2017年05月25日

α-リノレン酸摂取と運動訓練により、肥満ラットの肝臓脂質蓄積に対する独立的かつ相加的な影響が明らかとなる 体重

αリノレン酸(ALA)の摂取、もしくは運動によって、肝臓の脂質蓄積およびインスリンシグナル伝達の低下を独立して防止することができるという報告があるが、この効果はそれぞれ異なる作用機序によって起きていると考えられる。

Read More

2017年04月16日

オルリスタット(脂質吸収抑制薬、ゼニカル)と組み合わせたカルシウムおよび/またはアマニ繊維の投与は、胃腸快適性を変更することなく糞便への脂肪排泄を増加させる 体重

オルリスタットは、食物脂肪の吸収を約30%減少させ、それにより体重減少を誘発するリパーゼ阻害剤である。

Read More

2017年04月16日

血清脂肪酸、デサチュラーゼ活性および腹部肥満:60歳男女の集団ベース研究 体重

腹部肥満は代謝性疾患の主要な原因である。近年、食事中の脂肪の質が腹部の脂肪含量に影響を与え、パルミチン酸とリノール酸が腹部肥満に異なる影響を及ぼすことが報告されているが、n-3多価不飽和脂肪酸の影響はあまり研究されていないと考えられる。

Read More

2017年02月20日

n-6: n-3系脂肪酸の比率が1.2:1.0である食餌を出産前後にMSG誘発性肥満マウスへ与えることで代謝異常が軽減される 体重

必須脂肪酸である多価不飽和脂肪酸(PUFA)は心疾患を予防する。本研究は糖尿病前症および肥満モデルマウスを用いて、出産前後の間にn-6 / n-3PUFAの混合物を与えることで長期代謝障害の症状が低減するかどうかを確認することを目的とした。

Read More

2017年02月05日

n-6: n-3系脂肪酸の比率が1.2:1.0である食餌を出産前後にMSG誘発性肥満マウスへ与えることで代謝異常が軽減される 体重

必須脂肪酸である多価不飽和脂肪酸(PUFA)は心疾患を予防する。本研究は糖尿病前症および肥満モデルマウスを用いて、出産前後の間にn-6 / n-3PUFAの混合物を与えることで長期代謝障害の症状が低減するかどうかを確認することを目的とした。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する