2018年02月09日

「メタボリックシンドローム患者において、アマニ油とヒマワリ油の消費が血清グルコース、脂質プロファイル、血圧、脂質過酸化に与える効果の比較」 体重

背景:メタボリックシンドローム(MetSyn)は、II型糖尿病のリスクおよび心血管疾患の罹患率と死亡率を増加させる。機能性食品であるアマニ油(FO)は、必須オメガ3脂肪酸の主要な植物性供給源の1つである。

2018年02月09日

「メタボリックシンドロームのラットにおいて、酸化ストレスに対するアマニ油とアマニリグナンセコイソラリシレジノールジグルコシドの保護的役割」 体重

本研究では、アマニ油(FO)とアマニリグナンセコイソラリシレジノールジグルコシド(SDG)の、メタボリックシンドローム(MS)ラットにおける酸化ストレスに対する保護的な効果を評価した。48匹のラットを以下の6群に分けた:1群(コントロール)、5群(FO)、6群(SDG)は水を与えられ、それぞれに毎日生理食塩水、FO、SDGを経口投与した。

2018年02月09日

「多嚢胞性卵巣症候群患者の代謝状態におけるアマニ油オメガ-3脂肪酸補給の効果:無作為化、二重盲検プラセボコントロール試験」 その他

目的: 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)患者の代謝状態に対するアマニ油中オメガ-3脂肪酸補給の効果を測定するために実施した。

2018年02月09日

「血糖コントロールとインスリン感受性に関するアマニの補給について:25の無作為化プラセボコントロール試験のシステマティックレビューとメタアナリシス」 糖尿病

状況:血糖コントロールとインスリン感受性に関するアマニの効果を調べているヒト臨床試験の結果は一貫性がない。 目的:本研究は、アマニの消費が血糖コントロールに与える影響を評価する無作為化コントロール試験の分析とシステマティックレビューを目的とした。

2018年02月09日

「オメガ-3が豊富なアマニ油は、肥満、糖尿病、脂質異常症マウスモデルにおいて、GPR120レセプターが部分的に仲介する小胞体ストレスと炎症を防ぎ大動脈を保護する」 糖尿病

アテローム発生への”最初のヒット”はToll様レセプター4(TLR4)、小胞体ストレスによって引き起こされ、最終的に代謝機能障害となる。本研究では、我々はアマニ油リッチな食事(FS)が肥満マウスの大動脈における脂肪酸レセプターGPR120の活性化により、これら炎症性シグナル伝達経路を消失させることで、代謝恒常性を回復すると仮定した。グルコース恒常性はGTT(グルコース負荷試験)やITT(インスリン抵抗性試験)で評価され、リピドミクスはハイブリッドイオントラップ-オルビトラップ質量分析計を用いて、血清脂質は比色分析アッセイを用いた測定で、GPR120と浸潤性マクロファージは免疫蛍光法を用いた分析で、タンパク質免疫沈降および遺伝子発現はウェスタンブロットとRT-PCRでそれぞれ評価した。

2018年02月09日

「アマニ油は肥満脂肪組織の脂質恒常性を再構築することにより、慢性のHFD誘発インスリン抵抗性を緩和させる」 糖尿病

新たに得られつつあるエビデンスから、循環器系内の長鎖n-3多価不飽和脂肪酸(n-3PUFA)のレベルが、肥満とインスリン抵抗性の低い有病率と密接に関連していた。しかしながら、α-リノレン酸を豊富に含むアマニ油(ALA-FO)のインスリン抵抗性に対する生理活性と潜在的なメカニズムに対する理解は未だに限られている。本研究では、脂肪組織脂肪分解に焦点を当てたC57BL/6Jマウスにおける高脂肪食(HFD)誘発性インスリン抵抗性へのFOの効果を評価した。

2018年02月09日

「ストレスを与えられたラットの血圧における異なる発育期間中のアマニ(オメガ-3源)をベースにした食事の作用」 発育

目的:本研究の狙いは、異なる発育期間中にアマニ食がストレスにさらされたラットの血圧に与える作用を調べることである。

2018年02月09日

「アマニ摂取は、A/Jマウスにおいて化学的に誘導された肺腫瘍の形成阻害と第Ⅱ相酵素および炎症性サイトカインの発現を調整する」 ガン

アマニの摂取は、肺の損傷モデルにおける酸化ストレスと炎症の軽減に関与しており、乳房および前立腺組織に対する抗ガン効果も示す。しかし、肺ガンに対するアマニの化学的防御の可能性はよくわかっていない。本研究で、我々はA/Jマウスモデルにおけるタバコ煙の発ガン性物質(NNK)誘導肺腫瘍形成に対するアマニの効果を調査した。

2017年12月28日

「周期性乳房痛継続時間に対するアマニ及び月見草オイル、ビタミンEの効能比較」 閉経

背景:周期性乳房痛は、助産師のような有識者による指導に繋がる最も一般的な乳房疾患である。本研究の目的は、乳房痛継続時間におけるアマニ、月見草オイル、ビタミンEの治療効果を比較することである。

2017年12月28日

「アマニ油の摂取は、アポリポタンパク質-Eノックアウトマウスにおけるウェスタンダイエット飼料による非アルコール性脂肪肝疾患を予防する」 肝臓

非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)の有病率は、ここ数十年間で世界的に急増している。エイコペンタエン酸(EPA、C20:5n-3)やドコサヘキサエン酸(DHA、C22:6n-3)を主とするn-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の摂取は、NAFLDに対して改善効果があると考えられている。

2017年12月28日

「グルテンフリーベーカリー製品の栄養学的および食感の課題:レビュー」 食品への応用

グルテンフリーベーカリー製品のニーズが高まっている。現在のグルテンフリーベーカリー製品は、グルテン含有食品よりもタンパク質や繊維、ミネラルの含有量が低いが、グリセミック指数(GI)が高い。米とソバ粉の混合物もしくは卵白またはホエイタンパク質の添加量が低い物のみが、栄養および食感の両方の質の改善の可能性を示している。

2017年12月28日

「ALA/LAは、ROS/p38/TGF-β1経路による酸化ストレスおよびアポトーシスを減弱させることでHK-2細胞でのグルコース毒性を改善させる」 糖尿病

背景:糖尿病性腎症(DN)において、酸化ストレス(OS)が重要な役割を果たすことのエビデンスが揃いつつある。以前の研究で、ALA / LAが高グルコース誘発細胞毒性に対してHK-2細胞を保護することを示した。そこで、HK-2細胞のグルコース傷害モデルを確立し、TGF-β1の高グルコース誘発過剰産生およびその作用を媒介する可能性のあるメカニズムに対してALA/LAに有益な効果があるかを検証した。

2017年12月28日

「新たに糖尿病と診断された患者の脂肪酸プロファイル:何故それが疑われないのか」 糖尿病

背景:炎症誘発活性と特定脂肪酸の存在または不足と関連性があることが幾つかの研究で示されている。炎症は、糖尿病を含むいくつかの疾患と関連が見られる。 目的:初発1型糖尿病小児、診断後少なくとも1年経過している糖尿病小児、健康な小児の脂肪酸プロファイルを比較する。

2017年12月28日

「慢性腎疾患を有する心筋梗塞後の患者の繊維芽細胞成長因子23に与えるn-3脂肪酸摂取効果: The Alpha Omega Trial」 循環器疾患

繊維芽細胞成長因子23(FGF23)は、慢性腎疾患における心血菅死亡率に関与する独立したリスクである。n-3脂肪酸の摂取量は、FGF23 値や心血管リスクと逆の相関がある。我々は、海洋性エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)および、植物性α-リノレン酸(ALA)が心筋梗塞の病歴を持つ慢性腎疾患患者の血漿中のFGF23値に与える効果を試験した。

2017年12月28日

「植物および海洋生物由来のサプリメントによる食事性n-6:n-3脂肪酸比の変化が成人健常者の骨代謝バイオマーカーに与える影響」 骨

n-3多価不飽和脂肪酸(n-3PUF)の骨組織への保護作用についてはエビデンスが蓄積されているが、植物および海洋生物由来のn-3PUFによる食餌性n-6:n-3比の変化が骨組織に与える影響についての研究は殆ど行われていない。そこで、成人健常者24名を被験者として、4種類のn-6: n-3 PUFS構成比試験食を8週間摂取させるランダムクロスオーバー試験を実施した。

2017年11月16日

多発性嚢胞腎臓病モデルにおける魚油とアマニ、カゼインと大豆タンパク質を食事により摂取した場合や性別による腎臓のオキシリピンプロファイルへの効果の違い 腎臓

オキシリピンは多価不飽和脂肪酸(PUFA)から生じる機能性脂質であり、腎臓の機能や健康に影響を及ぼす重要な因子である。 魚油とアマニ、カゼインと大豆タンパク質を食事により摂取した場合や性別による効果の違いを調べるために、げっ歯類の腎不全モデルを用いた4つの研究について腎臓のオキシリピンのリピドミクス分析を行った。

2017年11月16日

高齢者における炎症の生化学的および機能的評価項目へのアマニリグナン摂取の影響 炎症

高齢者においてアマニリグナンは複数の慢性疾患の基となる炎症を調節する能力があることが論文で示されている。本論文は健康な高齢者におけるリグナン摂取の安全性と耐容性に加え、炎症の生化学的および機能的指標への効果を評価することを目的とした。

2017年11月16日

アマニ油の摂取は冠動脈性心疾患を有する2型糖尿病患者においてPPAR-γ, LP(a), IL-1および TNF-αの遺伝子発現レベルを改善する 糖尿病

本研究では冠動脈心疾患(CHD)を有する過体重の糖尿病患者においてアマニ油を投与し、インスリン、脂質、炎症に関連する遺伝子発現への影響を調べた。このランダム化二重盲検プラセボ対照試験はCHDの糖尿病患者60人を対象に行った。

2017年11月16日

α-リノレン酸の投与は、ラットにおいて軽度外傷性脳損傷により引き起こされる挫傷を軽減し、不安様行動の発症を予防する 認知

アメリカでは年間約170万人の人が外傷性脳損傷(TBI:traumatic head injury)に苦しんでおり、死や身体障害の主要因となっている。TBIの症例の多くが軽症型であり、ほとんどの患者が完全に回復する一方で、約10%のケースでは症状が継続し、生涯にわたって障害が残る場合もある。

2017年11月16日

アテローム性動脈硬化リスクのある人においてω-3多価不飽和脂肪酸は内皮機能を改善する:総説 循環器疾患

ω-3多価不飽和脂肪酸(n-3 PUFAs)が(血管)内皮機能障害の改善を通して、アテローム性動脈硬化の発症を防ぐことが疫学研究や臨床試験で示されている。内皮機能障害は血管拡張を弱め、炎症及び血栓形成を促進する特徴があり、これらはアテローム性動脈硬化の進行初期にみられる現象である。

2017年11月16日

心疾患や老化における食事によるオキシリピン調節 循環器疾患

オキシリピンは多価不飽和脂肪酸が酸素化されることで生じる脂肪酸代謝物群であり、炎症、免疫、痛み、血管緊張、凝固などの過程に関わっている。そのためこれらの過程が関係する心疾患や老化など様々な状況にも関連する。心疾患との関連で最も特徴的なオキシリピンはω-6脂肪酸であるアラキドン酸から生じる。

2017年11月16日

インドデリーの工業人口における血清中ω-6/ω-3比と心疾患リスクマーカー 循環器疾患

ω-3に比べてω-6の摂取割合が高いと慢性疾患が増進される傾向にある。二次予防の研究においてω-6の摂取量を減らすと慢性疾患の進行が抑えられることが証明されているが、心疾患リスクマーカーに特異的な生化学的指標についてはまだ評価されていない。そこで我々は、インドにおいて血中のω-6/ω-3比とその心疾患リスクマーカーに与える影響について評価を行った。

2017年10月11日

血漿ホスファチジルコリンの脂肪酸組成がメタボリックシンドローム関連形質を有する対象者の体脂肪パラメータを決定できる 体重

背景: メタボリックシンドロームに関連した特徴、体質 を有する患者の血漿ホスファチジルコリン(PC)における脂肪酸(FAs)と身体測定的および生化学的特性との関連を本研究で検証する

2017年10月11日

糖尿病性下肢潰瘍の患者におけるアマニ油オメガ3脂肪酸の摂取に対する臨床的および代謝的反応:プラセボ対照無作為化二重盲検比較試験 糖尿病

背景: 糖尿病性下肢潰瘍(DFU)に罹患対象者の傷の治癒および代謝状態へのアマニ油オメガ3脂肪酸摂取の効果に関するデータは乏しい。

2017年10月11日

耐糖能異常への薬用食物植物の効果: 無作為化比較試験のシステマティックレビュー 糖尿病

背景: このシステマティックレビューの目的は耐糖能異常治療における薬用食物植物の効能と安全性に関する利用可能な科学的データを評価することである。

2017年10月11日

5大陸18カ国における脂質および炭水化物の摂取と心血管系疾患および死亡率との関連性: 前向きコホート研究 循環器疾患

背景: 主要栄養素と心血管系疾患および死亡率の間の関係は議論の的である。 最もよく利用されるデータは栄養過多傾向にあるヨーロッパと北アメリカの集団であるため、他の集団に応用できるかは不明確である。

2017年10月11日

オメガ3脂肪酸と心血管系疾患: 2016年のAgency of Healthcare Research and Qualityのエビデンスレビューの要約 循環器疾患

オメガ3脂肪酸と心血管系疾患に関するAgency of Healthcare Research and Qualityのエビデンスレビュー(2004年版)の2016年改訂版を要約した。

2017年09月06日

体重と身体組成におけるアマニ摂取の影響 :45報の無作為プラセボ対照試験のシステマティックレビューとメタアナリシス 体重

アマニ摂取は肥満度と負の関連性があるだろう。しかしながら、利用できる無作為化対照試験(RCT)の結果は矛盾している。本研究では、体重と身体組成におけるアマニ摂取の影響を評価しているRCTをシステマティックレビューにより解析することとした。科学技術分野のデータベースであるPubMed、Ovidを介したMedline、SCOPUS、EMBASEとISI Webにて2016年11月まで検索した。

2017年09月06日

肥満女性における各種脂肪酸組成の高脂肪食に対する空腹感及び満腹感応答 体重

目的:肥満女性において、一価不飽和脂肪酸(MUFAs)、多価不飽和脂肪酸(PUFA)または飽和脂肪酸(SFAs)のいずれかを多く含む高脂肪食(HF)の自覚的、生理的食欲反応および自由摂取量の評価を行うこと。

2017年09月06日

妊娠期間の母体血漿のn-3およびn-6多価不飽和脂肪酸と胎児健康の特徴 :胎児の発育速度、出生体重と妊娠期間 発育

背景と目的:母体の脂肪酸は胎児の成長と発達に不可欠である。筆者たちは妊娠中期の母体の血漿中のn-3およびn-6多価不飽和脂肪酸(PUFA)と胎児の発育速度、出生体重および妊娠期間で測定される胎児健康との間の関係について調べている。

2017年09月06日

インドネシアの妊婦における不十分な食事性α-リノレン酸の摂取量は、都市部のジャカルタにおける低出生体重と関連がある 発育

背景:先進国において、妊娠中のオメガ-3脂肪酸の摂取量が新生児誕生へ及ぼす影響は確認されている。しかしながら、発展途上国では母体のオメガ-3摂取量と出生サイズとの関係は未知である。

2017年09月06日

食餌性リノール酸とラットの腎臓、肝臓と血清におけるオキシリピン特性への性的影響は、多価不飽和脂肪酸への影響とは異なる 代謝

哺乳類における脂肪酸についての文献が多く存在するが、それらに匹敵するオキシリピンに関するデータは不足している。そこで、離乳直後のSDラットにコントロール食、高リノール酸(LA)含有食、または高LA+高α-リノレン酸(ALA)含有食を6週間摂取させた。

2017年09月06日

α-リノレン酸の栄養素補充は、マウスモデルにおいて、n-3 LCPUFAsの変換を誘導し、前立腺がん増殖を減少させた ガン

背景:α-リノレン酸(ALA)は、n-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)であり、n-3 長鎖PUFA(LCPUFAs)の基質である。慢性疾患に対するALAの有益な効果は、エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)とは異なり、まだ議論中のさなかにある。

2017年09月06日

α-リノレン酸は虚血再灌流時の心筋細胞においてアポトーシスと酸化型のリン脂質を減少させる 循環器疾患

オメガ⁻3脂肪酸、植物由来食物中のα-リノレン酸(ALA)は、摂取時に心血管により有意なベネフィットをもたらす。ALAは虚血時の心保護をもたらすであろう。しかしながら、この効果のメカニズムは不明である。

2017年08月17日

α-リノレン酸の食事摂取と加齢黄斑変性のリスク その他

背景:植物由来のオメガ-3(n-3)脂肪酸であるα-リノレン酸(ALA)と加齢黄斑変性(AMD)の関連性は明らかでない。欧州の研究者たちは、ALAの40%以下はトランス型であるだろうと報告している。

2017年08月17日

アマニオイルを混合したセサミオイルとオリーブオイルの品質特性 食品への応用

目的:適切な必須脂肪酸構成比率は、健康を維持することにおいて重要な役割を持つ。理想の脂肪酸組成と酸化安定性を持つ純粋なオイルはない。本研究の目的は、セサミオイルとオリーブオイルに、ω3脂肪酸を豊富に含むアマニオイルを混合することで得られるオイルの物理的、化学的、栄養的特性を評価することである。

2017年08月17日

食物繊維の摂取による食後の血糖およびインシュリンの低下に関するメカニズムの検討 糖尿病

この研究では、水溶性食物繊維(SDF)の摂取に関連した、食後の血糖およびインスリンの反応の緩和に関するメカニズムを調査した。インビトロでの澱粉分解とマルトース輸送における、黄色マスタード粘液、水溶性アマニガム、フェヌグリークガムを含むSDFの効果を検討した。

2017年08月17日

リノール酸とリノレン酸の1/3の比率は、胎生の神経幹細胞のオリゴデンドロサイト産生に最適である 発育

神経発達の過程において、胎生の神経幹細胞(eNSCs)は、膠細胞、オリゴデンドロサイト細胞、ニューロン細胞に分化する。多価不飽和脂肪酸(PUFAs)の失調は、神経性および発達性障害を広範囲に誘導する。この研究では、eNSCsの増殖と分化における、多様な濃度と比率のリノール酸(LA)とαリノレン酸(ALA)(それぞれオメガ-6とオメガ-3 PUFAsに属する)の効果を検討した。

2017年08月17日

健康加齢における流動的知性の決定因子:オメガ-3 多価不飽和脂肪酸の状態と前頭頭頂皮質 認知

導入:認知低下は脳健康の変化のみでなく、栄養状態にも決定的に依存するものであることを、蓄積されてきたエビデンスは示している。認知機能の加齢的変化で最も衰弱する点の一つとしての流動性知能の低下は、オメガ-3 多価不飽和脂肪酸(PUFA)の状態と関連している;しかし、この現象は、特異的なオメガ-3 PUFAsが脳健康の特定の側面に働きかけた結果なのかどうかは知られていない。従って、この研究は、特定のパターンのオメガ-3 PUFAsが、特別な神経構造をサポートすることで、流動性知能に影響を与えるかどうかを探索することを目的とする。

2017年08月17日

エンテロラクトンは、uPAが誘導するプラスミン活性化とMMPs仲介によるECMリモデリングの阻害を通して、MDA-MB-231乳がん細胞の増殖、移動、転移を抑制する ガン

背景:生存を促進するために、腫瘍細胞は細胞外マトリクス(ECM)のリモデリングを通じて自身の微小環境を操る。ウロキナーゼ-タイプのプラスミノゲン活性化物質(uPA)のシステムは、マトリクスメタプロテアーゼ(MMPs)の活性化を仲介するプラスミンの生産を触媒し、ECMのリモデリングを通じた乳がんの浸潤と転移において重要な役割を担う。これは、乳がん処置の治療的介入にとってポテンシャルターゲットとなり得る。エンテロラクトン(EL)は、人体内のアマニリグナンに由来し、抗乳がん活性を持つことが知られている。私たちは、uPA-プラスミン-MMPsシステムにおける、ELの働きに関する分子レベルおよび細胞レベルのメカニズムを検討した。

2017年08月17日

不飽和脂肪酸は、肥満および体重過多の非糖尿病の高齢患者において、アテローム性動脈硬化症マーカーを改善する 循環器疾患

背景:いくつかの研究で、循環器疾患にけるトランスおよび飽和脂肪を不飽和脂肪酸へ置き換えることの恩恵が示されてきた。私たちは、肥満または体重過多の非糖尿病の高齢患者におけるアテローム性動脈硬化性疾患のバイオマーカーと(血管)内皮マーカーへの、多価不飽和および一価不飽和脂肪の摂取の効果を示すことを目的とした。

2017年06月23日

高オレイン酸含有ナタネ油およびアマニ油は、高コレステロール血症患者において血清脂質および炎症性バイオマーカーを調節する 炎症

近年、脂肪酸摂取量を改善し、CVD(心血管疾患)リスクを低減するために、脂肪酸比率を調整した新しい食物油が製造されている。本研究の目的は血中の脂質および炎症性バイオマーカーについて、典型的な西洋食(WD)と比較して、新規な高オレイン酸ナタネ油(HOCO)単独、またはアマニ油(FXCO)とのブレンド油を摂取した際の有効性を評価することである。

2017年06月13日

米国の成人における、報告された脂肪および脂肪酸の摂取量と体重との関係 体重

食事中の脂肪酸組成によりエネルギー消費および体重が調節できる可能性はあるが、国民レベルでの脂肪酸摂取と体重の関係についてはほとんど知られていない。本研究の目的は(1)米国の成人人口、(2)人口統計学的グループのBMIと、エネルギー摂取量、主要栄養素摂取状況、脂肪酸ごとの摂取量を比較することである。

2017年06月13日

アマニもしくはソバを摂取することで、肥満マウスにおける盲腸中と糞便中のエンテロバクター科細菌(嫌気性のグラム陰性桿菌)の多様性および有病率が変化する 体重

食物を摂取することで、胃腸管の細菌が持つ有病率の変動が起こることがある。本研究の目的は、盲腸および糞便中のエンテロバクター科細菌の有病率を決定し、その有病率とアマニまたは健康増進効果のあるアマニ抽出物、もしくはソバを摂取した後の体重変化との関係を決定することであった。

2017年06月13日

アマニ油とアスタキサンチンの組み合わせにより、肝臓中脂肪の蓄積が改善され、高脂肪食ラットにおける酸化ストレスが軽減される 肝臓

肝臓への脂質蓄積と酸化ストレスは、非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)に至る可能性のある重要な病態生理学的メカニズムである。したがって本研究では、高脂肪食を与えたラットの肝臓中脂質の蓄積および酸化ストレスに対するアマニ油(FO)およびアスタキサンチン(ASX)の組み合わせ効果について試験を行った。

2017年06月13日

アマニ(Linum usitatissimum L.)製品の抗酸化能に及ぼすタンパク質-フェノール複合体の影響 食品への応用

人工胃液を用いて、消化前後のアマニ成分(フェノール画分、タンパク質濃縮物、および加水分解物)の抗酸化能が本来のフェノール化合物もしくはタンパク質にどの程度影響されているかを調査した。

2017年06月13日

漢民族の2型糖尿病患者における、赤血球リン脂質中のαリノレン酸と相互作用する9箇所の変異の遺伝的リスクスコア;症例対照研究 糖尿病

n-3系脂肪酸が2型糖尿病(T2D)の発症にどの程度遺伝的に関わっているかは依然として不明である。症例対照研究として、中国人のT2D患者622人と健常対照者293人について、9つのT2D関連遺伝子の変異に対する遺伝子リスクスコア(GRS)を作成した。

2017年06月13日

妊娠中におけるn-6:n-3脂肪酸の摂取比率と、生後6ヶ月乳児の神経発達との関連性:MOCEHコホート研究の結果 発育

長鎖多価不飽和脂肪酸(LC-PUFAs)は、乳児の神経発達に不可欠である。食品中のLC-PUFAsが栄養として妥当であるかを判断するには、摂取量だけでなく、n-6:n-3の脂肪酸比率も重要である。本研究の目的は、「妊婦のn-6:n-3摂取比率」と「生後6ヶ月幼児の運動および認知発達」に関連があるか特定することである。

2017年05月26日

α-リノレン酸摂取と運動訓練により、肥満ラットの肝臓脂質蓄積に対する独立的かつ相加的な影響が明らかとなる 体重

αリノレン酸(ALA)の摂取、もしくは運動によって、肝臓の脂質蓄積およびインスリンシグナル伝達の低下を独立して防止することができるという報告があるが、この効果はそれぞれ異なる作用機序によって起きていると考えられる。

2017年05月26日

母ラットの妊娠後、及び児ラットの離乳後におけるアマニ摂取が網膜および視神経を改善する 発育

本研究は神経系、より具体的には視神経および網膜の発達にアマニ食餌が与える影響を評価することを目的とした。

2017年05月26日

肥満Zuckerラットにおけるα-リノレン酸摂取と運動の実施は、独自に、かつ相加的に血圧を下げ、血管拡張機能不全を予防する 高血圧

α-リノレン酸(ALA)と持久運動は、脂質異常症に関連する心血管の障害をそれぞれ個々に低減するが、それらを予防的治療アプローチとして組み合わせた場合の作用機序および有効性に関する情報は不足している。したがって、本試験では肥満Zuckerラットを用いて、これらの介入試験が心血管疾患に及ぼすそれぞれの効果と、組み合わせた場合の効果を調べた。

2017年05月26日

オメガ3脂肪酸を強化した栄養補助食品 食品への応用

栄養不足の人々のための「脂質ベース栄養補給製剤(LNS)」にオメガ3多価不飽和脂肪酸(PUFA)を導入することは難しいといわれている。貯蔵寿命(賞味期限)が短くなり、消費者が受け入れにくくなるためである。本研究ではアマニ油(FO)を使用し、加工安定性を最適化し、官能的に受け入れやすい性状を評価することによって、「オメガ3強化LNS」を系統的に開発することを目的とする。

2017年05月26日

パーキンソン病患者におけるオメガ3脂肪酸およびビタミンE摂取の臨床的および代謝的状態への影響:無作為化二重盲検プラセボ対照試験 新しい研究

本研究は、パーキンソン病(PD)患者の臨床状態および代謝状態に及ぼすオメガ3脂肪酸およびビタミンE摂取の効果を評価するために行われた。本試験は無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験であり、PD患者60例で実施された。

2017年05月26日

セコイソラリシレジノールジグルコシドは、モノクロタリン誘発右心機能不全における心臓肥大および酸化ストレスを軽減する 循環器疾患

肺動脈高血圧症(PAH)は、肺血管の再構築により肺血管抵抗が増大し、肺動脈圧が上昇する場合に生じる。増加した肺動脈圧により右心室肥大、最終的には心不全が発症する。酸化ストレスはPAHの病因の候補の一つであり、圧力過負荷に対して心臓が反応する際の細胞シグナル伝達の調節に関与している可能性がある。

2017年05月26日

血中の炎症マーカーに対するα-リノレン酸摂取の効果:無作為化比較試験についての系統的レビューおよびメタ解析 循環器疾患

本メタ解析の目的は成人のALA摂取量が増加することで各種の血中炎症マーカーにどのような影響が見られるかを調査することである。

2017年05月26日

ALA源としてのアマニ粉末の摂取は、妊娠後の雌ラットの骨密度および強度を増加させる。 骨

女性の骨量は妊娠中および出産後に変化し、その後骨粗鬆症を発症するリスクがある。したがって本研究は、児が離乳した後の母親ラットの大腿骨におけるアマニ粉末の影響を評価することを目的としている。

2017年04月16日

オルリスタット(脂質吸収抑制薬、ゼニカル)と組み合わせたカルシウムおよび/またはアマニ繊維の投与は、胃腸快適性を変更することなく糞便への脂肪排泄を増加させる 体重

オルリスタットは、食物脂肪の吸収を約30%減少させ、それにより体重減少を誘発するリパーゼ阻害剤である。

2017年04月16日

血清脂肪酸、デサチュラーゼ活性および腹部肥満:60歳男女の集団ベース研究 体重

腹部肥満は代謝性疾患の主要な原因である。近年、食事中の脂肪の質が腹部の脂肪含量に影響を与え、パルミチン酸とリノール酸が腹部肥満に異なる影響を及ぼすことが報告されているが、n-3多価不飽和脂肪酸の影響はあまり研究されていないと考えられる。

2017年04月16日

ヨーロッパ諸国における、現行の勧告に即し、特定の集団に焦点を当てたn-3およびn-6多価不飽和脂肪酸摂取量のシステマティックレビュー ヘルスレビュー

過去行われてきたレビューでは、多くの国々の成人、小児および青年の多価不飽和脂肪酸(PUFAs)摂取量が、食糧農業機関/世界保健機関(WHO)の推奨している平均摂取量よりも少ないことが示唆されている。

2017年04月16日

アマニ油は、抗炎症作用および腸内微生物叢の調節を介してマウスのアルコール性肝疾患を改善する 肝臓

アルコール性肝疾患(ALD)は、常習的かつ過度のアルコール摂取によって引き起こされる広範囲の慢性肝障害である。

2017年04月16日

B型肝硬変患者における肝障害マーカーとしての血中脂肪酸比率 肝臓

慢性B型肝炎は、肝硬変の主要な原因であり、肝がんを発症する上で重要な危険因子である。本研究ではB型肝炎から肝硬変に至った患者の脂質代謝の変化について調査した。

2017年04月16日

アマニ油及び粉末がフルーツヨーグルトの官能性、物性、脂肪酸比率に与える影響 食品への応用

本研究の目的は、フルーツヨーグルトを製造する際にアマニ油、アマニ粉末および果実を配合し、官能性、物性および脂肪酸比率について分析することである。

2017年04月16日

摂取前後のオメガ3脂肪酸血中濃度:オメガ3とセラピー研究における「気分」と「臨床結果」との相関 認知

本研究の目的は気分障害を有する青少年において、血中脂肪酸比率、オメガ3脂肪酸摂取に対する反応、臨床状態および治療効果との関連性を調べることである。

2017年04月16日

αリノレン酸の比率が高いジアシルグリセロール油は食後中性脂肪を抑制する:二重盲検プラセボ対象無作為化クロスオーバー試験 循環器疾患

本研究は食後の中性脂肪(TG)濃度に対してαリノレン酸比率の高いジアシルグリセロール(ALA-DAG)の単回経口摂取がどのような影響をもたらすのか調べたものである。

2017年04月16日

全粒アマニを摂餌することで雌鳥のエストロゲン代謝が変化し、卵巣癌組織における2-メトキシテストエストラジオール誘発アポトーシスが促進される ガン

これまでの研究では、飼育中の雌鳥にアマニを添加した食餌を与えることで、卵巣の腫瘍にアポトーシスが誘発され、腫瘍の緩和や卵巣がんの頻度・重症度を低下させることが報告されてきた。

2017年04月16日

多嚢胞性卵巣症候群患者における、インスリンおよび脂質シグナル伝達経路に関与する遺伝子の発現に及ぼすオメガ3脂肪酸摂取の影響 ALAの健康効果

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に罹患している女性において、オメガ3脂肪酸の摂取がインスリンおよび脂質シグナルの伝達経路に関与する遺伝子の発現にどのように影響しているのか評価するための学術データはほとんどないことから、本研究を実施した。

2017年03月14日

シンガポールの中国人成人における高アラキドン酸状態は不飽和脂肪酸の多い調理油ではなく赤身肉に由来する 炎症

高アラキドン酸(AA; 20:4 n-6)状態は、炎症および心血管疾患のリスクに悪影響を及ぼし得る。 n-6系多価不飽和脂肪酸(PUFA)の高摂取に対する懸念は、リノール酸(LA; 18:2 n-6)からの代謝がAAの重要な供給源であるという前提に基づいているが、その前提が集団ベース研究によって調査されたことはほとんどない。

2017年03月14日

健康な高齢者へのアマニリグナンの1日1回経口投与を行う24週無作為化対照研究のプロトコル 炎症

酸化ストレスおよび炎症は加齢により増加し、高齢者の慢性疾患のリスク増加に寄与する。亜麻仁リグナンは抗酸化および抗炎症活性を示すが、高齢の成人集団における酸化ストレスおよび炎症マーカーを減少させる能力については限られた調査結果しかない。

2017年03月14日

粉砕したアマニ種皮を多く含むコムギパンの抗酸化・栄養・機能特性 食品への応用

1〜5%のアマニ種皮(FH)を添加したコムギパンの抗酸化能、栄養価、機能性を調べた。抽出画分の分析により、FH5%の添加によりフェノール含有量(93%)、ラジカル消去能力(176%)、および還元力(220%)が上昇することが示唆された。

2017年03月14日

噴霧乾燥したアマニ油粉末の酸化安定性に及ぼす油滴サイズの影響 食品への応用

噴霧乾燥粉末中のアマニ油の酸化安定性に及ぼす油滴の大きさの影響を調べた。 デキストロース当量が25であるマルトデキストリンを賦形剤として使用し、カゼインナトリウムおよびトランスグルタミナーゼ重合カゼインナトリウムを乳化剤として使用した。

2017年03月14日

アマニ(Linus usitatissimum L.)製品の抗酸化能に及ぼすタンパク質 – フェノール複合体の影響 新しい研究

模擬胃腸による消化を受ける前後のアマニ成分(フェノール画分、タンパク質濃縮物、および加水分解物)の抗酸化能における天然フェノール化合物とタンパク質の影響を調査した。

2017年03月14日

閉経前女性の良性乳房組織をアマニリグナン代謝物で処理した際のKi-67測定結果 ガン

リグナン類であるエンテロラクトンおよびエンテロジオールは、アマニに含まれるセコイソラリシレジノールジグリコシド(SDG)に対する腸内細菌の作用により誘導される。エンテロラクトンおよびエンテロジオールは、アロマターゼ活性の低下および黄体化ホルモンの中周期の急増を介して、乳癌の発症を抑制すると考えられている。

2017年03月14日

Sprague-Dawleyラットにおいてアマニ油またはメンハーデン(ニシン科の魚)油の投与によりn-6/n-3比を調節することで、成長中の骨の微細構造が調整されるが、卵巣摘出個体には効果がない 骨

骨格の健康は、栄養摂取を含む環境要因によって影響を受ける生涯にわたるプロセスである。成長途上のラットまたは卵巣摘出(OVX)後の骨の健康はn-3系脂肪酸の供給源および脂肪酸比率に影響を受けることが知られているが、PUFA投与と骨発達の縦効果(同一個体に対する継時的効果)を調査した研究はない。

2017年03月14日

α-リノレン酸は、アポトーシスタンパク質の発現を制御することにより、C2C12筋芽細胞におけるTNF誘導アポトーシスを低減する。 ALAの健康効果

筋変性疾患の主な特徴として、再生障害、及びそれに誘発される筋肉の消費が挙げられる。近年、これらの状態を予防するためにアジュバント(補助剤)を利用するなど、栄養成分の関与がますます注目されている。

2017年02月20日

n-6: n-3系脂肪酸の比率が1.2:1.0である食餌を出産前後にMSG誘発性肥満マウスへ与えることで代謝異常が軽減される 体重

必須脂肪酸である多価不飽和脂肪酸(PUFA)は心疾患を予防する。本研究は糖尿病前症および肥満モデルマウスを用いて、出産前後の間にn-6 / n-3PUFAの混合物を与えることで長期代謝障害の症状が低減するかどうかを確認することを目的とした。

2017年02月20日

手根管症候群における手の副子(そえこ、ギブス様の装具)と局所用アマニ油ゲルとの比較:無作為臨床試験 新しい研究

本研究は、手根管症候群の治療におけるアマニ油の局所用ゲルと手の副子の治療効果を比較した。 この研究は無作為化臨床試験であった。

2017年02月20日

必須脂肪酸α-リノレン酸およびリノール酸は、FADS2を欠損したHEK-293細胞においてTNFαにより誘発されるNFκBの活性をそれぞれ異なる形で調節する 代謝

必須脂肪酸であるリノール酸(LA)およびα-リノレン酸(ALA)の炎症誘発活性、または抗炎症活性は、主にデルタ-6デサチュラーゼ(D6D)活性が律速となっている。

2017年02月20日

n-3系多価不飽和脂肪酸が痴呆に及ぼす影響 認知

α-リノレン酸(ALA)、エイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)を含むn-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)は、抗炎症効果および神経保護機能を有し、認知症の予防に有益だと考えられているが、疫学的証拠は非常に少ない。

2017年02月20日

ゴマ油、アマニ油の酸化安定性ならびに動物試験における形態学的、生化学的パラメーターへの影響 循環器疾患

ゴマ油およびアマニ油は、必須脂肪酸であるn-6系およびn-3系多価不飽和脂肪酸が豊富であり、広く消費されている。

2017年02月20日

エンテロラクトンはFAK-Srcシグナル伝達を変化させ、肺がん細胞株の移動および浸潤を抑制する ガン

現在の肺がん治療手法を制限しているのは、化学療法で用いる薬剤における全身毒性や転移性がんを標的とした効果といった問題である。

ガン

認知

循環器疾患

変換

発育

糖尿病

新しい研究

食品への応用

ALAの健康効果

ヘルスレビュー

高血圧

免疫

炎症

肝臓

閉経

腎臓

体重

その他