2017年10月11日

5大陸18カ国における脂質および炭水化物の摂取と心血管系疾患および死亡率との関連性: 前向きコホート研究 循環器疾患

背景: 主要栄養素と心血管系疾患および死亡率の間の関係は議論の的である。 最もよく利用されるデータは栄養過多傾向にあるヨーロッパと北アメリカの集団であるため、他の集団に応用できるかは不明確である。

Read More

2017年10月11日

オメガ3脂肪酸と心血管系疾患: 2016年のAgency of Healthcare Research and Qualityのエビデンスレビューの要約 循環器疾患

オメガ3脂肪酸と心血管系疾患に関するAgency of Healthcare Research and Qualityのエビデンスレビュー(2004年版)の2016年改訂版を要約した。

Read More

2017年09月06日

α-リノレン酸は虚血再灌流時の心筋細胞においてアポトーシスと酸化型のリン脂質を減少させる 循環器疾患

オメガ⁻3脂肪酸、植物由来食物中のα-リノレン酸(ALA)は、摂取時に心血管により有意なベネフィットをもたらす。ALAは虚血時の心保護をもたらすであろう。しかしながら、この効果のメカニズムは不明である。

Read More

2017年08月17日

不飽和脂肪酸は、肥満および体重過多の非糖尿病の高齢患者において、アテローム性動脈硬化症マーカーを改善する 循環器疾患

背景:いくつかの研究で、循環器疾患にけるトランスおよび飽和脂肪を不飽和脂肪酸へ置き換えることの恩恵が示されてきた。私たちは、肥満または体重過多の非糖尿病の高齢患者におけるアテローム性動脈硬化性疾患のバイオマーカーと(血管)内皮マーカーへの、多価不飽和および一価不飽和脂肪の摂取の効果を示すことを目的とした。

Read More

2017年05月26日

セコイソラリシレジノールジグルコシドは、モノクロタリン誘発右心機能不全における心臓肥大および酸化ストレスを軽減する 循環器疾患

肺動脈高血圧症(PAH)は、肺血管の再構築により肺血管抵抗が増大し、肺動脈圧が上昇する場合に生じる。増加した肺動脈圧により右心室肥大、最終的には心不全が発症する。酸化ストレスはPAHの病因の候補の一つであり、圧力過負荷に対して心臓が反応する際の細胞シグナル伝達の調節に関与している可能性がある。

Read More

2017年05月26日

血中の炎症マーカーに対するα-リノレン酸摂取の効果:無作為化比較試験についての系統的レビューおよびメタ解析 循環器疾患

本メタ解析の目的は成人のALA摂取量が増加することで各種の血中炎症マーカーにどのような影響が見られるかを調査することである。

Read More

2017年04月16日

αリノレン酸の比率が高いジアシルグリセロール油は食後中性脂肪を抑制する:二重盲検プラセボ対象無作為化クロスオーバー試験 循環器疾患

本研究は食後の中性脂肪(TG)濃度に対してαリノレン酸比率の高いジアシルグリセロール(ALA-DAG)の単回経口摂取がどのような影響をもたらすのか調べたものである。

Read More

2017年02月20日

ゴマ油、アマニ油の酸化安定性ならびに動物試験における形態学的、生化学的パラメーターへの影響 循環器疾患

ゴマ油およびアマニ油は、必須脂肪酸であるn-6系およびn-3系多価不飽和脂肪酸が豊富であり、広く消費されている。

Read More

2017年02月05日

ゴマ油、アマニ油の酸化安定性ならびに動物試験における形態学的、生化学的パラメーターへの影響 循環器疾患

ゴマ油およびアマニ油は、必須脂肪酸であるn-6系およびn-3系多価不飽和脂肪酸が豊富であり、広く消費されている。

Read More

2017年01月15日

水溶性食物繊維による脂質低減 循環器疾患

水溶性食物繊維を摂取することで、脂質濃度の低下、血圧の低下、血糖調節能の改善、体重減少、免疫機能の改善、および炎症の軽減などの健康上の利点が得られる。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する