6ヶ月乳児の神経発達との関連性:MOCEHコホート研究の結果 発育

長鎖多価不飽和脂肪酸(LC-PUFAs)は、乳児の神経発達に不可欠である。食品中のLC-PUFAsが栄養として妥当であるかを判断するには、摂取量だけでなく、n-6:n-3の脂肪酸比率も重要である。本研究の目的は、「妊婦のn-6:n-3摂取比率」と「生後6ヶ月幼児の運動および認知発達」に関連があるか特定することである。

Read More

2017年05月26日

母ラットの妊娠後、及び児ラットの離乳後におけるアマニ摂取が網膜および視神経を改善する 発育

本研究は神経系、より具体的には視神経および網膜の発達にアマニ食餌が与える影響を評価することを目的とした。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する