2018年06月08日

高コレステロール食のウサギにおけるフェニルプロパノイド化合物および加水分解性タンニンの増加に伴うLinum usitatissimum品種の種子(亜麻の種子)の影響 循環器疾患

食品中の脂質は血中脂質の代謝に関連する最も重要な因子の一つと考えられており、循環器系の炎症性疾患として広く受け入れられているアテローム性動脈硬化症の原因およびその予防において重要な役割を果たす。本研究の目的は、高コレステロール誘発アテローム性動脈硬化症ウサギモデルに対してフェニルプロパノイド化合物および加水分解性タンニンが豊富な遺伝的組み換えアマニ(W86)を摂食させた場合と、その親品種Linolaを用いた場合とを比較し、その効果を評価することである。

Read More

2018年06月08日

Secoisolariciresinol diglucoside は、JAK2 / STAT3シグナル伝達経路を活性化することで酸化ストレスに誘発される心筋細胞のアポトーシスを防止する 循環器疾患

酸化ストレスに誘発される心筋細胞のアポトーシスが虚血性心疾患における重要なプロセスであることは、過去の研究により証明されている。アマニに含まれるポリフェノール=植物リグナンであるSecoisolariciresinol diglucoside(SDG)は、心筋細胞をアポトーシスから効果的に保護することが実証されている。本研究では、「Janusキナーゼ2」(JAK2)と「signal transducer and activator of transcription 3」 (STAT3)の役割をSDGの保護効果を介することで調べた。

Read More

2018年04月20日

小児高脂血症におけるアマニ:高コレステロール血症の小児および青年のためのアマニ摂食試験、盲検化プラセボ対照RCT 循環器疾患

小児の高コレステロール血症について、薬を用いずにマネジメントする のは困難であり、選択肢はほとんどない。本研究の目的は、小児の高コレステロール血症マネジメントにおいてアマニを摂食させた際の安全性と有効性を決定することである。

Read More

2018年03月16日

海水魚由来の油は、乳腺がんの予防において植物由来のn-3多価不飽和脂肪酸よりも強い効果がある 循環器疾患

エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)などの海洋由来のn-3ポリ不飽和脂肪酸(PUFA)は、乳がんを阻害することが示されている。しかし、西洋食における主要なn-3 PUFAである植物由来α-リノレン酸(ALA)の効果には依然として確証がない。

Read More

2018年03月16日

α-リノレン酸の食事摂取とCHDのリスクとの関連および用量反応関係:コホート研究の系統的レビューおよびメタアナリシス 循環器疾患

過去の研究では、α-リノレン酸(ALA)とCHDリスクとの間に関連がないというような試験結果もいくつか報告されていた。 本研究ではALA摂取とCHDリスクとの関連を総括し、用量 – 反応関係を評価することを目指した。

Read More

2017年12月28日

「慢性腎疾患を有する心筋梗塞後の患者の繊維芽細胞成長因子23に与えるn-3脂肪酸摂取効果: The Alpha Omega Trial」 循環器疾患

繊維芽細胞成長因子23(FGF23)は、慢性腎疾患における心血菅死亡率に関与する独立したリスクである。n-3脂肪酸の摂取量は、FGF23 値や心血管リスクと逆の相関がある。我々は、海洋性エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)および、植物性α-リノレン酸(ALA)が心筋梗塞の病歴を持つ慢性腎疾患患者の血漿中のFGF23値に与える効果を試験した。

Read More

2017年11月16日

アテローム性動脈硬化リスクのある人においてω-3多価不飽和脂肪酸は内皮機能を改善する:総説 循環器疾患

ω-3多価不飽和脂肪酸(n-3 PUFAs)が(血管)内皮機能障害の改善を通して、アテローム性動脈硬化の発症を防ぐことが疫学研究や臨床試験で示されている。内皮機能障害は血管拡張を弱め、炎症及び血栓形成を促進する特徴があり、これらはアテローム性動脈硬化の進行初期にみられる現象である。

Read More

2017年11月16日

心疾患や老化における食事によるオキシリピン調節 循環器疾患

オキシリピンは多価不飽和脂肪酸が酸素化されることで生じる脂肪酸代謝物群であり、炎症、免疫、痛み、血管緊張、凝固などの過程に関わっている。そのためこれらの過程が関係する心疾患や老化など様々な状況にも関連する。心疾患との関連で最も特徴的なオキシリピンはω-6脂肪酸であるアラキドン酸から生じる。

Read More

2017年11月16日

インドデリーの工業人口における血清中ω-6/ω-3比と心疾患リスクマーカー 循環器疾患

ω-3に比べてω-6の摂取割合が高いと慢性疾患が増進される傾向にある。二次予防の研究においてω-6の摂取量を減らすと慢性疾患の進行が抑えられることが証明されているが、心疾患リスクマーカーに特異的な生化学的指標についてはまだ評価されていない。そこで我々は、インドにおいて血中のω-6/ω-3比とその心疾患リスクマーカーに与える影響について評価を行った。

Read More

2017年10月11日

5大陸18カ国における脂質および炭水化物の摂取と心血管系疾患および死亡率との関連性: 前向きコホート研究 循環器疾患

背景: 主要栄養素と心血管系疾患および死亡率の間の関係は議論の的である。 最もよく利用されるデータは栄養過多傾向にあるヨーロッパと北アメリカの集団であるため、他の集団に応用できるかは不明確である。

Read More

2017年10月11日

オメガ3脂肪酸と心血管系疾患: 2016年のAgency of Healthcare Research and Qualityのエビデンスレビューの要約 循環器疾患

オメガ3脂肪酸と心血管系疾患に関するAgency of Healthcare Research and Qualityのエビデンスレビュー(2004年版)の2016年改訂版を要約した。

Read More

2017年09月06日

α-リノレン酸は虚血再灌流時の心筋細胞においてアポトーシスと酸化型のリン脂質を減少させる 循環器疾患

オメガ⁻3脂肪酸、植物由来食物中のα-リノレン酸(ALA)は、摂取時に心血管により有意なベネフィットをもたらす。ALAは虚血時の心保護をもたらすであろう。しかしながら、この効果のメカニズムは不明である。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する