アマニと人類の歴史


一面紫のアマの花畑

アマニとは、アマ(亜麻)のニ(仁=種子)の意味で、英語ではフラックスシード(Flaxseed)と言います。
アマ科(Linaceae)の植物であるアマ(亜麻)の学名は、 Linum usitatissimum で、Linumはケルト語で「糸」、英語ではリネンを意味し、usitatissimumはラテン語の形容詞usitaus(最も有益な)に由来しています。
原産は欧州の地中海地方の自生植物で、人類が初めて栽培した植物のひとつと言われています。
古くは、石器時代にスイスの湖畔に棲んでいた古代人(Swiss Lake Dweller People)が、その繊維分と種子を利用していたとの記録が残っています。
紀元前7000年代にはトルコやシリアで、また、紀元前5000年代には、エジプト人も栽培し、ミイラを包む布地に利用していました。
食用としての認知は、西暦800年代で、仏のシャルルマーニ大帝は、「臣民はアマニをとるべし」と、その健康上の価値を認め、法令化しています。 この頃には、種子から搾った油を食に供し、茎は布地(リンネル)や紙に利用するようになりました。
中世および近世にはアマニの栽培は欧州全域に広まり、新大陸の北米には、17世紀に伝播し、1617年に Lois Hebertと言う人が、New France(今のカナダ)に導入し、1753年には米国で商業栽培が始まったと記録されています。
アマニの栽培は、寒冷地に適しており、北米、特にカナダは世界の生産量の1/3から半分を担う、最大の輸出国です。南半球ではオーストラリア・ニュージーランド等が生産国です。

アマ二の薦め

人類が大昔からフラックスシード(アマニ)を食べていたとの記録は数多く存在しています。欧米においては、過去20~30年の間にアマニの栄養価値が学術的に立証され続け、米国のガン協会ならびに食品衛生局も、その効用を認めるようになりそれに伴って食用としての消費も増大しています。これは現在の”食” のパターンに不足しているものをアマニが補ってくれる事が判明したからだと言えましょう。
既にドイツでは、年間6万トンのアマニがパンやシリアル等を中心に消費され、米国における食用・飼料用の消費量は、15万トンに達していると推測されています。(その後、2005年における米国での消費量は55万トンと報告されています。日本アマニ協会だより第4号参照。)
 一方、我が国では未だ食材として認知されておらず、その消費量も微々たるものです。ちなみに、”亜麻仁”をヤフー・ジャパンで検索すると約1,000件のサイトがありますが、英語の googleで”flaxseed”と検索すると約200,000件のサイトがあります。アマニに対する彼我の認知度の違いが見られます。

 日本の”食”の欧米化が進むにつれ、病気の欧米化も顕著になりました。特に高齢化がますます進む日本では、寝たきり、痴呆、虚弱を含めた要介護者の数が2000年には140万人、2020年には500万人に達すると見込まれております。その結果医療費は年々1兆円近く増加し続け、総額は 30兆円を上回り、国家予算の約40%にも達しつつあります。 特に、寝込む人の60%は、動脈硬化、骨粗しょう症等の生活習慣病が原因となっています。

現在”食”を通じての予防医学の必要性が叫ばれていますが、アマニは食を通して健康をサポートする食品として今まさに注目されています。