2017年09月06日

α-リノレン酸の栄養素補充は、マウスモデルにおいて、n-3 LCPUFAsの変換を誘導し、前立腺がん増殖を減少させた ガン

背景:α-リノレン酸(ALA)は、n-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)であり、n-3 長鎖PUFA(LCPUFAs)の基質である。慢性疾患に対するALAの有益な効果は、エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)とは異なり、まだ議論中のさなかにある。

Read More

2017年08月17日

エンテロラクトンは、uPAが誘導するプラスミン活性化とMMPs仲介によるECMリモデリングの阻害を通して、MDA-MB-231乳がん細胞の増殖、移動、転移を抑制する ガン

背景:生存を促進するために、腫瘍細胞は細胞外マトリクス(ECM)のリモデリングを通じて自身の微小環境を操る。ウロキナーゼ-タイプのプラスミノゲン活性化物質(uPA)のシステムは、マトリクスメタプロテアーゼ(MMPs)の活性化を仲介するプラスミンの生産を触媒し、ECMのリモデリングを通じた乳がんの浸潤と転移において重要な役割を担う。これは、乳がん処置の治療的介入にとってポテンシャルターゲットとなり得る。エンテロラクトン(EL)は、人体内のアマニリグナンに由来し、抗乳がん活性を持つことが知られている。私たちは、uPA-プラスミン-MMPsシステムにおける、ELの働きに関する分子レベルおよび細胞レベルのメカニズムを検討した。

Read More

2017年04月16日

全粒アマニを摂餌することで雌鳥のエストロゲン代謝が変化し、卵巣癌組織における2-メトキシテストエストラジオール誘発アポトーシスが促進される ガン

これまでの研究では、飼育中の雌鳥にアマニを添加した食餌を与えることで、卵巣の腫瘍にアポトーシスが誘発され、腫瘍の緩和や卵巣がんの頻度・重症度を低下させることが報告されてきた。

Read More

2017年03月14日

閉経前女性の良性乳房組織をアマニリグナン代謝物で処理した際のKi-67測定結果 ガン

リグナン類であるエンテロラクトンおよびエンテロジオールは、アマニに含まれるセコイソラリシレジノールジグリコシド(SDG)に対する腸内細菌の作用により誘導される。エンテロラクトンおよびエンテロジオールは、アロマターゼ活性の低下および黄体化ホルモンの中周期の急増を介して、乳癌の発症を抑制すると考えられている。

Read More

2017年02月20日

エンテロラクトンはFAK-Srcシグナル伝達を変化させ、肺がん細胞株の移動および浸潤を抑制する ガン

現在の肺がん治療手法を制限しているのは、化学療法で用いる薬剤における全身毒性や転移性がんを標的とした効果といった問題である。

Read More

2017年02月20日

植物エストロゲンアグリコンを多く含む抽出物は、乳がん細胞においてROS(活性酸素種)媒介性DNA損傷を引き起こす ガン

植物エストロゲンは骨粗鬆症、心臓病、乳がんおよび更年期症状のリスクを低下させるなどの生理的効果があり、植物由来の強力な抗酸化剤であるが、高濃度では酸化促進効果を示す傾向がある。

Read More

2017年02月05日

エンテロラクトンはFAK-Srcシグナル伝達を変化させ、肺がん細胞株の移動および浸潤を抑制する ガン

現在の肺がん治療手法を制限しているのは、化学療法で用いる薬剤における全身毒性や転移性がんを標的とした効果といった問題である。

Read More

2017年02月05日

植物エストロゲンアグリコンを多く含む抽出物は、乳がん細胞においてROS(活性酸素種)媒介性DNA損傷を引き起こす ガン

植物エストロゲンは骨粗鬆症、心臓病、乳がんおよび更年期症状のリスクを低下させるなどの生理的効果があり、植物由来の強力な抗酸化剤であるが、高濃度では酸化促進効果を示す傾向がある。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する