2017年06月23日

高オレイン酸含有ナタネ油およびアマニ油は、高コレステロール血症患者において血清脂質および炎症性バイオマーカーを調節する 炎症

近年、脂肪酸摂取量を改善し、CVD(心血管疾患)リスクを低減するために、脂肪酸比率を調整した新しい食物油が製造されている。本研究の目的は血中の脂質および炎症性バイオマーカーについて、典型的な西洋食(WD)と比較して、新規な高オレイン酸ナタネ油(HOCO)単独、またはアマニ油(FXCO)とのブレンド油を摂取した際の有効性を評価することである。

Read More

2017年03月14日

シンガポールの中国人成人における高アラキドン酸状態は不飽和脂肪酸の多い調理油ではなく赤身肉に由来する 炎症

高アラキドン酸(AA; 20:4 n-6)状態は、炎症および心血管疾患のリスクに悪影響を及ぼし得る。 n-6系多価不飽和脂肪酸(PUFA)の高摂取に対する懸念は、リノール酸(LA; 18:2 n-6)からの代謝がAAの重要な供給源であるという前提に基づいているが、その前提が集団ベース研究によって調査されたことはほとんどない。

Read More

2017年03月14日

健康な高齢者へのアマニリグナンの1日1回経口投与を行う24週無作為化対照研究のプロトコル 炎症

酸化ストレスおよび炎症は加齢により増加し、高齢者の慢性疾患のリスク増加に寄与する。亜麻仁リグナンは抗酸化および抗炎症活性を示すが、高齢の成人集団における酸化ストレスおよび炎症マーカーを減少させる能力については限られた調査結果しかない。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する