2018年08月02日

アマニに含まれる生物活性を持つ化合物と、その大腸がん予防効果 ガン

アマニ及びその生物活性成分は、大腸がん発症および進行のリスクの低下と関連している。 本レビューは、大腸がんリスクの軽減におけるアマニとその主な生物活性成分の役割に関する最近の研究を要約することを目的とする。

Read More

2018年04月20日

アマニ油による酸化ストレス反応の調節:脂質過酸化の役割とその基礎的メカニズム ガン

多価不飽和脂肪酸(PUFAs)は主にω-3およびω-6脂肪酸に分類される。ドコサヘキサエン酸(DHA、ω-3:22-6)およびα-リノレン酸(ALA、ω-3:18-3)はω-3脂肪酸であることが知られており、動物種(魚など)および植物種(アマニなど)から抽出される。

Read More

2018年04月20日

乳がんにおけるアマニの効果:文献レビュー ガン

乳がんは最も一般的ながんの1つであり、死亡原因としては世界で2番目に多い。 2014年、ポルトガルでは約27,200人ががんで死亡しており、そのうちの1,791人が乳がんの女性であった。アマニは動物試験が主でありほとんどヒト臨床試験はないものの、乳がんとの関係について最も研究されている食品の1つである。

Read More

2018年03月16日

オメガ3多価不飽和脂肪酸は、エストロゲン受容体陽性乳がん細胞株(MCF-7)における細胞生存率および発がん性MicroRNA-21の発現を時間依存的に低下させる ガン

オメガ3多価不飽和脂肪酸(n-3 PUFA)であるα-リノレン酸(ALA)およびその代謝産物、エイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)はそれぞれ乳がん細胞の増殖を低下させるが、その作用機序は、マイクロRNA(miRNA)が関与している可能性もあり、依然として不明である。

Read More

2018年03月16日

アマニリグナンは、乳がん細胞株MDA-MB-231およびSKBR3に対する化学療法薬剤の細胞傷害性を高める ガン

全身性細胞傷害性化学療法(全身に作用する抗がん剤)は依然として転移性乳がんの治療法の主流であるが、その予後および全生存率は副作用や高い毒性のため悪化する傾向にある。

Read More

2018年03月16日

Abcg2ノックアウトマウスにおけるアマニリグナンおよびそれらの代謝産物の組織分布の変化 ガン

リグナンは食物ポリフェノールであり、腸内微生物によって代謝され、エンテロリグナンと呼ばれる植物エストロゲン代謝物となる。主な代謝物はエンテロラクトンおよびエンテロジオールである。

Read More

2018年03月16日

アマニ6品種から得られたリグナン画分の抗がん能 ガン

本研究の目的は、ヒト乳がん細胞株(T47D)及びマウスの腫瘍に対してリグナンを多く含む画分であるアマニの加水分解精製物(PFH)がどのような抗がん能を発揮するかを確認することで、その治療効果と作用機序を明確にすることである。

Read More

2018年02月09日

「アマニ摂取は、A/Jマウスにおいて化学的に誘導された肺腫瘍の形成阻害と第Ⅱ相酵素および炎症性サイトカインの発現を調整する」 ガン

アマニの摂取は、肺の損傷モデルにおける酸化ストレスと炎症の軽減に関与しており、乳房および前立腺組織に対する抗ガン効果も示す。しかし、肺ガンに対するアマニの化学的防御の可能性はよくわかっていない。本研究で、我々はA/Jマウスモデルにおけるタバコ煙の発ガン性物質(NNK)誘導肺腫瘍形成に対するアマニの効果を調査した。

Read More

2017年09月06日

α-リノレン酸の栄養素補充は、マウスモデルにおいて、n-3 LCPUFAsの変換を誘導し、前立腺がん増殖を減少させた ガン

背景:α-リノレン酸(ALA)は、n-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)であり、n-3 長鎖PUFA(LCPUFAs)の基質である。慢性疾患に対するALAの有益な効果は、エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)とは異なり、まだ議論中のさなかにある。

Read More

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他

全て表示する