2018年04月20日

アマニ油は子豚に対するLPS暴露後にネクロプトーシス制御、およびTLR4 / NODシグナル伝達経路を調節することで腸の損傷や炎症を軽減する 炎症

訳注:ネクロプトーシス・・・壊死(ネクローシス)ではあるが、外的刺激ではなく自己の制御により誘導された組織破壊を伴う細胞死のこと。組織破壊を伴わないアポトーシスとは異なる概念

アマニ油はα-リノレン酸(ALA)の豊富な供給源である。ALAはドコサヘキサエン酸(DHA)およびエイコサペンタエン酸(EPA)といった長鎖n-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)の前駆体として知られている。本研究はリポ多糖類(LPS)によって誘導された腸の損傷に対するアマニ油の保護効果を調べたものである。

Read More

2018年03月16日

Secoisolariciresinol diglycoside(SDG:アマニリグナン)は血液脳関門を保護し抗炎症効果を持つことから、神経炎症への影響がある 炎症

アマニに含まれるリグナン類の主要成分であるSecoisolariciresinol diglucoside(SDG)には炎症、酸化ストレス、心臓病、腫瘍進行、アテローム性動脈硬化症および糖尿病といったさまざまな疾病に対する有益な効果が報告されている。

Read More

2017年11月16日

高齢者における炎症の生化学的および機能的評価項目へのアマニリグナン摂取の影響 炎症

高齢者においてアマニリグナンは複数の慢性疾患の基となる炎症を調節する能力があることが論文で示されている。本論文は健康な高齢者におけるリグナン摂取の安全性と耐容性に加え、炎症の生化学的および機能的指標への効果を評価することを目的とした。

Read More

2017年06月23日

高オレイン酸含有ナタネ油およびアマニ油は、高コレステロール血症患者において血清脂質および炎症性バイオマーカーを調節する 炎症

近年、脂肪酸摂取量を改善し、CVD(心血管疾患)リスクを低減するために、脂肪酸比率を調整した新しい食物油が製造されている。本研究の目的は血中の脂質および炎症性バイオマーカーについて、典型的な西洋食(WD)と比較して、新規な高オレイン酸ナタネ油(HOCO)単独、またはアマニ油(FXCO)とのブレンド油を摂取した際の有効性を評価することである。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する